1: 2020/05/31(日) 13:46:10.27 _USER
「トビムシ」という昆虫を知っていますか。

世界で3000種以上、日本でも360種ほど確認されているトビムシは、どこにでもいる平凡な虫です。

IMG_0574

ところが、彼らは生物界ナンバーワンと目される「高速スピン能力」を持っています。

その回転力は、フィギュアスケーターは言うに及ばず、レーシングカーのモーターをも上回るというのです。

驚異の回転力の秘密に、ノースカロライナ自然科学博物館のエイドリアン・スミス博士が迫りました。

他の昆虫にはない「跳躍バネ」を装備
トビムシは、非常に小さな体格をしています。

全長1.5ミリ、高さ1ミリほどしかなく、爪楊枝と比べてもこれほど小さいのです。

IMG_0575

これほどのサイズにもかかわらず、他の昆虫にはない「跳躍器」という器官がお腹にあります。

2又になった棒状の器官で、普段は下腹にぴったりとくっつけられていますが、危険を察知すると、筋肉の収縮を利用してバネのように弾き出すことで、後方にスピンしながらジャンプします。

IMG_0576

スミス氏は、トビムシの跳躍をハイスピードカメラで撮影し、そのメカニズムを詳しく調べました。

約50匹のトビムシを撮影した結果、驚くべきデータが明らかになっています。

体長1ミリ程度にもかかわらず、垂直跳びの到達点は4.8センチで、回転数は最高で1秒間に374回転を記録しました。

これは、2万2440rpm(1分間の回転数)に相当します。

IMG_0577

ヘリコプターの回転翼は、平均250~660rpm。さらに、レーシングカーのモーターでも、7000~1万5000rpmです。

トビムシの凄さが分かりますね。

また、飛び始めの回転数は平均して255回転/秒、最高到達点で150回転/秒でした。加速度を計算すると、700m/s2(メートル毎秒・毎秒)に達していました。

これは、1秒間に700メートルずつ加速する値です。

IMG_0578

最高到達点に達したあとは、回転数を落としながら落下し、地面でバウンドします。
また、スミス博士は「トビムシの跳躍にはマグヌス効果が働いている」と指摘します。 

マグヌス効果とは、発射された弾丸がカーブする理由について説明した理論で、一言で言うと、回転しながら直進する物体には、進行方向に対して垂直の力(揚力)が働くというもの。 

例えば、右回転の弾丸は、直進するにつれて、左上後方に向かって空気の流れを起こします。これにより進行方向に対して垂直に下向きの力が働いて、弾が少しずつ曲がっていくのです。 

マグヌス効果/Credit: ja.wikipedia 



スミス博士によると、生物界でマグヌス効果が働いている種はいないそうで、トビムシが第一号となるかもしれません。 

トビムシは、地球一の回転力を持ちながら、畑や歩道、駐車場、植物の上など、どこでも見かけられます。 

まさに、トビムシは気軽に会いに行けるナンバーワンなのです。 

https://youtu.be/Qu01EUeE5PM



https://nazology.net/archives/61191


【関連記事】
雨上がりの土の匂いは4億年続く微生物の生存戦略だった
IMG_0579



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


2: 2020/05/31(日) 13:46:17.10 _USER
また、スミス博士は「トビムシの跳躍にはマグヌス効果が働いている」と指摘します。

マグヌス効果とは、発射された弾丸がカーブする理由について説明した理論で、一言で言うと、回転しながら直進する物体には、進行方向に対して垂直の力(揚力)が働くというもの。

例えば、右回転の弾丸は、直進するにつれて、左上後方に向かって空気の流れを起こします。これにより進行方向に対して垂直に下向きの力が働いて、弾が少しずつ曲がっていくのです。

https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/05/500px-Magnus-anim-canette.gif
マグヌス効果/Credit: ja.wikipedia

スミス博士によると、生物界でマグヌス効果が働いている種はいないそうで、トビムシが第一号となるかもしれません。

トビムシは、地球一の回転力を持ちながら、畑や歩道、駐車場、植物の上など、どこでも見かけられます。

まさに、トビムシは気軽に会いに行けるナンバーワンなのです。

https://youtu.be/Qu01EUeE5PM



reference: thekidshouldseethis / written by くらのすけ

https://nazology.net/archives/61191

4: 2020/05/31(日) 13:56:01.56
カーブ
シュート
よよいの
よい

5: 2020/05/31(日) 14:19:37.79
22000回転までキッチリ回せ!

6: 2020/05/31(日) 14:32:58.63
まじかよニュートリノより速いんじゃね?

7: 2020/05/31(日) 15:53:35.38
俺の下半身で精製されるナノモーターの方が速いわ調子にのんなよ