1: 2020/05/29(金) 16:22:19.44 _USER
山口大理学部(山口市)の小島渉助教の研究グループは、国立台湾師範大学(台湾台北市)の林仲平教授と共同で、カブトムシの成長速度が緯度に沿って変化し、北に生息するカブトムシの幼虫ほど早く成長するという研究結果を発表した。11日、イギリスの学術誌に掲載された。

IMG_0524

 研究は、日本の各地域と台湾計14カ所に生息する同種類のカブトムシの幼虫約1000匹を飼育して実施した。25度の気温設定や同じ餌を与えるなど条件をそろえ、各集団間の成長速度の違いを観察した。

 結果、幼虫が最も大きく成長するまでに、台湾のカブトムシは約100日かかった一方、青森県のカブトムシは60日程度しか要しなかった。研究では要因として、高緯度地域の幼虫は、冬の間地面が雪に覆われるなどして成長できないため、比較的長い冬に備えて成長を早めていると考察。高緯度地域のカブトムシほど餌の摂取量が多く、食べ物を効率よく体重に変換する傾向にあると分析した。

 成長速度と生息地域の関連性の研究はカブトムシでは初めてという。小島助教は「カブトムシは誰でも知っていて生態は何でもわかっているように思うかもしれないが、新しい発見がまだまだたくさんある。身近な昆虫に目を向けてみると面白い」と話している。

https://mainichi.jp/articles/20200524/k00/00m/040/028000c
【関連記事】
【カブトムシ】角がメスに生えない理由 研究チームが解明 「トランスフォーマー遺伝子」が作用
IMG_0525



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


4: 2020/05/29(金) 18:10:29.08
いわゆる積算温度と成長量との関係とも比較したいところ

ところで、台湾のカブトムシは>>1にあるように成長期間が長い割には
そんなに大きい個体がいないのも事実だなあ
亜種が違ってて、胸の小さい角が日本のものよりずっと細くて小さいんだよな

9: 2020/05/30(土) 03:29:18.43
>>1
片付けやってたら20匹くらい出てきた
とりあえずコンテナに腐葉土入れて保管

2: 2020/05/29(金) 16:26:29.76
アレンの法則、ベルクマンの法則、グロージャーの法則に次いで新法則になるか

3: 2020/05/29(金) 16:27:47.88
>>2
カブトムシって恒温動物なの?

5: 2020/05/29(金) 18:12:37.45
ここで AIKOが一言 ↓


「じゃんけんぽん! あいこでしょ!」

8: 2020/05/29(金) 23:57:37.04
酸素濃度高めたら昆虫はデカくなるんじゃなかったかな?ゴキにはしないで欲しいけど。

10: 2020/05/30(土) 09:22:48.05
カブトムシそのものは飼育し易い昆虫だからなあ

昔は「クワガタは飼育しにくい!」ってどの本にも書いてあった
だが、広葉樹の木材チップ(というかマット)を小麦粉などで丁寧に発酵させることで
(マット10:水2:(小麦粉または米ぬか1)を混ぜ、土嚢袋に入れて、土嚢袋の外から毎日バフバフと
揉むようにして30揉みほど撹拌するようにして1週間、それからもう2週間は2~3日に1日は
30揉み、って感じで、1か月ほど掛ける)発酵マットを作れる
(極端なアンモニア臭などがするようなら発酵失敗。良いものは土の臭いとパンの臭いを混ぜた臭いになる)

こうして出来た発酵マットはノコギリクワガタやオオクワガタやコクワガタだけでなく
カブトムシやカナブンの飼育などにも使える

だが、それでも一部の国に見られる、キノコの菌糸の回った木材しか食べないようなクワガタなどは
この方法だと飼育できない
オウゴンオニクワガタとかタランドゥスオオツヤクワガタとか