動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2019年02月

1: しじみ ★ 2019/02/27(水) 14:54:16.79 ID:CAP_USER
日本の食卓に欠かせないサケの漁獲が激減している。
すしネタなどで人気の、サケの卵、イクラも、10年で5割ほど価格が上昇。日本が頼ってきたサケの「ふ化放流事業」が行き詰まりを見せている。
こうしたなか、サケの繁殖に関する新たな事実が明らかになった。漁獲量回復の切り札となれるのか。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/K10011825001_1902251147_1902251314_01_02.jpg
IMG_0835

(中略)

■“常識外れ”の発見


なにか、漁獲を増やす手だてはないか?

国の研究機関がことし1月、最新の技術を使った調査結果をまとめた。調べたのは、放流された稚魚と、捕獲を逃れて自然に生まれ育った稚魚が川に戻ってくる割合の違いだ。
自然の稚魚は、体重が0.4から0.5グラムほどと、人工ふ化でエサを与えられて育てられた稚魚に比べて、体の大きさが半分ほどしかない。このため、たとえ海に下っても、十分に泳げなかったり、天敵に食べられてしまったりすると考えられてきた。しかし、調査は“常識外れ”の結果をもたらした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/K10011825001_1902251237_1902251314_01_09.jpg
IMG_0836

自然に生まれ育った稚魚が川に戻る確率が0.22%から0.86%だったのに対して、放流したものは0.17%から1.29%。
ほぼ同じ割合で川に戻ってきていたことが分かった。
さらに、調査した5年のうち3年で、むしろ「自然のもの」が上回った。
水産研究・教育機構の森田健太郎主任研究員は「自然生まれの稚魚は見た目がすごく小さいので、本当にちゃんと帰ってくるのか疑問だったが、統計的には違いはないんだ、とわかって、『そうだったのか』と改めて実感した」と言う。

■新事実の背景に新技術

耳石の顕微鏡写真
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/K10011825001_1902251237_1902251314_01_11.jpg
IMG_0837

なぜ、今になって、こんな事実が明らかになったのか。

そのカギは、「耳石温度標識」と呼ばれる新技術だ。魚の頭には、「耳石」と呼ばれる小さな石のような組織があり、成長する過程で水温が変化すると、木の年輪のように印が刻まれる。
こうした特徴を利用し、ふ化の前後に水温を4度下げると、「耳石」に黒いリングができ、それを「バーコード」のような標識として用いる。

水産研究・教育機構では、北海道の千歳川で平成18年以降、放流される稚魚全てにこの標識を付けていて、自然生まれの稚魚との比較が可能になったのだ。

■ふ化放流に使われないサケの存在

ふ化放流事業は、サケを卵からかえす効果は大きく、自然のサケの4倍ほどの確率でふ化させることができる。

ただ、川で捕獲したサケのうち、ふ化放流事業に使われるのは、実は、およそ半数程度。漁獲が多かった15年ほど前には、およそ4分の3が使われなかったこともある。

ふ化場の水槽など施設にかぎりがあることや、人手不足などが原因だ。こうした、使われないサケを捕獲せずに、自然に任せれば、戻ってくるサケが増加し、漁獲も増えると、専門家は提言する。
森田主任研究員は「放流する数は増やすことができないとしても、稚魚が海に出る数が、最大で5割ほど増やせる可能性があるので、その分、帰ってくるサケの資源量も増えるのではないか」としている。

■北海道では新たな取り組み

サケの漁獲が盛んな北海道では、こうした自然産卵を促す試験的な取り組みが始まっている。

日高地方で、複数のふ化場を運営する日高管内さけ・ます増殖事業協会を訪ねた。
川面が凍るほどの厳しい寒さの中、清水勝専務理事に案内して頂いたのは、日高町を流れる沙流川の中流だ。

川をふさいでサケを捕獲する装置「ウライ」があったが、撤去して、サケが自由に上ってこられるようにしたという。川の中には、わずかに残った鉄骨が立ち、近くのふ化場には、撤去した装置が置かれていた。
ふ化場があるのに、捕獲装置を撤去して大丈夫なのだろうか。清水さんは、すぐ横の支流を指さした。
その支流は、ふ化場につながっていて、サケたちは、自ら支流を上って、ふ化場に入っていくという。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/K10011825001_1902251333_1902251334_01_15.jpg
IMG_0838

