動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: サンダージョー ★ 2019/12/09(月) 18:51:18.99 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000009-jij_afp-sctch  

【AFP=時事】人間を含む現代の哺乳類が鋭い聴覚を持っているのは、中耳内に微小な3個の骨、耳小骨(じしょうこつ)があるおかげだ。哺乳類の祖先には耳小骨がないが、この変化がいつの時点で起きたかは不明のままだった。

IMG_6538

 この遷移段階を、現在の中国北東部にあたる地域に1億2500万年前に生息していた新発見の原始哺乳類の化石で確認したとする論文が、5日の米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。今回の研究成果について、研究者らは古生物学分野における画期的な節目として歓迎している。

 爬虫(はちゅう)類は顎を、物をかむためと、外の音を振動を通して脳に伝えるための両方に使っている。哺乳類の聴覚系はこれに比べてより精巧で複雑で、ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の3個の骨が関与して人間の音楽鑑賞からイルカのエコーロケーション(反響定位)までのあらゆる音を処理する。

 聴覚系と咀嚼(そしゃく)系の「分離」によって、それぞれの系が互いに対して課していた身体的制約が取り除かれた結果、哺乳類は食性の多様化と聴覚の向上の両方を実現できたと、科学者らは仮説を立てている。

 論文の主執筆者で、アメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)のジン・メン(Jin Meng)氏は、今回の研究は白亜紀初期に生息していた原始哺乳類6個体の化石に基づいていると説明。中国主導の研究チームが「Origolestes lii」と命名したこの動物は恐竜と共存し、大きさと外見が齧歯(げっし)動物に近かったという。

 研究チームは今回、高解像度CTスキャンや他の画像化技術を利用して保存状態の良い化石標本を調査し、聴覚に関与する骨と軟骨の構造などを含む細部の特徴を明らかにすることに成功した。その結果、より初期の種では骨と骨の接触がみられないことが分かった。

「今回の研究では、仮説に同調する進化時期の化石証拠を提供できた」と、メン氏は話している。


【関連記事】
恐竜絶滅後の100万年で哺乳類は一気に進化した、貴重な化石を発見
IMG_6539



続きを読む

1: みつを ★ 2019/12/09(月) 22:13:40.20 ID:9oAs5a5k9
https://twitter.com/dobutsu_syu/status/1204021217444814848?s=21

【ラッコが手を顔に当ててる理由】

ラッコは手の平に毛が生えてないため
手が冷えて体温の低下に繋がります。

そんな時に顔の目や頬、頭に手をやると
「めっちゃあったかい!」と
気づいて顔に手を当てるそうです。

IMG_6534

IMG_6535


【関連記事】
ラッコが道具を使う謎、考古学の手法で迫る
IMG_6536



続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2019/12/09(月) 13:00:45.64 ID:eXHtv7jk9
■ネコの気持ちがわかる「キャットウィスパラー」は存在することが最新研究でも判明

IMG_6531

 カナダ、グエルフ大学の行動生物学者ジョージア・メイソン氏は、シルビーとルークという名の2匹の茶トラネコを飼っている。彼女はネコシッターが送ってくる2匹の写真を見て、「機嫌がいいか、不安を感じていて機嫌が悪いかがわかります。夫の意見ともだいたい一致しますよ」と話す。

 そのメイソン氏が主導した最新研究で、ネコの顔の表情から気持ちを読み取れる能力をもつ人――巷間で「キャットウィスパラー」と呼ばれる人々が、確かにいることがわかった。 

 同氏の研究チームは、ネット利用者(彼らは最大のネコファンクラブとも言える)をランダムに選び、85カ国から6329人を被験者にオンライン調査をおこなった。具体的には、ネコの表情を撮った短い映像を2〜20本見てもらい、ネコの機嫌が良いと思うか悪いと思うかを回答してもらった。20点満点で、結果は平均11.85点。つまり、確率的にはまぐれ当たりよりも少し良い程度だ。

 ところが、被験者の約13%は、ネコの感情を読み取るのが非常にうまく、20本の映像のうち15本以上正解した人がいた。自己申告だが、若い人、女性、動物医療に従事経験がある人ほど得点は高かった。メイソン氏が一番驚いたのは、現在ネコを飼っているかどうかは、ネコの気持ちがわかる能力と関係ないことだった。なお、あなたが「キャットウィスパラー」かは、この短縮版クイズ(外部のサイトに移動します)で試せる。

 同氏の今回の論文は、学術誌「Animal Welfare」の2019年11月号に掲載された。「顔の表情はコミュニケーションの主要な形だ」と語るメイソン氏によれば、最近の研究では、ラットから犬や馬まで、多くの動物が「表情で気持ちを明確に伝えている」ことが示されているという。

 2019年初頭に発表された別の論文でも、ネコ同士のコミュニケーションも同じだとしている。また、この論文では、人もネコの顔の表情から、ネコの意思をくみ取っていることも示唆された。

今回の研究で、グエルフ大学キャンベル動物福祉研究センターのメイソン氏のチームが着目したのがYouTubeだ。というのも、YouTubeは、ネコの行動をとらえた映像の世界最大の宝庫だからだ。

 4秒未満の動画で、ネコの顔(目、鼻、口)がはっきり映っており、明らかに「リラックスしている」もしくは「動揺している」状況という基準を設け、かなりの時間をかけて、ネコの映像を徹底的に調べ上げた。動画についたナレーションや説明が、ネコの状況を理解するのに役立った。

 ちなみに、動揺しているネコの動画の多くが、動物病院で撮られたものだった。なお、ネコが恐怖を感じているサインとして有名な、耳を後ろにピンと張っていたり、牙をむき出しにしたりしている映像は選んでいない。

 膨大な動画の中から、最終的に機嫌の良いネコと悪いネコの映像を20本ずつ、合計40本の短い動画を選び出し、それぞれをネコが動いているものと休んでいるものに選り分け、ネコの動きが被験者の判断に影響が出ないようにした。

IMG_6532

 今回の研究では、人はネコのネガティブな感情よりもポジティブな感情の方が察しやすいことも明らかになった。例えば、メイソン氏の飼いネコ「ルーク」が満足している映像の正答率は70%超だった。

 米カリフォルニア大学デービス校のネコの行動の専門家ミケル・デルガド氏は、この研究は「人が、限られた情報から、ネコの心の状態を特定できることを示しています」と話す。

 同氏は、この研究がネコのコミュニケーションを解き明かす「素晴らしいスタート」だとも述べつつ、表情という一つの情報だけでネコの心の状態を特定することに対しては警告する。「ネコのボディーランゲージについて、私たちが理解すべきことは、まだたくさんありますから」(デルガド氏)。なお、同氏は今回の研究には関わっていない。

 尻尾や耳の位置などのボディーランゲージも、ネコの気持ちと関連するシグナルだ。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/120600710/


【関連記事】
人間はネコの表情を読み取れるか? あなたも試せる...調査結果が発表される
IMG_6531



続きを読む

↑このページのトップヘ