1: しじみ ★ 2019/12/10(火) 17:51:51.19 ID:R2YNdWOS9
■再導入した25羽が約40年で4万羽に、特に郊外で増えて問題も

IMG_6547

 米ニューハンプシャー州では、シチメンチョウ(七面鳥)の姿はおなじみのものだ。彼らが道路脇を闊歩し裏庭を通り抜ける光景は、州のそこかしこで見られる。

 テッド・ウォルスキー氏は誰よりもそのことをよく知っている。なぜなら、彼が仕掛けたことだからだ。

 1975年、ニューハンプシャー州漁業狩猟局の生物学者だったウォルスキー氏は、州西部の町ウォルポールで、トラックの荷台から25羽のシチメンチョウを放した。森林破壊と行き過ぎた狩猟によって、南北戦争以前という昔にニューイングランド地方、すなわち米国北東部で姿を消したシチメンチョウを再導入する試みだった。

「もともと、数千羽の域を超えるとは思ってもみませんでした」と、40年余り経った今も同じ職についているウォルスキー氏は振り返る。ニューハンプシャー州のシチメンチョウの数は当初の予想をはるかに超えて爆発的に増え、数千羽どころか4万羽程度となっている。この数は再導入以来最も多く、また州が対応できる上限だろうと考えられている。周辺の州や米国内の他の地域でも同様の事態だ。メイン州では6万羽、バーモント州では4万5000羽、マサチューセッツ州では2万5000羽。アラスカ州を除く米国全域で、毎年600万羽が繁殖している。

 いったいなぜ、シチメンチョウは米国で史上最も成功した野生動物再導入の1例となったのか? 考えられる理由は、彼らが驚くほど、そして予想外に人間の近くで暮らすことに長けていたからだ。

 シチメンチョウは市街地の郊外に暮らし、そうした境界ならではの恩恵を受けている。森林も開けた土地もあるうえ、人間が提供する無限の食物(特に鳥用の粒餌)にありつけるのだ。シチメンチョウの生息地のほとんどから、オオカミやピューマなどの捕食動物がいなくなってしまっていることも有利に働いている。

「40年前に、郊外や都市部がシチメンチョウだらけになるなんて予想した人はいなかったはずです」と話すのは、マサチューセッツ州漁業野生生物課の野生生物学者、デビッド・スカーピッティ氏だ。「けれど、彼らが一時的な存在でないことは明らかです」

シチメンチョウはどのようにして戻ったのか
 1634年、ウィリアム・ウッドは著書『ニューイングランドの展望』でシチメンチョウの多さについて述べた。「ときに40羽、60羽、100羽と群れている。それより少ないときも、多いときもある」。ウッドによれば、猟に規制のなかった17世紀当時のハンターたちは、1日に10羽から18羽殺すこともあったという。そのせいで、ニューイングランド地方からはシチメンチョウがほぼいなくなった。

 1960年代から1970年代にかけて、多くの州が元の生息地にシチメンチョウを再導入し始めた。シチメンチョウのような雑食動物は、植物や昆虫等の個体数のバランスを保ってくれるのだ。ウォルスキー氏が最初の25羽を捕獲したのは、ニューヨーク州とペンシルベニア州の境にあるアレゲニー山脈だった。その後、バーモント州との境である肥沃なコネチカット川流域に放鳥した。

シチメンチョウは木の実を主食としているが、冬の間はトウモロコシを食べているとの証拠があったため、ウォルスキー氏は当初、農場の近くに鳥を放していた。

IMG_6548

 しかし、シチメンチョウは考えられていたよりもずっとタフだった。ニューハンプシャー州の農場が1975年の600戸以上から現在の100戸ほどまで激減したにもかかわらず、彼らは繁栄し続けている。

 ウォルスキー氏が言うには、彼らは主に裏庭などに設置された鳥用の餌場のおかげで生き延びている。「真冬に雪が1メートルも積もったようなときには、それが救いになるわけです」

続きはソースで 


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/120200699/


【関連記事】
無数のハト、カラスが群がる街角…鳴き声とふんに憤る住民たち
IMG_6549



3: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 17:52:32.31 ID:tPPe1Hne0
ターキー

5: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 17:52:57.35 ID:OL/o5uKn0
そしてクリスマスには食卓に

8: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 17:53:29.44 ID:fhaP3ZDl0
メリークリスマス!!

