動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 面白い

1: しじみ ★ 2019/04/09(火) 21:55:36.86 ID:CAP_USER
■動画
Ninja Rat Escapes Snakes https://youtu.be/F-xrQdskea0



■噛まれても蹴って脱出、空中で積極的に蹴っているのがわかったのは初

米国アリゾナ州ユマ市外の砂漠に暮らすモフモフのおチビさんたちにとって、晩ご飯を探すことは、地雷原をおそるおそる歩き回るのと同じだ。

 なぜなら、ヨコバイガラガラヘビが砂の中にじっと身を潜めていて、好物のカンガルーネズミが近づくのを待っているからである。

 ところが、3月27日付けで学術誌「Biological Journal of the Linnean Society」および「Functional Ecology」に掲載された2本の新たな論文によると、カンガルーネズミ(Dipodomys deserti)は今まで考えられてきたほど無力なわけではないようだ。彼らはヨコバイガラガラヘビ(Crotalus cerastes)からの攻撃を0.1秒かそれ以下のレベルで察知し、強力な後ろ脚のジャンプで危険から逃れることができる。

 しかも、ヘビに噛まれてしまったときでさえ、毒を注入される前に相手を蹴飛ばして、脱出に成功することもある。空中で回転しながら空手キックをかますカンガルーネズミは、まるで小さな忍者のようだ。

 そんな離れわざができるのも、カンガルーネズミの素晴らしい平衡感覚のおかげだ、と論文の著者で、米サンディエゴ州立大学の行動生態学者ルーロン・クラーク氏は話す。

 クラーク氏の調査チームは、この行動を何年にもわたって調べてきた。そしてついに、スローモーションカメラ技術の向上によって、知られざる砂漠の決闘の詳細を明らかにした。

 カンガルーネズミのジャンプは、単に驚いて適当に飛び上がるだけではない。そこが、他の多くの獲物と異なる点だという。

「複雑で、優雅と言ってもいいでしょう」とクラーク氏。「ジャンプと回転とキックを組み合わせたバレエのような動きです」

■「今まで記録されたことのない、新しい行動」

 さらに注目すべきなは、ヨコバイガラガラヘビの狩りが失敗に終わる多さだ。(参考記事:「毒ヘビの狩りは知能的、ムカデとトカゲで別の戦略」)

 クラーク氏らは幾夜も砂漠で過ごした結果、13匹のヨコバイガラガラヘビによる攻撃を32回ビデオに収めることに成功した。驚くことに、ヘビが実際にカンガルーネズミに噛みついた回数は半分に満たず(15回)、毒を注入しネズミを食べたのは、そのうちわずか7回だった。残りの8回は、カンガルーネズミが空中でヘビに蹴りを入れ、逃げ出したのだった。

 カンガルーネズミがヘビに噛まれずに済んだ17回のうち、噛みつかれる前に跳んで攻撃を避けたのが11回、そもそもヘビがカンガルーネズミとの距離の目測を誤って攻撃を外したのが6回だった。

 また、ヨコバイガラガラヘビの攻撃の速さは、狩りの成功と相関しないこともわかった。つまり、速さよりも正確さが重要だったわけだ。それに、たとえヘビの狙いが正確だったとしても、カンガルーネズミが素早くヘビの顔を蹴りつければ、攻撃を無力化できる。

「ヘビの攻撃は、銃から放たれた弾丸のようなものです」と話すのは、カリフォルニアジリスとオレゴンガラガラヘビの間の似たような関係を研究してきたブリー・プットマン氏だ。「いったん攻撃を開始すると、軌道を修正できません」。なお、同氏は今回の研究には関わっていない。

 そのため、ヘビに狙われる多くの動物が、攻撃から逃れるために横に逸れたりジャンプしたりする方法を進化させてきた、とプットマン氏は言う。同氏は米カリフォルニア大学ロサンゼルス校とロサンゼルス自然史博物館で博士研究員を務めている。

「今回の研究で本当にすごいのは、(カンガルーネズミが)空中で積極的にヘビを蹴っているとわかったことです」とプットマン氏は話す。「これは今まで記録されたことのない、新しい行動です」

続きはソースで
IMG_1695

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/040900213/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/04/09(火) 19:03:19.59 ID:CAP_USER
  冷蔵庫の中で冬眠していたコウモリたちが、目を覚まして野生に戻る。

IMG_1633

 東欧ベラルーシの首都ミンスクにあるコウモリ保護センターには、冬眠のための安全な場所を見つけられないコウモリが、市民によって持ち込まれる。センターのアレクセイ・シュパク(Alexei Shpak)代表は、「コウモリは住宅のバルコニー、団地の玄関、通気孔、地下室などに飛んできて入り込む。雪の中、地面に落ちているところを見つかることもある」と話す。

