動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: しじみ ★ 2019/04/09(火) 21:55:36.86 ID:CAP_USER
■動画
Ninja Rat Escapes Snakes https://youtu.be/F-xrQdskea0



■噛まれても蹴って脱出、空中で積極的に蹴っているのがわかったのは初

米国アリゾナ州ユマ市外の砂漠に暮らすモフモフのおチビさんたちにとって、晩ご飯を探すことは、地雷原をおそるおそる歩き回るのと同じだ。

 なぜなら、ヨコバイガラガラヘビが砂の中にじっと身を潜めていて、好物のカンガルーネズミが近づくのを待っているからである。

 ところが、3月27日付けで学術誌「Biological Journal of the Linnean Society」および「Functional Ecology」に掲載された2本の新たな論文によると、カンガルーネズミ(Dipodomys deserti)は今まで考えられてきたほど無力なわけではないようだ。彼らはヨコバイガラガラヘビ(Crotalus cerastes)からの攻撃を0.1秒かそれ以下のレベルで察知し、強力な後ろ脚のジャンプで危険から逃れることができる。

 しかも、ヘビに噛まれてしまったときでさえ、毒を注入される前に相手を蹴飛ばして、脱出に成功することもある。空中で回転しながら空手キックをかますカンガルーネズミは、まるで小さな忍者のようだ。

 そんな離れわざができるのも、カンガルーネズミの素晴らしい平衡感覚のおかげだ、と論文の著者で、米サンディエゴ州立大学の行動生態学者ルーロン・クラーク氏は話す。

 クラーク氏の調査チームは、この行動を何年にもわたって調べてきた。そしてついに、スローモーションカメラ技術の向上によって、知られざる砂漠の決闘の詳細を明らかにした。

 カンガルーネズミのジャンプは、単に驚いて適当に飛び上がるだけではない。そこが、他の多くの獲物と異なる点だという。

「複雑で、優雅と言ってもいいでしょう」とクラーク氏。「ジャンプと回転とキックを組み合わせたバレエのような動きです」

■「今まで記録されたことのない、新しい行動」

 さらに注目すべきなは、ヨコバイガラガラヘビの狩りが失敗に終わる多さだ。(参考記事:「毒ヘビの狩りは知能的、ムカデとトカゲで別の戦略」)

 クラーク氏らは幾夜も砂漠で過ごした結果、13匹のヨコバイガラガラヘビによる攻撃を32回ビデオに収めることに成功した。驚くことに、ヘビが実際にカンガルーネズミに噛みついた回数は半分に満たず(15回)、毒を注入しネズミを食べたのは、そのうちわずか7回だった。残りの8回は、カンガルーネズミが空中でヘビに蹴りを入れ、逃げ出したのだった。

 カンガルーネズミがヘビに噛まれずに済んだ17回のうち、噛みつかれる前に跳んで攻撃を避けたのが11回、そもそもヘビがカンガルーネズミとの距離の目測を誤って攻撃を外したのが6回だった。

 また、ヨコバイガラガラヘビの攻撃の速さは、狩りの成功と相関しないこともわかった。つまり、速さよりも正確さが重要だったわけだ。それに、たとえヘビの狙いが正確だったとしても、カンガルーネズミが素早くヘビの顔を蹴りつければ、攻撃を無力化できる。

「ヘビの攻撃は、銃から放たれた弾丸のようなものです」と話すのは、カリフォルニアジリスとオレゴンガラガラヘビの間の似たような関係を研究してきたブリー・プットマン氏だ。「いったん攻撃を開始すると、軌道を修正できません」。なお、同氏は今回の研究には関わっていない。

 そのため、ヘビに狙われる多くの動物が、攻撃から逃れるために横に逸れたりジャンプしたりする方法を進化させてきた、とプットマン氏は言う。同氏は米カリフォルニア大学ロサンゼルス校とロサンゼルス自然史博物館で博士研究員を務めている。

「今回の研究で本当にすごいのは、(カンガルーネズミが)空中で積極的にヘビを蹴っているとわかったことです」とプットマン氏は話す。「これは今まで記録されたことのない、新しい行動です」

続きはソースで
IMG_1695

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/040900213/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/04/14(日) 19:48:31.33 ID:CAP_USER
東京工業大学のアレキシー・ジルベルト(Alexis Gilbert)助教らの研究チームは、天然ガス田で微生物にプロパンが代謝されていたことを発見した。大気へのプロパン放出量の推定など地球環境の影響評価に適用できるとしている。

 天然ガス田にプロパン等の天然ガスを代謝する微生物が生息している。しかし、地下の微生物活動による天然ガスの消費量や消費せずに保存されるときの条件などはよく分かっていなかった。
IMG_1693

