動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2019年10月

1: みつを ★ 2019/10/17(木) 18:00:45.20 ID:zCcZGcZk9
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/42095


クモの知られざる生態を紹介 「賢さと行動の複雑さが魅力」京都女子大教授が本出版

FullSizeRender

 クモは自分で張った網の糸を食べてリサイクルし、子どもは糸を使って空を飛ぶ。クモの知られざる生態を紹介する「クモのイト」を、京都女子大教授で動物行動学が専門の中田兼介さん(51)が出版した。「面白い生きものなのに嫌われがち。賢さと行動の複雑さが魅力のクモに興味を持ってもらえれば」と話す。

 京都大大学院で博士号を取得後、大学でアリの研究を続けていた中田さんがクモに魅了されたのは20代の終わり。大学の植物園を散歩中、美しい網の真ん中に座った小さなクモを目にしたのがきっかけだった。
 調べてみると、クモの世界は驚きに満ちていた。待ち伏せして獲物を得るため、入念に準備し、消耗を抑えながら備える。網はほこりや乾燥で劣化するため毎日張り替えるが、多くのクモがタンパク質の網の糸を自ら食べてリサイクルする。エサをたくさん捕まえた翌日は、前日よりも大きな網を張る。子育て中に母親の寿命が尽きかけると、自分の体を栄養として役立ててもらうため、子グモの前に身を投げ出す。子グモたちは競争を避けるため、腹から糸を出して、たこのように風に乗り、いろんな場所に散らばっていく。

FullSizeRender

 「驚くことばかりで、興味は尽きません」。クモは現在4万8千種類ほどが確認されているが、未発見を含めると12万種と推測する研究もあり、未知なる部分が圧倒的に多いという。

 本には、生殖前にメスに食べられないように求愛するオスの作戦、網の張る手順、クモの糸を使って服を作ろうとする人間の野望など、クモにまつわる盛りだくさんのエピソードが紹介されている。

FullSizeRender

 中田さんは、反響を呼んだ「図解 なんかへんな生きもの」の監修も務めた。「クモが生きていく上での論理を紹介していますが、どの生きものにもそれぞれの倫理がある。人間とは違う視点で世界を見るきっかけになればうれしい」と話す。1980円、ミシマ社刊。



【関連記事】
巣の糸の張力で自らを「発射」 クモの捕食行動を解明 米研究
IMG_4918



続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2019/10/17(木) 13:34:57.84 ID:27GJP+699
◆ 強毒のヒアリ、国内で初定着か 東京港青海ふ頭、拡散の恐れも

南米原産で強い毒を持つ特定外来生物のヒアリが東京港青海ふ頭で定着した可能性が極めて高いとの分析を、国の防除に携わる国立環境研究所がまとめたことが16日、分かった。
国内の他の発見例と異なり、巣の中で成長したとみられる繁殖可能な女王アリが50匹以上見つかり、既に別の場所に拡散した恐れがあるとしている。
定着が確定すれば初の事例となる。

同研究所生態リスク評価・対策研究室の五箇公一室長は、ヒアリは人間が刺されれば最悪の場合は死に至り、農作物などにも被害を及ぼすと指摘。
「既に拡散している最悪のケースを想定し、範囲を広げて早急に徹底調査すべきだ」と話した。

東京港青海ふ頭で見つかったヒアリ(自然環境研究センター提供)
IMG_4912
 

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019101601002446.html



【関連記事】
「強毒ヒアリ」まだ脅威 あれから2年…いまや1万匹
IMG_4913



続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/10/17(木) 20:20:20.36 ID:FtlHctDp9
圧倒的に不公平――。そんな感想を抱いてしまう動画が、ツイッターで注目を集めている。

それがこちらだ。

FullSizeRender

こちらはツイッターユーザーのアヒルのおまる(@ahiruomaruchan)さんの投稿。

ボウルに盛られたエサをステテコくん(オス)とモモヒキくん(オス)という2匹の猫ちゃんと分け合うアヒルのおまるくん(オス)。何気ない食事の様子を記録したほんわか動画だと思っていると、おまるくんの衝撃のスピードに度肝を抜かれてしまうことだろう。

まるでドリルのように「ドドドドドドドドド」とフードボウルのエサを食らっていくおまるくん。あまりの速さに圧倒されて、猫ちゃんたちは完全に推され気味だ。衝撃によってこぼれたエサを仕方なく拾って食べているところが哀愁に満ちている。

