1: 2020/11/29(日) 17:28:36.95 _USER
映画では別の恐竜がモデルに、“誤解だらけの恐竜”ベロキラプトル、真相は?

 映画『ジュラシック・パーク』に登場して以来、ベロキラプトルは誤解され続けている。
 同作品では、うろこに覆われ、群れで狩りを行い、鋭いかぎ爪で獲物を切り裂く巨大な恐竜として描かれていたが、この描写はいくつかの点で間違っている。

FullSizeRender
 まず、ベロキラプトルには羽毛が生えていた。
 体の大きさはオオカミくらいで、推定体重は最大45キロ。
 狩りは単独で行い、かぎ爪は獲物をつかむために使っていた可能性が高い。
 白亜紀後期の約7400万~7000万年前、現在の中央アジアと東アジアにあたる地域を歩き回っていた。

 実のところ、『ジュラシック・パーク』で描かれたベロキラプトルのモデルは、仲間であるデイノニクス・アンティルロプス(Deinonychus antirrhopus)だった。
 デイノニクスはベロキラプトルよりはるかに大きく、白亜紀前期の約1億4500万~1億年前の北米に暮らしていた。

 それでは、ベロキラプトルは本当はどのような恐竜だったのだろう?
 今はまだ新たな化石が発見されるとともに知識が増え続けている段階だが、古生物学者たちはすでに、この象徴的な肉食恐竜について多くのことを解明している。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/b54d1a87767fdda9bfba8c5f893b288829534d6b
関連記事


2: 2020/11/29(日) 17:35:12.01
ラストシーンに出てくる個体はユタラプトルサイズ

3: 2020/11/29(日) 17:49:21.77
当時、デイノニクスをベロキラプトルの亜属とする恐竜本が業界を席捲してたのも一因だな

4: 2020/11/29(日) 18:03:24.51
鳥は脳神経が倍密度なんで見た目より賢い

5: 2020/11/29(日) 18:10:57.00
GANTZ恐竜編にでてくるやつ?

6: 2020/11/29(日) 18:47:30.27
まぁ、映画には「こうであって欲しい」という願望も入っているからな。

7: 2020/11/29(日) 18:49:05.34
結局肉食系は全て大きな鳥のような姿だったという方向に行きつつあるのではないのか。

9: 2020/11/29(日) 19:40:20.87
羽毛恐竜の学説が盛んになったのは1990年代後半で
1作目公開辺りでは一般化していない
過去の映画を最新学説で批判するのはどうかなぁ

誤解だらけと1作目を例に上げるならディロフォサウルスだろう
最近のゲームでも襟巻きついてたし

10: 2020/11/29(日) 19:48:07.78
この手の記事は時折出てくるなぁ

11: 2020/11/29(日) 21:20:10.47
まぁ誰も見たことないんだけどな

12: 2020/11/29(日) 22:08:03.84
白亜紀の恐竜なのにジュラシック

15: 2020/11/30(月) 01:44:42.99
まあ、設定上、ジュラシックパークの恐竜は本物の恐竜のクローンではなく、あくまで化石から取り出した使えそうなDNAのツギハギに現代の生き物のDNAを足して作った人造生物なので。
間違った復元図に引っ張られて作ったからああなったということでw

16: 2020/11/30(月) 01:56:44.59
ジュラシックパークの頃はまだまだドロマエオ科の恐竜に羽毛が描かれなかった時代だしなぁ

18: 2020/11/30(月) 06:10:53.89
何十年も前のことだ
pcのモニターだてCRTの時代だししゃーない
むしろその時代にあのCGを作ったことを賞賛すべし