動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 肉食動物

1: しじみ ★ 2018/12/08(土) 23:49:22.94 ID:CAP_USER
■動画
Lion Attacked by Pack of Hyenas - FULL CLIP (with ending) | Dynasties | ... https://youtu.be/a5V6gdu5ih8



一般的に、ライオンはアフリカのサバンナにおける食物連鎖の頂点に君臨する「百獣の王」というイメージであり、一方ハイエナは、ハイエナは「死肉をあさるサバンナの掃除役」というイメージを強く抱かれます。しかし、実際はハイエナの方がライオンよりも狩りがうまく、群れをなしたハイエナにライオンが襲われてしまうこともよくあることだそうです。BBCの動物ドキュメンタリー「Dynasties」の撮影班が、実際に1匹のライオンが20匹以上のハイエナたちに囲まれて大ピンチに陥る様子を捉えた貴重な映像を公開。ムービーは記事作成時点で800万回を超える再生数を記録しています。

BBCの撮影班が捉えているのは「レッド」というあだ名で呼ばれる、若い雄のライオン。どうやら群れからはぐれてしまったようです。

そんなレッドをじっと見つめるハイエナ。ライオンとハイエナは同じニッチ(生態的地位)を占め、同じエリアに生息するライオンとハイエナは天敵同士。体の大きさはライオンの方が圧倒的に大きく、1対1ならハイエナの勝ち目は薄いですが、ハイエナは群れで連携を取りながら獲物を追い込んで狩るのがとても上手。

一匹だけでサバンナをうろついているレッドを狩るために、ハイエナが続々と集まってきます。

レッドが振り向くと……

孤立無援のライオンを狙うハイエナと目が合いました。

ハイエナの群れはレッドの周りをぐるぐると回りだし、まるで仲間と密に連絡を取り合っているかのように甲高い鳴き声をかけあいながら、追い詰めていきます。

レッドはうなってハイエナを威嚇しますが、ハイエナにはまったく動じる様子はありません。それどころか、レッドの死角から後ろ足にかみつく者も現れます。

牙を向けるハイエナにも容赦せず仕返しをするレッドですが、さすがに1匹に対して20匹は分が悪すぎるようです。

レッドをしっかりとロックオンしながら、軽快なステップでじりじりと距離を詰めていくハイエナたち。

レッドもほえながら応戦しますが、やはり多勢に無勢。ハイエナの1匹に飛びかかっても、その瞬間を狙って残りのハイエナが一斉に襲いかかってくるため、レッドはどうすることもできません。

そこへ、別の雄のライオンが通りかかり、ハイエナに襲われているレッドを発見しました。

レッドは必死にハイエナを蹴散らしていますが、体力的にはかなり限界の模様。

ふらふらになりながらハイエナと戦うレッドが顔をあげると……

雄のライオンがサバンナの向こうから駆け寄る姿が。

さすがにライオン2匹を相手にするのは分が悪いと考えたのか、ハイエナはクモの子を散らすように退散。

命からがら助かったレッドは、助けてくれた雄のライオンに身を寄せてじゃれあっていました。

https://i.gzn.jp/img/2018/12/08/lion-attacked-by-hyena/00_m.jpg
IMG_9425


GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181208-lion-attacked-by-hyena/

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [JP] 2018/12/02(日) 22:16:54.50 ID:CjqyUEqc0 BE:592048191-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
2日午前、茨城県取手市の住宅で、ツキノワグマが飼育されているおりの中に入った56歳の男性がこのクマに襲われ、死亡しました。

2日午前10時30分ごろ、取手市野々井の住宅で、飼育されているツキノワグマの世話をするためにおりの中に入った、近くに住む盛宗一郎さん(56)がこのクマに襲われま
した。
盛さんは、頭や肩などにけがをして病院に運ばれましたが、およそ9時間後に死亡しました。
警察によりますと、このクマは70歳の男性が15年前に茨城県の許可を得て子グマのころから飼育していたということで、盛さんはこの男性に雇われてクマの世話をしていたと
いうことです。
クマは、鉄製のおり中で鍵をかけて飼育されていましたが、盛さんが鍵を開けておりの中に入り、クマに襲われたということです。
現場は取手市役所から西北西に2キロほど離れた住宅地で、盛さんを襲ったクマは、現在もおりの中にいるということです。
警察が当時の状況を詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181202/0022080.html

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/12/03(月) 00:58:46.89 ID:CAP_USER9
飼育場から逃げ出したユキヒョウが射殺された/Dudley Zoo
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/12/02/fd6c748ac712eb62490e71b431b17984/t/768/432/d/01-dudley-zoo-snow-leopard.jpg

