動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: しじみ ★ 2018/07/26(木) 19:56:06.53 ID:CAP_USER
「不老不死」。歴史上、中国・秦の始皇帝が追い求め、多くの独裁者にとっての永遠の願いだった。今も世界中の研究者が不老不死の「源」を探し続けている。不老不死のメカニズムを解明しようとしているクラゲ研究者がいると聞いて、私(24)は和歌山県白浜町を訪ねた。

不老不死といわれるベニクラゲの標本。ベニクラゲ再生生物学体験研究所はゲノム解析によるメカニズムの解明を進めている(和歌山県白浜町)=小園雅之撮影

不老不死といわれるベニクラゲの標本。ベニクラゲ再生生物学体験研究所はゲノム解析によるメカニズムの解明を進めている(和歌山県白浜町)=小園雅之撮影

 元京都大准教授の久保田信さん(65)は7月16日に、白浜町内に「ベニクラゲ再生生物学体験研究所」を開設したばかり。水槽にはふわふわ動く、ピンク色の小さなクラゲ。私がかわいいなぁと見入っていると「これが若返るベニクラゲです」と久保田さん。わずか数ミリ、最大でも1センチほどの小さな体にどんな可能性が秘められているのか。

■生まれ変わるベニクラゲ

 クラゲは通常、植物のような形状のポリプから水中を浮遊する形に成長し、死ぬと溶ける。しかし、ベニクラゲは命の危機に陥ると団子状になり、細胞が変化。新たにポリプを伸ばし、若い体に生まれ変わる。「チョウがイモムシに若返るようなもの」(久保田さん)

 ベニクラゲを針で突き刺しダメージを与えると、数日でポリプに若返る。その後、順調なら約2カ月で元のクラゲの姿に戻る。久保田さんはこうした若返りに1個体で14回成功し、海外からも注目された。海水の塩分濃度の変化による若返りを偶然成功させたこともあるという。

 ベニクラゲがなぜ若返るのか、肝心のメカニズムはまだ解明されていない。ヤワラクラゲやミズクラゲでも若返りに成功したケースがあり「ほかにもベニクラゲよりも若返るクラゲがいるかもしれない」(久保田さん)。

 久保田さんは1992年から白浜町にある京大の実験所で海洋生物の研究を続けてきた。米紙ニューヨーク・タイムズに載った記事をきっかけにイタリア人監督がドキュメンタリー作品を製作。作品は2016年のベネチア国際映画祭でも上映された。

 18年3月に京大を定年退職したが、研究所を立ち上げてライフワークとしてクラゲ研究に打ち込む。「クラゲも人間も遺伝子構造はあまり変わらない。遺伝子分析などが進めば、人類の夢である不老不死のメカニズムのヒントが見つかるかもしれない」

 その遺伝子分析を担うのがかずさDNA研究所(千葉県木更津市)主任研究員の長谷川嘉則さん(47)。16年に発表した研究結果ではベニクラゲの遺伝子の約4分の1が未知の物と判明した。長谷川さんは「若返りの秘密が隠されたオリジナル遺伝子が存在する可能性がある」と話す。

 現在、ベニクラゲなど不老不死生物に人間の寿命延長のカギがあるとみて国際的に激しい研究競争が繰り広げられている。IT(情報技術)企業のグーグルも老化の原因を突き止めるためカリコという会社を設立し、ハダカデバネズミなどを研究している。

 ハダカデバネズミはアフリカに生息し、寿命は約30年と他のマウスやラットと比べて非常に長い。がんになりにくい特性もあり、人間のがん予防や老化防止に役立つのではないかと期待されている。国内でも熊本大がハダカデバネズミの皮膚の細胞からiPS細胞を作製、がん化しにくい仕組みの一端を解明した。

■脳のデジタル移植も

 その一方で、人間を寿命のある肉体そのものから解放する動きも活発化している。脳のデータを丸ごとデジタル空間に移植することができれば、人間の意識はデジタル空間で生き続け「永遠の命」が実現するという考えで、トランスヒューマニズム(超人間主義)といわれる。

 実際に米国やロシアでは大富豪が資金を出し、スタートアップ企業が人間の意識をロボットにインストールしたり、脳を防腐処理して永久保存したりする研究に取り組む。ただ、脳のデジタル化は「デジタル不死」を望んで脳の早期保存を求める人々に自殺を促しかねないとの論議も呼んでいる。

 続きはソースで

https://www.nikkei.com/content/pic/20180726/96958A9F889DE1E1E1EBE5E7E4E2E0E7E2E5E0E2E3EA9BE2E2E2E2E2-DSXMZO3339754025072018TCP001-PN1-2.jpg

