動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/08/21(火) 21:25:09.44 ID:aVMLwUiY● BE:593349633-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/10/01(月) 15:03:08.59 ID:CAP_USER
江の島(神奈川県藤沢市)の海岸で今月、フグと同じ猛毒テトロドトキシンを持つ「ヒョウモンダコ」が見つかった。生息域は熱帯や亜熱帯の海とされるが、温暖化の影響で近年、西日本を中心に各地の海岸で発見が相次いでいる。かまれるとまひ症状を引き起こし、海外では死亡例もある危険なタコで、注意喚起のため、新江ノ島水族館(同市)が26日から公開展示する。

 ヒョウモンダコが見つかったのは今月9日。遊びに来ていた子供連れのグループが、網で磯の生物を捕まえようとした際に捕れた。グループの中に危険なタコだと知っている男性がいて、「近くで子供が磯遊びをしており、逃がしてかまれたら大変だ」と、バケツに入れて同水族館に持ち込んだ。

 体長は約8センチ。普段は茶色っぽいが、刺激を受けると全身が黄色くなり、ヒョウ柄のような青色の斑紋が出ることからヒョウモンダコの名がついた。

 同水族館展示飼育部魚類チームの北田貢チームリーダーは「普段はじっとしていて、自分から襲いかかってくることはまずない、小さくてかわいいタコだが、手のひらに乗せるとかまれる恐れがある。絶対に触らないでほしい」と話している。

https://www.yomiuri.co.jp/photo/20180925/20180925-OYT1I50053-N.jpg

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/science/20180925-OYT1T50135.html

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/10/01(月) 14:01:14.34 ID:CAP_USER
(CNN) 今から2億年前のジュラ紀初期に生息していた新種の恐竜の化石が、南アフリカで発見された。大型草食恐竜ブロントサウルスの仲間で、体重はおよそ11.8トンと、アフリカゾウの約2倍。南アフリカのウィットウォータースランド大学の研究チームが27日、生物学会誌カレントバイオロジーに発表した。

新種の恐竜は世界最大の陸生生物だったと推定され、その巨大さと、竜脚類の恐竜の起源に出現した系統に属することから、南ア先住民の言葉で「夜明けの巨大な雷鳴」を意味する「Ledumahadi Mafube」と命名された。

化石は2012年に発見され、発掘調査を進めた結果、推定14歳くらいだったと思われる成体の化石が出土した。ブロントサウルスなど四足歩行の草食恐竜、竜脚類の仲間で、ブロントサウルスよりも早い時期に、別の進化をたどったと推定されている。

竜脚類は二足歩行の祖先から進化した恐竜で、Ledumahadiはその移行期に当たるジュラ紀初期に出現。研究チームでは、四足歩行だったか二足歩行だったかを調べるため、恐竜や動物や爬虫類のデータを集めて出土した化石のデータと比較し、四足歩行だったと判断した。

この恐竜は、同じ時期に現在のアルゼンチンに生息していた巨大恐竜に近い種類だったことも分かった。これは、ジュラ紀初期には現在の全大陸が1つにまとまった超大陸「パンゲア」が存在していたという説の裏付けにもなると研究者は解説し、「当時の恐竜はヨハネスブルクからブエノスアイレスまで簡単に歩いて行くことができたはず」と話している。

https://www.cnn.co.jp/storage/2018/09/28/9310e5d901ed48f5d3b3d427898df0bc/t/768/432/d/01-ancient-finds-super-169.jpg

CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35126260.html

続きを読む

↑このページのトップヘ