動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2020年04月

1: 2020/04/29(水) 14:41:39.05
 マッコーリー大学(オーストラリア)の海洋生物学者ヴァネッサ・ピロッタ博士は、シドニーの沿岸で彼女の乗る船に向かって接近してくる光る物体を目撃した。

 それはイルカだった。鮮烈な青の光を放つイルカが、後方に波となって描かれた舟跡を辿って泳いでいたのだ。

5005

 だが、これはイルカ本体が発している光ではない。海洋性のプランクトンで「渦鞭毛藻」の一種である夜光虫(ヤコウチュウ)が化学反応を起こした結果、まるでイルカが光っているように見えたのだ。

 渦鞭毛藻は捕食者に警告を出すために生体発光する。だが水がかき乱されたときも同じような反応を見せることがある。ピロッタ博士が目撃したのは、イルカが刺激したことで光った渦鞭毛藻だった。

 つい最近では、アメリカ、カリフォルニア州ニューポートビーチの沖合でも青い光に身をまとったイルカが泳ぐ姿が発見された。

 夜光虫の光は、他の生物発光と同様、ルシフェリン-ルシフェラーゼ反応によるものだ。物理的な刺激に応答して光る特徴があるため、波打ち際から特に明るく光る様子を見る事ができる。ジャービス・ベイやタスマニアなどは、そうした壮麗な光景で有名だ。

 夜光虫は代表的な赤潮形成種であるが、海水中の栄養塩濃度との因果関係は小さく、毒性もないため、被害はあまり問題にならないことが多いという。

光害の影響で減少傾向にある青い光のショー

 ところが、夜の青い光のショーは減少傾向にあるようだ。人工的な照明による光害が夜を異常に明るく照らしてしまい、海の生態系のリズムを狂わせているというのだ。

 光害は陸上の生態系を乱す原因としてはよく知られている。2月に発表されたある研究によれば、人工的な光には陸生の生体発光種を絶滅に追いやる危険があるという。

 たとえば、ホタルが生息数を減らしている最大の理由は生息地の破壊だが、その次に危険なのが光害であると指摘されている。

人工的な光が海洋の生態系を狂わせる

 海に差し込む人工的な光には一時的なものと(通過する船など)、恒久的なもの(沿岸都市や石油プラットフォームなど)がある。困ったことに、都市の光は大気の中で拡散したり、雲に反射したりするために、より遠くまで届く。

 こうした光によって闇が失われてしまうと、概日リズムのある生物に大打撃をもたらすことがある。

 たとえば、ウミガメの営巣行動を変化させたり、孵化してから海を目指す子ガメの方向感覚を乱し、生存率を下げることが知られている。

5005

 ほかにも、代謝の撹乱に起因する体重増加、魚の群れの採餌活動の阻害、肉食魚の捕食時間の変化、クマノミの繁殖活動の低下、海洋無脊椎動物の構造組成の変化など、もろもろの影響が観察されている。

 エサとなってさまざまな種を支えている動物プランクトンの場合、1日のうち周期的に潜ったり浮上したりしている。

 これは魚に食べられることを回避するための行動で、普通なら夜は水面付近に浮上する。ところが、人工的な光のせいで夜が明るくなりすぎると、こうした行動のパターンが変化する。

 すると、それをエサにしている捕食種の移動パターンにも影響し、やがては海洋の食物連鎖すら変わってしまう恐れがある。海洋生物の効率的なエネルギー移動のダイナミクスが様変わりしてしまうということだ。

光に脆弱な北極の海洋生物

 北極で行われた2016年の研究によると、大気の光が届かなくなり、生物の生体発光の光が優勢になる深さは、海面から30メートル下であるという。

 このことは北極の光にわずかにでも変化があれば、生物が水面まで浮上してくるタイミングに影響があるだろうことを意味している。

 明るすぎれば、そうした生物は深いところに留まろうとし、結果としてエサを食べる時間が短くなってしまう。

 海にはまだ完全な暗闇が残っているが、それも年々減りつつある。光るイルカの群れは、残された闇を守らねばならないという警告だとピロッタ博士は語る。

https://youtu.be/Je1B3Xt5-lM



http://karapaia.com/archives/52290307.html
【関連記事】
驚き! イルカが魚を空に蹴り上げて捕食
IMG_9486


続きを読む

1: 2020/04/29(水) 11:55:27.26
(CNN) 米ノースカロライナ州で新型コロナウイルスに感染した家族の飼い犬が検査で陽性反応を示した。米国内で犬が新型ウイルス陽性となった例は初めてとみられる。

