1: 2021/01/25(月) 01:36:05.15
https://www.cnn.co.jp/fringe/35165491.html

米ニューヨークの動物園で生まれたカンガルーの赤ちゃんが珍しい「白変種」だったことがわかった

IMG_7611
 米ニューヨーク州の動物園で生まれたカンガルーの赤ちゃんが、生まれつき色素の少ない「白変種」だったと判明し、スタッフらを驚かせている。

赤ちゃんは5カ月ほど前、同州ハーパーズビルの動物園「アニマル・アドベンチャー・パーク」で飼育されている雄と雌のアカカンガルーの間に生まれ、「コスモ」と名付けられた。

カンガルーは生まれてから数カ月、母親のおなかの袋で育つため、コスモも今月15日に初めて袋から取り出され、初めての身体検査を受けた。

体が白いことはすぐに分かったが、よく見ると目だけは黒い。これは、遺伝情報の欠損で色素が作れない「アルビノ」とは別の、白変種であることを意味する。

北米に生存する白変種のカンガルーは現在、コスモだけだという。動物園のオーナー、ジョーダン・パッチ氏は「私たちも見たことがなかった」と驚きを振り返る。両親がそろって劣性遺伝子を持っていたのか、あるいは単なる偶然だったのかなどについて、これから時間をかけて研究するという。

ジョーダン・パッチ氏とカンガルーの「コスモ」
IMG_7612

コスモの健康状態に影響はないはずだが、白い体はカモフラージュに適していないため、野生の状態で生き延びるのは難しいとみられる。
関連記事


3: 2021/01/25(月) 05:30:54.84
くろんぼカンガルーとかいないのかな?