動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 肉食動物

1: しじみ ★ 2019/02/14(木) 01:19:24.39 ID:CAP_USER
(CNN) アフリカのケニアで珍しい野生の「クロヒョウ」を撮影した写真がこのほど公開された。アフリカ大陸でクロヒョウが確認されたのは約110年ぶりだという。

クロヒョウは、突然変異で毛の色が黒くなったヒョウ。米サンディエゴ動物園の研究者ニック・ピルフォード氏らのチームが昨年、ケニア中部ライキピアのロイサバ動物保護区に設置したカメラに、1頭の雌が写っていた。

チームは絶滅の恐れがあるヒョウの保護を目的に、現地の自然保護当局と協力して生態を観察している。保護区内でクロヒョウが目撃されているとの情報を得てカメラを重点的に設置したところ、数カ月のうちに複数の写真が撮れたという。

日中は全身が真っ黒に見えるが、夜間の赤外線撮影ではヒョウ特有の斑点模様も分かる。

ピルフォード氏によると、毛が黒くなる突然変異はヒョウ全体の約11%で起きる。だが世界のヒョウの大半が東南アジアに生息しているため、アフリカにクロヒョウが現れるのは非常に珍しく、1909年にエチオピアで確認されてから報告がなかったという。

チームの成果はアフリカ生態学の専門誌AJEに発表された。

https://www.cnn.co.jp/storage/2019/02/13/a452d360a1db1f390094e56f27b8b7b5/t/768/432/d/001-rare-black-leopard.jpg 

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/12(火) 16:26:53.78 9
<村の長老も見たことがない大群、しかも「人を追い回す」新種のホッキョクグマ。殺さずに排除する方法はあるのか?>

ロシアではこの数カ月、50頭を超えるホッキョクグマが住宅やオフィスに侵入し、人を攻撃する例も確認されており、当局が非常事態宣言を発令した。

村では車や犬を使って追い払おうとしているものの、ホッキョクグマはライトや吠え声に慣れて怖がらなくなっており、効果がないという。


場所はロシア北東部にあるノバヤゼムリヤ列島の定住地、ベルーシャ・グバ。常時6頭から10頭のホッキョクグマが居ついている。地元自治体のアレクサンダー・ミナエフ副首長によれば、その一部が「攻撃的」な振る舞いを見せており、地元住民は怯えて暮らしている。AFP通信によれば、同列島には約3000人が暮らしている。

「住民はホッキョクグマに怯え、家から出るのも怖がっている」と、ミナエフは述べた。「子どもを学校や幼稚園に行かせることもできない」

■温暖化で追いつめられる

同列島に暮らして35年以上になるビガンシャ・ムーシン首長は、ホッキョクグマがこれほどの「大群で押し寄せた」のは初めてだと語った。しかもこれらのホッキョクグマは「文字どおり、人々を追い回している」と彼はつけ加えた。

ホッキョクグマは国際自然保護連合のレッドリスト(絶滅の危機にある生物のリスト)で危急種(絶滅危惧種よりも緊急度が1段階低い)に分類されており、安易に銃は向けられない。公式発表によれば、同列島を擁するアルハンゲリスク州の自然管理当局の自然保護活動家たちは、ほかに何か方法があるはずだと考えている。

最善の対処法を考え出すため、専門家グループが現地に派遣される予定だが、やむを得ない場合には殺処分の可能性も排除していないという。

温暖化などによって餌不足が深刻化するなか、ホッキョクグマはこれまで以上に人間の居住区域に近づくようになっている。氷が解けて生息地は減少しつつあり、陸地で過ごす時間が増えているのだ。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2019/02/50bears190212-thumb-720xauto-151948.jpg

■動画
Polar Bears Invade Russian Arctic Town https://youtu.be/fzHF4uFaE4c



https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/50-25.php

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/02/11(月) 10:11:47.60 ID:Qs7+gNn89
ロンドン(CNN) ロンドン動物園は10日までに、繁殖を願ってスマトラトラ2頭を同じ飼育場で初めて接触させた際、10日前に到着したばかりの雄トラが雌を攻撃し、殺したと報告した。

同動物園は声明で職員は衝撃を受けていると指摘。インドネシアのスマトラ島に生息するスマトラトラは絶滅が懸念されている種だけに野生動物保護団体なども失望を示した。

騒ぎは8日に起きたもので、同園に長く飼われている雌トラ「メラティ」を襲ったのはデンマークの動物園から1月29日に来た雄トラ「アシム」。2頭の組み合わせは欧州の絶滅危惧種動物救済計画の一環として決まっていた。

動物園によると、2頭は当初、隣り合わせの飼育場に入れられ、においをかがせたり探り合いなどをさせたりしていた。相性が合う兆候が見られたため初の直接接触に踏み切っていた。

接触の最初に2頭は想定していた反応を示したが、攻撃的となる場面に急変。飼育員らは騒音や警報装置など用いて2頭を離そうとしたが、アシムがメラティを既に圧倒していたという。

その後、アシムを別の場所に移動させた後、獣医がメラティを診断し、死んだのを確認した。ロンドン動物園の飼育員によると、アシムの到着前、同園は美男で雌には非常に優しい個体などと紹介していた。

世界自然保護基金はスマトラトラを絶滅種に近い動物と指定。野生の環境に生息するのは400頭以下と推測している。

2019.02.10 Sun posted at 14:38 JST CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35132536.html
https://www.cnn.co.jp/storage/2019/02/10/3a7eb223894eb9e8ecc209addd14a436/t/768/432/d/001-asim-tiger-london-zoo-gbr.jpg
IMG_0633

続きを読む

1: 僕らなら ★ 2019/02/10(日) 15:57:26.22 ID:Typ8x9in9
北海道で厳しい冷え込みが続くなか、札幌市の円山動物園では、ホッキョクグマなどが、雪が積もった屋外で元気な姿を見せています。

札幌市の円山動物園では、寒さに弱いキリンなどを屋内の施設に移して展示していますが、ホッキョクグマやアムールトラ、ユキヒョウなど寒い地域に生息する動物は、屋外の展示スペースで元気な姿を見せています。

ホッキョクグマは白い息を吐きながら雪の上を元気に歩き回ったり、気持ちよさそうに寝転んだりしていました。一方、ニホンザルは、積もった雪を避けながら、日ざしがあたるコンクリートの壁に体を寄せて寒さをしのいでいました。「さっぽろ雪まつり」に合わせて動物園では、雪で遊べる催しが開かれ、観光客などが、氷の滑り台などを楽しんでいました。

埼玉県から訪れた60代の男性は「雪の中のホッキョクグマは気持ちよさそうで、幸せそうに見えますね」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190210/K10011810301_1902101352_1902101445_01_02.jpg 

続きを読む

1: すらいむ ★ 2019/02/07(木) 19:35:12.16 ID:b0GqvZCV9
【動画】生まれたばかりのスマトラトラ。3月に一般公開へ。

 スマトラトラが3頭の赤ちゃんを出産、豪シドニー動物園が映像公開(7日)
 先月17日、メスのスマトラトラが3頭の赤ちゃんを出産した際の映像を、豪シドニー動物園が6日公開した。
 赤ちゃんのうち1頭はオスで、2頭がメス。
 動物園は3月に赤ちゃんの一般公開を予定しているという。(ナレーションなし)

ロイター.co.jp
https://twitter.com/Reuters_co_jp/status/1093456839381942272
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

IMG_0584

続きを読む

↑このページのトップヘ