1: 2020/05/19(火) 06:41:29.25
IMG_0177

(CNN) 米バージニア工科大学獣医学部でセラピー犬として活躍する8歳のラブラドルレトリバー犬「ムース」が、何千人もの学生に寄り添ってきた功績をたたえられ、名誉博士号を授与された。
ムースは同大のセラピー動物4匹のうちの1匹としてバージニア工科大学に2014年から在籍し、クックカウンセリングセンターに勤務するとともに、心の健康問題の啓発活動に当たる大使役も務めている。獣医学部は15日に行ったオンライン卒業式で、ムースに名誉博士号を授与した。
ムースはフットボールの試合やクラブイベント、新入生のオリエンテーションといった行事への出席のほか、不安や心的外傷といった心の問題で悩む学生たちに寄り添う役割も果たしてきた。クックカウンセリングセンターに勤務するカウンセラーで飼い主のトレント・デイビスさんによると、ムースは7500回以上のカウンセリングに付き添い、何千人もの生徒たちを助けてきたという。
デイビスさんが動物を使ったセラピーを開始したのは、学生たちに安心感を持ってもらう狙いがあった。「人間の中には、ほかの人や、ほかの犬とさえうまくいかない人がいる。ムースはその両方で、とても安全で安心できる力になってくれた」と話す。
FullSizeRender

今は新型コロナウイルス対策のために、学生たちがムースなどのセラピー犬に面会することは難しくなった。しかし同センターは、週に3回1時間ずつ仮想開業を行い、もしも学生が差し迫った状態にあってセラピー犬との面会を希望する場合は対面させることもある。
ムースは2019年にバージニア州獣医師会のアニマルヒーロー賞を受賞した経歴もある。「彼は本当にバージニア工科大学の学生や職員の助けになってくれ、そのことで多大な評価を受けている」とデイビスさんは話している。


https://www.cnn.co.jp/fringe/35153937.html
【関連記事】
犬が部屋にいる場合はいない場合より子供達の読書能力が上がりやる気と好奇心も上昇する
IMG_0178


※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 

3: 2020/05/19(火) 06:47:48.25
名誉博士号って犬でももらえるんだな

4: 2020/05/19(火) 06:52:43.23
かわええのう

6: 2020/05/19(火) 07:02:26.29
らんま思い出した

7: 2020/05/19(火) 07:08:05.56
飼うとストレス
こたちゃんをYouTubeでずっと見てる

8: 2020/05/19(火) 07:10:40.66
犬で遊ぶな

9: 2020/05/19(火) 07:39:51.21
ネコもくれにゃ

10: 2020/05/19(火) 07:54:26.02
reddit見てるとアメリカ人の犬好きは異常

11: 2020/05/19(火) 07:58:48.84
犬はどうでもいい
セラピーにゃんこは?

12: 2020/05/19(火) 08:09:17.32
嫌そうな顔してるけど?