動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2020年03月

1: 氷菓 ★ 2020/03/29(日) 11:22:34.36 ID:oG/AeTSd9

 自然環境とは無縁とも思える福岡市中央区天神のジュンク堂書店福岡店で、絶滅危惧種の「オンガスジシマドジョウ」の稚魚が生まれた。専門家によると、水槽内で自然繁殖したのは世界初とみられるという。これまで世話をしてきた書店員は思わぬ出来事に驚いている。

IMG_8544

 オンガスジシマドジョウはスジシマドジョウの仲間で、福岡県内の遠賀川水系のみに生息し、体長は約10センチ。環境省のレッドリストでは近い将来、野生での絶滅の危険性が高い「絶滅危惧IB類」に分類されている。2012年に県保健環境研究所(同県太宰府市)の研究員でドジョウ研究をしている中島淳さん(42)が命名した。

 ジュンク堂書店福岡店にオンガスジシマドジョウがやって来たのは16年1月。中島さんの著書をPRするため、水辺の生き物の愛好家らでつくるNPO法人「北九州・魚部」が持ち込んだ。

 当初は魚部の福岡市内のメンバーらが世話をしていたが徐々に足が遠ざかり、書店員が世話をすることに。ドジョウの餌を1~2日に1回与え、水が減れば水を足すほかは特別なことはしていなかった。

 飼育を始めて4年が経過しようとしていた19年12月末。書店員が成魚4匹のほかに小さな生き物がいるのに気づいた。連絡を受けた魚部の理事長、井上大輔さん(49)が駆けつけ、中島さんが写真で稚魚と確認した。

IMG_8545

 副店長の福田雄克さん(38)によると、稚魚は当初は4~5匹いたが現在確認できるのは2匹で、体長は2センチ程度という。井上さんは「本屋の水槽で繁殖するなんて訳がわからない」、福田さんは稚魚を見た時「『生まれた、生まれた』という感じだった。特に飼育していてメリットもないが、ドジョウ目当てに来る人もいる。こんなに宣伝になったのは初めて」と笑う。

 4月4日午後4時、天神カンファレンスセンターで、中島さんの講演会「日本の水生昆虫はすばらしい」がある。

https://mainichi.jp/articles/20200329/k00/00m/040/027000c


【関連記事】
「野生絶滅」にクニマス ゲンゴロウブナなど淡水魚25種が絶滅危惧に
IMG_8546


続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/28(土) 17:58:02.02 ID:CAP_USER

→グッピーのオスは、兄弟の恋敵を追い払う習性を持つことが判明
→兄弟の求愛を手助けすることで、自分と同じ遺伝子の繁殖成功に貢献している

IMG_8541

フロリダ州立大学の研究により、グッピーのオスは、兄弟たちの「恋のキューピッド」をつとめることが判明しました。

グッピーの世界では、オスがメスにアピールしていると、他のオスがやってきて邪魔することがよくあります。

しかし、オスの兄弟たちは、弟や兄の邪魔をする恋のライバルを追い払うことで血縁者の繁殖を手助けしていたのです。

これまでの研究で、メスが近親交配を避けるために血縁認識(kin recognition)することは分かっていましたが、オスの血縁認識が繁殖プロセスに貢献していることが証明されたのは今回が初めてです。

研究の詳細は、3月16日付けで「Nature Ecology & Evolution」に掲載されています。

Males optimally balance selfish and kin-selected strategies of sexual competition in the guppy
https://www.nature.com/articles/s41559-020-1152-3

■兄弟を助けるのは「同じ遺伝子」を拡散するため?

