動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: しじみ ★ 2018/11/11(日) 15:58:42.55 ID:CAP_USER
【11月9日 AFP】
マルハナバチの巣の中での行動を観察することで、殺虫剤によってハチの社会的行動が損なわれ、餌の摂取や幼虫の世話に支障を来す様子が確認できたとする研究結果を、米ハーバード大学(Harvard University)の研究チームが8日発表した。

 広く使用されているネオニコチノイド系農薬に、ハナバチが巣外で蜜を探し集める能力を疎外する影響があることは、これまでの研究で示されている。今回の新たな発見は、作物の受粉に欠かせないハナバチの健康が殺虫剤に脅かされているという長年の懸念を強める内容だ。

 米科学誌サイエンス(Science)に掲載された研究では、内側を巣のエリアと採餌エリアに分けた箱を12個用意。内部にカメラを設置し、マルハナバチの行動に現れる変化を記録した。

 観察対象のハチのコロニーは、自然環境でハチが接する濃度と同レベルのネオニコチノイド系殺虫剤イミダクロプリドに暴露させたグループと、農薬の影響を受けないグループに分けた。

 すると、殺虫剤を混ぜた蜜を餌として与えられたハチは、農薬の入っていない餌を与えた対象グループのハチと比べて、さまざまな行動面で社会性が低下することが分かった。

「ネオニコチノイド系殺虫剤にさらされた結果、働きバチの巣の中での行動には、測定可能な変化が現れた」と研究チームは報告している。「働きバチは活動的でなくなり、幼虫に餌を運んだり世話したりすることが減り、巣の隅にじっとしていることが多くなった」。この傾向は、特に夜間に顕著にみられた。

 研究を率いたハーバード大の博士研究員ジェームズ・クラル(James Crall)氏によると、ハナバチには非常にしっかりした約24時間周期の体内時計がある。日中は測定可能なレベルの変化は見られなかったが、夜には最も顕著に違いが観察できたという。

 実験では、殺虫剤にさらされたハチがうまく体温調整できなくなることや、巣房を守る蜜ろうのふたをうまく作れなくなることも確認された。クラル氏によると、殺虫剤の影響を受けたコロニーでは、ほとんど全くふたが作られなかった。「つまり、ハチが巣を機能的に再構築する能力を失っているということだ」と同氏は述べている。

 研究チームはこの発見について、これまで指摘されてきたネオニコチノイド系殺虫剤の有害性を示す証拠を裏付けるものだとしている。(c)AFP

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/0/810x540/img_70e616f80ae5397e82649622003316f4141692.jpg

http://www.afpbb.com/articles/-/3196890

続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2018/11/11(日) 09:36:21.55 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000016-asahi-soci

鳥取県琴浦町箆津(のつ)の勝田川河口付近で10日に見つかったジンベエザメ1匹は11日午前、死亡が確認された。
淡水で弱り、尾びれの傷が致命傷になったとみられる。

県職員が11日午前5時15分ごろ、河口付近の岸から1、2メートル離れた水中に沈んでいるジンベエザメを確認。
胸びれなどが動かず、つつくなどしても反応がなかった。午前6時半すぎにロープをかけて川岸に引き揚げて死亡を確認した。
体長5メートル、頭の幅が1・15メートル、胸びれが1メートルあるオスだった。今後埋設する予定。
アゴの骨は採取して博物館などで展示することも考えているという。

県などは10日、河口付近でジンベエザメを発見し、沖に戻そうとしたが、日が暮れたため作業をいったん中止。
11日早朝から作業を再開する予定だった。


陸に引き揚げたジンベエザメ=2018年11月11日午前6時42分、鳥取県琴浦町箆津
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181111-00000016-asahi-000-view.jpg

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2018/11/04(日) 06:43:30.91 ID:CAP_USER
環境省佐渡自然保護官事務所が2018年10月29日、国の特別天然記念物・トキの羽根に関して投稿したツイートが、話題を呼んでいる。

「野外で落ちているトキの羽を見つけた場合、拾っても問題ありませんが、拾った羽を人に売ったり、無料でもあげたりすることは、法律で禁止されています」(原文ママ)

https://www.j-cast.com/trend/assets_c/2018/11/trend_20181102145410-thumb-autox380-147190.jpeg

トキの羽根(提供:環境省)

環境省佐渡自然保護官事務所に取材した
この投稿を受け、リプライ(返信)欄には「知らなかった!」「お土産であげてしまいそう」という声が寄せられている。J-CASTトレンドでは環境省佐渡自然保護官事務所に電話取材を行い、上記のツイートの意図を尋ねた。

自然保護官からは、

「9月から10月終わりくらいにかけてトキの羽が抜け替わるため、拾う人がいるかもしれないと思い注意喚起のためにツイートしました」
という回答が得られた。拾う可能性がある場所は佐渡の島内にある水田で、大きな風切り羽などが落ちていた場合は「一目でそうとわかる」という。

譲渡が禁止されている法的根拠は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)にある。トキは「国内希少野生動植物種」にあたるため、個体の譲渡・売買が規制されている。これまでにトキの羽根を譲渡した罪で逮捕された実例は「ない」が、「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金」が課せられる可能性があるとの話だった。

もしも落ちているトキの羽根を拾った場合は、「人にあげたりせず、大切にお持ちください」。<J-CASTトレンド>

https://www.j-cast.com/trend/2018/11/02342788.html

続きを読む

↑このページのトップヘ