 センターではコウモリを良好な冬眠状態に入らせるために、1匹ずつ布袋に入れて寝かしつけ、どこにでもあるような家庭用冷蔵庫の中につるす。こうすることで、冬眠に適した湿度と寒さをコウモリに提供できる。 

IMG_1634

「冬の間、コウモリは非常に深い眠
りに落ちる。冬眠には、かなり寒くて湿潤な環境が必要だ」と、シュパク代表は説明する。

 コウモリが冬眠するために適した条件は、気温が0~5度、湿度が50%以上。「冷蔵庫が最適だ。ごくありふれたタイプの」とシュパク代表は話す。センターには冷蔵庫が1台しかないが、32匹のコウモリが袋につるされた状態で冬を過ごすには十分だ。保護されたコウモリの中には、12月半ばから冷蔵庫の中で眠り続けている「古株」もいるという。

 欧州全域には、ヒメヒナコウモリとコウライクビワコウモリの2種類のコウモリが生息している。センターは国からの資金提供を受けておらず、施設の建物は公立の教育機関から提供されたもので、機材はクラウドファンディングで購入した。

 春が訪れ、外気温が10度を上回るまでに上昇すると、シュパク代表はボランティア3人とともに、コウモリが自然に目を覚ますよう、慎重に布袋からコウモリを取り出す。

■餌の地虫を手から与える

「コウモリは気温の上昇を感じると、体温が少しずつ上がり始めて目を覚ます」と、シュパク代表は話す。

 健康状態を確認するために体重測定をしていると、コウモリは羽を広げて背伸びをする。力がわくように、目覚めたコウモリには手から餌の地虫を与え、ピペットで水を飲ませる。

 日が暮れると、シュパク代表とボランティアは公園へと向かう。地元住民が列をなしてついて行く。公園では、コウモリをそっと木につかまらせる。ここから、以前の巣に戻っていくはずだ。

 コウモリが自然に戻される様子を見守っていた人々は、コウモリに対する偏見がどれほど変化したかについて語っている。

 幼い娘を連れて来ていた教師のアンナさんは、「コウモリはとても醜いけれど、すごく触り心地がよく、小さくてふわふわ」と、コウモリに親しみを感じつつある様子をほほ笑みながら話した。 (c)AFP

IMG_1635

https://www.afpbb.com/articles/-/3217958

続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/31(日) 09:06:02.79 ID:xcEK7+0B9
2019.03.28
https://togetter.com/li/1332094
宅配のお兄さんに『変わった猫ですね』と言われたフクロウがこちら「見えなくもない」「フクロウは猫」
サムネだと確かに変わった猫に見える気がする

げんさんとガルー
‏@Gen3Act03
宅配のお兄さんに「変わった猫ですね」と言われたフクロウがこちらです。
https://twitter.com/Gen3Act03/status/1110551499287859206
https://pbs.twimg.com/media/D2l4syKUwAATySw.jpg 
FullSizeRender

7:38 - 2019年3月26日
66,339件のリツイート 219,585件のいいね
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

https://pbs.twimg.com/media/D2l4syKUwAATySw.jpg
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/03/19(火) 17:31:10.17 ID:WReu2SKu9
ウォンバットをご存じですか?オーストラリアに生息する有袋類で、かわいらしい姿が特徴です。観光客のなかにはSNSに投稿する写真を撮ろうと異常に接近したりむやみに触ったりする人もいます。しかしウォンバットは野生動物。つねにかわいい顔のままなのでわかりにくいかも知れませんが、本当は嫌がっているんです。SNSへの投稿をめあてに写真を撮ろうとする人たちによる野生動物の被害は世界各地に広がっています。生態に悪影響を及ぼすおそれも出ています。オーストラリアでは、野生動物を守りながら観光客に楽しい旅の思い出を写真に納めてもらおうと、ある試みが始まっています。(シドニー支局記者 小宮理沙)

オーストラリアといえば、大自然にカンガルーやコアラなどがパッと思い浮かぶ、人気の観光地です。
野生動物が多く生息するスポットでは、スマートフォンやカメラを手に動物を探す人たちの姿をよくみかけます。

その1つが、タスマニア州のマリア島です。
タスマニア島の東に浮かぶ小さなこの島は、イギリスの植民地時代に流刑地として使われていた過去があり、いまでも手付かずの自然が残されています。島全体が国立公園に指定され、比較的容易に野生動物を見つけることができます。

動物との出会いを求めて、島を訪れる人は年々増加。2017年度は年間3万1000人に上り、3年前より50%近く増えました。オーストラリアのなかでも、ぐんぐん知名度をあげているスポットなんです。

■SNSの写真 動物にとっては迷惑?