5005

グッピーのオスは、メスに好意を示す際、踊りのようなパフォーマンスを披露します。そこでメスが興味を持てば、カップル成立です。

しかし、他のオスが間に割って入ることがしばしばあります。そうなるとアピールは失敗し、反対に邪魔をしたオスの功績が認められ、意中の相手を横取りされることもあるのです。

こうした求愛行動や阻害行動はすべて、自らの適応度(fitness)を最大化させる目的を持っています。

適応度とは、生物個体が、自分の生活環境にどれだけ適応できているかを示す能力値であり、適応度が高いほど繁殖の成功率も上がります。

それでは、オスのグッピーの場合、求愛を邪魔する「阻害行動」と兄弟を助ける「補助行動」とでは、どちらが適応度を最大化しているでしょうか。

研究チームは、数学的モデルを作成し、どちらがより適応度を最大化させるかを検証しました。

12グループ、計600匹以上のトリニダード・グッピーを用いて調べた結果、兄弟の補助行動の方がオスの適応度を高めることが判明しました。

観察されたオスのグッピーには、兄弟の恋敵を追い払うだけでなく、兄弟の求愛を邪魔しない行動がよく見られました。

生物の繁殖にとって重要なのは、いかに自分の遺伝子を次世代に多く伝えるかです。

オスの兄弟たちは、言うまでもなく同じ遺伝子を共有しています。つまり、恋敵を排除すること、あるいは兄弟と同じ相手を争わないことで、自分たちの遺伝子はより広範囲に拡大し、引いては自分の繁殖利益にも繋がるのです。

研究主任のダニエル・ミッチェル氏は「今回の発見は、オスのグッピーが血縁認識を繁殖プロセスに利用している点で重要ですし、また、血縁者の交配を助けることで、同じ遺伝子の繁殖を促す『血縁選択説』を支持する点でも重要なもの」と話しています。

https://nazology.net/archives/55111?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter


【関連記事】
世界初確認 雄グッピーが外来魚駆逐 在来メダカ保護で琉球大学
5005


続きを読む

1: ばーど ★ 2020/03/28(土) 13:11:40.59 ID:ciB3cfnK9
世界中で急速に感染が拡大する新型コロナウイルスについて、米ミシガン大学の中国人研究グループは、生命情報科学(バイオインフォマティック)の手法を利用して、「ウイルスがコウモリからセンザンコウを経由して人間に感染した可能性が高い」という研究成果を発表した。

IMG_8518

新型コロナウイルスの起源をめぐっては、武漢市の医療チームが「SARS(重症急性呼吸器症候群)と同様に、コウモリが宿主だ」という論文を発表しているが、一方で「ウイルスは人為的に作られたもので、中国の研究所から流出した」と陰謀説を主張する声もある。

5005

アメリカ化学会(ACS)が発行する科学誌『ジャーナル・オブ・プロテイン・リサーチ』に22日に掲載された報告によると、ミシガン大の生命情報科学チームは、新型コロナウイルスの表面から突き出ているスパイクというトゲに着目し、そのタンパク質の遺伝子構造を分析した。

その結果、スパイクタンパク質の4つの遺伝子配列がコウモリを含む他の動物のウイルスとも共通することがわかった。さらに新型コロナウイルスに感染したマレーセンザンコウと人間から採取したウイルスのDNAが、コウモリよりも高い91%の割合で一致したことから、ウイルスは最初の宿主であるコウモリから、センザンコウを中間宿主として経由し、人間に感染した可能性が高いと結論づけた。

IMG_8519

この論文とは別に、科学誌『ネイチャー』に香港大学の研究者トミー・ラム博士が発表した報告でも、マレーシアから中国に密輸されたセンザンコウから新型コロナウイルスに関係する2種類のコロナウイルス群が発見されており、野生動物を生鮮食品市場で取引することの危険性が指摘されている。

https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/3/33618.html 

【関連記事】
【新型コロナウイルス】絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か
IMG_8525


続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/28(土) 17:32:06.98 ID:CAP_USER
■カモとニワトリの特徴を併せ持つ「ワンダーチキン」、ほぼ完全な頭蓋骨も

