動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2019年06月

1: 一般国民 ★ 2019/06/30(日) 06:12:07.41 ID:CAP_USER
マイクロプラスチックを好んで食べるサンゴ
細菌が付着したマイクロプラスチックがサンゴに病気と死をもたらす可能性も
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/062800380/
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/062800380/?P=2
2019.06.29
ナショナル ジオグラフィック

写真:サンゴの一種Astrangia poculataのポリプ。アルテミアの卵(黄色)よりマイクロプラスチックのビーズ(青色)を好んで食べている。こうしたマイクロプラスチックが新たな細菌を媒介する可能性もある。(PHOTOGRAPH COURTESY ROTJAN LAB)
 IMG_2921

【科学(学問)ニュース+】

 野生のサンゴが、マイクロプラスチック(直径5ミリ以下のプラスチック粒子)を食べていることが判明した。
 しかも、偶然摂取してしまうのではなく、本来の餌より好んで食べているというのだ。
 ただ、マイクロプラスチックには、自身の命を奪う細菌が付着することもある。
  (参考記事:「研究室 忍び寄るマイクロプラスチック汚染の真実」)
  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/053000010/053000001/

 英国王立協会の学術誌「Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences」に発表された今回の研究では、
 温帯に暮らすサンゴを米ロードアイランド州の沖で採取。 人の拳にも満たない小さな群体をつくる種だ。
 研究チームは、サンゴ礁を形成する熱帯の種も同様にマイクロプラスチックを摂取し、細菌の被害を受けている可能性があると推測している。

 今回の研究結果は、最高峰の頂上から深い海溝まで、マイクロプラスチックは自然環境の至るところに存在することを裏付けるものだ。
 魚から鳥まで多くの生物がすでに、プラスチックの微粒子を食べていることが確認されている。
 人も例外ではなく、水や食物からプラスチック粒子を摂取していることがわかっている。
 (参考記事:「深海底に大量のマイクロプラスチックが集積、研究」)
  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/121100251/

 研究を率いた米ボストン大学のランディー・ロットジャン氏は海洋生態系を研究し始めたとき、
 まさか自分がプラスチックをテーマに研究するとは想像もしていなかった。
 ロットジャン氏は、ただ自然のサンゴを調査できることに興奮していた。

 「生態系や生物を採取すると十中八九、マイクロプラスチックが見つかるので、看過できなくなったのです」とロットジャン氏は振り返る。
 (参考記事:「欧州ホタテ、全身にプラスチック粒子残留の可能性」)
  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/120600534/

 ・ジャンクフードよりたちが悪いマイクロビーズ
 ロットジャン氏らはAstrangia poculataのコロニーを3つ採取した。
 Astrangia poculataはマサチューセッツ州以南の米国の大西洋とメキシコ湾に生息する小さなサンゴだ。
 実験場として選ばれたのはロードアイランド州沖の海。
 プロビデンスから40キロ弱と都市環境に近く、プラスチックに汚染されたと考えられているためだ。

 ロットジャン氏らは研究室に戻ると、サンゴのポリプを切り開き、マイクロプラスチックを数えた。
 すべてのポリプから100以上の微小なプラスチック繊維が見つかった。
 野生のサンゴの体内からマイクロプラスチックが記録されたのは今回が初めてだが、すでに過去の研究で、
 同じ種が研究室でプラスチックを食べたことが確認されている。
 (参考記事:「あなたは既に大量のプラスチック片を食べている」)
  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/060700338/

 ロットジャン氏らは、さらに研究室で次のような実験をした。
 研究室で飼育したサンゴのポリプに、蛍光ブルーのマイクロビーズと、研究室での餌であるアルテミア(塩水湖に生息する小型甲殻類)の卵を同時に与えた。
 マイクロビーズは、石けん、化粧品、医薬品に最近まで使われていたプラスチック微粒子で、アルテミアの卵も粉粒のように小さい。

■■以下略、続きはソースをご覧ください。

続きを読む

1: シャチ ★ 2019/06/29(土) 19:44:53.66 ID:lyifD8A79
アトランタ(CNN) 米南部フロリダ州にある自然動物園で、珍しい全身が白いアルビノ(先天性色素欠乏症)のワニが19個の卵を産んだ。今夏にもふ化するとみられており、同園では赤ちゃんワニの展示につながればと期待を寄せている。

卵の両親は「ワイルド・フロリダ・エアボーツ・アンド・ゲーター・パーク」にいる雌の「スノーフレーク」(25歳)と雄の「ブリザード」(14歳)のカップル。2匹ともアルビノで、2017年以来同園で暮らしている。

発情期前に2匹の行動に変化が見られたことから、交尾の可能性について期待が高まっていた。

ワニは卵を守る際にさまざまな困難に直面する。そのため、同園ではふ化の可能性を高めるために、卵を温度と湿度が調整されたふ卵器に移した。

専門家のアンドルー・ビドルさんによれば、カミアリやアライグマなどの天敵によって卵が破壊される危険性は常に存在する。フロリダの気温も卵には脅威だ。暑すぎても寒すぎてもふ化の過程に影響が出る。また、ワニの赤ちゃんは非常に小さいことが多く、明るい色をしているため肉食動物に狙われやすいという。

同園によれば、ふ卵器によってふ化の確率は約60%から約95%に上昇した。

気温にもよるが、ワニの卵はふ化までには約60日かかる。卵がかえっても、赤ちゃんたちを両親のもとに返す予定はないという。ビドルさんによれば、アルビノのワニは若いころとても脆弱(ぜいじゃく)で視力も弱く、日焼けすることもある。

