1: 2020/07/11(土) 00:53:53.61 _USER
■毒を吐かず首のフリルもなかったディロフォサウルス、包括的な論文が発表される

IMG_2184

 1993年の映画『ジュラシック・パーク』のなかに、悪役のひとりが運悪くディロフォサウルス(Dilophosaurus wetherilli)に出くわし、殺される場面がある。人間よりも小さく、好奇心旺盛なディロフォサウルスは本性をむき出しにすると、エリマキトカゲのような首のフリル(えり飾り)を広げ、鋭い鳴き声を立て、悪役の目に毒入りの唾を吐きかける。

 このシーンによって、ポップカルチャーにおけるディロフォサウルスのイメージはすっかり固定されてしまったが、実際のディロフォサウルスは、映画で描かれている外見とは大きく異なっていた。

「私は、『最も有名な“知られざる”恐竜』と呼んでいます」と話すのは、米アリゾナ州化石の森国立公園の古生物学者アダム・マーシュ氏だ。同氏は、ディロフォサウルスについて包括的にとらえなおした論文を7月7日付で学術誌「Journal of Paleontology」に発表した。

 化石が80年も前に発見されたにも関わらず、この恐竜のことはあまりよく知られていなかった。

 最新の研究では、アリゾナ州で発掘されたまま、これまで分析されたことのなかった2つの標本を加え、生きていた時のディロフォサウルスの姿について、初めて明確なイメージを描いてみせた。約2億100万~1億7400万年前のジュラ紀前期に生きていたディロフォサウルスは、毒やフリルといった小道具に頼る小さな恐竜ではなく、当時としては北米最大級の陸生動物で、強力な捕食者だった。

「『ジュラシック・パーク』を見た人々が想像するよりは、はるかに大きな恐竜です」と、マーシュ氏は言う。

IMG_2185

■一部は化石で、一部は石膏

 誤解が広まった経緯はこうだ。

 ディロフォサウルスの化石は、1940年にアリゾナ州チューバシティにほど近い米国先住民ナバホ族の自治区で初めて発見された。発見者は、ジェシー・ウィリアムズさんというナバホ族の男性だった。1942年に、ウィリアムズさんは化石をカリフォルニア大学バークレー校の古生物学者に見せた。そこにいたサミュエル・ウェルズ氏が、1954年にそれを新種として記載した。

 ディロフォサウルスの復元を担当したチームは、完全な骨格を展示したかったので、足りない部分は石膏で作った骨で補完した。その際に、アロサウルスという別の肉食恐竜に似せて骨格を形作ったため、完成した恐竜は本物のディロフォサウルスとはまるで違う外見になってしまった。しかも、ウェルズ氏は1954年の論文でも、1984年に発表したもう一本の論文でも、どれが本物の化石でどれが石膏なのかを明らかにしなかった。

 この2本の論文を基にその後の研究が進められたことから、混乱が生じた。はたしてディロフォサウルスとは、三畳紀の肉食恐竜で七面鳥サイズのコエロフィシスに近いのか、それともジュラ紀後期のより大きなケラトサウルスやアロサウルスに近いのか、様々な憶測が飛び交った。

「1984年の論文以降の議論は、本物の骨格の話をしているのか、それとも石膏の骨のことを話しているのか、はっきりわかりませんでした」と、マーシュ氏は言う。その後、時間と資金を費やして詳しい研究をする者もいなかったため、ディロフォサウルスの解剖学的構造についての混乱は、数十年もそのままになっていた。

「誰もがそれぞれの研究のために何らかの形で頼っていた論文が、実はまとめられた時点で問題があったことがわかったのです」と、ミネソタ大学古生物学者のピーター・マコビッキー氏は言う。同氏は、今回の新しい研究には関わっていない。

続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/070900409/
【関連記事】
恐竜に流れる血は温かかった?、爬虫類説に異論 米研究
IMG_8155



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


9: 2020/07/11(土) 01:57:06.09
>>1
そもそも色も想像だろ?

17: 2020/07/11(土) 03:49:44.61
>>1
ジェラシックパークの恐竜イラストは大きさの比較になるものがなくて
大きさが良くわからない

2: 2020/07/11(土) 01:11:37.87
ニワトリやん

3: 2020/07/11(土) 01:12:34.52
一億年も生息してたなら、なんらかの文明を築き、
法律や医学を持ち合わせてもよかったろうに。

6: 2020/07/11(土) 01:25:53.20
>>3
俺もそう思う。

10: 2020/07/11(土) 02:38:03.66
>>3
頭悪そう(笑)

15: 2020/07/11(土) 03:38:44.04
>>3
スタートレックでは小惑星激突前に地球を脱出した恐竜族の子孫が何万光年
先で生き延びていて、「我々の先祖はどこか」と騒いでいるエピソードがあった。
時間をコントロールできるが、ワープを忘れた種族で一神教だったな。

20: 2020/07/11(土) 06:08:22.01
>>15
子孫ではないか?

21: 2020/07/11(土) 06:39:31.28
>>3
進化の一つの究極の姿だったんだろう。
法律や医学というか大脳がポンコツのままでも生きていくのに何ら困らなかった
から発達しなかったんだろうね。

22: 2020/07/11(土) 07:10:52.51
>>3
逆じゃない?
人間は法律や医学を持ったが、そう遠からず絶滅しそうだし

29: 2020/07/11(土) 08:00:02.63
>>3
オメーな、Tレックスの手見たことあんのかよ
あの手でどうやったら道具使えんだよ

32: 2020/07/11(土) 09:01:46.84
>>29
貧弱な手に対して
頑丈な足腰。
太い太ももがあるから
そのままの状態で
野外でのモバイルなラップトップのコンピュータの操作に
特化した最適化した生物形態であると言える。

36: 2020/07/11(土) 11:00:05.60
>>3
ゴキブリさんは3億も生き抜いてきて
人を嫌がることを持ち合わせた

42: 2020/07/11(土) 12:24:33.21
>>3
そう進化したのが人間やろ

4: 2020/07/11(土) 01:19:19.85
ちっとも大きくないw

5: 2020/07/11(土) 01:19:32.42
どーせ、来年には羽毛が生えて鳥になってる絵になるんだろ?

