動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2019年12月

1: みつを ★ 2019/12/30(月) 06:00:48.21 ID:ffWvoWNL9
https://www.gizmodo.jp/2019/12/all-the-species-declared-extinct-this-decade.html

2010年代に絶滅した種まとめ。絶滅のスピード、加速してます  

この記事だけでも多数ですが…氷山の一角です。

ロンサム・ジョージは、ガラパゴス諸島のピンタ島に生存したピンタゾウガメ最後の生き残りでした。2012年のジョージの死は、そのカリスマ的な存在感から種の絶滅を語る際に完璧なストーリーになっています。

IMG_6812

ピンタゾウガメの個体数は、19世紀に捕鯨従事者が食料として大量に捕獲したために激減しました。ロンサム・ジョージは1971年に動物学者であるJozsef Vagvolgyiが発見、捕獲しました。ジョージを最後にピンタゾウガメの個体は確認されていません。

国際自然保護連合(IUCN)は、1996年に野生におけるピンタゾウガメの絶滅を宣言しました。研究者たちは他のゾウガメ種と交配させてジョージの遺伝子を残そうとしましたが、願い叶わず2012年に寿命を迎えました。当時メディアに大きくとりあげられたジョージの伝説は、今も語り継がれています。


加速する絶滅スピード

でも、ジョージのストーリーは絶滅の典型例ではありません。マレーシアの石灰岩でできた丘だけに生息していた小さな宝石と呼ばれたカタツムリは、セメント業者が丘を破壊したために絶滅に追い込まれました。ジョージよりもマスコット的な絶滅ストーリーといえるでしょう。

科学者は、現在の種の絶滅は自然に起こる1000倍のスピードまで加速していて、1日あたり数十種が絶滅していると推測しています。しかしながら、絶滅していくのは無脊椎動物や植物のような誰も気に留めない種ばかり。生態系の危機がどれくらい深刻な問題なのかも、私たちにどこまで知識があるのかを推測するのも困難です。

地球上には500万から1000万、もしかすると1兆もの種が存在するかもしれないのに、把握できているのは200万種未満。IUCNのレッドリストには絶滅種(もしくは野生での絶滅種)がたった1000種しか載っていませんが、ある研究によると無脊椎動物を含んだ場合、7%の種が絶滅しているそうです。

2010年代にIUCNが絶滅を宣言した種を以下にまとめます(原文には160種まとめられています)。絶滅が宣言されるまでには、最後に存在が確認されてから調査期間などを経るため、数十年かかります。絶滅の宣言は、政府が調査や保護の必要がなくなったと判断した(見捨てた)ことを意味します。

これらの種の絶滅が生態系の危機を表しているのはもちろんですが、どのように絶滅したのかが、今の時代を象徴しています。
(リンク先に続きあり)


【関連記事】
世界の巨大淡水生物、40年間で約9割も減っていた 巨大淡水魚はなんと94%減
IMG_6813


続きを読む

1: ◆ZATZYO/mSYbR 雑用縞工作 ★ 2019/12/26(木) 19:46:01.63 ID:ofs+PDn19
中国南部あたりが原産のガビチョウ(スズメ目チメドリ科)が国内で増えている。鳴き声が美しくて飼われていたのが、逃げたり放たれたりして九州や関東などに定着した。

FullSizeRender

生態系への影響の懸念から特定外来生物に指定されている。環境省と日本自然保護協会による「モニタリングサイト1000里地調査」では、関東の平野部で個体数の伸びが大きい。

東京都八王子市の長池公園。「2000年代からこの辺りで見られるようになり、今では一年中普通にいる」と小林健人副園長(32)。里山の管理が放棄されて増えたササやぶがお気に入りらしい。ミミズや昆虫、果実などを食べる。作業中に巣を見つけたら回収している。

以前は「どういう鳥?」と聞かれることが多かったが、今では問い合わせも減った。小林さんは「多摩丘陵の鳥として市民権を得たように思える。どう付き合うのか、みんなで考える段階に来ている」と話す。


朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASMDR6QZLMDRULBJ01C.html



【関連記事】
アマゾン生息のスズドリがアマゾンに生息するムジカザリドリの記録を抜き世界で最も鳴き声が大きい鳥に認定
IMG_6811



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/12/30(月) 08:00:16.70 ID:L/o7Tmhd9
 大阪市天王寺動物園は28日、国内最高齢のピューマのうち、園で飼育していたメス「ピコ」(17歳)が死んだと発表した。

FullSizeRender

 ピコは2002年6月生まれで、05年11月に天王寺動物園へ。18年夏以降、慢性腎不全となり、今月に入って検査で糖尿病と診断され、11日から公開を中止、治療を行っていたが、28日朝に寝室で死んでいた。