結局、おまるくんだけでほぼエサが食べられてしまった...。

「食べるスピードに不公平感ある」

と投稿者。たしかに、圧倒的な力の差にぐうの音も出ない。改めて見てみるとアヒルってこんなに早食いだったのかと感心してしまうほどだ。

このツイートにはこんな反応が。

 「猫ちゃん、もう諦めちゃってるやんけw」
 「道路工事で見るコンクリート砕くアレやろ」
 「早く動いた奴が生き残れる理由がわかりました」

「早く動いた奴が生き残れる理由がわかりました」と実社会に絡めてコメントする人も。そう言われてみると、なにかしら教訓めいた動画にも思えてきて不思議だ。

多くのリプライが寄せられるなか、投稿者も、

 「あの、当然ですが普段は別の餌(おまるは専用のZOOフード、ステテコとモモヒキは子猫専用フード(この動画で食ってるやつ))です。ただ、アヒル飯より美味いらしく猫の餌やりの時は必ずついてきます。時々猫のケージを羨ましそうに見てます」

と返信していた。

https://news.livedoor.com/article/detail/17242817/

※動画はソースにて閲覧できます



【関連記事】
もっと一緒にいたいよ! 相思相愛の犬とアヒル
IMG_4907



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/10/17(木) 13:07:54.53 ID:YW4tP/AKM
 ドラゴンの血が傷を癒やす。伝説のような研究成果が4月、発表された。 

FullSizeRender

インドネシアのコモド島などに生息する世界最大級のトカゲ、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の血液成分を参考に作った物質から、強い抗菌作用と、傷の治癒を早める効果が見つかった。 

近年では抗生物質が効かない耐性菌が増えており、新薬の開発に期待がかかる。 



【関連記事】
コモドオオトカゲ、実はニワトリと類縁関係にあった
IMG_4903



続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/10/05(土) 23:23:23.20 ID:2Uobd8Pf9
 猫ちゃんて、時々ビックリする動きをしますよね。Webライターで、レシピ監修やグルメレポ&レシピ記事の執筆などをしている犬飼つなさん(@inukai_tsuna)が、Twitterに愛猫がまさかのアリクイ威嚇ポーズをしたことを綴りました。

 犬飼さんは現在、愛犬のマグちゃん(3歳/雑種)と愛猫のススキちゃん(1歳/雑種)と暮らしているのですが、9月30日に自身のTwitterで「我が家のネコの威嚇方法が完全にアリクイ……」とツイートし、その写真を投稿しました。

IMG_4866

 写真には、マグちゃんとススキちゃんが睨み合う姿が……。そして、ススキちゃんは犬飼さんが言われていたように、まるでアリクイが威嚇しているよう姿で、2本脚の直立不動で両腕を上げ、マグちゃんを見つめています。少しでも動けば、その両腕から猫パンチが繰り出されそうな気配。

 犬飼さんに話を伺ったところ、このアリクイ威嚇ポーズは、この日が初めてで「それまではよく後ろ足で立って、犬の首に噛み付いたりしていましたが、あんなに静止して『スッ』と立っていたのは初めてでした」とのこと。

 アリクイ威嚇ポーズは、マグちゃんとプロレスごっこのような感じで遊んでいる時にやったそうなのですが、「普段は立ち上がってすぐに噛み付くので、あんな風に威嚇ポーズで、じっとするのは滅多になく、あの写真を撮って以降まだ2回目はやっていません」と、後にも先にも1度きりだったと教えてくれました。

 ちなみに、このアリクイ威嚇ポーズの効果のほどは……?「効き目は、少しはあったような……犬が、ちょっとタジタジして困っていました」と犬飼さんは話しているので、少しは効き目があったようです。

 ただ、わりとすぐにマグちゃんがススキちゃんに近づいてきたようで、「猫も『あんまり意味ないニャ』と思って、それ以降やってくれないのかもしれません」と、犬飼さんは笑いながら話してくれました。

 ススキちゃんの必殺?アリクイ威嚇ポーズが、再び飛び出す日は来るのか?注目していきたいですが、この投稿には記事執筆時点で約2万件のリツイート、約6万件のいいねが付き、「かわいすぎる」「惚れた」という声が多数よせられています。どうやらこの威嚇ポーズ、人間には効き目が無いようです。(佐藤圭亮)

IMG_4867

https://news.livedoor.com/article/detail/17179999/



【関連記事】
背筋ピーン!やたら姿勢のよい猫ちゃんに「猫背の概念とは」
IMG_4868



続きを読む

↑このページのトップヘ