動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: しじみ ★ 2019/02/14(木) 09:02:47.05 ID:CAP_USER
■愛らしい顔が印象的なスローロリス。ほかの動物に違うメッセージを送っている
IMG_0676

 テディベアのような目、ボタンのような鼻、レッサーパンダとナマケモノを合わせたような顔――ジャワスローロリスは、その愛らしさは一ニを争うと言ってもいい動物だ。ところが、人間の目にはかわいらしく映っても、ほかの動物は、スローロリスの顔を危険を警告する信号として受け取っている可能性がある、という。

 スローロリスは東南アジアに生息する小型のサルで、霊長類で唯一毒を持つ。毒は唾液に含まれており、ひじの内側にも毒腺をもつ。

「唾液とひじの2つの毒を混ぜると、毒性はさらに強くなります」と英オックスフォード・ブルックス大学の保護生物学者、アナ・ネカレス氏と話す。

 恐ろしい武器を持つ一方で、スローロリスは体が小さく動きも遅い(スローロリスのスローは「遅い」からついた)。これがスローロリスの戦略だ。自分が危険な存在であることを、他の動物に知らせることができれば、争いに巻き込まれることはないからだ。

「こうした戦略をもつ動物は多いです。たいてい、自分の強さや優位性を示すために色を使います」とネカリス氏は言う。

 こうした色を「警戒色」という。警戒色をもつことで知られる動物は多様だ。スカンクやアナグマなどの哺乳類、鮮やかな色をしたヤドクガエルもそうだ。意外なところではテントウムシも毒をもつ。

■若い個体ほど目立つ顔

 ネカリス氏らが先日、学術誌『Toxins』(2019年2月5日付)に発表した論文によると、8年かけて200体以上のスローロリスを「キャッチ・アンド・リリース方式」で調査した結果、ジャワスローロリスの顔の模様が警戒色の基準に合うことが判明したという。

 スローロリスの顔を見てみよう。顔の模様は、一番危険な部位である口に注意を引き寄せるようになっている。これはイヌワシ、ニシキヘビ、オオトカゲ、オランウータンといった、スローロリスの捕食者の視覚に高い効果を発揮する。この発見が私たちに教えているのは、ほかの動物たちには当たり前の話に過ぎないということだ。

 ネカリス氏はスローロリスを「愛らしく、小さな、ふわふわとした『死の毛玉』」と表現した。

 ネカリス氏らは、研究を通じて、スローロリスの別の特徴も見つけた。若い個体は年長の個体よりも攻撃的だというのだ。

 25年間スローロリスを研究してきたネカリス氏は、長年スローロリスの年齢による行動の違いを感じていた。2歳以上の成体は一般に捕獲しても暴れない。しかし、若い個体(1〜2歳)は注意が必要だ。

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/021300101/ph_thumb.jpg
IMG_0674

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/021300101/

続きを読む

1: かばほ~るφ ★ 2019/02/14(木) 12:03:07.24 ID:iqX+lrqT9
クジラ追い込み漁を止めるよう提訴、動物愛護団体 和歌山地裁
2019.2.14 11:24

IMG_0672

和歌山県太地(たいじ)町で行われている追い込み漁をめぐり、動物愛護団体代表が、
クジラやイルカが「苦痛の多い方法」で殺害されているのは動物愛護法に違反しているなどとして、
和歌山県知事や県を相手に、漁の許可取り消しを求める訴えを和歌山地裁に起こしたことが14日、分かった。

日本が国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を決め、1月下旬にロンドンの市民団体が
「日本の商業捕鯨に反対するため、東京五輪をボイコットせよ」と呼びかける抗議デモを実施。
反捕鯨運動が高まりを見せる中、今回の動きもすでに英国やオーストラリアの主要メディアが報じており、
注目を浴びそうだ。

産経ニュース
https://www.sankei.com/west/news/190214/wst1902140024-n1.html
和歌山県太地町の追い込み漁の停止を求めて、和歌山地裁に訴えを起こした
動物愛護団体のメンバーら=14日午前、東京・日本外国特派員協会
https://www.sankei.com/images/news/190214/wst1902140024-p1.jpg
IMG_0670

続きを読む

1: 僕らなら ★ 2019/02/14(木) 14:38:16.18 ID:7taEoJFU9
14日はバレンタインデーです。長野県須坂市の動物園では、人気者のカピバラにハート型の野菜や果物がプレゼントされました。

須坂市の「須坂市動物園」では、毎年、バレンタインデーに合わせた催しを開いています。

このうち、お風呂につかる姿が愛らしいと人気を集めるカピバラたちには、チョコレートではなく、ハートの形に切った大好物のりんごとにんじんがプレゼントされました。

IMG_0669

カピバラたちは、「カピバラ温泉」の湯船に浮かべられた、りんごとにんじんをおいしそうにほおばっていました。訪れた人たちは、かわいらしいカピバラの様子を写真におさめたり、のんびり眺めたりして楽しんでいました。

動物園を訪れていた地元の保育園の園児の1人は「餌を食べているところがかわいかったです。温泉につかって気持ちよさそうでした」と話していました。
また、軽井沢町から訪れた30代のカップルは、「バレンタインの雰囲気を味わえてよかったです」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190214/K10011814611_1902141351_1902141352_01_03.jpg 

続きを読む

↑このページのトップヘ