サケの「母川回帰能力」は支流まで見分ける力があり、その分で、人工授精に必要なサケはまかなえるのだという。

続きはソースで

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/k10011825001000.html

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/26(火) 13:55:32.56 ID:CAP_USER
アマゾンの生い茂るマングローブの間からザトウクジラが発見されるという極めて異例の事態が報告されています。ジャングルの中でクジラが死んでいるだけでも奇妙ですが、本来であれば2月のザトウクジラは南極に移動しているはずとのことで、自然保護団体がなぜクジラがジャングルにいたのか、原因を究明中です。


Soure quer que ossada de baleia que encalhou fique em museu no Marajó
https://www.oliberal.com/belem/soure-quer-que-ossada-de-baleia-que-encalhou-fique-em-museu-no-maraj%C3%B3-1.78024

There's a Dead Humpback Whale in the Amazon Jungle and Nobody Knows Why - Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/59xwnn/theres-a-dead-humpback-whale-in-the-amazon-jungle-and-nobody-knows-why

Humpback Whale Washes Ashore in Amazon River, Baffling Scientists in Brazil - The New York Times
https://www.nytimes.com/2019/02/25/science/humpback-whales-amazon.html

ジャングルの中からクジラが発見される様子は以下のムービーから。

Mystery as huge dead whale found in brazilian jungle 02/24/19 - YouTube
https://youtu.be/mX0Rtfjjer8



枝葉をかきわけ、ジャングルの中を進むと……


枝の山の上に何かが乗っているのを発見した人々。


近寄ってみると、ジャングルには似合わない巨大なヒレ。


大股でヒレをまたぎます。人間の足のサイズと比べてもその巨大さは一目瞭然。


横たわるのは白いクジラの死がい。
お腹側が上を向いているようです。
斜め前から見るとこんな感じ。


ブラジルの海洋生物学者たちによると、アマゾン川河口にあるマラジョ島で発見されたのはザトウクジラの子どもであるとのこと。ザトウクジラはブラジル沖の大西洋に生息していますが、2月頃はその多くがエサを求めて南極近くにまで移動します。今回のザトウクジラが発見された場所は本来ザトウクジラが移動するはずの場所から4000マイル(約6400km)ほど離れており、科学者たちを困惑させています。

クジラが発見された場所は木々の生い茂るジャングルですが……


完全な内地というわけではなく、沿岸部から15メートルほどの距離です。


ザトウクジラは26フィート(約8m)ほどで少なくとも1歳には達しているとのこと。


クジラが発見された河口は陸地から流れ出る淡水と海水が混合する場所であり、潮によってクジラがマングローブの中に押し流されたのだと自然保護団体Bicho D’Águaの代表であるRenata Emin氏はみています。「分からないのは、2月のこの時期にクジラがブラジルの北沿岸で何をしていたのか?ということです。これは普通ではありえません」とEmin氏はコメント。

クジラは大人のザトウクジラの半分ほどの大きさであり、母親とはぐれた後に死んでしまったのではないかと研究者は考えています。


研究者たちは潮が引いている間にクジラの調査を行い、生死を確認してサンプルを持ち帰ったとのこと。今後、体にあるサインから、クジラが網にかかったのかボートに衝突したのかといった死因が特定される見込みです。


https://i.gzn.jp/img/2019/02/26/whale-in-brazilian-jungle/00_m.jpg
IMG_0840

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190226-whale-in-brazilian-jungle/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/27(水) 12:28:40.24 ID:CAP_USER
■中国のキンシコウ、アフリカやユーラシアの「旧世界ザル」で初確認

 母親であるということはそれだけで大変だが、よその子の面倒まで見るとなったらどうだろう。だが、キンシコウ(Rhinopithecus roxellana)にとっては、それが普通のことのようだ。学術誌「Science Advances」に2月20日付けで発表された研究結果によれば、5年に及んだ調査において、母親以外のメスからお乳をもらった赤ちゃんは、87%を超えていた。アロナーシング(allonursing、alloは「(母親と)異なる」の意)と呼ばれる現象だ。

