1: ごまカンパチ ★ 2020/03/07(土) 00:20:46.37 ID:SEeEXGbc9

■有袋類オグロワラビーは妊娠中に別の妊娠が始まる 

5005

 ほとんどの哺乳類のメスは、おとなになると何度か妊娠を経験する。だが、子どもを産むごとに、その子が育つまでの間、しばらく妊娠しない動物が大半だ。
もちろん、一生に1、2回しか子どもを産まないものもいる。

しかし、オーストラリア東部でよく見られる有袋類オグロワラビーの妊娠は常識外れだ。
新たな研究から、成熟したほとんどのメスはいつも妊娠しているらしいことがわかった。
3月2日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された論文によると、オグロワラビーは通常、出産する1日か2日前には次の子を懐妊しているという。

すべての有袋類がそうであるように、オグロワラビー(学名:Wallabia bicolor)もとても小さく未熟な子どもを産む。
その子どもは生まれるとすぐに母親の特殊な袋(育児のう)に移動し、そこで母乳を飲んで育つ。
論文の共著者で、オーストラリアのメルボルン大学の研究者であるブランドン・メンジーズ氏によると、カンガルーのように出産の翌日に交尾して妊娠する有袋類はいる。
しかし、出産する前に別の子を妊娠する例は知られていなかった。

妊娠中にまた妊娠できる動物は、ヨーロッパに生息するノウサギの一種であるヤブノウサギと、このオグロワラビーだけだ。
しかし、ヤブノウサギには明確な繁殖期がある。オグロワラビーのように、成熟するとずっと妊娠を繰り返すわけではない。

今回の論文には関与していないが、同じメルボルン大学に在籍しているデビッド・ガードナー氏は、次のように話している。
「どんな種が対象であっても、繁殖に関する生物学や内分泌学を理解することで、人類の繁殖にも生かせる教訓が得られるかもしれません」。
このような研究が重要なのはそのためだ。

■妊娠中に妊娠しない理由
通常、哺乳類のメスは妊娠中に別の妊娠をすることはない。「理由はたくさんあります」と、メンジーズ氏は言う。
その一つが解剖学的な理由だ。ほとんどの動物には、子宮は一つしかない。子宮内に成長途上の胎児がいる場合、別の胎児が入り込む余地はない。
しかし、有袋類には子宮が2つある。

妊娠が重ならないもう一つの理由は、内分泌系に関することだ。
発育中の胎児に栄養を与えるホルモンは、交尾で卵子の受精を促進するホルモンとは異なる
(人間の各種緊急避妊薬にプロゲステロンなどが含まれる理由もここにある。このホルモンには妊娠を促進する効果があるが、同時に一時的に排卵を防ぐ効果ももっている)。
ただし、オグロワラビーについては妊娠中に別の妊娠をすることがわかっただけで詳しい仕組みはまだわからないと、メンジーズ氏は言う。

■驚きの繁殖サイクル
繁殖サイクルが始まるのは、1月か2月にメスのワラビーが交尾したときだ。
前年から妊娠していたメスは、その1日か2日後に前年からいた胎児を出産する。生まれた子どもは育児のうに移動し、そこで成長する。
新たに受精した胎児(胚盤胞とも呼ばれ、80個から100個の細胞で構成されている)は、子宮内にとどまり、「胚休眠」と呼ばれる休眠状態に入る。

メンジーズ氏によると、その間も最初の子は育ち続け、9月ごろになると、育児のうから出る準備が整う。
ちょうどそのころは、南半球に春が訪れて新緑が芽吹く季節だ。
子どもは育児のうで乳を飲むことも徐々に減っていき、12月ごろに乳離れする。
このタイミングで、休眠していた胎児の成長が始まり、1カ月後に誕生する。それまでにメスは排卵しており、次の交尾も終えている。

■学ぶことはたくさんある
このサイクルは、10匹の飼育されているオグロワラビーに対して超音波スキャンを実施した結果、判明したことだ。
年間を通してメスを撮影し続け、交尾のタイミングも記録した。
交尾後、2番目の子どもがすでに育児のうの中に入っているときに、10匹中9匹で休眠中の胎児(胚盤胞)を確認できた。

