動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2019年01月

1: 次郎丸 ★ 2019/01/29(火) 19:50:21.65 ID:eb6kTdfi9
野生化した外来「リス」、果物も電話線もかじる
2019年01月29日 17時50分 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/eco/20190129-OYT1T50031.html
IMG_0353

 野生化した外来種タイワンリスの生息域が浜松市で拡大し、庭木の果物や樹皮をかじられる被害が出ている。農作物や林業への被害、在来のニホンリスへの影響も懸念される。市は被害対策を学ぶシンポジウムを開催するなど啓発に乗り出した。


 タイワンリスは台湾や東南アジアが原産で、国内に持ち込まれ、逃げ出すなどして野生化したとみられる。

 静岡県にも生息域を広げ、県によると、伊東市から下田市にかけては、かんきつ類の食害やシイタケのほだ木がかじられるほか、電話線がかじられる被害が起きている。

 浜松市では森林づたいに生息域を広げ、現在は北区を北限に計約1万匹が生息していると市は推計する。庭のミカンや柿をかじられたり、樹皮がはがされたりといった被害が報告されている。
今後、全国ブランドの「三ヶ日みかん」や、スギやヒノキの「天竜美林」への被害が心配される。ニホンリスの餌を奪い、生息域を脅かす恐れもある。

 市では「姿が愛らしく、住民が餌を与えたことで増殖につながったのではないか」とみる。そこで森林総合研究所多摩森林科学園(東京都)と共催で2月2日、タイワンリスの被害や対策を専門家らが説明する一般向けシンポジウムを浜松市中区中央の市地域情報センターで開く。

 市環境政策課の担当者は「問題を放置すれば取り返しのつかない状況になる。かわいいだけでは済まされない」と話し、参加を呼びかけている。

 市はまた、翌3日、タイワンリスの捕獲講習会を市内で開催する。わなの使い方や設置の方法、捕獲や運搬のルールを学ぶ。市民に捕獲に協力してもらい、生息域の拡大を食い止める狙いだ。定員の20人を大幅に上回る申し込みがあり、同課では「問題への関心の高さがうかがえる」としている。 


タイワンリス 尾を含む体長が40センチ程度とニホンリスより一回り大きい。飼育や運搬を禁じた特定外来生物に指定されている。本州のほとんどの地域と四国、九州地方の一部に生息している。
IMG_0355


続きを読む

1: 次郎丸 ★ 2019/01/27(日) 12:05:19.64 ID:ODzqB9gh9
天井でコウモリ「冬眠中」、FB投稿で人気者に 岩手・県立水産科学館
毎日新聞 2019年1月27日 11時28分
https://mainichi.jp/articles/20190127/k00/00m/040/035000c
IMG_0221

作業場の天井にぶら下がるコウモリ。冬眠しているらしい=宮古市日立浜町の県立水産科学館で2019年1月26日、鬼山親芳撮影

 岩手県宮古市日立浜町の県立水産科学館の天井に哺乳類のコウモリが居着き、入館者の人気者になっている。専門家は「今は冬眠中なので、そっとしておいて」と静かに見守るよう話している。


 コウモリは脚の先から頭までの長さが12センチで、屋根が突き出た作業場の高さ3.6メートルの天井にぶら下がっている。作業場に扉はないが、雨風はしのげる。
昨年11月14日、天井にいるのに気づいた。当初は毎日夕方になると姿を消していたが、今は両脚を天井の隙間(すきま)に引っかけて動かず、冬眠しているらしい。

 同館がフェイスブックで画像を紹介したところ、問い合わせが数件寄せられ、市内の家族1組が見学に来た。館内にも「コウモリ休憩中」の張り紙を出し、団体客らが珍しそうに見上げている。

 コウモリの生態に詳しい同市津軽石の動物作家、遠藤公男さんは「一帯の浄土ケ浜には以前ヒナコウモリが生息していたことがあり、海岸線にもコウモリがいる。いじって驚かせると死ぬこともあり、春まではそっとしてあげてほしい」と話している。【鬼山親芳】

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US] 2019/01/28(月) 11:45:01.00 ID:
IMG_0220

 昨年末から、日本列島周辺の海で「幻の深海魚」ともいわれるリュウグウノツカイの発見が相次いでいる。深海魚は大地震の前兆を知らせるとの言い伝えもある。 

折しも各地で地震が起きているが、何らかの異変を伝える使者なのか。専門家に聞いてみると-。 

 26日午後2時16分ごろ、熊本県和水町で震度5弱の地震があった。同日午後5時23分ごろには青森県と岩手県で震度4の地震があった。 

 一方、鮮やかな銀白色の体に斑点模様、頭と腹には真っ赤なひれが細く伸びるリュウグウノツカイは、主に太平洋やインド洋の深海部に生息しているが、
23日に兵庫県豊岡市の海岸に近い定置網でみつかった。 

 水揚げされた際にはすでに死んでいたが、体長4メートル42センチ、重さ32キロと、地元の水族館も「これだけの大きさは見たことがない」と驚く。 

今月19日には富山県滑川市の海岸でリュウグウノツカイ2匹が死んでいるのが見つかった。昨年12月初旬には青森県の観音崎近くの海岸で死骸が見つかった ほか、同月26日には京都府宮津市田井の定置網にかかった。 

 ネット上では、昨年6月の大阪北部地震や、8月のペルーでの地震の際にもリュウグウノツカイがみつかっていたとの真偽不明の情報も流れ、「深海で何か
起こってる? ちょっと怖い」と心配する声も聞かれる。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190128/soc1901280013-n1.html
IMG_0217


【関連記事】
【京都】深海魚「リュウグウノツカイ」を捕獲…舞鶴沖で 専門家「今年、多いんです」

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/06/08(金) 09:07:47.72 ID:CAP_USER9
カリフォルニア州のモントレー湾にたくさんのイルカが集まり、子連れのザトウクジラを困らせた。
サンフランシスコ・クロニクル紙が報じた。

ドローンが撮影した動画には、クジラの頭の近くを邪魔するように泳ぐイルカたちの様子が映っている。
イルカたちは波をつかまえて滑っている。

海洋生物学者のナンシー・ブラック氏は
「イルカたちは本当に楽しんでいるようだが、クジラは特に気にしていないように思われる」と説明した。

■動画
Thousands of dolphins surf on humpback whale in Monterey Bay | Metro.co.uk
https://youtu.be/bOFbDJePCXM


https://jp.sputniknews.com/images/286/29/2862970.jpg 

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US] 2019/01/22(火) 14:14:02.74 ID:nPgfiHyj0● BE:512899213-PLT(27000)
人間の世界では視力を失ってしまったとしても、周りの人たちや世間のサポートもあり暮らしていけるが野生の生物はそうはいかない。
いかに嗅覚や聴覚が発達しているとしても、それだけで野生を生き抜いていくには限界がある。
こちらの動画には野生の盲目のアライグマが収められているのだが、なんと彼には頼れる仲間がいたのだ。

https://youtu.be/Vu7L5zVwB9M



撮影者の家に餌をもらいに来るこちらのアライグマ。
同じくこの家で餌を貰っている黒猫の子ども2匹が、アライグマに付き添って一緒に歩いている。
おそらくアライグマと仲良くなったと子猫たちが、盲目のアライグマを気遣って付き添っているのだろう。
並んで歩く姿はまるで要人と黒服を着たボディーガード。
厳しいだけの野生の世界と思われがちだが、そんな世界にも友情や助け合いは存在するようだ。

IMG_0212

続きを読む

↑このページのトップヘ