1: 蜜マメ ★ [HR] 2019/10/09(水) 15:57:48.84 ID:CAP_USER9
 ガイド歴23年のパトリック・ヌジョブー氏にとって、ザンビアのサウスルアングワ国立公園で車を走らせるのは、いつものことだ。しかし、この日は違った。

 7月のある朝、ヌジョブー氏が車でツアー客をガイドしていると、ルアングア川からカバが現れ、睡眠中のブチハイエナに近づいた。ハイエナはすぐに目を覚ました。

「ハイエナは逃げませんでした」と、シェントン・サファリズのヘッドガイドを務めるヌジョブー氏は、ナショナル ジオグラフィックの取材に対しメールで説明した。「2頭は鼻を突き合わせ、互いのにおいをかぎ始めました。まるでキスしているようでした」。若い2頭は20分ほど一緒に過ごした。鼻と鼻が触れ合い、ハイエナはある時点で、あおむけに姿勢を変えた。「本当にとても不思議な光景でした」

IMG_4786

 ヌジョブー氏はサファリツアーの公式ブログで「ハイエナとカバの情事」と紹介しているが、専門家たちによれば、若さゆえの好奇心による可能性が高いという。(参考記事:「動物大図鑑 カバ」)

「あくまでも推測ですが、若いカバはハイエナに興味があったのだと思います。そして、カバが攻撃的でなかったため、ハイエナは身の危険を感じることなく、逃げ出さなかったのでしょう」と、英エクセター大学の行動生態学者ロブ・ヒースコート氏は言う。(参考記事:「【動画】ワニと遊びたくなったカバの子、結末は…」)

 若い動物が好奇心旺盛なのは、限界を試し、未知なるものについて学ぶためだ。「ただし、この交流が何を意味しているのか、実際のところはわかりません。このようなことはめったになく、本格的に研究されていないためです」

キスの可能性は?

続きはこちらで↓
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/092600554/?ST=m_news



【関連記事】
ヒョウとハイエナが仲良く食事?だが意外な結末に
FullSizeRender