動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 面白い

1: シャチ ★ 2020/01/22(水) 10:27:50.11 ID:1uqCDrd69
(CNN) 米東部がこの冬一番の寒気に覆われ、南部の州でも厳しい寒さが続いている。

ルイジアナからノースカロライナ、サウスカロライナ、フロリダにかけての各州では平均気温が平年を大幅に下回った。フロリダ、ジョージアの両州では22日午前にかけて気温が氷点下を切る可能性があるとして、当局が警戒を呼びかけている。

IMG_7399

米国立気象局のフロリダ州マイアミ支部は21日午後、寒さに関係した異例の天気予報を発表。「今夜はイグアナが木から落ちてきても驚かないでください」とツイートした。

フロリダ州南部では、木の上で眠っていたイグアナが冬眠状態になって、道路や車、プール、さらには歩行者の上に落下することがある。イグアナはオスの成体で体長約150センチ、体重約9キロに達することもあり、人間の上に落ちれば危険を伴いかねない。

外来種のイグアナは体温の調節がうまくできず、気温が10度を切ると動きが鈍くなり、7度を下回れば冬眠状態になる。ただ、死んだように見えても呼吸はしていて、重要な身体機能は継続している。そうすることで身を守り、気温が10度以上に上がるのを待つ。

それでも10度を下回る寒さが8時間以上続くと、ほとんどは死んでしまい、とくに小さなイグアナは生き延びるのが難しい。

もっとも、侵略的外来種とみなされるイグアナの身を案じる人ばかりとは限らず、「これで間違いなくフロリダ南部からの侵略的爬虫類(はちゅうるい)駆除が促進されるとして、寒気の到来を待ちわびていたイグアナハンターもいる」と専門家は話している。

CNN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-35148304-cnn-int


【関連記事】
2度の気温上昇でトカゲの食習慣に変化、実験で明らかに 英論文
IMG_7400


続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/16(木) 10:40:11.15 ID:E+CJEvXq9

コヨーテを撃退したマックス
IMG_7257

<ペットが野生のコヨーテに襲われ犠牲になるニュースは後を立たないが、猫のマックスは...>

アメリカ・ロサンゼルス近郊のハイランドパークの住宅地で先週、驚きの乱闘が起こったと複数メディアが報じている。一軒家に住む、ガリン夫妻が自宅に設置した防犯カメラの映像をチェックすると、動物たちの様子が捉えられていた。



映っていたのは、紛れもなく飼い猫のマックス。そして野生のコヨーテが3匹。付近を物色していたコヨーテが、ガリンさん宅の裏庭に侵入したところに立ちはだかったマックスは、ひるむことなく威嚇し始めた

IMG_7258

野生の肉食獣3匹に対し、ペットの猫。劣勢必至の状況だが、マックスは冷静沈着に、堂々としている。その態度に意表を突かれたのか、コヨーテは逃げ出していった。

「信じられませんでした」と言うガリン夫妻。「マックスはクレイジー(最高の)キャットね」

知らぬところで危険な戦いをしていた愛猫の姿を目の当たりにし、ショックを受けながら「一歩間違っていたら、食べられていたかもしれない。マックスは本当にラッキー」と、無事を喜ぶコメントをした。

ただ、マックスの身を案じてしばらくは家の外に出さないそうだ。マックスが安心して遊べるよう、テラスを作る計画という。

IMG_7259

定期的に起こるコヨーテ襲撃

アメリカでは野生のコヨーテがしばしば問題になる。1月8日には、シカゴで2件の被害が発生。このうち1件は、6才の少年が歩いていたところを襲われ頭を噛まれた。

ペットが殺されることも。人気ユーチューバー、ローガン・ポールの愛犬で、インスタグラムで人気を博していたポメラニアンのコングは昨年、ロサンゼルの自宅から2匹のコヨーテに連れ去られた。

コロラドの市街地でも年明け早々に飼い犬が襲撃され、病院に担ぎ込まれたが術なく死んでしまった。飼い主はここ最近でコヨーテを2回ほど見たと話す。

ニュースサイト「コロラド・サン」に掲載された野生動物専門家クリスティン・キャノンの見解によると、コヨーテたちが生活エリアを変える際に都市部を横切ってしまうために、数年置きにこういった問題が起きるという。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/3-164.php


【関連記事】
背中が頼もしすぎる... 偶然が生んだ「ゴリマッチョ猫」の雄姿がこちら
http://doubutsunet.com/archives/20270817.html
IMG_7260


