動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2020年09月

1: 2020/09/29(火) 11:18:19.71 _USER
ビーバーのいる森は火災に強い、研究

image

 米国西部で森林火災が猛威を振るっている。
 カリフォルニア州では120万ヘクタール以上が焼け、オレゴン州では50万人以上が自宅からの避難を余儀なくされた。
 そんな中、我々が火災と闘ううえで、心強い仲間がいることがわかった。ビーバーだ。

 学術誌「Ecological Applications」に9月2日付けで発表された研究によると、ビーバーがダムや池を作り、水路を掘ることで、動植物にとっての防火シェルターが生まれていることが判明した。
 場合によってはこれが森林火災の延焼を止めることさえある。

 「すぐ隣で火事が起こっていても平気です」。
 そう話すのは、米カリフォルニア州立大学チャンネル・アイランド校の生態水文学者で、今回の研究を率いたエミリー・フェアファックス氏だ。
 「ビーバーの作ったダムがある場所は、青々として健康的なのです」

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/efc92783b7a3e89446919541e27a38ff328ff48e
関連記事


続きを読む

1: 2020/09/29(火) 11:35:01.25 _USER
かわいい動物の動画、ストレスや不安を軽減か 英研究

image

 かわいい動物の動画を視聴することがストレスや不安の軽減につながる可能性があるとの研究結果が発表された。
 今回の研究は英リーズ大学が西オーストラリア州の観光当局と提携して行った。

 研究ではかわいい動物の画像や動画を30分にわたって視聴することが血圧や心拍数、不安にどのような影響を与えるか調査した。

 30分の動画には子猫や子犬、クアッカワラビーなどの動物が登場した。
 クアッカワラビーは西オーストラリア州に生息する生き物で、「世界一幸せな動物」と呼ばれることもある。

 研究は2019年12月に学生15人と職員4人を対象に、ストレスが高まる冬の試験期間に合わせて実施した。

 動画を視聴後、全ての事例で、血圧と心拍数、不安が減少した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

CNN.co.jp
https://news.livedoor.com/article/detail/18972276/
関連記事


続きを読む

1: 2020/09/24(木) 22:22:22.01
 「子猫は何をしても可愛い」「子猫は正義」と感じさせる、可愛い子猫の動画がTwitter上に投稿されています。

image

 投稿者はTwitterユーザーのねぎ太さん。実家の敷地に住み着いた野良猫が産んだ子猫ちゃんらしいのですが、その可愛さにねぎ太さんも興奮を隠しきれない様子です。

 ねぎ太さんは9月21日、「カカカカしようとしてコテンしちゃうの~~~~そっか~~~~かわいねぇ~~~~!!!!」と、興奮気味に動画を投稿。そこには、よろけながらも後ろ足で顔をかき、バランスを崩して「コテンッ」と倒れてしまう子猫の姿が映っていました。

 何時間でも見ていられそうな子猫の動画ですが、ねぎ太さんにお話を伺ったところ、「名前はまだありません。身体の小さい母猫の子供なので、便宜上『チビチビちゃん』と呼んでます」とのこと。まだ生後1か月で、性別はメス。「野良生まれなので種類は不明です」と教えてくれました。

 ようやく歩けるようになったところなので、詳細はまだ分からないそうなのですが、 チビチビちゃんは「人間や知らないものにも物怖じせず、興味津々で近づいてじゃれついてきます」と話していました。こんなに可愛いチビチビちゃんなら、どんどん近づいてきてほしいですね。

 ちなみに、これはねぎ太さんの実家の敷地内の住処で遊んでいるところを帰省中に撮ったもの。

 「まだ動けるようになったばっかりなのに、足でかいたり身体をなめたり、いっちょ前に猫らしい動きをしようとしていて、『可愛いな~』と思いました」と、その時の感想をしみじみ語っています。それにしても、実家に、こんな可愛い子猫がいるなんて、羨ましすぎる!

 この投稿には、2万件以上のリツイートと、約7万5000件のいいねが付き、「荒んだ心が癒されていく……」「子猫って無敵だなぁって思う」「かわいいねぇ!」など、多くのコメントが寄せられています。(佐藤圭亮)

おたくま経済新聞
https://news.livedoor.com/article/detail/18939598/

動画
https://twitter.com/fujiymn/status/1307961335896915968/video/1

関連記事


続きを読む

1: 2020/09/28(月) 15:12:45.64
    スペイン首都にあるマドリード動物園(Madrid Zoo)で27日、飼育員の女性(46)がゴリラに襲われる事故があった。動物園と救急隊によると、飼育員は両腕を骨折したほか胸部や頭部にもけがをし、重傷だという。

image

この飼育員は、屋内施設で日課の清掃と餌やりの業務に当たっていた際、29歳の雄ゴリラ「マラボ(Malabo)」に襲われた。同僚らがマラボを飼育員から引き離し、獣医師が麻酔銃で眠らせてから静かなおりに移動させたという。

 屋内施設と屋外展示場は3層の扉で隔てられており、マラボがどうやって施設内に入ったのかを警察と動物園が調べている。

 救急隊のツイッター(Twitter)への投稿によれば、襲われた飼育員はマドリード動物園に勤務して19年になる。また、動物園はマラボについて、生まれた直後から飼育員の手で育てられ、飼育員たちになついていたと説明している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb6c745866b3a4cdb8bf42558ec7cd08b76110fe
関連記事


続きを読む

1: 2020/09/28(月) 12:11:27.11 _USER
カラスにも「自意識」があることを初めて実証!生物の主観は”大脳皮質”がなくても発生可能だった

image

 ドイツ・テュービンゲン大学・神経科学研究チームは、24日、「カラスにヒトと同じ主観的意識の存在が初めて認められた」と発表しました。

 『Science』に掲載された実験では、カラスがスクリーン上に表示された視覚刺激に対し、意識的に知覚・判別できることが示されています。

 こうした意識構造は、ヒトを含む霊長類でしか確認されておらず、鳥類では初のことです。

 研究主任のアンドレアス・ニーダー教授は「この結果は、意識の起源と進化について新しい見方を切り開くもの」と述べています。

■カラスは「自分」を理解している
 研究チームは、訓練した2羽のカラス、オジーとグレンを対象に、意識的な知覚体験の有無を調べました。

image

 オジーとグレンは、スクリーン上に表示される刺激(数字や色)に対し、首を振ることで合図します。
 一連の実験の結果、2羽ともにそれぞれの視覚刺激に対し正確に反応し、スクリーンに何も現れないときは首を振りませんでした。

 オジーとグレンは、刺激がある場合とない場合を正確に見極めていたのです。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/70148

関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