1: しじみ ★ 2019/04/19(金) 20:06:42.57 ID:CAP_USER
■動画
Liquid Blood And Urine Have Been Found Inside A Prehistoric 42,000-Year-...
https://youtu.be/OudlrFgYYLg



(CNN) ロシアの研究グループはこのほど、極東シベリアのベルホヤンスク地域で4万2000年前に死んだ子馬から、液体の血液と尿が見つかったと明らかにした。

北東連邦大学(NEFU)マンモス博物館のセミヨン・グリゴリエフ館長によると、体液は検視の過程で採取したもので、クローン作成に向けた検査も行ったという。この馬は絶滅種。

死骸は昨年夏、マンモスの牙を探していた集団がバタガイカ・クレーターの永久凍土で発見した。この日の気温はマイナス67.8度まで下がっていた。

グリゴリエフ氏はメールでCNNに、死んだ時の子馬は生後2週間程度だったとみられると説明。泥にのみ込まれ、その泥が永久凍土の一部になった可能性が高いとの見方を示した。

さらに「検視の結果、死骸は保存状態が極めて良好で、体の変形すらないことが判明した」とも明かした。頭や脚を中心に体毛も残っていたという。

体毛が保存されているのは極めてまれだといい、「更新世に絶滅した馬の体毛がどんな色だったのか、これで特定可能になった」としている。

液体の血液と尿が見つかるのはさらに珍しい。グリゴリエフ氏が把握している限り、更新世の動物から液体の血液が見つかったのは他に1件だけで、同氏のチームが2013年5月にリャーホフスキー諸島で発見したマンモスのものだという。

NEFUのチームは現在、韓国のスアム生命工学研究院と共同で、クローン作成に向け子馬の細胞を培養する取り組みを進めている。

スアムを率いる黄禹錫(ファンウソク)氏は04年、クローン技術によるヒト胚性幹細胞の作成に成功したと発表したものの、後にねつ造だったと認めた。

IMG_1762

https://www.cnn.co.jp/fringe/35136037.html?ref=rss

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/19(金) 20:23:52.16 ID:XKv+o5mG
>4万2千年前の子馬のクローン

倫理的にどうなのとかはさておき、見てみたいよな

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/19(金) 20:26:34.11 ID:axraXFAb
千里馬?

6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/19(金) 20:48:00.95 ID:Qt/roAbf
韓国で犬のクローン作ってたけど
あれは本物だったのか?

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/20(土) 00:18:01.79 ID:3ZZUN7fN
よく永久凍土から古代の最凶ウイルスが~みたいなゾンビ作品あるけど
クローンで復元した古代の動物って逆に今のウイルスに対応できずに死ぬんじゃね

10: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/20(土) 04:10:47.70 ID:fyfiWO5K
それ以前にそもそもこの手の話が実現できるのか、という件
マンモスとか20年位前から話聞くけどいっこうに出来た話はいまだないわけだが
これも二度と聞かない可能性、でてきたとしてもマンモスと同じ話だけで生体はいつまでも出来ない悪寒

11: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/20(土) 04:28:59.63 ID:5cgtdzO6
黄禹錫と組むのか。
まぁ犬のクローンは本物だったか知らんが、これくらいは何とかなりそうだな。
貴重な試料とはいえ全部使いきるって事はないし。

12: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/20(土) 04:55:53.16 ID:fyfiWO5K
ならんだろ、大体犬のほうがはるかに簡単、そもそも大量にどこにでもいるしな

13: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/20(土) 05:10:08.73 ID:pai3vr1b
>韓国のスアム生命工学研究院と共同で
>スアムを率いる黄禹錫(ファンウソク)氏
せっかく夢のある話題なのに法則発動で試料ごとだめになりそう

14: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/20(土) 07:25:56.28 ID:m1zSJ1UW
なんで韓国が

15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/04/20(土) 10:02:21.18 ID:0D13qJqN
黄氏は名誉欲で人間に手を出して壮大にやらかしたけど家畜に関しては普通に実績ある人だからな。
馬ならクローンも作れるんじゃない。
馬なら象と違って人工繁殖も難しくないし。