1: 2020/05/20(水) 15:18:07.81 _USER
アメンボと言えば、川や田んぼで見かけることがほとんどですが、中には「ウミアメンボ」という海上に住む種もいます。

IMG_0264

ウミアメンボは、昆虫でありながら、海への進出を成功させた数少ない生物です。

昆虫は地球上で最も繁栄しているにもかかわらず、海に活動範囲を広げることはありません。魚や海鳥などの天敵、荒波、太陽の直射など、海は小さな昆虫にとって危険すぎるのです。

では、ウミアメンボはなぜ海に適応できたのでしょうか。

今回、キング・アブドゥラー科学技術大学(サウジアラビア)の最新研究により、海上での生存を可能にする驚異の身体能力が明らかにされました。

■水没を防ぐ体毛メカニズム

研究チームは、アラビア半島とアフリカ北東部に挟まれた「紅海」で採取した2種のウミアメンボ(Halobates germanus、Halobates hayanus)を調査しました。

5005

ウミアメンボは非常に小柄で、胴体の直径は3.4ミリ、横幅は1.8ミリしかありません。

チームは、ハイスピードカメラと電子顕微鏡を用いて、ウミアメンボの体毛を調べました。

すると、体毛の形や長さ、直径が、体の部位ごとに違っていたのです。特に脚部では、毛先がゴルフクラブのように湾曲しており、毛と毛の間に水が入らない作りになっていました。

また、湾曲した体毛が密に詰まっていることで、中に空気をため込んでおけるので、アクシデントで水没しても、全身を包むようにバブルが作られ、水上に再浮上できるのです。

実験でウミアメンボに水滴を落としたところ、体毛がそのすべてを弾いてました。

IMG_0265

■加速度はウサイン・ボルトの100倍以上!

さらにウミアメンボは、体から撥水効果を持つワックス状物質を分泌していました。

それを体表面にコーティングすることで、体が水を吸わないようにしていたのです。

また、静止状態において、水面に接している脚の面積は、全体の5%以下にとどまっていました。

5005

移動のメカニズムに関しては、水面上を歩くというレベルを超えて、空中をホバリングする形に近いことが分かっています。

ウミアメンボは、水面をトランポリンのような跳躍台として使い、巧みに飛び跳ねていました。それから、柔軟な脚を用いて、後退移動や方向転換もラクラクとこなしています。

5005

さらに、ウミアメンボの凄さは、それだけにとどまりません。

彼らの一番の強みは俊敏性にあり、加速度を計算してみると、なんと400m/s2(メートル毎秒・毎秒)に達していたのです。

1m/s2は、1秒ごとに1メートル毎秒ずつ加速することを表します。あの人類最速のウサイン・ボルトですら約3m/s2ですから、ウミアメンボの恐ろしさが垣間見えます。

ただし、これはウミアメンボの小さなサイズを考慮した上での俊敏性なので、実際の競争ではボルトの圧勝に終わるでしょう。

それでもウミアメンボは、独自の防水性と俊敏性によって、過酷な海を生き抜いています。

この他にも、小さな体を生かして天敵が入り込めない隙間に隠れたり、岩場の影を利用して太陽光の直射を避けたりと、色々なテクニックを使っているでしょう。

力は弱くても、自分の強みを活かすことで力強く生きているのです。

研究の詳細は、5月8日付けで「Scientific Reports」に掲載されました。

https://nazology.net/archives/60280
【関連記事】
ヤモリの水上走行、解明=洪水時の捜索ロボに応用?-欧米チーム
5005



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


3: 2020/05/20(水) 15:23:58.26
つまりウミアメンボと比べればボルトも超長距離型なんだな

4: 2020/05/20(水) 15:26:11.36
海水は特に沿岸部では海藻から出る界面活性物質が多くて
どうしても表面張力が弱い
それでアメンボは海水域のものの方が淡水域のものより小さい

エラでなく気管呼吸をしている昆虫にとって
界面活性作用のある水が多い海水は危険
シャンプーを掛けられたゴキブリが死んでしまうのも
気門を塞がれてしまうためだ

羽化せずに一生、エラ呼吸のままのトンボとかカワゲラなんてのが出来たら
海に再進出するのかも知れんがそんなのいないからなあ

12: 2020/05/20(水) 17:00:12.32
>>4
タガメとかミズカマキリも、陸上に上がるのかな?

15: 2020/05/20(水) 17:45:31.60
>>12
冬場に冬眠する時は陸に上がる

タガメは陸上でも足を左右交互に動かして何とか歩ける(遅いけど)
ミズカマキリもどうにか動ける

だがゲンゴロウは水中の癖で足を左右同時に動かすようになっているので
陸に上げて足元が硬いアスファルトなどだとあっという間にひっくり返ってしまう

ミズスマシに至っては足が物凄く短くてしかも中脚と後脚がスクリューのように
回転させるような動きしかできないので、ろくに歩くことは出来ない

5: 2020/05/20(水) 15:40:42.41
ジェット機よ速くて細胞大丈夫か

6: 2020/05/20(水) 15:42:14.37
よくあるよね、ノミが人間サイズだったら東京タワーを飛び越せるとかw
実際に人間サイズだったら自重で潰れて死ぬだけだけど

7: 2020/05/20(水) 15:43:07.76
何食べてるんだ?

8: 2020/05/20(水) 15:53:01.04
>>7
死にかけて浮いてる海洋生物から吸汁・吸血する

稀に海水浴中の人間の血も吸うという話が

10: 2020/05/20(水) 16:41:23.89
水たまりにいる、アメンボとは何が違うんだよ

11: 2020/05/20(水) 16:50:21.03
成虫になっても翅が無い
そして胴体が妙に短くて丸い

14: 2020/05/20(水) 17:33:07.81
> 1m/s2は、1秒ごとに1メートル毎秒ずつ加速

> あの人類最速のウサイン・ボルトですら約3m/s2

3m/s2 はつまり1秒ごとに3メートル毎秒ずつ加速って事だよね?
ウサインの方が3倍なのに、なんで「ですら」なの?
なにか見落としてるのかな、オレ

21: 2020/05/21(木) 12:12:19.43
>>14
めちゃめちゃ見落としててワロタw

22: 2020/05/21(木) 12:50:46.48
>>14
「ですら」ってのはウミアメンボとウサインボルトの加速度の比較したときの話だろ
なんでお前は加速度の説明文とウサインボルトを比較してるんだよ
ウミアメンボの加速度はどれくらいなのかもう一度読み直せ

16: 2020/05/20(水) 18:05:15.72
ウミアメンボ「あめんぼあおいなあいうえお」

17: 2020/05/20(水) 18:12:55.90
マイクタイソンがホバリングしてる動画見たことあるな

18: 2020/05/20(水) 19:32:29.00
バキでゴキブリが人間並みの大きさなら新幹線ぐらい速いって言ってた
しかもすぐに最高速に達すると

20: 2020/05/21(木) 03:32:00.73
雨坊