1: 2020/05/19(火) 14:47:31.40 _USER
→アリは集合知によって感知能力を向上させており、効率的に巣まで食料を運べる
→アリの集合知を模倣することで、コンピュータの探索能力が向上した
→アリは感知能力を向上させるだけでなく、そのために必要な探索範囲すら把握しているかもしれない

5005

アリには「集合知」が見出せます。

「集合知」とは、多くの知識や能力が集まることによって、単一の個体よりも高度な知性が見いだせるものです。これは、集団的知性とも呼ばれています。

イスラエルのワイツマン科学研究所の主任研究員であるオファー・ファインマン氏ら研究チームは、アリが集合知を働かせることによって、食料を効率的に運搬できることを発見しました。

■リアル迷路を解く方法

迷路を解くとき、正解ルートをどのように鉛筆でなぞりますか?

IMG_0236

「片っ端からなぞっていき、行き止まりだったら引き返す」という方法もありますが、効率が悪いですよね。

多くの方は、分岐点に遭遇すると一旦鉛筆を止めて、目でその周辺を確認して最適なルートを探すのではないでしょうか。そして、最適ルートが分かればそのルートにそって再び鉛筆を走らせるのです。

このように、迷路解答法として効果的なのは、鉛筆の先だけを「部分的」に見るのではなく、「範囲を広げて」見ることでしょう。

しかし、身の丈以上の壁に囲まれた「リアル迷路」の中では、同じような方法は取れません。ふかん的な視点が得られないので、行き当たりばったりに行動するしかありません。

IMG_0238

小さなアリたちにとっては、毎日が「リアル迷路」です。障害物が散在する自然界の中で、食料を巣まで運ばなければいけないからです。

では、アリたちはどのように効率的に迷路の正解ルートを見つけだしているのでしょうか?

研究チームは、その能力を明らかにするために、1つの実験を行ないました。

■アリたちは集合の感知範囲をもつ

最初に研究者たちは、均等な大きさの立方体をランダムにばらまくことで、自然の環境を模した石だらけの迷路を作成。

次に、ターゲットであるロングホーン・クレイジーアリに食料を持たせて、迷路を通って巣まで運ぶようにセッティングしました。

途中のブロックが多ければ多いほど複雑な迷路になるので、ブロックの数に応じてアリたちの対応力を調べることができます。 
実験の結果、のアリたちは、迷路が複雑になればなるほど、迷路を解くための時間が長くなりました。そして、ブロックの割合が55%までは何とか正解しましたが、60%になるとゴールにたどり着けなくなりました。

その後、研究チームは、アリのパフォーマンスとプログラムされた運動モデルを比較することにしました。

このコンピュータモデルは、ブロックに衝突することで進む方向が変化するようになっており、最終的にはゴールに到達できるようプログラムされています。いわゆる「行き当たりばったり」作戦ですね。

検証の結果、非常に単純な迷路を除いて、アリの方がコンピュータモデルよりも迷路をクリアする能力が高いと証明されました。

つまり、アリは迷路を「行き当たりばったり」ではなく、何らかの感知方法によってふかん的な視点を得ており、効率的な正解ルートを見出していたことになります。

IMG_0239

続きはソースで

https://nazology.net/archives/59887
【関連記事】
協調なしで大規模インフラ構築、ハキリアリの道作り
IMG_0240



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


2: 2020/05/19(火) 14:58:21.72
モンテカルロなんとか方だな

3: 2020/05/19(火) 14:59:30.44
壁に沿って行けば自ずと道は開け―る アーメン

4: 2020/05/19(火) 14:59:37.67
AI「ねえねえそれ群知能じゃないの

5: 2020/05/19(火) 15:02:05.76
30秒で出口に着いた いやホント

8: 2020/05/19(火) 15:19:41.52
蟻ってお尻から分泌物だして道標にしてるって聞いたことあるけど

13: 2020/05/19(火) 17:23:52.37
>>8
それを使って何かしてるんだろうな

9: 2020/05/19(火) 15:19:51.53
行き詰りの通路を後人のために塗りつぶす。

10: 2020/05/19(火) 15:31:25.12
迷路を水で満たしたら、出口の方に流れ出すに決まってるだろ?
大量のアリ=水と見なせば、そういうことだ。

11: 2020/05/19(火) 15:36:58.43
アリが無限に発生するなら、
迷路の行き止まりをアリの死体で埋めたら最適解がゲットできるな

12: 2020/05/19(火) 15:59:29.45
抵抗は無意味だ

14: 2020/05/19(火) 19:18:16.35
①ランダムに歩き回る
②エサにぶつかったらエサを持つ
③再びエサにぶつかったらエサを置く
この3つのコマンドだけでアリはエサを一か所に集めるそうだが、これが集団知かな;

16: 2020/05/19(火) 20:16:31.67
>>14
それは餌のある場所が2ヶ所でのみ成り立つアルゴリズムだ

17: 2020/05/19(火) 23:15:33.39
どうもありがとう