動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 面白い

1: ひぃぃ ★ 2019/10/17(木) 20:20:20.36 ID:FtlHctDp9
圧倒的に不公平――。そんな感想を抱いてしまう動画が、ツイッターで注目を集めている。

それがこちらだ。

FullSizeRender

こちらはツイッターユーザーのアヒルのおまる(@ahiruomaruchan)さんの投稿。

ボウルに盛られたエサをステテコくん(オス)とモモヒキくん(オス)という2匹の猫ちゃんと分け合うアヒルのおまるくん(オス)。何気ない食事の様子を記録したほんわか動画だと思っていると、おまるくんの衝撃のスピードに度肝を抜かれてしまうことだろう。

まるでドリルのように「ドドドドドドドドド」とフードボウルのエサを食らっていくおまるくん。あまりの速さに圧倒されて、猫ちゃんたちは完全に推され気味だ。衝撃によってこぼれたエサを仕方なく拾って食べているところが哀愁に満ちている。

結局、おまるくんだけでほぼエサが食べられてしまった...。

「食べるスピードに不公平感ある」

と投稿者。たしかに、圧倒的な力の差にぐうの音も出ない。改めて見てみるとアヒルってこんなに早食いだったのかと感心してしまうほどだ。

このツイートにはこんな反応が。

 「猫ちゃん、もう諦めちゃってるやんけw」
 「道路工事で見るコンクリート砕くアレやろ」
 「早く動いた奴が生き残れる理由がわかりました」

「早く動いた奴が生き残れる理由がわかりました」と実社会に絡めてコメントする人も。そう言われてみると、なにかしら教訓めいた動画にも思えてきて不思議だ。

多くのリプライが寄せられるなか、投稿者も、

 「あの、当然ですが普段は別の餌(おまるは専用のZOOフード、ステテコとモモヒキは子猫専用フード(この動画で食ってるやつ))です。ただ、アヒル飯より美味いらしく猫の餌やりの時は必ずついてきます。時々猫のケージを羨ましそうに見てます」

と返信していた。

https://news.livedoor.com/article/detail/17242817/

※動画はソースにて閲覧できます



【関連記事】
もっと一緒にいたいよ! 相思相愛の犬とアヒル
IMG_4907



続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/10/08(火) 23:23:23.05 ID:Cg6ZNid29
アザラシといえば、あなたは何を思い浮かべるだろうか。白いフワフワの毛に覆われ、氷の上を這って移動する赤ちゃんアザラシ――見ているだけで優しい気持ちになる。そんな可愛らしい印象を抱く人が多いのではないだろうか。

しかし今、ツイッターで話題になっているのは「おじさん」のようにくつろぐ、おたる水族館(北海道小樽市)のアザラシだ。

IMG_4841

水面から顔を出し、どこかボーっとした表情をしているアザラシたち。中には目を閉じて、居眠りしているような子も。2019年10月5日、ツイッターユーザーのしおたん(@uruhira)さんが、

 「アザラシ見に行ったはずなのに、露天風呂のオッサンやないか!!」

と投稿したところ、7日時点で3万件超のリツイートを獲得するなど大きな話題に。

「あー極楽、極楽」... そんな声が聞こえてきそうな写真に、他のユーザーからは、

 「完全にいい湯に浸かってますねありがとうございます」
 「うちの叔父さんにめっちゃ似てるww」
 「頭に手拭い乗っけてそう」
 「日帰り温泉の男湯状態になっとるわ」

といった声があがっている。皆、思うことは同じのようだ。

IMG_4842

しかしこの「おっさん現象」、他の水族館でも確認されているらしく「北海道のアザラシランドにもおっさんいましたよ笑」「海遊館もおっさんいます...」という情報がユーザーから寄せられている。

これは日常的な行動なのだろうか。Jタウンネットは10月7日、おたる水族館営業部の担当者を取材した。

■「かなりリラックスした状態」

担当者によれば、これは水中で「立っている」状態で、特に珍しい行動ではないという。話題になったのは「アゴヒゲアザラシ」だが、ほかのゴマフアザラシやゼニガタアザラシにも見られる。この行動の理由については「分からない、楽なのかもしれません」としつつも、

 「野生だと、人間でいう肩から上を出している状態っていうのはよく見られます。横だと前しか見えませんが、縦に立って首が回せる状態だと、回りが広く見えるんじゃないかなと思います」

と話す。

ただアザラシたちの顔つきからして、警戒して辺りを見渡しているというわけはなく、「かなりリラックスした状態」ではないかとのこと。警戒しているときは驚いたように目を見開くというが、このアザラシたちの中には目を閉じているような子もいるくらいだ。