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33397560V20C18A7I00000/

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/07/25(水) 11:11:04.98 ID:CAP_USER
トキソプラズマという寄生虫に感染している人は起業志向が強いとの研究を、米コロラド大などのチームが25日、英王立協会紀要に発表した。因果関係は証明できていないが、ホルモンや脳の情報伝達物質の出方を変え、感染者をリスクの高い行動に駆り立てている可能性もあるという。

 チームは米国の大学生約1500人を調査。唾液検査で感染と判定された学生は、感染のない学生に比べてビジネス系の専攻を選ぶ割合が1.4倍だった。専攻の中でも会計や財務より経営や起業関連を勉強する割合が1.7倍となった。社会人約200人の調査でも、起業経験の割合は感染者が1.8倍だった。

 さらに42カ国の調査データを調べると、感染率が高い国ほど起業に前向きな傾向があった。

 トキソプラズマは加熱の不十分な肉やネコのふんなどを通じ、世界で推定20億人が感染。これまでの研究では、感染したネズミがネコの臭いを嫌がらなくなることや、人間の感染者に交通事故や自殺、過度の飲酒が多いとの報告がある。(共同)

■トキソプラズマの顕微鏡写真
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/07/25/20180725k0000e040233000p/9.jpg

毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180725/k00/00e/040/232000c

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/07/25(水) 10:47:18.89 ID:CAP_USER
生命には一定のルールやパターンがあるものだ。例えば、植物は太陽エネルギーを活かせるため、動き回る必要がない。一方、動物は光合成という素晴らしい能力を持たないゆえに、走ったり、這ったり、羽ばたいたり、植物を探して食べたりしなければならない。

 動物は光合成をしたりしない。それがルールのはずだ。光合成は植物の役割だと。

 だが、そんなルールなどお構いなしの小さなウミウシがいる。

 米東海岸沖に生息するこのウミウシは、学名をエリシア・クロロティカ(Elysia chlorotica)という。彼らはただ藻類を食べるだけでは満足しない。植物が太陽からエネルギーを得るための分子レベルのエンジンを、藻類から奪うのだ。葉緑体と呼ばれる極小の装置を取り込むことで、彼らはエメラルドグリーンの皮膚を持つに至る。(参考記事:「動物大図鑑:ウミウシ」)

 2.5㎝から5㎝ほどの小さな葉っぱのようなこのウミウシは、9カ月以上もの間、食物を摂取しなくても生きていけることが実験からわかっている。太陽の光を浴び、奪った葉緑体で光合成をするのだ。

「個性的で、物議をかもす存在で、つかまえにくく、小食。ハリウッドセレブのようなものです」と、米ロサンゼルスにあるカリフォルニア州立大学(UCLA)の生物学者、パトリック・クルーグ氏は言う。

 葉緑体を奪い、いくらか光合成できるウミウシは他にもいるが、エリシア・クロロティカほどうまくやれるものはいない。

 そうした理由から、動物と植物の間のようなこの生物は、免疫学や遺伝子治療などをはじめ、さまざまな分野の科学者たちから注目を浴びている。

 しかし、エリシア・クロロティカの生息数がいまどんどん減少しており、数少ない専門家たちも、ほとんどが手を引いたり異なる分野に移ったりしている。

■謎だらけのウミウシ
 エリシア・クロロティカについて、これまでにわかっていることはごくわずかだ。しかし、興味深いヒントがいくつも得られており、もっと研究を進めれば、有用で素晴らしい知識が得られそうではある。

 とはいえ、今のところはどうやって体内で葉緑体を働かせているかすら謎だ。藻類が葉緑体を働かせるには、何千もの遺伝子によってつくられる特殊なたんぱく質が大量に必要だ。ウミウシは、そうしたたんぱく質をほとんど持たないようである。ただし、このあたりに関しては未だ議論もある。

 それに、光合成は、動物であれば許容できないはずの大量の活性酸素をつくりだす。どうしてウミウシは平気なのだろうか。

 他にも謎はある。なぜ葉緑体はウミウシの消化器官で分解されないのか。なぜ葉緑体は異物なのにウミウシの免疫システムに攻撃されないのか。どのようにしてウミウシは葉緑体と生化学的な相互作用を行っているのか。

続きはソースで

■米東海岸沖で見つかるエリシア・クロロティカという名のウミウシ
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/072400326/01-solar-powered-sea-slugs-11_16_06-chlorotica-02-hig-res.adapt.1190.1.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/072400326/

続きを読む

↑このページのトップヘ