動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2018年10月

1: しじみ ★ 2018/08/22(水) 15:59:45.68 ID:CAP_USER
■動画
Want to Keep Sharks Away? Try Magnets | Nat Geo Wild https://youtu.be/QXXNEizRre4


「サメに磁石」が、漁業におけるサメ保護の決め手になるかもしれない。

 新たな研究によると、磁石にはサメやエイを遠ざける効果があり、漁業用の餌を入れたカゴにこうした魚が間違ってかかってしまうのを防げるようになるという。

「あまりにうまく行ったので驚きました」と言うのは、オーストラリア、ニューカッスル大学の海洋生態学者で、学術誌「Fisheries Reseach」に論文を発表したビンセント・ラウール氏だ。

 サメの頭部の前方には、獲物の筋肉の収縮によって生じる微弱な電流を感知する器官がある。

「サメは基本的に、餌が見えなくても、匂いがしなくても、そのありかを感知できます」とラウール氏は言う。

 強力で不自然な磁場、つまり磁石は、サメのこの感覚を混乱させる。ラウール氏はこれを「ドアをあけた途端に強烈な悪臭に見舞われるようなもの」だと言う。
「私たちが知るかぎり、動物にとっては非常に不快な刺激です」

 サメが近づかないようにできるかどうかを検証するため、研究チームは、餌を詰めた漁業用のカゴの入り口付近に、長さ約8cmの棒磁石を取り付けた。
冷蔵庫に貼る磁石とたいして変わらない長さだが、厚みがあり、ずっと強力な磁石だ。

 シドニーの北にあるホークスベリー川河口の商業漁船は、こうしたカゴを使ってゴウシュウマダイやオーストラリアキチヌを獲っている。
だが、カゴに入っている餌は、シロボシホソメテンジクザメやポートジャクソンネコザメ、アラフラオオセ(これもサメ)のほか、ときにシビレエイも引き寄せてしまう。
ラウール氏によると、この漁では、望まないサメとエイが全漁獲量の10%を超えるという。
 サメはふつう、カゴに入っても死なないが、ストレスを受けて消耗してしまうため、漁師が海に放してもすぐに大型のサメやその他の魚の餌食になってしまう。サメは漁の損益にも影響する。
サメがカゴに入らなければ、その分、ゴウシュウマダイが入れるからだ。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/082000364/

続きを読む

1: みつを ★ 2018/10/20(土) 06:05:59.09 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/fringe/35127264.html

最古の肉食魚、ジュラ紀の化石発見 身を食いちぎられた魚も一緒に
2018.10.19 Fri posted at 11:39 JST

(CNN) 1億5000万年前のジュラ紀に生息していたピラニアのような肉食魚の化石が、ドイツ南部でほぼ完全な形で見つかった。これまでに発見された肉食魚の中では最古の種類だという。同じ地層からは、餌にされて体やひれを損傷したと思われる魚の化石も見つかっている。

この研究結果は18日の生物学会誌に発表された。化石が発見されたのは2016年。出土したのは、1860年に世界で初めて始祖鳥の化石が見つかったのと同じ場所だった。
新種の化石は、ひれを食いちぎるピラニアを意味する「ピラニアメソドン・ピナトムス」と命名された。

化石は保存状態が極めて良好で、上あごと下あごに並ぶ長くて鋭い歯や、口の周りの骨格がほぼそのままの形で残っていた。下あごの端には、はさみのような役割を果たしたと思われる三角形の歯も生えていた。
獲物の身を食いちぎる魚類としてはサメなどが知られているが、硬骨魚の仲間でそうした種が出現したのはずっと後の時代だったという。

「恐竜が陸上を歩き回り、小型恐竜が空を飛ぼうとしていた時代、その足元では魚が互いのヒレや身を引きちぎっていた」と研究者は解説する。

ピラニアメソドンは熱帯の浅瀬に住み、大きなヒレで動き回って魚を襲っていたと思われる。一緒に見つかった魚の化石はヒレの一部が欠けており、こうした肉食魚に襲われた形跡があった。

1億5000万年前のジュラ紀に生息していたピラニアのような肉食魚の化石が見つかった
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/10/19/15878f17ef4e5a06b26a00cfa0e5cd18/-01-ancient-finds-story-tablet.jpg

