1: 2021/02/18(木) 11:44:28.32 _USER
ビーチを守るサメよけネット、海洋生物の脅威に 南アフリカ

FullSizeRender
 「つまり、これは死のカーテンです」。 サメツアーのダイバー、ウォルター・ベルナルディス(Walter Bernardis)さんはゴムボートから手を伸ばし、ネットの上部を引き上げながら語った。
 ここは南アフリカ東方沖の亜熱帯の海である。

 網の長さは、200メートル。
 ヤシの木が茂るビーチの海水浴客をサメの襲撃から守るために張ってある。

 しかし自然保護活動家たちは、このネットがサメだけでなくイルカやジュゴン、ウミガメ、クジラなど、水際に近づこうとするすべての大型動物を捕獲してしまうと主張する。

 「水中に仕掛けておくシステムです。ネットに首を突っ込んだものはすべて死んでしまう」とベルナルディスさん。
 元教師の彼は、観光客をサメと対面させ、この魚についての誤解を解こうとしている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

AFP=時事
https://news.yahoo.co.jp/articles/e2e25b9bf0b48f71bfb60f764ea19bdd2d9e0772
関連記事

2: 2021/02/18(木) 11:45:52.30
無くなれば人が死ぬカーテンです

3: 2021/02/18(木) 12:21:17.77
キン肉マン「!!!」

4: 2021/02/19(金) 21:03:26.24
>>3
肉の日カーテン

5: 2021/02/20(土) 04:35:17.32
しょうがない

6: 2021/02/20(土) 16:52:50.32
問題提起は良いが、対案も出して欲しい
サメ除けネットが無くなれば、観光客の安全を保障できないので
ビーチを閉鎖せねばならなくなるが
海水浴場だって現地の経済活動を支える施設の一つなのだから
閉鎖すればその分雇用が失われる

7: 2021/02/20(土) 17:01:34.43
目の細かいネットにしたらいいのに。
ゴルフ練習場のネットなら、首の突っ込みようがない。

8: 2021/02/20(土) 18:36:32.43
>>7
目を細かくするとゴミが貯まる