この背景にあるのが、SNSの存在です。
マリア島に生息する動物との自撮りなど、観光客が撮影した写真が投稿され、人気を呼んでいるんです。

とりわけ観光客をとりこにしてきたのが、島に100頭余り生息している有袋類のウォンバットです。かわいらしい姿に加え、警戒心が低く、みずから人に近寄ってくることもあるため、ウォンバットを目当てに島へやってくる人も少なくありません。

その一方でいま、野生動物との写真撮影が新たな問題になっています。SNSに投稿するため、インパクトのある写真を狙うあまり、一部で行き過ぎが生じているんです。

動物に異常に接近したり、むやみに触ったり、自撮り棒で追いかけたり。
国立公園の担当者によりますと、なかには、成長したウォンバットに子どもを乗せて写真を撮ろうとしていた人もいたといいます。

こうして撮影された写真が投稿され、いわゆる「いいね」などを集めたり、他の人が写真を転載する「シェア」が行われたりして、「野生動物に触れてもいい」という誤った認識を広げています。

でも、行き過ぎた行為は、動物にストレスとなり、ときにはケガをさせたり、場合によっては動物の育児に悪影響を与えたりするおそれもあります。

また、おとなしくても野生動物ですから、観光客がかまれたり、ひっかかれたりすることもあるんです。

■自撮りなど自粛「マリア島宣誓」

そこで、去年12月、マリア島では、行き過ぎた撮影などから動物を守ろうという試みが始まりました。それが、観光客に野生動物を尊重してもらう「マリア島宣誓」の導入です。

「自撮り棒で追いかけたりしません」
「取り囲んだり、抱き上げたりしません」など、ウォンバットを中心に島の動物に不適切な行為をしないことが盛り込まれています。

地元の観光促進団体のウェブサイトに掲載されていて、島を訪れる観光客にインターネット上で署名してもらっています。

中国語を話す観光客が増えていることから、中国語の宣誓文も用意されていて、今後は日本語や韓国語など、ほかの言語にも訳される予定です。

■まずは「宣誓」の普及から

この宣誓、実際に行った観光客に聞いてみると、支持する声が多く聞かれました。

以下ソース先で

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190319/K10011852951_1903191439_1903191440_01_02.jpg 

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/03/12(火) 15:12:51.88 9
南アフリカ共和国・ポートエリザベスに住むライナー・シェイフさんは、ダイビングオペレーター歴15年のベテランだ。

しかし、こんな経験は生まれて初めてだったと話す。シェイフさんだけでなく、ほとんどの人が経験したことがないだろう。彼はクジラに呑み込まれ――そして無事に生還したのだ。

シェイフさんは2月、イワシの群れを撮影するために仲間とともにシュノーケリングをしていた。

イワシの大群を捉えるサメの姿を撮影しようとした次の瞬間、突然目の前が真っ暗になったという。

「体に圧力を感じました。クジラに呑み込まれたんだとすぐにわかりました」と、シェイフさんは動物ニュースサイト「バークロフト・アニマル」に答えた。

呑み込まれた後のことを、シェイフさんはテレグラフ紙にこう語る。

「恐怖感を感じる余裕はありませんでした」

「直感で、息を止めました。クジラがインド洋深くに潜って私を吐き出すかもしれないと思ったので」

アメリカ海洋大気庁によると、ニタリクジラは5〜15分、深さ約300メートルまで潜ることができる。

※ニタリクジラ
IMG_1261

しかし幸運にも、シェイフさんが恐れていた事態は起きなかった。クジラがすぐに口を開けたので、シェイフさんは外に出ることができた。

シェイフさんが「あっという間だった」と話す出来事の一部始終を、すぐ近くのボートに乗っていた同僚のフォトグラファーが撮影していた。

ニタリクジラは通常、イワシなどの群れで行動する小魚を食べる。シェイフさんは、今回の出来事は事故であり「私は巻き添えを食らっただけで、クジラも同じように驚いたでしょう」と説明する。

「クジラとの特別なつながりを体験できた」と話すシェイフさんだが、二度目はなくてもいいと思っているようだ。

「誰も知らない、鯨の内部事情に詳しくなったと思います」

「とても興味深い経験でした。ただ、もう一度体験したいとは思いません」

https://amd.c.yimg.jp/im_siggoS8S51JKrHR6EIr99pr2Ww---x400-y207-q90-exp3h-pril/amd/20190311-00010002-huffpost-000-1-view.jpg
IMG_1259


続きを読む

↑このページのトップヘ