IMG_0839

 アロナーシングはげっ歯類や食肉類に多く見られ、霊長類の何種かにも見られるが、決して一般的ではない。アフリカやユーラシアに分布する「旧世界ザル」でアロナーシングの証拠が見つかったのは今回が初めてだ。

■哺乳類のわずか40種ほど

 アロナーシングが日常的に起こることが知られているのは、哺乳類のうち、ほんの40種ほどだ。2012年に中国中部の神農架(シェノンチャ)国家級自然保護区でキンシコウの集団を観察し始めた研究者たちは、こうした行動が見られることを予想だにしていなかった。

 あるメスが2匹の赤ちゃんに同時に授乳をするところを見るまでは、そんな考えが頭をよぎることすらなかったと、中南林業科技大学の野生生物保全学教授で、論文の筆頭著者であるズオフ・シャン氏は言う。


中国の研究者たちが、ある母親が同時に2匹の赤ちゃんに授乳をしているのを見たのは、調査開始から何年も経ってからのことだった。このとき初めて、キンシコウではアロナーシングが一般的であることに気づいたという。(Photograph by Zuofu Xiang)

「新生児を追跡し始めたところ、生後3カ月まではアロナーシングが頻繁に起こることがわかり、驚きました」とシャン氏は話す。

 調査チームが観察した5度の繁殖期において、なんと87%以上の赤ちゃんが母親以外のメスからお乳をもらっていた。

 血縁は重要な要因のようで、赤ちゃんの祖母や叔母が授乳をする傾向があった。さらに、母親は他のメスが自分の子に授乳をしたことがあれば、そのメスの子に授乳をしてやることが多かったので、互恵性も要因となっているようだ。

■出産の次にハイコスト

 この発見が驚きである理由のひとつは、母乳というのは子への投資の中でも非常に大きいという点だ。自分の子以外にそんなお乳を与えることは、母親にとってどのようなメリットをもたらすのだろうか。

「哺乳類が行うことの中で最もエネルギーコストが大きいのが出産。次いで、母乳の分泌です。メスは多大なエネルギーを費やして、自分の体内で新しい物質を作り出すのです」と、スウェーデン、ルンド大学の行動・進化生態学者、キルスティ・マクレオド氏は言う。なお、同氏は今回の調査には関わっていない。

「アロナーシングは、血縁度が高い群れに暮らすメスでよく見られます。そうした集団では、メスが甥や姪と遺伝子を共有しているからです。あるいは、一度に何匹も子供を産むために、お乳を与える相手が多少増えても支障がないような動物でも見られます」と、マクレオド氏は話す。

「多くの霊長類は、いずれでもありません。集団で暮らす霊長類は多いのですが、ほとんどの種ではよその子に授乳をしませんので、キンシコウでのアロナーシングというのは重要かつ面白い報告です」


続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/022600123/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/26(火) 15:16:41.28 ID:CAP_USER
■植物と動物の共生関係 – 周食散布とは?

固着性の植物にとって、種子散布は貴重な移動の機会です。植物の多くは、動物に種子を散布してもらっています。動物による種子散布でよく見られるものが「周食散布」です。周食散布とは、植物が種子の“周り”の果肉を動物に提供し、動物が果実を食べて種子を糞として排出することで、種子の散布が成り立つというものです。植物側にも動物側にも利益がある、共生関係といえます。

IMG_0833

周食散布は温帯林の樹木種の35~44%、熱帯雨林では75~90%を占めており、動物が森づくりに大きくかかわっています。実際、森林伐採や狩猟で動物がいなくなった森は空洞の森といわれ、種子散布されなくった樹木の世代交代が上手くいかなくなっています。

周食散布にはナメクジやゴキブリ、バッタなどの無脊椎動物から、カメ、カラス、クマ、ゾウなどの脊椎動物まで多くの動物が参加します。雨季に林床が水に沈む南米の湿地林では、魚類も種子散布を行っています。さまざまな動物のなかでも、特に鳥類と哺乳類が重要な種子散布者と考えられており、植物の多くは鳥類・哺乳類に合わせた果実を進化させています。

視覚が発達した鳥類向けの果実には、色鮮やかなものが多くみられます。これらは人が食べておいしいと感じることは少なく、さらには有毒なものも少なくありません。一方で、嗅覚が発達した哺乳類向けの果実には匂いが強いものが多く、色は緑や黄色など林内で目立たないものが多くなっています。これらの果実は人が食べて甘くておいしいと感じるものが多く、バナナ、キウイ、リンゴなど私たちが食べている“フルーツ”はみんな哺乳類向けのものです。


