動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: サンダージョー ★ 2019/10/16(水) 14:13:27.60 ID:CAP_USER
2019.10.12
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/101100587/

 現在、タイ中部のバンサパンヒン近郊の土地は、薄い赤みを帯びた土で覆われ、地元農家がトウモロコシやキャッサバを育てている。しかし、1億1300万年以上前、この地域は氾濫原で、サメのような歯を持つ恐ろしい恐竜が支配していたことがわかった。

IMG_4860

 今回発見された新種の肉食恐竜は「サイアムラプトル・スワティ(Siamraptor suwati)」と名付けられ、2019年10月9日付けで学術誌「PLOS ONE」に論文が発表された。この恐竜の化石は、7.5メートルほどある全身の各部が見つかった。カルカロドントサウルス類に属するが、東南アジアでこれほど状態の良い化石が見つかったのは今回が初めて。肉食恐竜の主要グループが、太古の時代にどのように各地に広がっていたのか、また新たな事実が加わることになる。

「タイで見つかった恐竜の中でも、重要な発見と言えます」と、論文を査読した英エジンバラ大学の古生物学者スティーブ・ブルサット氏は電子メールで答えている。

 タイ、ナコンラチャシーマー・ラチャパット大学の研究者ドゥアンスダ・チョクチャロムオン氏が率いる研究チームは、見つかった骨を詳しく調べ、気嚢(きのう:呼吸器官)を持つ骨格であることを発見した。おそらくより速く呼吸するのにも役立っていたと考えられる。

「ダイナミックで動きの速い、どう猛な恐竜だったのでしょう」とブルサット氏。

ティラノサウルス以前の支配者はどこまで分布

 Tレックスなどの巨大なティラノサウルス類が出現するより数千万年も前、地球を支配していたのが、別の大型肉食恐竜「アロサウルス」の仲間だ。この重量級の肉食恐竜の中に、白亜紀の大半にわたり食物連鎖の頂点に君臨したカルカロドントサウルス類がある。今回見つかった新種恐竜もこの仲間と考えられている。 

IMG_4861

「元々、小さかったティラノサウルス類が巨大化して頂点捕食者になったのは、カルカロドントサウルス類の衰退があったからこそです」とブルサット氏は話す。 (参考記事:「小柄なティラノサウルス類の新種発見、人間サイズ」)

 カルカロドントサウルスの仲間が最初に見つかったのは1914年のこと。エジプトのサハラ砂漠で、ドイツの古生物学者エルンスト・シュトローマーが資金提供した調査隊が、ステーキナイフのように鋸歯状の恐竜の歯を見つけたのだ。その恐ろしい歯は、ホホジロザメを含むホホジロザメ属(カルカロドン)の歯を思い起こさせ、シュトローマーは1931年、この恐竜をカルカロドントサウルス・サハリクス(Carcharodontosaurus saharicus)と命名した。

(続きはソースで)



【関連記事】
白亜紀のサメ、歯の形がゲーム「ギャラガ」の自機に似ていることから「ギャラガドン」と命名
IMG_4862

続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/10/12(土) 23:23:24.22 ID:t6OdDC5s9
続々と橋を降りてくるモルモットがかわいい――。そんなツイートが投稿され、話題になっている。

 「掃除が終わって橋をかけると、ぞくぞくと降りてきます!」

IMG_4858

こちらは、埼玉県こども動物自然公園が公式ツイッターで2019年10月7日に投稿したもの。動画に映っているのは、続々と橋を降りてくるモルモットたちだ。住処の掃除が終わって橋をかけたら、このような光景になったとのこと。

詰まっていても後ろから押すことはなく、順番もしっかり守るというマナーのよさに驚く。しかし、足早に歩く姿は、お家に帰れることへの喜びを隠しきれていないかのようで、健気でたまらない。

 「横からのアングルです!」

また、横からのアングルでは、より疾走感あるモルモットたちの行進を楽しむことができる。毛並みや模様もさまざまなので、「利きモルモットクイズ」でもしているような気分になるのは私だけだろうか。

このツイートには、こんな反応が。

 「モルモットの通勤ラッシュだ」
 「コミケの改札」
 「タイムボカンを思い出す...」

淡々と流れていくモルモットたちに、人混みやベルトコンベアを想像してしまうユーザーが多いようだ。「1匹、2匹...」と数えているうちに眠たくなってきそうな光景である。

今回の動画はモルモット舎の中での様子だったが、埼玉県こども動物自然公園では1日3回実施しているウサギ・モルモットとの「ふれあい体験」終了時にも同様の光景を見ることができる。モルモットたちが橋を渡って住処に戻っていく姿は名物で、「モルモットの橋渡り」と呼ばれているそうだ。

気になる人はぜひ足を運んでほしい。(ライター:Met)


https://news.livedoor.com/article/detail/17223450/
※動画はソースにて閲覧できます



【関連記事】
お中元のメロン箱にとんでもなくかわいい替え玉が入っていた
IMG_4859



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/10/15(火) 16:18:27.51 ID:tgn4BQO/9
(CNN) 米ユタ州ソルトレークシティー郊外で、飼い主と一緒にハイキングコースへ散歩に出かけた体重約86キロの大型犬が、途中で疲れ切って動けなくなり、担架で運ばれて救助される出来事があった。

IMG_4854

3歳のマスティフ犬「フロイド」は13日、飼い主の男性に連れられてソルトレークシティー近郊にあるグランジャー・ピークのハイキングコースへ散歩に出かけた。ところが下山しようとしたところ、疲れ切って座り込んだまま動かなくなってしまった。

警察によると、同日午後6時半ごろ、近くを通りかかったハイカーがフロイドを目撃し、飼い主が助けを必要としている様子だったことから救助を要請した。フロイドは一向に動こうとせず、気温は急速に下がり始めていた。

そこで警察と保安官事務所が連携してボランティアの捜索救助隊を派遣した。「相手が犬だと聞いても、一切躊躇(ちゅうちょ)はしなかった」と警察は話している。

IMG_4855

IMG_4856

救助隊はフロイドを担架に乗せて下山を始めた。フェイスブックには、巨大な犬をかついで狭い山道を歩く動画を投稿、「フロイドはいい子だった。助けてもらってうれしそうだった」とコメントしている。

警察によると、救助にはおよそ4時間を要したという。

家族がフェイスブックに掲載した説明によれば、フロイドの飼い主は途中で道を間違えて、ようやく元の山道に戻った時にはフロイドが疲れ切っていた。飼い主はフロイドと一緒に夜を明かすつもりだったという。

無事に帰宅できたフロイドは、ドッグフードをたくさんもらったと家族は報告している。

10/15(火) 13:19
CNN.co.jp
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-35143959-cnn-int



【関連記事】
【タイ】ゾウ6頭が滝に落ちて死ぬ、仲間を助けようとして立ち往生の2頭を救出
IMG_4857



続きを読む

↑このページのトップヘ