動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2020年09月

1: 2020/09/27(日) 17:17:02.88
オーストラリアの離島でバーベキューを楽しんでいた一家のもとに巨大なヤシガニが大量に現れた。 
ケガなどの被害はなかったが、食べ物などが奪われたという。『The Sun』『7NEWS.com.au』などが伝えている。

image

豪西部パースから北西約2600キロのインド洋に浮かぶクリスマス島に住むエイミー・リューティッヒさん(Amy Luetich)は、家族との夕食でバーベキューを行っていた。
しかし楽しい時間も束の間、食べ物が焼ける良い匂いに誘われて大量のヤシガニが周囲に現れたのだ。

ヤシガニは陸上の甲殻類の中で最も大きな種類に分類されており、大きさは脚を広げると1メートル、重さ4キロにまで成長し、50年以上も生きると言われる。
大きな手のハサミや脚が特徴的で危険そうな見た目をしているが人を襲うことはなく、観光客の食べ物などを奪うことが頻繁に起きている。
今回もテーブルによじ登り食べ物を取ろうとするヤシガニの姿が撮影された。

エイミーさんは、当時の状況を
「到着したときには20匹ほどのヤシガニが木の下にいました。しかし食材を焼き始めるとすぐに大量のヤシガニが現れ、息子が数えてみると52匹もいたのです」と明かしている。
生息数が世界一多いためクリスマス島では頻繁に見られるヤシガニだが、今回は一度に50匹以上も現れた。
エイミーさんも「過去に何回か同じ場所でバーベキューをしたことがありますが、こんなにたくさんのヤシガニは見たことがありません」と驚いたそうだ。

クリスマス島の観光案内所のFacebookに投稿された画像には、大量のヤシガニに囲まれているのにもかかわらず、リラックスしてバーベキューを楽しんでいる様子が写っている。
エイミーさん達は数年間このクリスマス島に住んでおり、ヤシガニの来訪には慣れっこのようだ。

このニュースには「これは気持ち悪い」「ホラー映画のようだ」と気味悪がる声も多く、食べられることを知っているユーザーからは
「バーベキューにして食べた?」「ヤシガニは本当に美味しいよ」といったコメントも見られた。

image

ちなみに現在、ヤシガニは絶滅危惧種に指定されており、クリスマス島では保護活動を行っているためヤシガニを食べることはできない。

関連記事


続きを読む

1: 2020/09/27(日) 08:48:37.65
https://edmm.jp/110444/

 なぜかフリーズしてしまうリス
9月14日、ロシア連邦シベリア中部の都市クラスノロシアで撮影されたのは、ちょっと変わったリスの動画だ。

一体何が変わっているのか、それは動画をご覧いただければ一目瞭然だろう。

http://www.youtube.com/watch?v=wJ9zeh-k2hE



男性の手のひらの上に置かれたたくさんのエサに手を伸ばしムシャムシャと食べ始めるのだが、なぜか途中でピタッとフリーズしてしまうのだ。

image

そして、ハッと我に返ったかのようにまたエサを食べ始めるが、再びフリーズしてしまう。体をゆっくりと触ってあげるとまたエサを食べるのだが、目の前にいる人間の存在にやっと気付いたかのように驚いた素ぶりを見せ、森へと帰って行ってしまった。

この動画は現時点で再生回数が127万回を超えており、「知らない人にエサをもらっちゃダメってお母さんに教えてもらわなかった?」「ナッツアレルギーがあることを忘れてたんじゃ…」「音量をあげてみると何か音が聞こえるたびにフリーズしてるから警戒して聞き耳を立てている気がする」「家のアイロンをきちんと切ってきたか考えてたのかも」などと様々なコメントが寄せられ、かなり話題となっているようだ。
関連記事


続きを読む

1: 2020/09/26(土) 14:48:41.97 _USER
水族館のエイ、実は新種 20年展示も気付かず―鹿児島

image

 1997年の開館以来、20年以上展示されていたエイが実は新種だった―。
 鹿児島市の「かごしま水族館」は26日までに、館内の水槽で「トンガリサカタザメ」として飼育されていたエイの仲間が新種だったと明らかにした。
 20日付の日本魚類学会の国際学術誌に掲載された。

 トンガリサカタザメは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに指定されている。
 研究チームの黒潮生物研究所(高知県)の研究員小枝圭太さん(34)によると、新種はその仲間で、日本近海で新種のエイが発見されたのは約10年ぶり。
 裏から見ると三角巾を着けたお化けのように見えることから「モノノケトンガリサカタザメ」と命名された。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092600172
関連記事


続きを読む

1: 2020/09/24(木) 19:13:05.95 


 スペイン政府は、北西部沿岸でヨットがシャチの攻撃を受け損傷する事例がこのところ相次いでいるとして、この海域でのヨットの航行を一時禁止すると発表した。「人とシャチの双方」を守るためと説明している。 
image

公共事業省の発表によると、22日夜に発効した禁止令は、全長15メートル未満のヨットが対象。北西部ガリシア(Galicia)州のエスタカデバレス(Estaca de Bares)岬からプリオリノグランデ(Priorino Grande)岬まで、約100キロに及ぶ海岸線の沖合での航行を禁止する。

「シャチの移動ルートに合わせて」航行禁止の対象区域を拡大する可能性もあるという。

公共事業省によれば、ヨットがシャチに襲われたとの報告は先月19日を皮切りに相次いでおり、かじの損傷など大小さまざまな被害が出ている。ソーシャルメディアには、ガリシア州沖でスペイン海軍のヨットの横や真下を泳ぐシャチを捉えた動画が投稿されていた。

シャチは絶滅の恐れが指摘されており、世界自然保護基金(WWF)によると最大で体重6トン、体長は10メートル近くまで成長する。


https://news.yahoo.co.jp/articles/a72f6f33e16739f0e93a9a8d65c4cc0935da02a2

関連記事


続きを読む

1: 2020/09/24(木) 18:47:52.77 _USER
マウスもくすぐられると「楽しくなって笑い声」をあげる。動物の”感情を測定する”実験により判明

image

 動物とのコミュニケーションがまた一歩前進しました。

 9月21日付けで『Current Biology』に掲載された論文によると、優しく「くすぐられた」ときにあげるマウスの鳴き声が、ただの反射ではなく楽しんでいる時の「笑い声」であると確認されたのです。

 しかし研究者たちはいったいどうやってマウスの声と感情を結びつけたのでしょうか?

■動物の感情に対する理解は飛躍的に進歩した


 近年の行動学の進歩により、動物の感情に対する理解が急速に高まっています。

 特に実験動物であるマウスに対しては研究がの進歩が顕著です。
 遊んでいるとき、エサや薬物を受け取っているとき、交配しているとき、うつ状態のときなど、様々な感情を誘発させ、その鳴き声や行動パターンが分析されてきました。

image

 また過去に記事にした研究では、上の図のように、機械学習によってマウスの表情を読み取ることに成功。
 さらに生きたまま脳に差し込んだ電極で神経活動を測定することで、痛み・苦しみ・恐怖・嫌悪といった各感情のコードを読み取ることもできています。

image

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/69694
関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