体長は3メートル弱ぐらいで、おっさんにしてはかなり大きめ。実際にお客さんから「おっさんのようだ」という声があるのか聞いてみると、

 「大体の方は見てそう思うと思います。我々の方でも見てて、温泉つかってるみたいだねとはよく言いますし」

とのこと。話題となったことについては、

 「あまり目立つ場所にいないので、話題になって見に来ていただけたら、もっと魅力が伝わるんじゃないかと思います」

と話している。

アザラシたちは本館とは離れた「海獣公園」にある、海を柵でしきっただけのプールでのびのびと暮らしている。その開放的な環境が、露天風呂のおっさんのような雰囲気を醸し出させているのかもしれない。

IMG_4843

2019年10月8日 6時0分 Jタウンネット
https://news.livedoor.com/article/detail/17198834/


【関連記事】
アザラシの鼻にウナギ詰まる、無事に除去 米ハワイ
IMG_4844


続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/10/09(水) 23:23:23.10 ID:flBoyjWL9
足のたたみ方がおかしい――。思わずそんなツッコミを入れたくなってしまう柴犬の写真が、ツイッターで話題になっている。

どんな姿なのか、見てみよう。

こちらはツイッターユーザーの柴犬のゆう(@always_with_yu)さんが2019年10月7日に投稿したもの。画像には、柴犬がお腹から首までべったりと身体をくっつけ、玄関に寝そべっている姿が写っている。

IMG_4771

地面が冷たいからなのだろうか。なんだかとっても気持ち良さそうである。しかし投稿者は、

 「足のたたみ方がおかしい」

とポツリ。よくみると、前足の肉球が天井を向いているではないか。

この不思議な姿に、ツイッター上では、こんな反応が寄せられている。

 「人間の女の子のアヒル座りみたいな?」
 「かわいいけど…、痛くないのかな」

女性が足をハの字に開いて座る姿のようだというユーザーや、可愛いのは承知の上で、痛くないのか気になるユーザーも。

また、お笑い芸人のキンタロー。さんのモノマネでも話題になった、元AKBの前田敦子さんがセンターを務めた楽曲「フライングゲット」の振り付けを思い出す人も。次のような顔文字を使って、この柴犬のポーズを表現している。

 「┐( ∵ )┌フライングゲット」

たしかに、前足が後ろ足の向きとは異なり、横向きで、なんともそっくりである。

ちなみに、投稿者はその後、寝そべる愛犬に、「たたみ方大丈夫?」と問いかけたという。

すると、ムクッと起きてこちらをジーっと見つめ返してきたという。どうやら足は大丈夫そうだ。

2019年10月8日 21時0分 Jタウンネット
https://news.livedoor.com/article/detail/17202951/

画像
IMG_4772

IMG_4773

IMG_4774



【関連記事】
台風の日、野良猫を家の中に入れたら…「最初からここに住んでました」レベルの寝相が話題
IMG_4775


続きを読む

1: 猪木いっぱい ★ 2019/09/16(月) 21:59:52.99 ID:/iyUI2G29
コメディワイルドライフフォトグラフィーアワードの審査員が今年のファイナリストを発表しました。

google翻訳一部割愛
https://rtvi.com/stories/pobediteli-konkursa-samykh-smeshnykh-snimkov-dikoy-prirody-fotogalereya/
フォトギャラリー
https://www.comedywildlifephoto.com/gallery/2019_finalists.php
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title



【関連記事】
2019年の最高の野生動物の写真は、自然の美しさと猛威を明らかにします
IMG_4413



続きを読む

1: キジ白(茸) 2019/09/15(日) 20:24:03.21 ID:AZjQjC8h0 BE:582792952-PLT(12000)

https://www.afpbb.com/articles/-/3244372

かくれんぼをするネズミ。コンスタンティン・ハルトマン氏ら提供(撮影日不明)。(c) HO / Reinhold, Sanguinetti-Scheck, Hartmann & Brecht / AFP

【9月13日 AFP】ネズミが隠れ場所を探してこっそりと移動している時は、かくれんぼで遊びたいだけなのかもしれないと推定した研究が12日、米科学誌サイエンス(Science)に発表された。

IMG_4349

 独フンボルト大学(Humboldt University)の神経科学者チームが箱だらけの小さな部屋の中でネズミたちと数週間過ごした結果、驚くべきことにネズミがかくれんぼの名人であることが分かった。

 褒美として餌を与えなかったにもかかわらず、ネズミは隠れまわる人間を見つけたり、人間に見つけられたりすることを純粋に楽しんでいる様子だったという。
このことはネズミがうれしい時に見せる「跳躍」や、過去の研究で喜びを示すものと判明した超音波の笑い声から分かったという。

 この研究はかわいらしさ(見方によっては気味の悪さ)以上に、哺乳類の間に見られる重要な進化的特徴である遊ぶという行為に関する新たな見識を示すものだ。 (続きはソースで)




【関連記事】
「ひとり飲み」は離婚のもと、ネズミで確認
IMG_4350



続きを読む

↑このページのトップヘ