(左上)典型的な鳥類向け果実マムシグサ。黒くなっている部分の果実はすでに持ち去られている
(右上)典型的な哺乳類向け果実アケビ。人が食べてもおいしい
(左下)外来植物トウネズミモチの果実を食べる留鳥のヒヨドリ【前方】と旅鳥のツグミ【後方】
(右下)ヤマグワの果実を食べるツキノワグマ母子
https://academist-cf.com/journal/wp-content/uploads/2019/02/pic001.jpg
IMG_0829

■森の果実の豊凶は種子散布に影響するのか?

周食散布は動物の行動によって決定されるため、散布のメカニズムはまだよくわかっていません。そこで今回の研究では、森全体の果実の豊凶が鳥類を介して種子散布に与える影響を評価しました。

ブナでよく知られるように、樹木の多くでは果実の豊凶がみられますが、豊凶によって動物の行動が変化し、その結果種子散布がどのように変化するのかを調べた研究はあまりありません。特に、森全体の果実の豊凶を調べるのはそれだけで大変なため、その種子散布への影響を定量的に調べた研究はこれまでありませんでした。

しかし、森には多様な周食散布型樹木が生えていることや、動物はたくさんの種類の果実を利用することを考えると、森全体の果実が動物の行動、また種子散布に影響していることは間違いないと思われました。

続きはソースで

https://academist-cf.com/journal/?p=10071
IMG_0830

IMG_0831



続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ [US] 2019/02/26(火) 08:45:58.67 ID:CAP_USER9
 「エダナナフシのちぎれた足はだっぴするともどる」「モンシロチョウがたくさんいる」-。昆虫を観察しては、コツコツとノートに記録している6歳の少年がいる。神戸親和女子大学付属親和幼稚園に通う島岡優君は、1年間で370種類、2千匹以上に目を凝らす。チョウの飛ぶ高さと羽の色の関係性に注目したり、捕まえるための仕掛けを作ったりと、専門家が舌を巻くほどの探究心だ。三田の“小さなファーブル”は「いっぱい勉強して、大きくなったら虫のことをたくさんの人に教えてあげたい」と夢を膨らませる。

 兵庫県立人と自然の博物館や有馬富士自然学習センターの虫に関するイベントにいつも参加している島岡君。研究員や職員に鋭い質問を飛ばし、他の常連の子どもたちに負けないようにと、幼稚園から帰宅するとすぐに虫取りに出掛ける。

 「見つけた虫たちを忘れたくない」と4歳の時に図鑑を見ながら、捕まえた昆虫を記録し始めた。昨年からは研究員のまとめ方を参考に天候や時間に加え、葉の色に応じてチョウの幼虫が体の色を変えるといった特徴など、気付いたことに絵も添えるようになった。

 昨年7月、有馬富士の山頂を訪れた際に高さ約5メートルの木の先を飛び交うチョウを見つけた。光の加減で羽の裏が黄色や白っぽく見えるというゴマダラチョウだ。周辺を調べると、高さ2メートル辺りには、羽が黒色に近いスミナガシやアオバセセリが多いと分かった。「羽の色と飛ぶ高さには関係性があるんじゃないか」。そんな疑問を持ち、いま自分のテーマとして調べる。

 「羽の模様は風景に紛れる『擬態』が多いが、飛行高度との関係となると、ほとんど研究されていないんじゃないか」と、人と自然の博物館の山内健生主任研究員(42)=昆虫学=もうなる。

 このほど同館のイベントで環境や自然について研究する市民グループや高校生ら約80組が集まる中、見つけた昆虫一覧をポスターにまとめて発表。努力が認められ名誉館長賞に輝いた。

 「自分で考えて行動する力がある。これからも自由に虫取りをして、記録を続けてほしい」。同館の八木剛主任研究員(50)=昆虫学=からそうエールを送られ、島岡君は「友達をたくさんつくって、みんなと一緒に知らない虫を捕って遊びたいな」とうれしそうに笑った。(門田晋一)

https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201902/0012097031.shtml
IMG_0828


続きを読む

↑このページのトップヘ