 プロパン(C3H8)は3つの炭素が直線上に並んだ分子。研究チームは、この3つのうち、中心の炭素と末端の炭素の安定同位体比(放射壊変せずに安定存在する質量数の異なる元素)をそれぞれ別々に計測する「分子内同位体分布計測」という手法を開発し、北米とオーストラリアのガス田から産出されたプロパンガスを分析した。

 その結果、いくつかのガス田のプロパンでは、末端の炭素の同位体比はあまり変動がなかったが、中心炭素の同位体比は大きな変動を示していた。この特徴は、プロパンガスが熱分解によって作られる際の傾向とは一致しない。一方、無酸素環境下でプロパンを分解する特殊な微生物を培養し、残ったプロパンの同位体分子計測を行ったところ、このガス田の傾向と一致していた。これは、嫌気的な微生物が地下でプロパンを消費したためで、プロパンの半分以上が微生物に食べられているガス田もあった。

 今後、開発した計測法を用いて、地下の微生物活動の範囲や、温室効果ガスでもある天然ガスの大気への放出量予測、また非生物的にされた天然ガスの検出なども可能になるという。無生物から生物を構成する有機物が創られるという生命起源の研究にも波及効果があるとしている。

論文情報:【米国科学アカデミー紀要】Intramolecular isotopic evidence for bacterial oxidation of propane in subsurface natural gas reservoirs
https://www.pnas.org/content/116/14/6653

https://univ-journal.jp/25489/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/04/14(日) 20:03:17.21 ID:CAP_USER
菜食主義やベジタリアンに対する関心が世界的に高まっていますが、それに伴い「菜食主義のペットフード」の開発も行われるようになっています。新たな調査で犬や猫の飼い主3673人を調査したところ、そのうち35%が自分のペットに対して植物ベースのペットフードを与えることに興味を持っていることが判明しました。
IMG_1688

Plant-based (vegan) diets for pets: A survey of pet owner attitudes and feeding practices
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0210806

There's a Concerning Trend of Pet Owners Wanting to Turn Their Carnivore Animals Vegan
https://www.sciencealert.com/a-surprising-number-of-people-want-to-feed-their-cats-and-dogs-a-vegan-diet

この調査は、ペットの飼い主がどの程度ペットの肉食を回避しようとしているのか、そして結果としてペットの食事がどのくらい影響を受けるのかを調べたもの。調査の結果、回答者全体の5.8%にあたる212人が菜食主義であり、うち78%がペットに植物ベースの食事を与えることに興味を示し、27%が実際にペットの食事を植物ベースに変えていたことが判明しました。また1人に至ってはペットの食事を完全に菜食に変えていたそうです。

「27%という数字は小さく聞こえますが、実際に関わっている動物の数は想像以上に大きいものです」と調査を実施したカナダ・グエルフ大学獣医のSarah Dodd氏は述べています。犬は雑食性の肉食動物であり、猫は完全な肉食動物です。つまり、犬は必要であれば植物ベースの食事でも生きていくことができますが、それでも犬が健康的に生活を送れているかどうかには十分に注意しつつ食事を与える必要があります。一方で猫は植物を含む食事を取ることができるものの、肉ベースの食事でなければ健康的な生活を送ることができません。つまり、2019年時点の知識でいえば、猫に菜食の食事を与えることはいいアイデアとはいえないわけです。

この調査で「ペットに菜食主義の食事を与えることに興味を持っている」と答えた人が多くいたものの、「栄養的に問題がない菜食の食事がない限りは与えない」と意志を示した人が多かった点が「よいニュース」だとDodd氏は示しています。また調査対象の半数以上が「猫や犬に植物ベースの食事を与えることは不適切だ」と考えていたとのこと。

菜食であることは環境やメンタルヘルス、肉体的な健康にもよいとして近年は注目されており、それに伴い菜食主義を取り入れたペットフードへの注目も高くなっています。「実際に、植物ベースの食事をペットに与えている人は少数ですが、この種の食事への注目は今後も高くなっていくといえるでしょう」とDodd氏は語りました。

ただし、植物性の食事がペットに与える影響については、さらなる調査が必要。研究が進み、ペットに対する菜食が持つリスクや影響がはっきりしない限りは、獣医への相談なしにケールスムージーを猫に与えたり、菜食主義の食事を犬に与えたりしないように、とDodd氏は注意を促しました。
FullSizeRender

https://gigazine.net/news/20190414-carnivore-animals-vegan/

続きを読む

↑このページのトップヘ