43: 2020/07/11(土) 12:39:01.45
>>5
もうとっくになっているけど?
知らないのか?

7: 2020/07/11(土) 01:35:59.55
チキンチキンチキン

8: 2020/07/11(土) 01:56:35.97
ジュラシックパークの3だったか何かで、不要になった囮に使っていた男の頭を咥えて捻って首の骨を折るシーンがあるのだが、
野生生物はそんな面倒な手間をかけずとも鋭い牙や爪があるんだぞと言いたい。

11: 2020/07/11(土) 02:46:51.56
>>8
なんつーか観客の恐怖感煽るだけの映画で期待はずれだったわ

12: 2020/07/11(土) 03:26:15.13
鶏の仲間か

13: 2020/07/11(土) 03:30:38.86
あれはディフォルメサウルスだからいいの

16: 2020/07/11(土) 03:48:30.21
奇抜な発想の方が注目されやすいから各々がいろんな事言うんだよな
もう恐竜大喜利の域

18: 2020/07/11(土) 04:21:18.97
>新しい化石には、後ろ脚が1本、完全な形で含まれており、
>頭蓋や骨盤など以前の標本には見つからなかった部分もいくつか残されていた。
>さらに、強いあごと強力な筋肉をもっていたことも明らかになった。

>体長は6メートル。成長したティラノサウルス・レックスの約半分だ。
>そして体重は約750キロ。
>大型車サイズの首の長い草食恐竜なら簡単に捕食できただろう。

>「ディロフォサウルスは明らかに、大きな体をした肉食恐竜でした」と、
>マーシュ氏は言う。

23: 2020/07/11(土) 07:16:01.51
スピノサウルスがティラノサウルスより強いなんて大嘘だからね

あの映画で勘違いしちゃダメだからね

24: 2020/07/11(土) 07:23:48.97
座り込んでるおっさんと立ち尽くす若者やん

25: 2020/07/11(土) 07:25:14.68
本物は誰も見てないから

26: 2020/07/11(土) 07:44:50.11
最近ブームの「恐竜は鳥」に寄せた感じ。

27: 2020/07/11(土) 07:52:46.57
頭にトサカが付いていたという事は
夜が明けるとニワトリのように雄叫びを上げていたのだろうか

28: 2020/07/11(土) 07:59:12.51
そもそも毒なんて臓器由来のものを飛ばすかどうかなんて化石からわかるんかね?
噛みつく際に使うやつなら
蛇などに見られる牙に特有の毒流し込む溝があったりでわかるんだけどさ

30: 2020/07/11(土) 08:04:18.69
恐竜は羽毛に包まれていたに決まってる。
いつになったら先入観から抜け出せないバカな人たちは気づくんだろう。

トカゲではない。

31: 2020/07/11(土) 08:33:06.79
ディロフォサウルスは前足の形状が原始的なタイプだったな

34: 2020/07/11(土) 09:40:21.35
想像するにこんな昔だと恐竜よりも巨大昆虫のほうが怖いと思う
歩いてると1mのトンボに頭かじられ、寝てるときに50cmのゴキブリに足とか首筋かまれたり
ふと見上げると天上に2mのムカデがくっついていて触手をユラユラさせながら自分を狙っている。
そんな世界。どこに行っても襲われて、穴掘って引きこもるしかない

35: 2020/07/11(土) 10:27:35.76
つーか、化石から動物の色とかはわからないから、
今の爬虫類を参考にしたりとか適当なんだってな。
遠い将来にトラやシマウマとかもただの茶色と思われているかもしれない。

37: 2020/07/11(土) 11:26:10.76
ジュラシック・ワールド3が現在制作されていて、
ジュラシック・ワールド2の後、世界じゅうで恐竜が数を増やし
人類を攻撃し、世界を征服し、人類の方が絶滅危惧種となっており、
この中で限られた人類がどうやって生き残るか。との物語になるらしい。

38: 2020/07/11(土) 11:26:59.36
ジュラシックパークはエンタメ映画だから
恐竜のサイズとか生態とかけっこういい加減に変更してるよね
パキケファロサウルスはなんでかミニサイズだったし
さすがにラプトルの手でドアノブ回すのはムリとか
スピノサウルスは全長はでかいけど長くて派手な歯は魚食用でもろくて
骨格の頑丈さとか噛む力とかでティラノサウルスに勝つのはちっと・・・
とか恐竜学者のいい宴会ネタ話になってた

39: 2020/07/11(土) 11:37:31.56
>>38
ひょっとして恐竜学者さんでしょうか?
面白そう

40: 2020/07/11(土) 12:08:33.08
>>38
ジュラシック・パーク3
あの映画の主役恐竜はスピノサウルスだったので
スピノサウルスがチラノサウルスに勝ったのは
スピノサウルスのキャラを立てるための演出だったと思います。

41: 2020/07/11(土) 12:16:29.66
ジュラシック・パーク123見て気づいたのだが
123とも、最初の方に犠牲になるメインの登場人物は
ハゲのおじさんだった。
ジュラシック・パークにおいて、ハゲのおじさんは全員生き残れなかった。