体外受精について研究しているガードナー氏は、胚休眠について理解することは非常に重要なことだと話す。
「この複雑なプロセスを解明できれば、胚を研究所で休眠状態のまま保管できるようになり、低温保存する必要はなくなるかもしれません。
有袋類から学べることは、まだたくさんあるのです」


【関連記事】
【オーストラリア】森林火災からワラビー救え、ヘリで餌のニンジン投下
IMG_8147


12: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:29:45.69 ID:vFeF1q9M0
ワラビーのメス大変だな
ワラビーに産まれなくてよかった

13: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:30:13.84 ID:t9ntvrS80
とんだおさせだぜ!

15: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:32:06.68 ID:KFe7P5DL0
それでもワラビー増えすぎて困るって訳でもないんだろ?

16: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:32:18.19 ID:JZiHPu1B0
双子じゃないのに兄弟で同級生とかたまにいるよな。、

51: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 07:30:30.15 ID:G6CgcDXV0
>>16
同級生に双子姉妹+双子姉妹の兄弟いたぜ。

17: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:35:18.29 ID:ca2BR5Lh0
連続する妊娠の父親が
同個体なのか別個体なのか
そこが知りたい

18: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:36:34.61 ID:GNP+cmxF0
別に驚くほどでもないだろ。
ニワトリのメンドリが卵を産むサイクルなんか
僅か10日で7個くらい排卵するけど
卵を生みだす時には既に新たな卵を体内に作り出してる訳で

有精卵、無精卵かの違いでしょ。

21: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:41:08.08 ID:R+8QkMKD0
蕨市のマスコットはワラビーなんだよな

22: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:44:45.21 ID:prgTrM7k0
有袋類って子宮2つあるんだ。知らなかった

24: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 00:54:40.88 ID:OuXW/5dr0
生きたまま細胞分裂ストップか~

サメだったかで精子を長期保存したり
3倍体で交尾動作はするもののそのままクローンが成長する魚とか
いろいろいるみたいだな…

人間の夢の世界を実現している生物がいるんだね
大絶滅時代だけど生物から学ぶことは多いね

29: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 01:01:20.44 ID:x6EyXNTB0
甘いね
アブラムシなんか胎児のうちから妊娠してるから

30: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 01:04:50.19 ID:ptotPaqd0
カンガルーも一緒でしょ
てか常識だと思ってたわ

32: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 01:16:35.20 ID:Tn45JWL/0
少子化解消のヒント

33: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 01:24:53.23 ID:LGUuaqd10
wanna be a wallaby

35: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 01:27:12.43 ID:t5jJYC4J0
有袋類の袋って臭そうなんだけどどうなんだろ
ダニとかが住んだりしないのかな
温かそうだし超快適やん

36: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 01:28:34.06 ID:U8fCEsNF0
袋から出てきたら見せてくれ
袋の中にいる毛の生えそろってない生まれたばかりの怖い

40: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 01:39:09.04 ID:Gc+BHNs20
なのに絶滅危惧種になってるワラビーもいる

41: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 01:44:08.21 ID:Vy6Zk3+u0
寿命はどんなもんなの?ネズミと同じ位かな?

44: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 02:55:32.13 ID:MOexpvYh0
1匹しか生まないし乳離れまで1年かかるのでは1匹のメスが一生に生み出せる子供は少ないね
寿命は15年ほどだし

それと比べて猫の繁殖力ときたら…1匹のメス猫が3年後には2000匹に増える

49: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 06:59:48.99 ID:hNpzyJHh0
ずっと妊娠していないと
どうして働きに出ないの?
と言われ続ける時代だしな、まあ仕方ない

52: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 07:33:41.41 ID:0leySdZl0
休ませたげて!

54: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 07:59:39.49 ID:Sz4baelP0
有袋類は妊娠出産の負担が軽そう

56: 名無しさん@1周年 2020/03/07(土) 08:22:38.27 ID:AFhuVypQ0
ワラビーはハーレムをつくる
つまり大変なのはボスになったオスワラビー