動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

2020年11月

1: 2020/11/29(日) 21:28:55.63
ハキリアリは鉱物の「よろい」に覆われていた、昆虫で初の発見

敵の攻撃に強く、ゾンビ菌にも感染しにくい、最新研究

IMG_6396
 ハキリアリの名前は、その働きぶりに由来する。木の葉を切り落とし、遠くの巣まで運ぶのだが、体の何倍もある緑の旗が移動しているように見える。巣にたどり着くと、葉をかみ砕き、地下で栽培している菌類の餌にする。道中では、あらゆる捕食者に勇敢に立ち向かい、たびたびほかのアリと交戦する。

 しかし、ハキリアリはこれまで考えられていた以上に頑強だということがわかった。

 最新の研究によれば、中米に生息するハキリアリの一種は、外骨格が天然のよろいで覆われているという。このよろいのようなコーティングは、マグネシウムを大量に含んだ炭酸カルシウムでできていた。これと似た組成のコーティングを持つ生物構造は、ウニの強靭な歯でのみ見つかっている。

 炭酸カルシウム(方解石)を主成分とする骨や歯は、多くの動物に見られる。カニやロブスターといった甲殻類の外骨格にも含まれている。しかし、昆虫から炭酸カルシウムが報告された例はこれまでなかった。

 ハキリアリのコーティングは無数の小さな板状結晶でできており、外骨格を硬くする役割を果たしている。11月24日付けで学術誌「Nature Communications」に発表された論文によれば、この「よろい」はほかのアリとの戦いで脚を失わないように守り、さらに真菌感染を防いでいるという。

 ハキリアリは研究がよく進んでいるだけに、これは驚くべき発見だ。研究に参加した米ウィスコンシン大学マディソン校の進化生物学者キャメロン・カリー氏は「ハキリアリに関する論文は何千もあります」と話す。

「自然界で最も研究されている昆虫の一つでこのような発見ができたことをとても喜んでいます」

 今回はパナマハキリアリ(学名Acromyrmex echinatior)1種のみの研究だったが、カリー氏らはほかの近縁種も同様の鉱物を持つのではないかと考えている。

石に覆われたアリ
 約6000万年前、ヒトやその直系の祖先が現れるはるか以前、ハキリアリは独自の農業を発明した。巣の地下にある菌類農場は、菌類がアリの幼虫の餌となり、その代わりにアリが菌類を守るという共生関係の結果であり、ハキリアリの種によって菌の種類が変わる。

 ハキリアリは50種近く存在するが、パナマハキリアリを含む一部の種は、バクテリアと共生することで、彼らの農場が他の有害菌に感染するのを防いでいる。若い働きアリの体はバクテリアに守られている。アリが農場を歩くと、バクテリアが有害菌を殺す化学物質を分泌するのだ。

 カリー氏の研究室の元博士研究員で、現在は中国の寧波大学で研究員として働くホンジエ・リー氏は、これらのバクテリアを研究し始めて間もなく、ハキリアリの外骨格を覆う小さな結晶に興味をそそられた。リー氏は地質学者に協力を依頼。電子顕微鏡をはじめとする数種の画像技術を駆使し、鉱物のような物質の組成を調べた。

 2018年秋のある朝、アリたちが生体鉱物に覆われていることが判明した。昆虫では前例のないことであり、リー氏は興奮を隠すことができなかった。

「アリが石に覆われていました。石に覆われたアリを見つけたのです!」

 リー氏によれば、ハキリアリのよろいはわずかに硬度が高いことを除き、ドロマイト(苦灰石:炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムが主成分の鉱物)とよく似ているという。

 アリを含めすべての昆虫は、丈夫で柔軟なキチン質の外骨格を持つ。今回の鉱物コーティングがよろいとして機能しているかどうかを調べるため、リー氏らはコーティングを持つアリと持たないアリを研究室で飼育した(さなぎを巣から分離し、特定の条件下で飼育すると、生体鉱物の層を持たないアリになる)。そして、いくつかの実験を行った。


※以下略、全文はソースからご覧ください。

【実験動画】「よろい」なしのアリは敵にやられるが、「よろい」ありのアリは勝利(閲覧注意)
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/112700689/?P=2

https://news.yahoo.co.jp/articles/30b04fdd1cd1fb46744a5c2afb6f8bb1c0fd29e3
ナショナル ジオグラフィック日本版
関連記事


続きを読む

1: 2020/11/29(日) 17:28:36.95 _USER
映画では別の恐竜がモデルに、“誤解だらけの恐竜”ベロキラプトル、真相は?

