1: 2020/07/20(月) 12:56:29.80 _USER
→「生きた化石」と呼ばれる2種のチョウザメから、意図せず「ハイブリッド種」が誕生
→繁殖研究の中で、両者の精子と卵子が遺伝的混合に成功した

IMG_2434

2015年公開の映画『ジュラシック・ワールド』では、恐竜の遺伝子を掛け合わせた超凶暴なハイブリッド種「インドミナス・レックス」が登場しましたが、これに近いことは現実でも起こりえます。

ハンガリー水産・海洋研究所(HAKI)の最新報告によると、恐竜と同じくらい古い歴史を持つ2種の魚類から、まったく新しいハイブリッド種が誕生したとのことです。

しかも、最初からハイブリッドの作成を計画していたわけではなく、繁殖研究の中で意図せずして誕生したそう。

一体、どんな新種が生まれたのでしょうか。


■自然界では決して交わらない2種

研究に用いられた2種の魚類は、「ヘラチョウザメ(American paddlefish)」と「ロシアチョウザメ(Russian sturgeon)」です。

ヘラチョウザメは北アメリカのミシシッピ川を、ロシアチョウザメは東欧の黒海やカスピ海を原産とし、普通なら交わることはありません。

両者の祖先は、ともに1億年以上前の恐竜時代にまで遡り、さらに長い歴史の中でほとんど姿を変えていないことから「生きた化石」と呼ばれます。

研究チームは当初、個体数の減少が懸念されるロシアチョウザメについて、無性生殖の一種である「雌性発生(gynogenesis)」が可能であるかをテストしていました。

無性生殖は、メスが子孫をクローンとして生み出しますが、雌性発生は、オスの精子を発生のきっかけとして使います。ただ、オスの精子は発生の刺激となるだけで、遺伝的には関与しません。

チームは、ヘラチョウザメから採取した精子を、ロシアチョウザメの卵子の近くに置き、雌性発生するかを試しました。ところが予想とは違い、精子と卵子は遺伝的に完全に結合し、予期せずハイブリッド種が誕生してしまったのです。

人の手が介入しなければ、生まれることのなかった新種は「スタードルフィッシュ(sturddlefish)」と命名されています。

続きはソースで

「ヘラチョウザメ」
5005

「ロシアチョウザメ」
5005


https://nazology.net/archives/64933
【関連記事】
近畿大学 シベリアチョウザメの全メス化に成功 キャビア生産効率化へ
IMG_7016



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


31: 2020/07/20(月) 16:02:20.95
>>1 画像
チョウザメ杉て違いが分からない

5: 2020/07/20(月) 13:10:43.30
AI「どこで生きて行けと?

7: 2020/07/20(月) 13:15:19.37
コロナウイルス誕生と被るな

8: 2020/07/20(月) 13:15:21.30
北海道の川にチョウザメが復活することはあるのだろうか

11: 2020/07/20(月) 13:19:10.20
魚のF1って第一世代で滅亡じゃなかったっけ?(うろ覚え)

12: 2020/07/20(月) 13:19:37.64
アメリカンとロシアンの意図せぬ融合ってのがちょいと文学的かも。
気になるのはコイツのキャビアは美味いのかって部分だが…科学じゃないな。

13: 2020/07/20(月) 13:23:58.83
超サメ誕生

14: 2020/07/20(月) 13:25:13.41
太平洋産のマスと大西洋産のマスを掛け合わせ
ました。みたいな話しなのか。

16: 2020/07/20(月) 13:36:25.67
繁殖力が高ければ、キャビア養殖用とか

39: 2020/07/20(月) 17:12:21.29
>>16
実は身も高級食材でかなり美味い
と、言う話しだ
マメな

19: 2020/07/20(月) 13:56:36.03
>両者の祖先は、ともに1億年以上前の恐竜時代にまで遡り

いや1億年前は同じ種で その後分岐しただけでは?

20: 2020/07/20(月) 14:09:28.79
すでにチョウザメは掛け合わせで品種改良されてたと思ったが
天然では餌も取れずに死ぬとかいう話を聞いたような

21: 2020/07/20(月) 14:12:34.44
そのうち、人魚とかも生まれてきそうだな。

34: 2020/07/20(月) 16:19:40.82
>>21
こらこら
チョウザメの卵にお前のをかけるな

23: 2020/07/20(月) 14:50:41.31
誕生した種はタマゴが小さく美味しくなかったのでその後反映した

25: 2020/07/20(月) 15:02:31.58
ギンブナは雌しかいないらしいな。なので別の魚の精子でも発生の刺激になるんだと。例えばドジョウとか
釣りキチ三平で読んだ

29: 2020/07/20(月) 15:57:05.17
肝心の味について書いてないのはどうして

32: 2020/07/20(月) 16:05:06.22
福一の第4タンクでは、体長10cmのボウフラが泳いでるという噂はどうなったのか

35: 2020/07/20(月) 16:21:13.26
>>32
その後50センチまで大きくなり
羽長2メートルの巨大モスキートに羽化した

36: 2020/07/20(月) 16:50:14.59
>>35
トカゲがゴジラに変身してそうだな