 ピコと同じ日に生まれたピューマが群馬県の動物園で飼育されており、国内最高齢になったという。

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20191228-OYT1T50280/


【関連記事】
【チンパンジー】国内最高齢「ジョニー」死ぬ 推定69歳「考えられないほど長生き」
IMG_6802


続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/29(日) 12:06:20.90 ID:p0RelusS9
コビトカバの赤ちゃん。生まれてすぐに歩き始めた=能美市徳山町のいしかわ動物園で(同園提供)
IMG_6799


能美市のいしかわ動物園は二十七日、コビトカバの赤ちゃんが誕生したと発表した。同園でコビトカバが生まれるのは二〇一六年十二月以来、三年ぶり二回目。順調に育てば一カ月ほどで公開する。


 コビトカバは生息数が少なく、世界的にも珍しいとされる三大珍獣の一つ。絶滅が危ぶまれ、国内では上野動物園(東京都)や東山動植物園(名古屋市)など六施設で計十四頭しかいない。


 動物園によると、二十五日午前三時ごろ誕生。体長約四〇センチで、体重は推定約五キロ。母親のノゾミ(九歳)に見守られながら元気に歩き回っているという。


 一般的なカバと比べて小さく、成獣の体重は十分の一近く。飼育担当の大井毅さん(57)は「かわいらしい姿を早くお披露目できるようにしたい」と話している。 

https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20191228/CK2019122802000025.html


【関連記事】
子の死を悼む母カバ、ボツワナで目撃、おそらく初 (動画あり)
IMG_6800



続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/12/29(日) 09:42:13.37 ID:CAP_USER

「世界で最も孤独な」カイコマコの葉。スリー・キングズ諸島に唯一残された野生の木に起源を持ち、ニュージーランド本土で何百本に増えつつある。

IMG_6797

 ニュージーランドの北端から約60キロの海に浮かぶスリー・キングズ諸島に、「世界で最も孤独」と言われる1本の木がある。見つかってから70年のときを経て、この木はついにその肩書きを失うかもしれない。朗報だ。 


 科学者と先住民マオリの一部族、ンガティ・クリ族から成るチームが、最近、保全に向けた調査を終えてこの島から戻ってきた。また、ンガティ・クリ族のメンバーは2019年、カイコマコの苗木80本をニュージーランド本土に植えた。

 こうした進展が見られたのは、2つの重要な問題に向き合ったからだ。受粉相手のいない木をどうやって救うのか、その仕事を誰が担うかだ。
ヤギの導入と実をつけない木

 カイコマコの木の物語は、その故郷の物語とよく似ている。困難かつ、幸運に恵まれた物語だ。

 1945年、スリー・キングズ諸島(マオリ語でマナワタウィと呼ばれる)の最も大きな島で、野生のカイコマコの木が1本発見された。最も大きな島といっても面積は4平方キロほど。このカイコマコは、完全に独りぼっちだった。

 責任はヤギにある。

 1889年、難破船の乗組員と思われる人が、食料源として4頭のヤギを島に持ち込んだ。ヤギはどんどん増え、1946年に外来種として根絶されるまでに100倍にも膨れ上がっていた。

 ヤギたちは島の植物を食べ尽くし、複数の種が絶滅に追い込まれた。だがカイコマコは、ヤギがいた一帯より200メートルほど高い岩だらけの急斜面に生えていたため、生き延びた。

 カイコマコを貴重な植物と考える科学者もいた。1度の大嵐で消滅しかねない、ニュージーランドの遺産だと。その一方で、カイコマコが本当に「孤独」かどうかを疑問視する科学者もいた。どこにでもある木の1本が辺境に生えているだけで、特に気に掛ける必要などないと。

 分類に関する議論が何十年も続き、最終的にこのカイコマコはPennantia baylisianaという固有種であると結論づけられた。Pennantia baylisianaと近縁のカイコマコは、雌雄異株、つまり、雄花をつける個体と雌花をつける個体に分かれている。これは、個体数が1つしかない木にとっては解決不可能な問題だ。

「この個体は特殊だったのです」と、かつてオークランド近郊で園芸店を営んでいたジェフ・デイビッドソン氏は語る。

 スリー・キングズ諸島のカイコマコは雌株だが、花粉を形成する雄花をつける。科学者たちはこの雄花で自家受粉が実現するのではないかと考えた。しかし、カイコマコがあまりに希少なため、状況は難しかった。科学者たちは数年に一度しか島を訪問できず、研究の助けとなるのは、この孤独な木の一部をニュージーランド本土で挿し木した、数本の試料のみだった。

 菌類の研究者だったロス・ビーバー氏はしばしば、昼休みの散歩中に挿し木を見に行った。この挿し木は成木になり、白い花を咲かせたが、すべて実をつけずに花は枯れてしまった。

 実をつけなければ、種子はできず、新しい木は生えない。

(続きはソースで)


【関連記事】
絶滅と思われた花を再発見、ハワイ固有種の宝庫で
IMG_6798



続きを読む

↑このページのトップヘ