1: 2020/07/12(日) 07:57:43.11 _USER
東アジアに広く分布する「ニホンウナギ」は、海で生まれ川で成長する回遊魚です。

IMG_2223

5〜6センチほどの稚魚が海から川に移動し、河川内で10数年かけて約1メートルまで成長します。ところが、70年代からその数が減少しており、2013年には環境省のレッドリストにて絶滅危惧指定されました。

その主な原因は、ダムや堰の建設です。

巨大なダムや堰がウナギの遡上を阻むことで、成長場所として重要な河川への移動が困難になっています。

ところが今回、ニホンウナギが、鹿児島県・網掛川にある高さ46メートルの龍門滝を登って上流まで移動していたことが、九州大学の研究により明らかになりました。

IMG_2224

■全高46mの滝を「うなぎのぼり」!

ニホンウナギは、エラの他に皮膚呼吸ができるため、体と周囲が湿ってさえいれば陸上でも移動可能と言われています。

しかし、ダムや滝が高くなるほど、遡上の成功率は低下することが分かっていました。今回の龍門滝は、高さ46メートル、幅43メートルに達し、ニホンウナギが登れる高さではありません。

ところが、網掛川の各ポイントでニホンウナギの生息数を調べたところ、比較的頻繁に龍門滝を突破していることが判明したのです。

また、龍門滝上流にいるウナギを調べてみると、小さな稚魚から大きな成魚まで幅広く見られました。

ニホンウナギは、サイズが大きくなるほど移動活性が落ち、ひとところに留まるようになります。そのため、龍門滝を遡上するのは、若齢のウナギに限られるようです。

IMG_2225

さらにウナギの遡上には、ダムや滝の高さだけでなく、壁面の状態が大いに関係していました。

龍門滝の壁面は、ほぼ垂直であるものの、デコボコした亀裂や湿り気のおかげでコケが繁茂しており、ウナギが昇りやすい条件を満たしていたのです。

このことからウナギは、ダムや堰が高くても壁面に起伏と湿り気があれば遡上可能で、逆に、低くても壁面が乾いて凹凸がなければ登れないものと思われます。

研究チームは「この結果を応用して、ウナギの遡上に適した魚道を設置することで、上流への移動を促し、種の減少を止めることができる」と述べました。

今後は遡上の成功率やルート、所要時間などを詳しく調べることで、魚道に必要な条件を解明していく予定です。

研究の詳細は、7月7日付けで「Ichthyological Research」に掲載されました。

Japanese eels, Anguilla japonica, can surmount a 46-m-high natural waterfall of the Amikake River system of Kyushu Island, Japan
https://link.springer.com/article/10.1007/s10228-020-00759-1


https://nazology.net/archives/64333
【関連記事】
1リットルの河川水の環境DNA量からニホンウナギの分布を推定 神戸大学など
IMG_2226



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


21: 2020/07/12(日) 09:11:46.66
>>1
蛇?

39: 2020/07/12(日) 10:36:55.31
>>21
稚魚 シラス鰻

23: 2020/07/12(日) 09:35:24.17
>>1
今年のロッククライマーの師匠はうなぎに決まり

3: 2020/07/12(日) 08:07:32.94
うさぎ と間違った

9: 2020/07/12(日) 08:16:52.96
>>3
ご注文はうなぎですか?

6: 2020/07/12(日) 08:11:30.20
いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね
やせこけて、そんなにやせこけて、魚たちのぼってゆく

7: 2020/07/12(日) 08:12:56.65
うなぎが46メートル登るのか(ざっくりビル15階分)
人間がこっそり移動させているのか
どっちだろう

8: 2020/07/12(日) 08:13:20.59
ウナギは太古の昔地球を作り固めた竜神の化身だから、あまり食べるのは良くないとされています。

10: 2020/07/12(日) 08:26:07.69
卵が海で孵化しているとも限らない 論破

13: 2020/07/12(日) 08:29:46.17
うなぎスゲェw

14: 2020/07/12(日) 08:35:40.68
やがて龍になる

16: 2020/07/12(日) 08:41:23.89
うなぎ美味しい狩野川

17: 2020/07/12(日) 08:44:13.71
登りきったら龍になる!!

18: 2020/07/12(日) 08:51:29.93
中禅寺湖にもウナギがいるそうだけど、それが
本当だとしても、さすがに華厳滝は上れない
だろうから、人為的な放流なのかな。

20: 2020/07/12(日) 09:00:10.56
とにかく鰻はすごい
餌無しでも 1年6か月は生きる
バケツにビニール袋をかぶせて紐でくくっていてもいつの間にか出ている

22: 2020/07/12(日) 09:15:20.88
そこまで過酷な試練を課すことはないだろう
のんきに繁殖させてやる方法はないのか

25: 2020/07/12(日) 09:48:07.57
スゲー
昇ってる映像があったら観たい

26: 2020/07/12(日) 09:50:47.43
都市河川なんてガチガチに固められたコンクリートが多いけど急流の場所は石垣や
コンクリートで堤が何か所も作られる。
高さは5~10メートル近くになる場所も。
山から海に近い都市河川に多いよ。
そんな所で夜中に懐中電灯で石垣照らすと稀にシラスウナギがもう少し大きくなって
黒っぽく色のついたウナギの稚魚が登っている。
きつい水流から外れた石垣が湿ってい側を張り付きながら登っているよ。
5cm前後のそいつが5m登るのなら1mの成魚なら100m張り付きながら登れたりして。

27: 2020/07/12(日) 09:53:29.02
何者かが上流に放流したんじゃないのか?

28: 2020/07/12(日) 09:55:31.55
うなぎやイワナは道歩くから

29: 2020/07/12(日) 10:06:37.75
地下水脈通ってダム上流にたどり着いたのかも知れないのに壁登ってるとこ目撃したのか?

30: 2020/07/12(日) 10:09:36.25
でも降りる時、死んじゃうんでしょ?

34: 2020/07/12(日) 10:30:04.14
鯉のぼりをうなぎにすればいいのにな

36: 2020/07/12(日) 10:33:15.90
壁がある
だから行く
by鰻