同園では、ふ化がうまくいけば、ワニの赤ちゃんの展示も行えるかもしれないと期待を寄せている。

6/29(土) 17:33配信 CNN.co.jp
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-35139130-cnn-int
画像
IMG_2921


続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/06/28(金) 22:03:43.00 ID:xAH6g1A39
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000031-jij_afp-sctch
 ワニは見た目が恐竜に似ていて、しばしば「生きている化石」と呼ばれるが、およそ2億5000万年前~5500万年前の
中生代に生息していたワニの祖先は草食だったとする研究が27日、米出版社セルプレス(Cell Press)の発行する学術誌に発表された。

FullSizeRender

 米ユタ大学(University of Utah)の博士課程で学ぶキーガン・メルストローム(Keegan Melstrom)氏と指導教官のランドール・イルミス(Randall Irmis)教授は、
絶滅したワニ類16種の歯146本を高解像度スキャンし、コンピューターで解析。
古代のワニの中には、どう猛な肉食動物として知られる現代のワニとは異なり、穏やかな気性の種がいたことを発見した。

 メルストローム氏は、爬虫(はちゅう)類の歯の違いを調べた自身の論文や、哺乳類の歯が生える位置によって異なる形状を持つ性質(異歯性)に関する
過去の研究を参照し、スキャンした歯の形状と、食生活との関連を調査。
その結果、「現生ワニと同じく肉食を主とするものもいたが、雑食の種も、完全に草食だったとみられる種もいた」ことが分かったという。
メルストローム氏によると、これらのワニ類は生息していた時代や大陸が異なっていた。

 半水生の現生ワニと外見的にもよく似た種がいた一方、小型で陸生のワニ類もいたとメルストローム氏は指摘。
こうした陸生ワニは胴体から下向きに四本の脚が生え、「毛の代わりに分厚いうろこで覆われた、イヌかネコのような生き物だったと思う」とAFPに語った。

 進化の過程においてワニの祖先がなぜ草木を主食としていたのか、なぜそれらは絶滅してしまったのかは不明だ。
メルストローム氏は謎の解明に意欲的だが、それには気候や動植物相が大きく変化した中生代の生態系を再構築する試みが不可欠となる。

 いずれにしろ、今回の研究の結果、ワニが「生きている化石」と呼ばれなくなることをメルストローム氏は期待している。
「この表現は、さまざまな形体と生態をもったワニ類の非常に激動に満ちた進化史を覆い隠してしまう」
「その際たるものが、食の多様性だ」と同氏は述べた。

続きを読む

1: 靄々 ★ 2019/06/29(土) 04:23:49.97 ID:OlegiYzD9
コアラとアシカの赤ちゃん誕生 神戸・王子動物園

 神戸市立王子動物園(同市灘区王子町3)で、コアラとカリフォルニアアシカの赤ちゃんが生まれた。

 コアラの赤ちゃんは、昨年12月12日の生まれ。生後半年ほどは母親のおなかの袋で過ごすといい、時折、袋から愛らしい顔をのぞかせている。父「ピーター」(3歳)と母「ウミ」(5歳)の子で、性別はまだ分からない。名前は後日、来園者から募集する。

 国内のコアラは、繁殖の難しさなどから、昨年末時点で8園館の計50頭まで減っているが、同園では、ほぼ毎年赤ちゃんが生まれているという。

 カリフォルニアアシカの赤ちゃんは、6月15日に生まれた。父「カイト」(8歳)と母「スミレ」(6歳)の子。性別はまだ不明だが、既に水に入って泳ぎ始めている。同園でカリフォルニアアシカの赤ちゃんが誕生するのは16年ぶり。

 営業時間は午前9時~午後5時。水曜休園。同園TEL***

(長谷部崇)

母親のおなかの袋から顔をのぞかせるコアラの赤ちゃん=神戸市灘区王子町3(王子動物園提供)
IMG_2919

母親に寄り添うカリフォルニアアシカの赤ちゃん=神戸市灘区王子町3(王子動物園提供)
IMG_2920

※電話番号はソースにあります
https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201906/0012468871.shtml
2019/6/28 21:25 神戸新聞NEXT

続きを読む

1: すらいむ ★ 2019/06/28(金) 13:45:15.51 ID:iqx6kWmL9
吸血UMA“チュパカブラ”の正体判明か

アルゼンチンで撮影されたある動画が、南米を中心に目撃される吸血UMA“チュパカブラ”の正体ではないか、と話題を呼んでいる。
IMG_2915
 チュパカブラは、主に南米で目撃される未確認生物で、ヤギやウシといった家畜や人間を襲い、細長い舌で穴を開けてその血液を吸う吸血生物として知られる。

 これまでその正体について、コヨーテ説や宇宙人説などがまことしやかに説明されてきたが、アルゼンチンのブエノスアイレス郊外に住むミゲル・エドゥアルドさんが撮影した動画が一つの回答をもたらしたと話題だ。

 動画には仔牛の腹部に食らいつき内臓を啜っているアルマジロが収められており、吸血、そして生息地域(北アメリカ南部からアルゼンチン)といったチュパカブラの要素を満たすため、「チュパカブラの正体ではないか」とSNSを中心に議論を呼ぶこととなった。

 ネットでは「まさか正体がアルマジロだったとは!」「疲れてるのよ、モルダー……」「今まで考えられてこなかったのか」「これはすごいニュース。長年の謎が解明された」といった声が上がっている。

ナリナリドットコム 2019年6月28日 11時30分
https://news.livedoor.com/article/detail/16690903/

続きを読む

↑このページのトップヘ