IMG_8515

 今から20年前、アマチュア化石ハンターのマールテン・ファン・ディンター氏は、ベルギーとオランダの国境付近で、トランプのカード一組ほどの大きさの岩石を採集した。そして現在、どこにでもありそうなこの小さな石に、恐竜と同じ時代を生きた鳥の、小さいけれどほぼ完全な頭蓋骨が含まれていることが明らかになった。いわゆる鳥である「現生鳥類」のグループに属する化石としては最古のものだ。

 3月18日付けで学術誌「ネイチャー」に発表された論文で、この鳥は「アステリオルニス・マーストリヒテンシス(Asteriornis maastrichtensis)」と命名された。頭蓋骨と脚の骨の分析から、カモとニワトリの特徴を併せ持っていたことが判明し、それらの共通祖先との関連が示唆される。(参考記事:「新説「恐竜絶滅」を生き延びたのは地上の鳥だった」)

 分析にあたった国際研究チームの科学者たちは、親しみを込めてこの鳥を「ワンダーチキン」と呼んでいる。この鳥が生きていたのは今から6670万年前のことで、それから70万年後には地球に隕石が衝突し、すべての非鳥類型恐竜を絶滅させることになる。

「非常に興味深く、すばらしい発見です。鳥類の進化の過程のほとんど知られていない部分に新しい知見をもたらすものです」と、ドイツのフランクフルトにあるゼンケンベルク研究所の鳥類学者で鳥類進化の専門家であるゲラルト・マイヤー氏は評価する。なお、同氏は今回の研究には参加していない。

 アステリオルニスは脚の長い鳥で、おそらく飛ぶことができ、白亜紀末期のヨーロッパの海岸に生息していた可能性がある。当時は暖かく浅い海に島々が点在し、今日のバハマ諸島のような気候だった。

続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/032300185/


【関連記事】
鳥の祖先はいつ飛んだ?米国で見つかった1.5億年前の恐竜の新種が古生物学者をざわつかせる
IMG_8516


続きを読む

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/28(土) 17:22:55.75 ID:CAP_USER

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が深刻になるなか、多くの人々が他者との接触を避けたり、自宅にとどまったりすることを余儀なくされている。米国でも、感染の拡大を減速させるため、人と人とが「社会的距離」をとるようにという指針が発表されている。

IMG_8503

 しかし、感染症が当たり前の自然界では、「社会的距離」をとる戦略はとりたてて新しい概念ではない。事実、いくつかの社会的な種は、病原体に感染した仲間をコミュニティーから追放する。

 それは決して簡単なことではない、と自然保護団体ザ・ネイチャー・コンサーバンシーの首席研究員ジョセフ・キーセッカー氏は言う。感染症にかかった個体は必ずしも「見てわかりやすい」わけではないからだ。

 しかし、動物たちのなかには、特殊な感覚によって特定の病気を発見し、病気にならないように行動を変えるものがいる。しかも、明らかな症状が現れる前に気付ける場合すらある。

 例えば、ミツバチは病気の個体を容赦なく追い払う。

 ミツバチの場合、アメリカ腐蛆病(ふそびょう)のような細菌性疾患は特に破壊的で、コロニーの幼虫が感染すると体内から液化してしまう。「アメリカ腐蛆病はその名の通り、幼虫が腐る病気です。死亡した幼虫は茶色く糸を引き、ひどい悪臭を放ちます」と、米ノースカロライナ州立大学昆虫学植物病理学部の博士研究員アリソン・マカフィー氏は説明する。

 氏の研究によれば、感染した幼虫は、オレイン酸、ベータオシメンといった“死のフェロモン”を放出するという。成虫たちはそのにおいに気付くと、文字通り、病気の個体を巣から放り出すとマカフィー氏は話す。

 この進化的適応によって、コロニーの健康が守られているため、養蜂家や研究者は数十年にわたり、この行動が受け継がれるよう品種改良を行ってきた。現在の米国を飛び回っているのは、品種改良された「衛生的」なミツバチだ。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/032600199/


【関連記事】
【新型コロナウイルス】絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か
IMG_8504


続きを読む

↑このページのトップヘ