IMG_9474

飼い主の救急医サム・マクリーンさんと妻ヘザーさん、息子のベンさんは先月、新型ウイルスに感染。4人家族のうち娘1人には全く症状がみられなかった。

一家は米デューク大学のチームによる新型ウイルスの研究に参加し、毎週1回鼻腔(びくう)の検体と血液の採取に応じていた。ペットのパグ犬「ウィンストン」もこのチームの検査で陽性の判定が出た。

チームを率いるクリス・ウッズ氏によると、家庭内で感染が広がる様子を把握するため、少数ながらペットの検体も採取している。ただしペットに対して、世界的に需要が高まっている検査キットは使っていないという。

ウッズ氏によれば、これまでに調べたペットで陽性反応を示したのはウィンストンだけ。検出されたウイルスはごく少量で、ほかの動物や飼い主の人間に感染を広げる可能性は低いとみられた。

ベンさんの話によると、家族の症状がピークに達していた頃、ウィンストンも1~2日の間、軽いせきをしていた。また1日だけ、朝食に与えたえさを食べなかったが、急を要するような異変はみられなかったという。

ウッズ氏によれば、ウィンストンの症状が新型ウイルスによるものだったかどうかは分からない。一家はもう1匹のパグと猫も飼っているが、陽性になったのは人懐こいウィンストンだけだった。

動物の陽性反応としてはこれまでにニューヨークで猫2匹と動物園のライオンやトラ、香港で犬2匹の例が報告された。専門家らは、今のところ動物を介した感染拡大の形跡はないとしている。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35153124.html?ref=rss

【関連記事】
【新型コロナ】「ペットの犬から検出」香港政府が発表「前例がない」
IMG_9475


続きを読む

1: 2020/04/28(火) 09:23:54.72
■オス2頭の縄張り争い、種内攻撃は死因第2位だが前代未聞の映像
 2頭のフロリダパンサーが縄張りをめぐって闘争しているところが、史上初めて動画に収められた。
息子と一緒にシチメンチョウ狩りに来ていたアンドレス・ピス氏が身を隠していたところ、視界の右で何かが動いた。若いオスのフロリダパンサーだった。
スマートフォンで動画を撮影し始めるや否や、成熟した別のおとなのオスが「どこからともなく現れ、まるで貨物列車のように若いオスに体当たりしました」と氏は回想する。

IMG_9471

苛烈な戦いが続いたが、おとなのオスのほうが優位だった。
1分近く取っ組み合ったあと、若いオスは逃げていったが、のちにおとなのオスに殺されたのではないかとピス氏は考えている。

狩猟ガイドであり土地の管理者でもあるピス氏は、3月31日にクルーイストン市近郊、オキーチョビー湖の南西にある私有地で、この出来事を撮影。
マイク・エルフェンバイン氏とともに運営するフェイスブックページ「ザ・パンサーズ・オブ・サウス・フロリダ」で動画を共有した。
2人は普段からフロリダパンサーの写真や動画をここに投稿している。

前代未聞の動画に映っているのは「種内攻撃」と呼ばれる行動で、2頭は縄張りをめぐって争っており、死に至ることも多い。
フロリダパンサーはピューマ(クーガー)の亜種であり、米国の絶滅危惧種に指定されている。
種内攻撃は、交通事故に次いで2番目に多く記録されている死因だ。

「こうした映像は初めて見ましたが、侵略的な出会いで何が起こるのかを想像するのに役立ちます」。
そう話すのは、フロリダ州魚類野生生物保護委員会(FWCC)でフロリダパンサー班を率いるダレル・ランド氏だ。
「体格の大きなほうが圧倒していたように見えましたが、小さな方もかなり抵抗していました」