続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2020/01/10(金) 05:11:32.32 ID:3/qe/QEC9
◆ サル駆除のため犬にトラ風ペイント

インド南西部にあるカルナータカ州では、農作物を荒らすなどサルによる被害が深刻化していたという。
そこで、サル駆除のために農民たちが思いついたアイデアを試してみたというのだがその方法をご覧いただこう。

FullSizeRender

なんと、犬に黒い縞模様をペイントし、トラに見せかけるというのだ!!!
サルだって馬鹿じゃない。こんな落書きに騙されるわけないと多くの方が思うだろう。
だが、すっかり騙されてしまったようだ。

そして、トラ風に見せかけた犬たちのおかげでサルの駆除に成功したという噂を聞きつけ、近隣ではこの手法を真似する農村が増えているのだとか。
なんとも斬新な手法だが、そのうちバレてしまいそうである。

動画:https://youtu.be/qvL7LCaCx8M


https://www.excite.co.jp/news/article/Edamame_100610/


【関連記事】
シマウマの模様は「蚊を寄せ付けない」ため では牛をシマシマに塗ったら?⇒ 虫刺されが50%減少した
IMG_6979


続きを読む

1: デボンレックス(東京都) [US] 2020/01/07(火) 12:28:24.02 ID:gBSUFG020● BE:472367308-PLT(16000)

蛾が突然部屋に入ってきた女性がパニック状態になる動画が話題となっています。

でもネガティブな意味で話題になっているのではなく、ポジティブな意味で話題になっているのです。それはどうしてか?

彼女は、自分で蛾を駆除するのが嫌だったため、飼い猫を連れてきて、猫に蛾を退治させようとしたのです。

そう、蛾の駆除をするため猫を手に持ち、蛾を追いかけはじめたのです。

IMG_6922

(以下略)

動画と全文は以下ソース
http://buzz-plus.com/article/2020/01/07/moth-has-appeared-news/


【関連記事】
離れたくないニャ トカゲさんをぎゅっと抱きしめて寄り添う猫ちゃんがかわいい
5005


続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/12/30(月) 23:33:43.29 ID:uxK4gs7j9
 せっかく愛猫のためにプレゼントを買ったのに、中身よりも箱のほうに興味をしめしてしまった……という猫あるある。人気猫・むぎくんも例にもれずそうだったようです。

 飼い主さんは12月25日、Twitterで「僕は1年間良い子にしていたので、サンタさんが新しい箱をプレゼントしてくれました。おまけでベッドもついてきました」と、むぎくん(3歳/オス)の気持ちを代弁し、1枚の写真を投稿しました。

  「僕は1年間良い子にしていたので、サンタさんが新しい箱をプレゼントしてくれました。おまけでベッドもついてきました。」

IMG_6815

 その写真には、猫用のベッドとそのベッドが入っていたダンボールが並べられて写っていたのですが、ベッドではなくダンボールのほうで、居心地良さそうにこちらを見つめる、むぎくんの姿が……。飼い主さんは、むぎくんのためにクリスマスプレゼントとしてベッドを買ったそうなのですが、完全にベッドがおまけ状態になってしまっています。

 普段はとても穏やかな優しいお兄ちゃんという、むぎくん。今回のむぎくんの行動について、飼い主さんに伺ったところ、「まずはダンボールに入るのは恒例です!」とのことで、「組み立てが必要なものも、まずはダンボールに入って『ジー』っと、こっちを眺めてます」と教えてくれました。やっぱり、そうなっちゃいますよね……。

 この光景を最初に見た時は、「あ、やっぱりそっちに入るよね」と、飼い主さんは想定の範囲内だったようです。しかし、このままだとダンボールがベッドに……と、筆者は嫌な予感がしたのですが、「その後ちゃんと気に入って(ベッドのほうに)寝てくれてますので、飼い主としては安心しました」とのことで、筆者も一安心。

 今回のツイートには、約2万5000件のリツイートと、約9万件のいいねが付き、「おまけが豪華」「猫あるある」「逆!逆!」など、多くのコメントが寄せられ、写真を見た人たちも楽しんでいる様子でした。

IMG_6816

おたくま経済新聞
https://news.livedoor.com/article/detail/17583136/ 

【関連記事】
お中元のメロン箱にとんでもなくかわいい替え玉が入っていた
IMG_6817


続きを読む

↑このページのトップヘ