(CNN) 英イングランドのダドリー動物園は2日までに、ネコ科の大型動物であるユキヒョウ1頭が飼育場から逃げ出し、園内で射殺したと発表した。

今年10月23日の閉園後に起きた騒ぎで、飼育担当者が飼育場を開けっ放しにした後、逃げていた。生息数が減っているユキヒョウは絶滅危惧種に指定されており、動物保護団体などは同園の今回の措置に失望している。

ダドリー動物園幹部は声明で、逃げたユキヒョウを飼育場に戻す努力が失敗し、動物園を囲む森林近くにおり、日も暮れ始めていたと指摘。「獣医は麻酔矢は効き目が出るまで時間がかかり安全な選択肢ではないと判断した」と述べた。

その上で公共の安全確保のため他の手段はなかったと主張。銃器担当班の経験が豊富な職員による発砲は1発だけで、ユキヒョウは「苦しまなかった」と述べた。

逃げ出していたユキヒョウの名前は「マルガーシ」で8歳。2011年にイングランド東部のバナム動物園から移って来て、3歳の雌のユキヒョウと同居していたという。

ユキヒョウの保護活動に当たる団体「ユキヒョウ・トラスト」によると、世界各地に生息する野生の個体数の正確な把握は困難だが、4000~6500頭と推定。動物園で飼育される個体数は約500頭としている。

2018.12.02 Sun posted at 15:30 JST CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35129491.html?ref=rss

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(空) [AU] 2018/12/02(日) 18:55:18.67 ID:SpVLWrbk0● BE:842343564-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181202-00406795-fnn-soci

住宅街で、クマに襲われ重傷。


2日午前10時半ごろ、茨城・取手市の住宅で、56歳の男性が、クマの世話をするために、おりの中に入ったところ、襲われた。

襲ったのは、大人のオスのツキノワグマで、男性は全身をかまれるなどして重傷を負った。

警察によると、この家に住む男性が動物好きで、茨城県の許可を得てクマを飼育していて、襲われた男性は、世話をするために雇われていたという。

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/11/08(木) 14:37:48.97 ID:CAP_USER
■動画
Hyena and Leopard Share a Meal—Before a Surprise Upsets Truce | Nat Geo ... https://youtu.be/gbgwC9fGL5w



■本来なら獲物を奪い合って独り占めする肉食動物が獲物を共有。だが意外な結末に

 南アフリカのサビサンド動物保護区で、メスのヒョウが渦巻き状の角をもつ動物ニアラを仕留めた。母子で獲物を食べ始めるが、そこに招かれざる客が近づく。若いオスのヒョウだ。

 若いオスのヒョウは、自分よりも体の大きなヒョウに獲物をちょうど奪われたところだった。若いヒョウは、100メートルほど離れた場所でメスと子が食事していることに気づき、母子の元にやって来たのだ。そして、母子を追い払うことに成功した。そこにやって来たのが、ほかの動物の食事に便乗するのが得意なハイエナだ。

 オスのヒョウは、獲物を木の上に運んでじっくりと味わうどころではなくなり、奪い合いが始まる。映像は、この奪い合いの様子から始まる。ヒョウは獲物を引きずって運ぼうとするが、ハイエナはまるで自分のものだと言わんばかりに獲物を押さえ、肉を食いちぎり、大きな塊をのみ込み、できるだけ早く、たくさん食べようとする。やがてヒョウも、ハイエナの早食いに追いつこうとする。

 長年サファリのガイドを務めているトリスタン・ディックス氏が車から見つめる中、センゾ・ムキーゼ氏はその様子を動画に撮影し、サファリ動画を配信する「safariLIVE」で公開した。この光景を目の当たりにしたディックス氏は「断言できますが、これはとても珍しいことなのです」と話す。

■和解は合理的だが…

 2匹の最上位捕食者が同じ獲物を食べるというのは驚きだ。世界で野生ネコ科動物の保護活動を行う団体「パンセラ」のシニア・ディレクターであるガイ・バルム氏は、「争って独り占めにするよりも、獲物を分け合う方が、ハイエナにもヒョウにも利益が大きいのです」と話す。「しかも、ヒョウは若いオスでした。おとなのヒョウほど自信をもってハイエナを追い払うことができません」

 バルム氏は、争うこと自体が合理的ではない、と続けた。「若いヒョウにとって、争いは得策ではありません。ケガでもすれば、食べものにありつけなくなってしまいます」とバルム氏。ハイエナも、まだ経験が少ないヒョウのおかげで、簡単に食べものにありつける。代償があるとしても、そばにいるヒョウを黙認すればいいだけだ。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/110600481/

続きを読む

↑このページのトップヘ