米魚類野生生物局のパンサー担当者デイビッド・シンドル氏は、この闘争は
「フロリダパンサーにとって理想的な生息環境である、適切に管理された私有地で起こりました」とEメールでの取材に答えた。
また、この動画は重要な意味を持つ、と付け加えた。
「なぜなら、フロリダ州を象徴する動物の生態が垣間見えるだけでなく、自分たちと同じく捕食者であり、ときに競合相手にもなるフロリダパンサーに
同州のハンターたちが抱く畏れと敬意が表れているからです」

■絶滅危惧種の苦難
フロリダパンサーは1970年代までに20頭未満まで減少し、絶滅寸前だった。
生息地の分断と狩猟が主な原因だ。残った個体も著しく近親交配が進んでいた。
1995年、新しい遺伝子を入れるために、テキサス州から8頭のメスのピューマが連れてこられ、うち5頭が、野生下で無事に繁殖した。
この策が功を奏し、それ以来、フロリダパンサーの個体数は200頭前後まで回復した。

とはいえ、現在もフロリダパンサーの苦難は続く。いまだ生息地と獲物が限られているため、頻繁に種内で殺し合いが起こっている。
オスには最大520平方キロメートルもの広大な縄張りが必要だ。これは東京23区の8割強に相当する。
同州には1日平均900人がよそから移住し、土地開発が激増する中、この問題はおそらく悪化するばかりだろうと専門家たちは言う。

※略

動画の中ではカラスがけたたましく鳴いている。ピス氏によると、カラスはフロリダパンサーのような肉食動物が近くにいると、よく周囲に集まって大声を出す。
闘争の終盤には、大きなイノシシがフロリダパンサーたちに向かって突進するのが見える。
「積年の恨みを晴らそうとしていたのかもしれません」とピス氏は言う。
「イノシシは、ときに攻撃的になることがある動物なので、主な捕食者の1種であるフロリダパンサーに向かって行くのは、ありえなくはないことだと思います」。ランド氏はそう話す。
非営利団体フロリダ野生生物連盟(FWF)の現地代表者メレディス・バッド氏は、イノシシによっておとなのオスの気がそらされたことで、
若いオスが少なくとも一時的に命拾いしたのではないかと話す。

※続きはソースで

動画
https://www.youtube.com/watch?v=o24I6zxeh9U

【関連記事】
【アメリカ】野生のフロリダパンサーやボブキャットの間で謎の「神経障害」によるとみられる歩行困難:当局が調査へ
IMG_9472


続きを読む

1: 2020/04/27(月) 13:23:58.39 _USER
■都市にすむ動物の多くが行動を変えることで生き残る。カワウソも例外ではないようだ

IMG_9455

東南アジアにある人口570万人の都市国家シンガポールでは、カワウソが家族で街の通りを駆けてゆく様子を普通に見られるという。50年前、シンガポールの河川は深刻な汚染問題を抱えていた。腐乱した動物の死骸やごみ、下水が流れ込んで息が詰まりそうな川からは、在来種のビロードカワウソが姿を消し、局所絶滅の危機にさらされていた。そこで政府は1977年、河川のクリーン・キャンペーンに乗り出した。おかげで、1998年にはカワウソたちが故郷の川へ戻りはじめた。

 現在シンガポールには、10個のカワウソ家族が元気に繁殖しており、それぞれに名前が付けられている。個体数は、少なくとも90匹。池のコイなどエサが豊富なことと、天敵が少ないことから、その数は増え続けている。体重9キロほどのビロードカワウソは、都市空間にも適応し、コンクリート製の橋をねぐらにしたり、歩道で日向ぼっこをしたりする姿がよく見られる。

IMG_9456

 しかし、街にすむカワウソの数が増えれば、人間との衝突は当然起こる。セントサ島のゲート付きコミュニティ(ゲートを設けて住民以外の出入りを制限しているコミュニティ)では、2015年に池のコイすべてがカワウソに食べられるという被害に遭った。