続きを読む

1: シャチ ★ 2018/10/20(土) 15:02:46.12 ID:CAP_USER9
 静岡市駿河区の市立日本平動物園は19日、国内最高齢となる17歳の雄のジャガー「アラシ」が、同日午前7時半ごろに死んだと発表した。老衰だった。同園は20日からジャガー舎前に献花台を設置する。

 アラシは2001年に米国アラバマ州のモンゴメリー動物園で生まれ、03年に同市の姉妹都市米オマハ市から友好の証しとして雌のキコとともに寄贈された。アラシはジャガー全体の約5%という珍しい「黒変種」で、一般的な黄褐色の体色ではなく、黒の毛色を持ち、人気を集めた。

 キコとは仲の良い夫婦として知られ、赤ちゃんの誕生が期待されたが、実現することなく、キコは15年9月に死んだ。

 同園のジャガーは2歳の雄「卯月小助」のみになった。市はふるさと納税の寄付者が選ぶ活用先に同園の動物購入費を入れていて、目標額に達し次第、黒変種の雌の購入を目指すという。


10/20(土) 7:26配信 @S[アットエス] by 静岡新聞SBS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000001-at_s-l22
元気だったころのアラシ=静岡市駿河区の日本平動物園(2015年撮影、静岡市提供)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181020-00000001-at_s-000-3-view.jpg

続きを読む

1: わんにゃん@名無しさん 2018/07/27(金) 08:04:37.85 ID:6K7yT45r
米首都ワシントンで、すべてのネコの数を調べる「ネコの国勢調査」が始まった。
ペットとして人気のネコだが、はぐれたり野生化したりして野鳥や小動物を襲うことがあり、米国の各都市で問題になっている。
150万ドル(約1億7千万円)かけて3年間調査し、効果的な管理計画を作る。

 「DCキャット・カウント」と名付けられた調査計画は、飼い主のいない動物の保護と里親探しをする
NPOヒューマン・レスキュー・アライアンスやスミソニアン保全生物学研究所などが参加する。

野良ネコのほか、動物シェルターに収容されているものや飼いネコも調査対象。
ネコを飼う世帯を回ったり、区域ごとに歩いて野外にいるネコを調べたりする。
市内に50台ほどカメラを設置するほか、市民から目撃情報を募るアプリの開発も検討する。
市内にいるネコの総数とともに、野外のネコがどこから来るのかも調べる。

ある論文の推計では、米国で野良ネコに襲われて野鳥や小動物が毎年それぞれ数十億匹死んでいる。
各都市では野良ネコを捕まえて不妊・去勢手術をしているが、反対意見が強いうえ、どこまで有効なのかがわかっていない。
今回の調査計画は「ネコと野生生物、住民の間の争いに、実践的で思いやりのある解決策を見つける」としており、
担当者は「他都市が参考にするようなモデルを作ることが目標だ」と話している。(ワシントン=香取啓介)

ワシントンで「ネコの国勢調査」 野良トラブルを解決へ
http://www.asahi.com/articles/ASL7T428PL7TUHBI00W.html

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/10/21(日) 05:42:14.59 ID:CAP_USER9
ヌーディストビーチとして知られるオーストラリアのサムライビーチ(Samurai Beach)で、サーフィンをしていた男性がサメに襲われたものの、このサメにパンチを食らわせて撃退し、難を逃れる出来事があった。
豪紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)に対してポール・ケニー(Paul Kenny)さん(50)が20日に語ったところによると、シドニーから北へ200キロほどの距離にあるサムライビーチ沖でサーフィンを楽しんでいた際、サメに衝突してしまった。

「そうするや否や、サメに腕をかみつかれた。自分にできることと言ったら、放されるまで殴りつけることくらいだった」

「サメから離れた時、1メートルほど離れた場所でサメの背びれを見た。できるだけ早く後ずさりし、乗れる波ならどんなものでも乗った」

ケニーさんにかみついたサメは、テンジクザメの一種かオオメジロザメとみられる。
ケニーさんは、2015年に南アフリカで行われたサーフィン大会の決勝の最中にサメを撃退したオーストラリアの伝説的サーファー、ミック・ファニング(Mick Fanning)氏のひそみに倣ったと発言。
一部始終がテレビ中継されていたため、世界的なニュースになったファニング氏の一件を引き合いに出し、「今や、サメを撃退するのはオーストラリア名物だね」と語った。

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/1/c1474_1351_5e4f3ecc_8aba88cb.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/15474122/

続きを読む

↑このページのトップヘ