動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: ガーディス ★ 2019/06/18(火) 06:26:06.02 ID:M0rs3JcR9
2019年6月18日5時0分
マメ科の植物クローバーをえさにウニを養殖する技術を九州大と宮城大が開発した。天然ウニに遜色ない品質で栄養も豊富という。

FullSizeRender

 高級食材のウニは近年、各地で海藻を食べ尽くす「磯焼け」の一因となっている。海藻が枯渇している磯焼けした海のウニは身入りが悪いため、駆除して廃棄している地域もある。

 九大大学院農学研究院の栗田喜久助教(35)は、東北大助教だった2016年秋、こうしたウニを捕って太らせる研究を始めた。年中手に入りやすいものをと考え、クローバーやススキなど身近な植物4種をキタムラサキウニに与えた。

 半年後にウニを割ると、クローバーを与えたものは天然ウニ並みの身の大きさで、黄色い身の部分の色も鮮やかになった。宮城大食産業学群の西川正純教授、片山亜優助教の協力で栄養成分を調べると、αリノレン酸やドコサヘキサエン酸(DHA)は天然ものより多かった。クローバーはマメ科でたんぱく質が豊富だからではないかという。

 栗田助教は昨春、九州大に赴任し、ムラサキウニでもほぼ同じ結果を得た。両大学は今年3月、クローバーでの養殖技術を特許出願。実用化に向け協力できる養殖業者を探している。また、放置竹林のタケノコをえさに養殖できないかの実験も進めている。

 クローバーはどこにでも生えている草だが、四つ葉のものを意識して摘み、ウニに与えているという。栗田助教は「あっさりおいしくて、体にもいい。幸せを運んでくれるウニです」と話す。(渡辺純子)
https://www.asahi.com/sp/articles/ASM6D34J7M6DTIPE008.html

FullSizeRender


続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/06/17(月) 21:46:38.53 ID:CAP_USER
2019年6月17日 12:54 発信地:ダッカ/バングラデシュ [ バングラデシュ アジア・オセアニア ]

【6月17日 AFP】バングラデシュで家畜を襲い住民に撲殺されたオオカミが、国内で80年ぶりに確認された希少種インドオオカミだったことが分かった。国際自然保護連合(IUCN)が16日、明らかにした。

IMG_2783

 インドオオカミが殺されたのはバングラデシュとインドにまたがる世界最大のマングローブ林が広がる自然保護区シュンドルボン(Sundarbans)近郊の町。IUCNによると、バングラデシュで最後にインドオオカミが確認されたのは1949年だという。

 地元当局者もAFPに対し、「画像から殺されたのがインドオオカミであることを確認した」と認めた。同当局者によるとインドオオカミは飼育されているものも含めてインド国内に3000頭ほど生息しているが、バングラデシュ北部および北西部では1940年代に姿を消したという。

 バングラデシュではシマハイエナやバラシンガジカ、ブラックバックといった野生動物が過去数十年で姿を消している。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3230300?cx_amp=all&act=all

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2019/06/08(土) 06:49:10.95 ID:CAP_USER

おなかの吸盤で貝にしがみつくコンペイトウ=福井県坂井市三国町崎の越前松島水族館で、横見知佳撮影

IMG_2782

 国内20カ所の動物園・水族館で飼育展示されている風変わりな生き物20個体の中から人気ナンバーワンをインターネット投票で決める「へんないきもの大王タイトルマッチ」(サンシャイン水族館主催)に、福井県内から越前松島水族館の深海魚「コンペイトウ」が立候補している。決勝戦に進めるのは16日が投票締め切りの予選を勝ち抜いた5個体。予選結果は21日に発表される。

 「コンペイトウ」はおなかに吸盤がついたダンゴウオ科の深海魚。赤ちゃんは1センチほどで三角形の突起がついているため見た目は金平糖のよう。成長しても10センチほどで、魚類係の笹井清二さん(47)は「まん丸でかわいらしい深海魚。泳ぎが下手くそでふわふわと泳ぎます」と変な生き物としての魅力を話した。

 同水族館は全国で唯一「コンペイトウ」の繁殖に成功している。地元漁師が越前ガニの収穫の際、持ち込んできたことがきっかけで飼育を始めた。深海魚には珍しく目が発達しており、同水族館の展示場「こんぺいとうハウス」では水槽に近づくと動き出す様子が見られる。

https://mainichi.jp/articles/20190607/k00/00m/040/271000c

続きを読む

↑このページのトップヘ