動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: 2020/10/24(土) 16:24:49.60 _USER
年取るほど「大切な友達優先」 チンパンジーと人間に類似性 研究

image

    人は年を取るにつれて友人関係を厳選するようになるが、チンパンジーの雄でも同様の傾向がみられるとする研究論文が23日、米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。

 米ミシガン大学(University of Michigan)の動物心理学者アレクサンドラ・ロサティ(Alexandra Rosati)氏が率いた今回の研究は、動物が年齢に応じた社会的選択を示す証拠を初めて提示したものとされ、人間の行動を理解する一助となる可能性がある。

 研究チームは、1995~2016年にウガンダ・キバレ国立公園(Kibale National Park)で実施された計7万8000時間分の膨大な観察データを利用し、15~58歳の野生のチンパンジーの雄21頭の社会的交流について報告した。
 対象を雄に絞った理由は、雌は性的に成熟すると大半が新たな群れに分散するが、雄は生まれた群れに残るからだ。

 チームはチンパンジー同士の親近感を研究するために「親近感指標」を作成し、チンパンジーを3つのグループに分けた。
 両者が互いに一緒に過ごすことを好む傾向を示す「相互的な友達関係」、一方だけが親近感を示す「一方的な友達関係」、それから、どちらも互いに親近感を示さない「非友達関係」だ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

AFP
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1a07c449abbacdb93efbbb741bbce2a17bb0f3a
関連記事


続きを読む

1: 2020/10/24(土) 16:29:11.90 _USER
「殺人バチ」オオスズメバチの巣、米国内で初めて発見

image

    米西部ワシントン州の当局は23日、「殺人バチ」として知られるオオスズメバチの巣を国内で初めて発見したと発表した。

 米ワシントン州農務局(WSDA)の発表によると、世界最大のスズメバチ種であるオオスズメバチの巣はカナダ国境に近いブレイン(Blaine)の私有地で同局の昆虫学者らが22日に発見した。
 24日に巣の駆除を試みるという。

 体長は約5センチで、オレンジ色と黒色の模様があるオオスズメバチは、東アジアや日本に生息。
 通常は人を襲わないが、大量のミツバチを殺すことで知られている。
 米国に持ち込まれた経緯は明らかになっていないが、2019年12月にワシントン州で初めて発見され、今年7月にはブレインが位置するワットコム(Whatcom)郡で1匹が捕獲された。
 以来、同州の科学者らは積極的にオオスズメバチを探してきた。

 WSDAは、オオスズメバチの巣が他にもまだある可能性が高いとみている。
 科学者らは、数年以内にオオスズメバチを駆除しなければ、生息地が北米中に広がり、定着する恐れがあると警告。
 「定着すれば、ワシントン州の環境や経済、公衆衛生に悪影響を及ぼす」と指摘している。 

 オオスズメバチの有毒針に刺されると激痛を生じる。
 日本ではオオスズメバチを捕獲し、食用にすることもあるが、刺されて毎年30~50人が死亡している。

AFP
https://news.yahoo.co.jp/articles/d03bcce3afa7c47e96c113c2e2b4ab4ef377b73d
関連記事


続きを読む

1: 2020/10/23(金) 11:21:41.66 _USER
進化の最先端を泳ぐ魚? ドジョウのDNAの謎

image

 ドジョウは水底でひっそり暮らす魚だが、実は進化の最先端を泳いでいるのかもしれない。
 近畿大学の北川忠生准教授(46)らは、日本のドジョウたちの来し方や生き様を追っている。

 北川さんらは2010年に「タンゴスジシマドジョウ」(タンゴ)という新種のドジョウを発見した。
 京都府の1河川にしかいない。
 国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで、最も絶滅リスクが高い種のひとつに分類されている。

 タンゴは、多くの脊椎(せきつい)動物が細胞の中に染色体を2セット持つ「2倍体」の中、倍の4セットを持つ「4倍体」という珍しい特徴を持つ。
 DNAを調べてみると、スジシマドジョウの仲間とシマドジョウの仲間の雑種が起源だと分かった。

 グループが違う種同士は普通交雑できないため、その過程で通常とは違うしくみが働いて、染色体が倍になった可能性があるという。
 こうした現象は「ゲノムの倍加(全ゲノム重複)」と呼ばれ、進化のうえで何らかの利点があると考えられている。
 植物ではよく見られるが、脊椎動物では珍しい。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/12a546cb792fe54fd4141d473a5c3c1a31438ffe
関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