1: みつを ★ 2019/11/13(水) 05:22:44.03 ID:YAMKRjZa9
https://www.afpbb.com/articles/-/3254291

北極海氷の減少、致死性動物ウイルスを拡散か 研究  
発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]

【11月12日 AFP】地球温暖化を原因とする北極圏の海氷の減少により、ホッキョクグマなどの動物がこれまでこの地域には存在していなかった病原体にさらされている可能性があることが分かった。研究結果は7日、英科学誌ネイチャー(Nature)系列のオンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された。

FullSizeRender

   米カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis)のトレイシー・ゴールドスタイン(Tracey Goldstein)氏が主導する研究チームは、2004年に米アラスカ州沖で発見されたラッコが、2002年に北大西洋でゼニガタアザラシの大量死を引き起こしたアザラシジステンパーウイルス(PDV)に感染していたことを確認した。

 PDVがアラスカ沖までたどり着いたのは、北極海氷の縮小によりロシアおよびカナダ北部沿いに新たな通路ができ、この通路を通じて動物や病原体が移動した可能性が最も高いという。論文では「海氷減少は動物の行動を変化させ、物理的障壁を取り払うことで、北極に動物と感染症が入ってくる新たな通路を形成した可能性がある」と指摘している。

 北太平洋海域における動物のPDVへの暴露と感染は2003年に始まり、同年ピークに達した。また、2009年にも再びピークに達している。論文によると、PDVへの暴露と感染のピークは、北極の海氷面積の減少後に起こっているという。

「北極海氷を通る通路の開放とPDVへの暴露または感染増加との関連性は、PDVなどの病原体が北太平洋と北大西洋の海洋哺乳類の個体群間を移動する機会が増える可能性があることを示唆している」と論文では結論付けている。(c)AFP



【関連記事】
ホッキョクグマが餌を求めて700キロ移動、温暖化の影響か ロシア
IMG_5992



3: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 05:28:53.53 ID:JKQL/js30
地球がもっと温暖な時期もホッキョクグマやアザラシは生き延びてきました

4: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 05:29:23.84 ID:3oMBQJUT0
疫病と異常気象で数十億人が死んでも国際協力して環境問題に向き合えなさそうなかわいそうな人類さん

5: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 05:54:16.39 ID:dYTyNO850
着々と死の星に近づいてるな

6: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 06:00:56.47 ID:CuZDB13j0
繰り返してるだけ
だいたい地球なんか宇宙に浮いてるんだぜ
ちょっと軌道がズレただけでやれ温暖化だのやれ氷河期だの人間はアフオ
永い年月の中でただ繰り返してるだけ

7: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 06:05:49.94 ID:pruV64dF0
そう、地球では絶滅と再生が繰り返されているだけ。
次は人類が絶滅するだけ、ガタガタ騒いでる人間はアフォw

8: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 06:29:08.28 ID:Xnewau3b0
アザラシピンチだな
温暖化の影響

9: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 06:35:15.18 ID:cZSEaurr0
封印は解かれた

10: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 06:46:44.08 ID:Xi7FaAYV0
ホッキョクグマが死んでも困らないが
マメジカが死ぬのは嫌だ

11: 名無しさん@1周年 2019/11/13(水) 06:59:30.87 ID:v6rJ/3HX0
ステレッペチャンケーペッぺッペ