1: 2021/02/06(土) 16:20:07.55 _USER
首長竜「ペリット」化石か 現代の鳥やワニに似た生態?

FullSizeRender
 鹿児島県で発掘された首長竜の化石から、獲物を丸のみした後に消化しきれない骨などを吐き出そうとした「ペリット」とみられる化石が見つかった。
 首長竜の未知の生態を解き明かす手がかりになるかもしれない。
 東京都市大や鹿児島県立博物館などの研究チームが6日、オンラインで開かれた日本古生物学会で発表した。

 首長竜は4枚のひれ脚を持ち、海をすみかにしていた大昔の生き物で、恐竜とは別グループに分類される。
 この化石は、鹿児島県沖の獅子島で見つかったエラスモサウルス類、通称「サツマウツノミヤリュウ」だ。
 パナソニックに勤める宇都宮聡さんが2004年、約1億年前の白亜紀の地層から発見した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/112be5ad608c912a24fd3f20ec9c68f635f610bc
関連記事


2: 2021/02/06(土) 17:02:04.85
鳥やワニに似た生態って、鳥とワニは違うだろ

6: 2021/02/07(日) 04:03:27.42
>>2
ワニは恐竜=鳥のいとこみたいな存在だからな、恐竜とは首長竜よりも近い。

3: 2021/02/06(土) 17:24:02.05
フタバスズキリュウの親戚か

5: 2021/02/07(日) 01:10:10.14
サツマウツノミヤリュウ

そもそもこれが初耳
いつの間に発見されてたんだ

7: 2021/02/07(日) 12:15:10.16
クビナガ竜は主流説ではトカゲやヘビにどっちかというと近いというが
一方で恐竜やワニやカメに近いとかいう異説もあって、いまだにはっきりしてないようだ。

どちらの系統にせよ、初期に分かれた遠縁的な存在なのは間違いないようだが。

8: 2021/02/07(日) 17:01:55.12
モササウルスはティラノサウルス喰い殺し
プリオサウルスはあらゆる恐竜を喰い殺していた