1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/17(金) 21:46:09.50 ID:HDUHQu5X9

ワニの死体を深さ2000mの海に沈めて、死体が海底の生物に分解される様子を観察する実験により、新たな種の生物が発見されました。まだ名前のない新種の生物は、海底に沈んだ生物の死骸に生息するホネクイハナムシの仲間だと推測されています。

5005

Alligators in the abyss: The first experimental reptilian food fall in the deep ocean
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0225345

Dead Alligators Dropped to the Bottom of the Sea Make for a Rare and Delicious Meal
https://gizmodo.com/dead-alligators-dropped-to-the-bottom-of-the-sea-make-f-1840927625

New bone-eating worm species found deep under Gulf of Mexico - CNN
https://edition.cnn.com/2020/01/15/asia/bone-eating-worm-alligator-intl-hnk-scli-scn/index.html

光が届かない深海では、植物が光合成を行うことができないため、海底に沈んだ生物の死骸が非常に重要な栄養源となります。特に、巨大なクジラの死骸にはさまざまな生き物が群がって生態系を形成するため、こうした生き物は鯨骨生物群集と呼ばれています。

ルイジアナ大学ラファイエット校の生物学者リバー・ディクソン氏らによると、海の生き物だけでなくアメリカの川に住むワニも、嵐やハリケーンなどで海に運ばれて死亡し、海底に沈んでいくことがあるとのこと。しかし、ワニはクジラと違って全身が硬質な体表で覆われているため、いかにたくましい海底の生物群でも容易に食べることはできないと予想されていました。

そこでディクソン氏らの研究グループは、ルイジアナ州野生生物・水産省の協力を得て体重18.5~29.7kgのアメリカアリゲーター3体の死体を入手。ロープで縛ってメキシコ湾の3カ所に沈め、遠隔操作型無人潜水機でその様子を観察する実験を行いました。

IMG_7264

3カ所のうち1つ目の投下地点では、ワニの死体を投下した翌日にはすでに9体のダイオウグソクムシが死体に群がっているのが確認されました。

IMG_7265

飼育下では5年以上にわたり餌を口にしなかった記録があるなど、小食で知られるダイオウグソクムシですが、先を争うようにしてワニの体に頭を突っ込んで死骸をむさぼっています。

5005

2つ目の投下地点は、投下から8日後に観察が行われましたが、なんと何も残されていませんでした。代わりに何かを引きずったような跡が残されていたほか、投下地点から約8.3メートル離れた場所に、ワニを縛っていたロープの破片や20.4kgの重りなどが散乱していたとのこと。ディクソン氏は「ロープを食いちぎることが可能な顎の大きさから察するに、死体を持ち去った犯人は巨大なニシオンデンザメかカグラザメではないかと考えられます」と指摘しました。

IMG_7268

そして、最後の投下地点は、投下から53日後に調査を行いました。この時には既に、ワニの軟組織はほとんど食べ尽くされており、ほぼ骨だけの状態になっていました。

5005

しかし、研究グループはワニの下顎の一部に、毛のようにみっしりと付着しているホネクイハナムシの一種を発見。ホネクイハナムシは、これまでクジラの骨から見つかっており、「ゾンビワーム」とも呼ばれています。研究グループがこの生物を採取してDNAを調べたところ、既知のどのホネクイハナムシともDNAが異なることから、新種だと判断されました。

5005

ディクソン氏は今回発見された新種の生物について、「メキシコ湾でホネクイハナムシの仲間が見つかったのはこれが初めてのこと。また、深海でワニの骨をむさぼり食う生き物が記録されたのもこれが初なので、注目に値します」と話しました。研究グループは、以前にも牛の骨を海底に沈める実験を行ったことがありますが、新種のホネクイハナムシを発見するには至っていませんでした。

研究グループは今後さらなる研究を実施し、今回見つかったホネクイハナムシの仲間が「は虫類の骨だけ食べる種なのか、脊椎動物の骨ならなんでも食べるのか」などを確認する予定だとのことです。

https://gigazine.net/news/20200117-bone-eating-worm-abyss/


【関連記事】
【死肉むさぼるサメの群れ】深海の「仁義なき戦い」1匹を別の大魚が丸呑み
IMG_7271


3: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:47:02.31 ID:qn1LlWBv0
グソクムシじゃねぇか

4: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:47:26.83 ID:XQhy7zHb0
なんで鯨じゃなくてワニにしたんだろ

20: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:54:37.87 ID:k3UfOSvx0
>>4
お前はくじらを気軽に調達できんの?

5: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:48:48.99 ID:W8x/Sdcb0
ワニって海にいるんだ

10: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:50:09.09 ID:Uire2/rV0
>>5
深海にいるよ

41: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 23:30:05.11 ID:hcwsZWxh0
>>5
どうして深海にワニがいるのかと思ったら、人間が入れたのか。

44: 名無しさん@1周年 2020/01/18(土) 00:41:08.37 ID:wXcQZ+oe0
>>5
オーストラリアとか東南アジアとかにいるイリエワニは名前の通り川の下流から海岸線付近の海にいる

8: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:49:20.47 ID:+zwIOxJs0
ワニワニパニック

9: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:49:55.17 ID:HWcXOGhr0
海の掃除屋

15: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:51:12.40 ID:hjyQd6L/0
新種の深海ワニかと思ったら人工的にしずめてんのかよ

18: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:53:37.95 ID:lbFBSXw60
水圧に耐えれんの

19: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:53:38.04 ID:V7pbnjps0
ただの食物連鎖の下の人やん

23: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 21:58:26.45 ID:8w0zz+Bt0
天変地異の原因がなんにせよまず地上の生物が滅ぶ
最後が深海生物の順

25: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 22:01:37.71 ID:KZ6uQkbE0
ホネクイハムシって骨がな無いときは何食べてんだろうな。

28: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 22:06:12.27 ID:c9Ng1Iha0
>>25
骨が無い時ってあるの?
逆に次から次に骨が海底に落ちてきて忙しそうだが

26: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 22:02:50.33 ID:Pr1mkmmL0
ついにこの時がきたか

29: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 22:06:21.32 ID:91YwO3gt0
なんでワニにしたんだろ

36: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 22:15:38.92 ID:mxbHo2m40
>>29
容易に調達できて大きいからじゃね?

37: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 22:19:32.77 ID:xXA7asHH0
>>29
>ワニはクジラと違って全身が硬質な体表で覆われているため、
>いかにたくましい海底の生物群でも容易に食べることはできないと予想されていました。

あっという間に喰われたら記録しづらいし
面白みが無いからじゃね?

30: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 22:07:50.89 ID:Hx/FpwZs0
どこから来たのか今までなにやってたのか

35: 名無しさん@1周年 2020/01/17(金) 22:11:41.94 ID:MQ5o4FXN0
洪水で川から海に流されたワニとかの生物もどこかしらで分解されるんだし

47: 名無しさん@1周年 2020/01/18(土) 01:13:57.14 ID:3cKeP1r80
深海の生き物はワニ初めて食ったんだろな
美味かったのかどうかきいてみたいな

49: 名無しさん@1周年 2020/01/18(土) 01:19:52.90 ID:LagLibCD0
ワニに限らず生き物の死体見ると、今はただの物体だけどこの個体にも親があって面倒見てもらって楽しい時もあったのかな、今はもう何にも言わないモノだけどって思う