動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: ごまカンパチ ★ 2019/01/16(水) 16:59:24.57 ID:YWB55DlW9
IMG_0035

 シロアリが、危機に陥った熱帯雨林を守る「保険」のような役割を果たしていることが、最新の研究で明らかになった。

 シロアリは、森の掃除屋として落ち葉を食べ、トンネルを掘って土壌を換気し、生態系全体の「土木工事」を請け負っている。
しかし、森の健全な機能を維持するうえで、どれほど重要な役割を果たしているかは、これまで正確にはわかっていなかった。
英ヨーク大学の昆虫学者ハンナ・グリフィス氏の研究チームは、ボルネオ島、マリアウ盆地の特定の区域からシロアリを排除し、
その影響を観察することでシロアリの役割を解明。研究成果を1月11日付けの学術誌「サイエンス」に発表した。

 グリフィス氏らが実験を始めたのは、偶然にも2015年から2016年にかけての時期。
エルニーニョ現象が発生し、森が極度の干ばつに見舞われていたときのことだった。研究チームが発見したのは意外な事実だった。
シロアリが例年の2倍近くに大繁殖し、干ばつに見舞われた森を健全に保つ役割を果たしていることがわかった。

 シロアリが多い場所では、土壌の湿度が保たれ、より多くの若木が芽吹き、長期にわたる厳しい干ばつにもかかわらず、生態系に異常が見られなかったのだ。
「シロアリは、生態系にとって保険のようなものです」と、グリフィス氏は話す。結果としてシロアリは、気候変動のプレッシャーから森を守っているという。

■シロアリのいない区画と比較
 シロアリの評判は悪い。米国では毎年、巨額のシロアリ被害が報じられ、インドの銀行では文字通りお金が食べられてしまったこともある。
業界全体をあげてシロアリ駆除を目指す産業もある。

 しかしシロアリは、多くの自然の生態系において重要な役割を果たしている。熱帯林の落ち葉や枯れ木を食べて分解し、栄養を生態系に還元して、
他の動植物が利用できるようにしていることは、何年も前から知られていた。
だが、その役割を正確に解き明かすのは困難だった。森に積もった枯れ葉などを分解しているのは、シロアリなのか、
あるいは土壌の微生物やアリなのか、またはそれらすべての共同作業なのかを判別できなかったからだ。

 グリフィス氏の研究チームは、シロアリ以外の生物は一切食べない毒入りのセルロースをまくことで、森の中から局所的にシロアリの数だけを抑制した。
「本当にトイレットペーパーのようなものです」と同氏は話す。このセルロースをまいた後には、シロアリがほとんどいない生態系が残る。
これを通常の生態系と比較することで、シロアリの正確な役割を解明した。

 干ばつが起きなかった年には、通常の区画とシロアリを抑制した区画との間に、大きな違いは見られなかった。
しかし、干ばつが起きると、その差は歴然だった。落ち葉を食べるシロアリが多い区画では、土壌は乾燥せず、若木が芽吹き、
森は過去20年で最悪の干ばつにもビクともしなかった。

「シロアリは、気候変動の影響を軽減する緩衝材のような役割を担ってくれるのです」と、米プリンストン大学の生態学者ロブ・プリングル氏は話す。
なお、同氏は今回の研究には関与していない。

続きはソースでどうぞ
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/011300033/

※シロアリ
IMG_0037

続きを読む

1: Hikaru ★ 2019/01/15(火) 20:03:09.41 ID:apU25qWo9
共同通信 2019/1/15 19:43
https://this.kiji.is/457857976558797921
IMG_0047

 滋賀県守山市の商業施設に入る民間動物園「めっちゃさわれる動物園」が15日、閉園した。
特定動物を無許可で飼育したとして男性園長(55)が昨年末、動物愛護法違反罪で罰金刑を受けた。
室内で動物と触れ合えると人気で惜しむ声が上がる一方、動物愛護団体は
「飼育能力を超える頭数で問題があった」とする。

 最終営業日の15日、平日にもかかわらず客が次々と訪れた。
守山市のトラック運転手木村剛庸さん(43)は家族と3回目の来園で
「2歳の長男に生き物について学んでもらう貴重な場所だったのに」とさみしげな表情を浮かべた。

関連記事
【堀井動物園】エサは値下げ弁当、放置された頭蓋骨 “ネグレクト動物園” トラブルの実態

続きを読む

1: 僕らなら ★ 2019/01/16(水) 22:42:11.90 ID:xyzUI2pf9
もふもふでかわいらしくペットとしても人気のウサギ。一般に草食と考えられているウサギの仲間が、実は肉を食べ、ときには共食いまですることを知っていただろうか? ウサギが「肉食系」でもある証拠がカナダで撮影された。

カナダのユーコン準州に生息するノウサギ属の一種、カンジキウサギは、長く寒い冬の間、栄養を補給するために動物の肉を食べていた。

夏の間は植物を食べるノウサギたちだが、地面が雪で覆われ、気温がマイナス30度以下まで冷え込む冬になると、エサが見つからず、お腹をすかせてほかのウサギや鳥の死骸を食べるようになるのだという。

そればかりか、最大の天敵であるカナダオオヤマネコの死骸にまで食指を伸ばすことがある。カナダ、エドモントンにあるアルバータ大学の生態学博士候補生マイケル・ピアーズ氏が、学術誌「Bio One Complete」に発表した。

「まず衝撃を受けました」。ピアーズ氏は、ノウサギの行動を、厳しい冬の間にたんぱく質の摂取量を増やす必要があるためではないかと考えている。「まさか、死骸をあさるとまでは考えていませんでした」

ピアーズ氏が死肉を食べるカンジキウサギを撮影できたのは偶然も味方してのことだった。米アラスカ州との国境にまたがるセントエライアス山付近で、ノウサギの死骸のそばに遠隔操作カメラを設置し、やって来る野生動物を観察した。撮影は2年半に及び、観察した死骸の数は161体。そのうち20体がノウサギに食べられていたのだ。

動画から言えることは、動物は単純に肉食か草食かは分類できないということだ。そして、カンジキウサギは普段からよく肉を食べることもわかった。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/011600036/ph_thumb.jpg 

続きを読む

↑このページのトップヘ