動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: みつを ★ 2019/08/15(木) 14:13:01.52 ID:ZEvuHcqZ9
https://www.cnn.co.jp/fringe/35141306.html

身長160センチ、体重80キロ 巨大ペンギンの化石、NZで発見
2019.08.15 Thu posted at 11:05 JST

(CNN) ニュージーランドのクライストチャーチ近郊で、身長160センチもある巨大ペンギンの化石が見つかった。カンタベリー博物館の研究チームがこのほど発表した。

化石はクライストチャーチ近郊のワイパラで、アマチュア古生物学者のリー・ラブ氏が2018年に発見。カンタベリー博物館とドイツ・フランクフルトの自然史博物館の研究チームが詳しく調べていた。

ニュージーランドではこれまでにも、世界最大のオウムや巨大ワシ、巨大ツギホコウモリ、さらには大型の飛べない鳥の化石が相次いで見つかっている。

今回見つかった巨大ペンギンは体重70~80キロ。2012年のBMC調査で世界の人の平均とされる62キロよりも重かった。
生息していたのは6600万年~5600万年前と推定され、ペンギンの仲間としては最古級だった。現代のペンギンの中で最も大きいコウテイペンギンは身長120センチ程度。

同じ時代に生息していたと思われる巨大ペンギンの仲間の化石は南極でも見つかっており、「進化の初期のペンギンは巨大だったというわわれの説を裏付ける」とカンタベリー博物館の専門家は解説する。
当時のニュージーランドと南極の様子は、現代とは大きく異なっていた。南極は森林に覆われて、南極もニュージーランドも気候はずっと温暖だったと思われる。

両方のペンギンとも脚の骨があることから、古代ペンギンは現代のペンギンに比べて泳ぐ際に足が重要な役割を果たしていたか、直立することはまだそれほど重要ではなかったらしいと研究チームは推測している。
今回の発見に関する詳細はオーストラリアの学術誌に発表された。

化石をもとに復元した体長160センチの巨大ペンギン/Canterbury Museum
IMG_3757




【関連記事】
「人、入ってません?」…大きすぎるオウサマペンギンのひなが話題 仙台うみの杜水族館 宮城
IMG_3759 



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/08/14(水) 23:52:50.29 ID:PpZkODkp9
【8月14日 AFP】フィリピン南部の水辺で、船に乗っていた10歳の少年がイリエワニに襲われ、少年は後に遺体となって見つかった。当局が14日、明らかにした。イリエワニの生息地の縮小に伴い、人間が襲われる事例が相次いでいる。

IMG_3753

イリエワニが頻繁に出没することで知られるバラバク(Balabac)の町の近くで、少年が年長のきょうだい2人と船に乗っていたところ、突然水中に引きずり込まれた。

警察の調書によると、少年は父親が夜通し捜索しても見つからなかったが、12日夜になって、漁師がマングローブの沼地で遺体を発見。少年の体半分が食べられた状態だったという。

フィリピンでは近年、開発が進んで人口も増え、ワニの生息地が縮小。ワニに遭遇した人が襲われたり殺されたりする被害が出ている。

世界最大の爬虫(はちゅう)類の一種に数えられるイリエワニは、最大で全長6メートル、重さ1トンにもなる。(c)AFP

2019年8月14日 23:29 
https://www.afpbb.com/articles/-/3239879




【関連記事】
下水への薬物混入で「覚醒剤ワニ」が…米テネシー州で呼びかけ
IMG_3754



続きを読む

1: かばほ~るφ ★ 2019/08/14(水) 13:58:39.71 ID:ajmi5zNg9
道東・羅臼 ヒグマの飼い犬襲撃 全て同じクマと判明
8/14(水) 6:02配信

■昨年から被害

【羅臼、標茶】根室管内羅臼町では、ヒグマが飼い犬を襲う被害が相次いでいる。
昨夏に1件、今夏は7月から8月上旬に3件あり計5匹が死んだ。ふんに残されたDNAから全て同じクマと判明。
町などは飼い犬を室内に入れるよう促す一方、駆除の態勢を強めている。
一方、釧路管内標茶町では乳牛や肉牛がクマに襲われる被害が相次いでいる。

IMG_3749

飼い犬被害は羅臼町内で昨年の8月1日、今年は7月10、27日、8月3日に発生。
周辺にあったふんを野生生物の調査・研究などを行う知床財団(オホーツク管内斜里町)が
北大に委託して調べた結果、全て同じクマだった。雄の成獣とみられる。

■味をしめたか
 
通常のクマはドングリやフキ、シカなどを食べるが、このクマは犬を捕食。
クマは一度味をしめると執着する習性があり、羅臼町などは「駆除やむなし」として被害後、
現場周辺に箱わなを設置してきたが、今夏の相次ぐ被害を受け、町内のハンターに加え、
他町のハンターにも協力を要請して駆除態勢を強化した。
町民には夜間、飼い犬を屋内に入れたり、クマが潜みやすい家屋周辺の草を刈ったりするよう呼び掛ける。

雄グマの成獣の行動範囲は半径50~60キロと広く、このクマの毛は、
昨年8月下旬に羅臼町西側の斜里町ルシャ地区でも見つかっている。
財団の山中正実事務局長は「エサを食べているクマを追い払おうとすると反撃される恐れがある」と指摘し、
クマに遭遇した場合は刺激せず、町や財団への通報を促す。

IMG_3748

8/14(水) 6:02配信 北海道新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010000-doshin-hok




【関連記事】
広島の動物公園で野生のツキノワグマ出現 どこにいるのか不明で一部閉鎖
IMG_3750



続きを読む

↑このページのトップヘ