動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2019年05月

1: Ψ 2019/05/30(木) 23:08:30.63 ID:7g6DinZU
村でタヌキ2匹逃げ出す、警察が警戒呼び掛け 英イングランド

(CNN) 英イングランドのノッティンガムシャーで、
タヌキ2匹が檻から抜け出し、行方が分からなくなっている。
警察は地元住民に対し、警戒を呼びかけている。

タヌキが逃げ出したのは28日。警察によれば2匹は飼いならされていないため、
近づく人に危害を加える恐れがあるという。

住民の1人が逃げたうちの1匹を写真に収めた。
檻から逃げた後間もなく、近くの農場で撮影したという。

https://www.cnn.co.jp/storage/2019/05/30/0a40ca004a160162fc91cc2a2fd6146c/t/768/432/d/raccoon-dog-uk-super-169.jpg

タヌキは外見が犬によく似ているが、専門家は家での飼育を勧めていない。
主な生息地は東アジアと欧州の西部並びに北部となっている。

体毛にみられる斑点や曲がった爪といったアライグマと共通する特徴も持ち、
木に登ることができる。

体重は約3.6~6キロで、体長は48~66センチほど。
カエルやトカゲ、リス、ネズミ、鳥のほか、植物の種や果物などを好んで食べる。

IMG_2514


'Dangerous' raccoon dog escape prompts police warning
https://www.bbc.com/news/uk-england-nottinghamshire-48451094

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/05/09(木) 11:16:44.58 ID:CAP_USER
マウスの脳内で甘味を伝える神経細胞を発見したと、生理学研究所(愛知県岡崎市)の研究グループが発表した。哺乳類の脳内で味覚を伝達する神経を特定したのは初めてだという。担当者は「肥満や糖尿病の人が甘いものを好む原因の解明に役立つ可能性がある」と期待する。

 8日付の米科学誌セルリポーツで発表した。中島健一朗准教授(神経科学)らの研究グループがマウスを使った実験で、脳幹の「SatB2神経」が甘味を伝達すると突き止めた。

IMG_2501

 この神経だけを除去したマウスに、コーラと同等の甘さのショ糖溶液を与えると、10秒間になめた回数が通常のマウスの2割以下になった。他の塩味や苦味、酸味、うま味を与えた場合は大きな変化はなかった。脳に装着する小型顕微鏡を使い、甘味溶液の摂取中にこの神経が反応することも観察された。

 また、SatB2神経を特別なレーザー光で活性化させると、マウスは味の無い水を甘い溶液のように大量に摂取。部屋の中に、この神経を刺激する光のある場所と無い場所を設けたところ、マウスは光のある場所に長くいたことから、甘味を伝える神経の活性化を好むこともわかった。

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM5745K4M57OBJB003.html

続きを読む

1: 靄々 ★ 2019/05/30(木) 19:22:01.08 ID:xnmAassc9
約4年ぶりにニホンザルの赤ちゃんも 渋川動物公園で令和ベビーの動物が誕生 岡山・玉野市

IMG_2516

 岡山県玉野市の渋川動物公園で、令和ベビーの動物が次々と生まれていて、約4年ぶりにニホンザルの赤ちゃんも誕生しました。

(記者)
「5月17日に生まれたニホンザルの赤ちゃんです。今、お母さんに包まれて、お乳を飲んでいます」

 お母さんにくっついて離れない赤ちゃん。雄か雌かはまだわかっていません。約80種類の動物を飼育している玉野市の渋川動物公園で、4年ぶりに生まれたニホンザルの赤ちゃんです。

 お母さんのももちゃん(8歳)にとっては今回が初めての出産で、無事に生まれて園長も一安心です。

 30日から名前の募集が始まり、採用された人には園の年間フリーパスが贈られます。

(渋川動物公園/宮本純男 園長)
「にぎやかになるし、サルの赤ちゃん見るとものすごくかわいいもんね。だからとっても期待しているし、みんなも喜んでいます」

 そしてニホンザル以外にも。

(記者)
「今月生まれた赤ちゃんは他にもいて、こちらは令和初めて生まれたネコの赤ちゃんです」

 ネコは5月1日に5匹、14日に3匹生まれました。生後2週間ほどの子猫はまだ小さく、手で包めるほどの大きさです。

(抱っこした人は-)
「小さくて、ふわふわしてて、もう持って帰りたい」

 5月1日に卵からかえったクサガメの赤ちゃんや、5月12日に生まれたヤギもいます。

(抱っこした人は-)
「かわいい。すごく癒されますね。かわいいです」

 渋川動物公園では、5種類19匹の赤ちゃんが令和になってから生まれたということです。

※ソースに動画あります
https://www.ksb.co.jp/newsweb/index/13616
05月30日 18:15  KSB

続きを読む

1: 原唯之 ★ 2019/05/30(木) 09:52:09.66 ID:aUxEjmou9
政府が6月1日から韓国から輸入するヒラメのモニタリング検査を強化することが29日、わかった。特定の国の水産物輸入を規制強化するのは極めて異例。韓国が東京電力福島第1原発事故後、福島など8県の水産物の輸入規制を続けていることを受けた、事実上の対抗措置となる。
厚生労働省が30日に発表する。 

IMG_2499

 検査を強化する輸入水産物は韓国産ヒラメのほか、生食用冷蔵むき身のアカガイ、タイラギガイ、トリガイ、ウニ。
 韓国産ヒラメについては、全輸入量に対するモニタリング検査を現在の20%から40%に引き上げる。嘔吐(おうと)や下痢をもたらすクドアという寄生虫を原因とする韓国産ヒラメによる日本国内での食中毒が平成27年が8件(患者数62人)、28年が10件(同113人)、29年5件(同47人)、30年が7件(同82人)発生していた。
 アカガイ、タイラギガイ、トリガイ、ウニについては、腹痛や発熱をもたらす病原微生物、腸炎ビブリオの検査を現行の10%から20%に引き上げる。30年に輸入ウニを原因とした腸炎ビブリオによる食中毒が発生しており、同種の食品についても対象にする。

https://www.sankei.com/politics/amp/190530/plt1905300002-a.html?__twitter_impression=true

IMG_2497


続きを読む

1: 香味焙煎 ★ 2019/05/29(水) 18:14:28.36 ID:sC2/YO8d9
西アフリカ・ギニアの野生のチンパンジーが、小型のカニを日常的に食べていることが分かったと、京都大の松沢哲郎特別教授(比較認知科学)らの国際チームが29日、国際学術誌電子版に発表した。
チームによると、霊長類でのカニの採食は、水辺にすむカニクイザルなどで知られていたが、ヒトに最も近縁のチンパンジーやゴリラなどの類人猿で確認されたのは初めて。

初期の人類は森林からサバンナ(草原)へ進出した後、魚やカニを食べ始め、深い森で暮らす類人猿は水生動物を食べないとされていた。

共同通信
https://this.kiji.is/506392139321230433?c=39550187727945729

FullSizeRender

FullSizeRender


続きを読む

↑このページのトップヘ