動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 肉食動物

1: みつを ★ 2019/12/11(水) 03:18:22.69 ID:S2Wnv4v49
https://www.cnn.co.jp/fringe/35146631.html

野生動物の保護活動家、世話するトラに襲われ負傷も「じゃれつかれただけ」 米加州

IMG_6551

(CNN) 野生動物保護の活動家として知られ、米カリフォルニア州に保護区域を創設した女性がこのほど、自ら世話をするトラ数頭に襲われて負傷し、病院に運ばれた。命に別条はなかったが、女性はトラたちが自分にじゃれついてきただけだと主張している。

CNN系列局のKABCが報じたところによると、同州ムアパークにある保護区域の責任者を務めるパティー・ペリー氏は7日、寄付者向けのイベントの最中に複数のトラに襲われた。トラたちはペリー氏を地面に押さえつけ、首などに傷を負わせたという。

ペリー氏の友人で保護区域の弁護士でもあるマイケル・ブラッドベリー氏はKABCの取材に対し、「多くの人がその光景に恐怖を感じたのは間違いない」としつつ、「ペリー氏によると、明らかにトラたちはじゃれついていた。彼女のことが本当に大好きだから。ペリー氏はトラたちを赤ちゃんの頃から育ててきた」と説明した。

この日、ペリー氏が檻(おり)に入ると、1頭のベンガルトラが両方の前脚を彼女の首に回し、そのまま地面へ押し倒した。もう1頭のトラもペリー氏の上に飛び乗り、2頭でペリー氏を引き回した。イベント参加者の助けを借りて、ペリー氏は檻の外へ逃れることができた。

ブラッドベリー氏によればペリー氏は毎日トラの檻の中へ入っているが、今回のような事故が起きたのは初めてだという。ペリー氏はまだ入院中で、当局が事故について調べている。

ブラッドベリー氏は、ペリー氏が事故について「悲嘆に暮れている」としつつ、退院後はすぐにトラたちの下へ戻るつもりでいると付け加えた。

大型のネコ科動物の保護に携わる非営利団体「ビッグキャット・レスキュー」によると、1990年以降、トラなどのネコ科動物に襲われる事故は少なくとも900件発生している。動物園水族館協会は、捨てられた幼い個体を世話する場合を除いて、トラと自由に接触することは勧められないと明言する。


【関連記事】
【英国】雄のトラが雌を殺す、繁殖目指す初接触で急変 離そうとするも間に合わず/ロンドン動物園
IMG_6552



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/12/01(日) 18:41:49.77 ID:HSPzsa+l9
 国内で人工保育された雌のホッキョクグマ「ピース」が2日で20歳になるのを前に、愛媛県砥部町の県立とべ動物園で1日、誕生会が開かれ、飼育員や見物客ら約400人が祝った。

IMG_6350

 動物園で生活するホッキョクグマの寿命は25~30年が一般的。動物園によると、これまで国内で人工保育されたホッキョクグマの寿命は数十日などと短く、ピースは生存記録を更新している。

 プレゼントは、ミカンなどの果物とともに「20」の文字が描かれた色とりどりの氷の特製ケーキ。ピースが駆け寄って夢中になってかじりつく様子を、見物客が写真撮影などをして楽しんだ。

https://this.kiji.is/573797532590720097?c=39546741839462401


【関連記事】
天王寺動物園でホッキョクグマの「ゴーゴ」に氷柱プレゼント 喜ぶ姿に歓声 ちょっと目が怖い
IMG_6354



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/11/30(土) 19:45:42.68 ID:5dO0Fahw9
 動物園の大型肉食獣に、毛皮や骨がついたままのシカを餌として与える企画が30日、豊橋総合動植物公園(愛知県豊橋市)で実現した。

 自然界での食べ物に近い餌を食べさせることで、飼育動物をより健康にしようという取り組みだ。動物園生まれの猛獣は「野性」に目覚めたのだろうか。

IMG_6333

 放飼場の扉が開くと、オト(ライオン・雌・20歳)はシカ肉に駆け寄った。4本の脚がついたままの重さ10キロのシカをくわえて運び、じっくりと表面をなめた。ときどき周囲を見渡しながら、骨をかみ砕く音を響かせて食べ始めた。

 「屠体(とたい)給餌(きゅうじ)」と呼ばれるこの取り組みは、飼育環境を自然の状態に近づけようとする活動の一環で、国内外の動物園が導入している。有害鳥獣として駆除された動物を適切に処理し、飼育する肉食獣に与える。感染症の危険がある内蔵と頭部は取り除き、一度冷凍してダニや寄生虫を殺す。その後、約60度で湯煎し殺菌する。今回のシカは九州で処理されたものだ。

 オトの食べっぷりを見て、豊橋総合動植物公園の獣医師吉川雅己さんは「普段の餌は馬肉や鶏肉ですが、明らかに喜んで食べている。おおむね予想通りの反応です」と話した。事前に試験的に与えた際も、いつもより興奮した様子だったという。毛皮や骨ごと食べるとゆっくりと消化するので、健康にも良い影響があるといわれる。オトの健康状態も良好という。

IMG_6334

 オトの隣の放飼場では、アムールトラのマリン(雌・15歳)がひなたで寝転んでいた。今回、マリンにはシカ肉を与えるのをやめた。「事前に試験的に与えてみると、まったく食べず、シカを怖がるそぶりが見えたので中止しました」と吉川さんは説明する。「マリンは少し神経質なので、それが影響しているのかもしれません」(宮沢崇志)

https://www.asahi.com/articles/ASMCZ4GV3MCZOBJB001.html


【関連記事】
【ドイツ】動物園「悲しいお知らせ」雌ライオンが生まれたての子2頭を食べる 病気で動きが赤ちゃんらしくないと食べることも
IMG_6335

続きを読む

1: みつを ★ 2019/11/27(水) 04:42:22.70 ID:QsBY4efk9
https://www.afpbb.com/articles/-/3256758

絶滅危惧種マーゲイの毛皮6枚を押収 上海税関

IMG_6286

【11月26日 Xinhua News】中国上海税関は25日、絶滅の恐れのある野生動物を使った製品の密輸事件を摘発し、マーゲイの毛皮6枚を発見・押収したと発表した。

 上海市浦東国際空港税関は18日、欧州から発送された速達貨物のX線検査で異常を発見。上海野生動植物鑑定センターにより、絶滅の恐れのある野生動物マーゲイ(Leopardus wiedii)の毛皮であると判明した。

IMG_6287



【関連記事】
プラダも毛皮の使用廃止、2020年春夏コレクションより
IMG_6288



続きを読む

1: WATeR ★ 2019/11/24(日) 09:51:20.33 ID:22NFokx69
 【サッカラ共同】エジプト考古省は23日、首都カイロ近郊のサッカラで、ライオンの可能性がある古代エジプトの動物ミイラを発見したと発表し公開した。AP通信によると、エジプトではネコのミイラは多数見つかっているが、ライオンだとすれば異例という。

FullSizeRender

 ライオンの可能性がある動物のミイラは二つで、うち一つは生後6~8カ月の幼体と推定。70個以上のネコの像や多数のネコのミイラも見つかった。いずれも紀元前7~6世紀ごろの古代エジプト第26王朝時代のものとみられている。

 古代エジプトでネコは神々の象徴としての地位を占めていた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000004-kyodonews-int


【関連記事】
エジプトの古代寺院遺跡で大量に発見される「動物のミイラ」…宗教ビジネスの一環だった?
IMG_6228



続きを読む

↑このページのトップヘ