 映画『ジュラシック・パーク』に登場して以来、ベロキラプトルは誤解され続けている。
 同作品では、うろこに覆われ、群れで狩りを行い、鋭いかぎ爪で獲物を切り裂く巨大な恐竜として描かれていたが、この描写はいくつかの点で間違っている。

FullSizeRender
 まず、ベロキラプトルには羽毛が生えていた。
 体の大きさはオオカミくらいで、推定体重は最大45キロ。
 狩りは単独で行い、かぎ爪は獲物をつかむために使っていた可能性が高い。
 白亜紀後期の約7400万~7000万年前、現在の中央アジアと東アジアにあたる地域を歩き回っていた。

 実のところ、『ジュラシック・パーク』で描かれたベロキラプトルのモデルは、仲間であるデイノニクス・アンティルロプス(Deinonychus antirrhopus)だった。
 デイノニクスはベロキラプトルよりはるかに大きく、白亜紀前期の約1億4500万~1億年前の北米に暮らしていた。

 それでは、ベロキラプトルは本当はどのような恐竜だったのだろう?
 今はまだ新たな化石が発見されるとともに知識が増え続けている段階だが、古生物学者たちはすでに、この象徴的な肉食恐竜について多くのことを解明している。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/b54d1a87767fdda9bfba8c5f893b288829534d6b
関連記事


続きを読む

1: 2020/11/28(土) 16:57:47.64 _USER
なぜネコは人間に「ニャー」と鳴いてくるのか?

IMG_6362
 世界中で愛されているネコは見た目や動きだけでなく「声」もチャームポイントのひとつですが、この鳴き声はネコ同士のコミュニケーションにはあまり使われていません。
 ネコが人間のためだけに特別な鳴き声をあげる理由について、動物の行動に関する専門家であるマーサー大学のジョン・ライト氏が解説しています。

 Why do cats meow? | Live Science
 https://www.livescience.com/why-cats-meow.html

 子ネコは母親の注意を引くために鳴き声をあげますが、大人のネコ同士はコミュニケーションをとるために鳴き声を使うことは少ないそうです。
 ネコが人間相手にだけニャーと鳴く理由について、専門家であるライト氏は「人間の家畜となったことが原因」と説明しています。

IMG_6363
 過去9000年間に存在した200匹以上のネコのDNA調査を行った2017年の研究では、「人間と共に暮らすネコ」が初めて誕生したのは紀元前8000年頃の古代アナトリアの肥沃な三日月地帯だとされています。
 肥沃な三日月地帯は人類が初めて農耕を行った地域であるため、この研究では農耕によって得られた穀物を食べるネズミを駆除したい人間とネズミを食べるネコの互恵関係が結ばれた結果、自然と「ネコの家畜化」が進んだと結論付けています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine
https://gigazine.net/news/20201127-why-cats-meow-to-human/
関連記事


続きを読む

1: 2020/11/26(木) 12:58:36.92 _USER
絶滅危惧のゴリラやオランウータンなど、コロナ感染リスク「非常に高い」と警鐘

FullSizeRender
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界を席巻する中、人々の注目はとかく、100万人を超えた人間の死者数に集まりがちだ。
 しかし専門家らは、人間に最も近縁な動物たちもまた、COVID-19の原因である新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の危険にさらされていると警告する。

 鳥類、魚類、両生類、は虫類、哺乳類を含む脊椎動物400種以上を分析した研究によると、近絶滅(Critically Endangered)の状態にあるキタホオジロテナガザル、スマトラオランウータン、ニシローランドゴリラなどの霊長類、また絶滅危惧種(Endangered)のチンパンジーやボノボは、人間と遺伝子的に似ていることが原因で、新型コロナウイルスに特に感染しやすいと考えられるという。

 9月8日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表されたこの研究を主導したハリス・ルイン氏は当初、コロナウイルスの宿主を特定したいと考えていた。
 SARS-CoV-2は、中国原生のコウモリから別種の動物(1種以上の可能性もある)を経由して、人間にも感染するようになったと考えられている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ea7aea9afb9bd55d6ba2c542bf1bfd526077603
関連記事


続きを読む

1: 2020/11/23(月) 16:22:10.86 ● BE:878898748-PLT(16000)
ラッコと言えばお腹の上で貝を砕く愛らしい生き物。もの凄い速さで貝をカンカンカンカンと砕くことで有名だ。
しかしそんなラッコがサメを捕食しようとしていたというから驚きだ。

IMG_6314
カリフォルニア州モロベイ沖で野生のラッコ一匹がサメをお腹に抱いて泳いでいたところを多くの人に目撃された。
このときのラッコの体長は0.9メートルほどでネコザメを自分のお腹にのせてたまま泳いでいた。

ラッコは捕獲したサメを食べようとしているのか、またはかかえて気分を満喫しているかどうか不明だが、
このような姿が報告されたことは今までなかった。

IMG_6315
カリフォルニア魚類野生動物保護局(CDFW)のマイケル・D.ハリスは「ラッコがエイのような大きな水中動物を捕獲したという報告は
以前にもあったが、サメは初めて」と説明した。

IMG_6316
今回サメを抱いていたラッコは成熟期の雌であることが伝えられた。したがって食欲が旺盛でサメが味があるかなどを
調べるための試食したものと推測されている。しかし、ラッコは、一般的に貝や甲殻類や無脊椎動物などを主に食べ、
このような光景は、極めて珍しい。

https://gogotsu.com/archives/60656

関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