9: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 17:54:06.00 ID:2nw9c3Cn0
フリーランチだ

10: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 17:54:14.53 ID:crBIliLh0
七面鳥「クーリスマスが今年もやってくる」

13: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 17:58:40.43 ID:8lOFuwBN0
普段餌を与える見返りとして、クリスマスの時期には何羽かを食料として
捕獲すると言う契約ですか?

14: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 17:59:21.91 ID:Yn7fTYH80
ニワトリより旨いの?

15: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:00:13.27 ID:dhF3a5zM0
>>14
めちゃくちゃうまいぞ 炭火焼きでじっくりやくと

17: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:00:55.73 ID:Gmp2ne100
七面鳥って食ったこと無いな 美味いんだろうか

19: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:02:53.93 ID:dhF3a5zM0
俺は地鶏より七面鳥の方がすきだわ。料理の仕方難しいから下手に料理するとだめになってしまうからな
オーブンがある家で焼くものだわ。 なければ七輪に石入れて遠赤外線でじっくりやくとオーブンみたいにやけるが

20: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:03:46.59 ID:hfrqZwzO0
えー、ターキーってなんかパサついてない?
脂が足りないというか、ヘルシーではあるんだろうけど

26: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:04:58.00 ID:dhF3a5zM0
>>20
たれにつけてくうんだよ ターキーは

27: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:05:41.11 ID:gZifRHFB0
>>20
焼き方次第かと
ターキーの弱火丸焼き旨かった

21: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:04:03.45 ID:D+HoYcHt0
クルスマスうひょー

22: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:04:11.07 ID:dhF3a5zM0
ニワトリとちがって七面鳥は大きくなるのにとんでもない時間かかるからな。
まあ日本で買うと高いのがネック

23: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:04:14.01 ID:rvAss2jR0
七面鳥てこんなんだっけ・・・野性味あるな
ターキーは筋が多い

25: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:04:36.91 ID:UXAWx0pw0
捕まえてターキーにしていいんですか!?

28: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:05:48.97 ID:JZj6/Rlb0
食え~食え~

29: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:06:18.64 ID:9eWMNWEe0
七面鳥って巣はどーなってるの?
道端に巣があったりするの?
どこで抱卵するの?

35: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:08:32.92 ID:Ce3f3/Vl0
鳴き声がうるさいんだわ

36: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:08:40.15 ID:dhF3a5zM0
ラムとかの羊も日本人はまずいっていってるのは外人も食わないようなヤバい肉食べてる奴が多いからな
クジラもそうだけど 部位やら種類やら鮮度によってまったく違うんだわ これが

37: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:08:45.66 ID:Do2wGaFj0
雌はかわいい

39: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:09:20.84 ID:CWCBbtum0
ゴールデンエッグスの逃げ出した七面鳥を思い出した

44: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:12:04.64 ID:zmAaibLo0
金のかからない家畜

45: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:12:08.58 ID:16sGPhNZ0
日本から持って行った水を綺麗にする鯉がアメリカで異常増殖してたな
揚げて食べればいいのに

47: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:13:36.75 ID:dhF3a5zM0
>>45
鯉も栄養価抜群でからあげとかすると案外寄生虫気にせずに食えるのにな。
あいつら魚サーモンとか以外くわないからな

46: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:12:47.05 ID:Px1TPDtB0
かわいい

50: 名無しさん@1周年 2019/12/10(火) 18:15:35.25 ID:i82u+LAo0
七面鳥の逆襲・・・