 地元紙によると、同じ地域にあるホテルでは、8カ月で8万5000シンガポールドル(現在のレートで640万円)相当の観賞魚がカワウソによって失われたという。2017年には、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ自然公園で5歳の女の子がカワウソに噛まれたと報道された。

 そんなことがあっても、シンガポール人の多くはカワウソに好意的だ。2016年のシンガポール建国記念日のマスコットを決める投票では、カワウソが圧倒的勝利を収めた。今ではfacebookにファンページがいくつもできている。

「オッターシティ」(オッターは、英語でカワウソという意味)も、そんなファンページの1つだ。このページを立ち上げた写真家のジェフリー・テオ氏は「5年前には、カワウソのことをよく知っているシンガポール人はほとんどいませんでした。でも、今は、どのカワウソがどの家族に属しているのか、その家族に子どもが何人いるかということまで答えられる人がほとんどです」と話す。

 市民だけではなく生物学者も、都市にすむカワウソがいかにしてシンガポールの雑踏に適応したかに興味を抱き、研究を始めている。


続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/031800180/
【関連記事】
オランウータンとカワウソ一家が仲良し ベルギーの動物園で撮影された予想外な光景が話題に
5005


続きを読む

1: 2020/04/27(月) 22:35:55.19
 南極に生息する動物と聞けば、ペンギンやアザラシあたりが頭に思い浮かぶだろう。だが、かつてこの大陸は温暖な熱帯雨林におおわれており、暖かい環境を好む動物がいたのだ。

IMG_9451

 新しく発見された4000万年前のカエルの化石も、そのような動物の1種だ。

 『Scientific Reports』(4月23日付)に掲載された研究によれば、その化石は「南極で初めて発見された両生類」であるそうだ。

南極で発見された南米のカエルの化石

 ほんの数ミリのそれは、カエルの頭蓋骨と腰の骨の一部。現在でも南米アンデス山脈に生息している「ヘルメットガエル科」の仲間だと推測されている。

 化石が発見されたのは、南極半島の先端に位置するシーモア島。2011~2013年にかけて行われたアルゼンチンとスウェーデンの共同探検で採取された堆積物サンプルの中に含まれていた。

 だが、そもそもその探検で目的としていたのは、まだ暖かかった南極で生きていた哺乳類を見つけることだったのだ。予想外の発見に研究者も驚いた。

 島で採取された堆積物をふるいにかけながら、何か面白そうなものが混ざっていないか調べていると、意外や意外、そこに珍しいカエルの骨があったのだ。

IMG_9449

カエルの古代史の鍵となるか?生態系史の空白を埋める化石
 
 南極が超大陸パンゲアの一部だった三畳紀(およそ2億年前)のカエルなら発見されている。だが、それ以降の両生類の記録は、絶滅したものも、現生のものも含めてまったくない。

 新しく発見されたカエルは、5600万~3390万年前の始新世の時代を生きていた。南極がゴンドワナ大陸南部から分離したときにどのような生態学的な変化が生じたのか、まったく分かっていないが、この化石はその歴史の空白を埋めてくれるものだ。

 このときの移動で、南極では気温が低下し、氷河が広まった。そして低温環境に適応できなかった動物が絶滅した。茹でガエルの比喩とは反対に、カエルは凍りついて死に絶えた。

5005

かつて南極は生物多様性の中心だった

 たかがカエルかもしれないが、されどその存在が示しているのは、南極大陸が一時期は「生物多様性の中心」だったという驚きの事実だ。

 この発見からは、4000万年前の南極にはまだ温暖な森林と淡水環境が豊富にあっただろうことがうかがい知れる。

 そうした生態系は、もしかしたらこのカエルの近縁種が今も生きている南米の森林地帯に似ていた可能性もあるとのことだ。


http://karapaia.com/archives/52290239.html
【関連記事】
新種の極小カエルを発見 ホチキスの針サイズ マダガスカル
IMG_9454


続きを読む

↑このページのトップヘ