動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: しじみ ★ 2018/07/02(月) 22:14:36.99 ID:CAP_USER
アルマジロは鶏肉のような味がするそうで、ブラジルではさほど珍しい食肉ではない。
しかしこのほど、アルマジロを食べる習慣に警鐘を鳴らす研究結果が出た。
アルマジロの肉はハンセン病を引き起こす可能性があるという。
「顧みられない熱帯病(neglected tropical disease)」の研究を扱う学術誌
「PLOS Neglected Tropical Diseases」に6月28日付けで掲載された論文によると、
ブラジル西部のパラー州で採取されたココノオビアルマジロ (Dasypus novemcinctus)の62%が、
ハンセン病の原因菌であるらい菌(マイコバクテリウム・レプラ)を保有していることが明らかになった。

 それだけではない。ココノオビアルマジロの肉をよく食べる人の血液中にらい菌の抗体が著しく多く、
アルマジロの狩猟、世話、摂取との強い相関関係がうかがわれた。

 特に問題なのが、ある地域で食べられているアルマジロのレバーのセビーチェ(生肉をタマネギとあえた料理)だ。
らい菌は肝臓と脾臓に集中するからである。

 研究チームは現地の住民146人を検査したところ、そのうちの92人でらい菌の抗体の濃度が高かった。
この結果は、らい菌への曝露が広く起きていることを示している。

 論文の上席著者である米コロラド州立大学の免疫学者ジョン・スペンサー氏によると、
ブラジルのこの地域では、住民の約65%が少なくとも年に一度はアルマジロを食べているという。
「これは多いと言えます。ロブスターを年に一度食べる米国人が65%もいるでしょうか?」
(米国人の食生活に関する研究によると、その可能性は低そうだ)

■人間とアルマジロの間を行き来するらい菌

 科学者たちは1970年代から、アルマジロがらい菌の保菌動物になっているのではないかと疑っていた。
それが確認されたのは、分子遺伝学が進歩した2011年のことで、米テキサス州やルイジアナ州で、
人間とアルマジロのらい菌株が一致していることが明らかになった。
これは、人間とアルマジロの間にらい菌の行き来があることの動かぬ証拠である。

 米国南部に住む人々にとっては幸いなことに、同地域に生息するココノオビアルマジロのうち、
らい菌を保持しているものは全体の5分の1程度だ。ところが、ブラジルのパラー州では、その割合は3倍も高い。

続きはソースで

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/063000199/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/063000199/

続きを読む

1: みつを ★ 2017/11/08(水) 03:21:23.69 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3149643?cx_position=12

2017年11月7日 20:10 発信地:中国

【11月7日 CNS】中国・四川省(Sichuan)成都(Chengdu)にある華希昆虫博物館(Insect Museum Of West China)館内で展示され、「最大の昆虫」としてギネス世界記録(Guinness World Records)にも認定された中国の巨大ナナフシがこのほど初めて産卵し、幼虫のふ化に成功した。

 卵の色は黒褐色、形状は楕円形で全長5ミリ、幅は4ミリもあり、これは昆虫の卵の中でもかなり巨大な部類に属する。卵の表面はマーブル模様で、ひとつひとつに突起部分があるためか、さながら小さな果実のようにも見えてしまう。ふ化したばかりの幼虫の体長は約3センチ、全長は6センチを超え、すでにほかの小型ナナフシの成虫と大して変わらない大きさだ。(c)CNS/JCM/AFPBB News

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2017/08/10/17/4321D01200000578-4778776-image-a-1_1502381767615.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2017/08/10/17/4321CFB600000578-4778776-image-a-5_1502381836309.jpg

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/06/25(月) 19:18:31.43 ID:CAP_USER9
http://www.fnn-news.com/news/jpg/sn2018062503_50.jpg

道の駅に突然現れた、2羽の真っ白カラスが話題に。
数万分の1という珍しい発見に、街にも思わぬ異変が起きている。

青森県で見つかった“白い鳥”。

近くに住む人は、「最初、ハトが飛んでいるかなと思ってた」、「カモメやハクチョウじゃないし」などと話した。

ハト、カモメ、はたまたハクチョウと、さまざまな声が上がった白い鳥の正体は、「カラス」。
しかも2羽。

近くに住む人は、「ハトだべかーって見たら、カラスだよと。カラスでも白いのがあるんだと思って」と話した。

その珍しさは、宇都宮大学の杉田昭栄特命教授によると、「おそらく数万羽に1羽出るかどうかの確率というか偶然。黒い色素を作る遺伝子がなく、そのために色を作れなくて白になったと思う」と話し、白いカラスは大変貴重で、20年に及ぶ研究人生で一度も見たことがないという。

白いカラスは、地元には思わぬ経済効果をもたらしている。

道の駅「いかりがせき」の桑田直樹駅長は、「(白い)カラスがいることによって、いろんな方がこの道の駅に来られるので、道の駅の宣伝にはなっている。売り上げ的には、若干ですが上がっている」と話した。

道の駅「いかりがせき」では、白いカラスを目的に県外から来るお客さんも増え、売り上げが伸びたという。

桑田直樹駅長は、「初めてカラスで恩恵という気持ちでいる。白いカラスが、このままずっといてくれればと思います」と話した。

珍しい白いカラスをカメラに収めようと、野鳥の撮影が趣味という男性も駆けつけていた。

まさに、この時とらえた奇跡の1枚。
大きな翼を広げ、太陽の光を浴びて空を舞う姿は、まるで神の使い。
とてもカラスとは思えない。

今回現れたこの2羽。
地域に幸せを運ぶ白いカラスとなることができるのか。

06/25 18:42
FNNニュース
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00395017.html

続きを読む

↑このページのトップヘ