動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 面白い

1: 僕らなら ★ 2019/02/14(木) 14:38:16.18 ID:7taEoJFU9
14日はバレンタインデーです。長野県須坂市の動物園では、人気者のカピバラにハート型の野菜や果物がプレゼントされました。

須坂市の「須坂市動物園」では、毎年、バレンタインデーに合わせた催しを開いています。

このうち、お風呂につかる姿が愛らしいと人気を集めるカピバラたちには、チョコレートではなく、ハートの形に切った大好物のりんごとにんじんがプレゼントされました。

IMG_0669

カピバラたちは、「カピバラ温泉」の湯船に浮かべられた、りんごとにんじんをおいしそうにほおばっていました。訪れた人たちは、かわいらしいカピバラの様子を写真におさめたり、のんびり眺めたりして楽しんでいました。

動物園を訪れていた地元の保育園の園児の1人は「餌を食べているところがかわいかったです。温泉につかって気持ちよさそうでした」と話していました。
また、軽井沢町から訪れた30代のカップルは、「バレンタインの雰囲気を味わえてよかったです」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190214/K10011814611_1902141351_1902141352_01_03.jpg 

続きを読む

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/02/09(土) 17:04:03.82 ID:76gLThYH9
「お名前は?」ネコの首輪に手紙をつけたら…お返事が!
伝書鳩ならぬ「伝書猫」の思い出

FullSizeRender

 よくお家に遊びにきていたネコちゃん。ある日首輪をしていたのに
気が付いたので、「どちら様のネコですか?お名前は?」とお手紙を
結びつけてみたら、翌日首輪に返信のお便りが…。そんな「伝書鳩」ならぬ
「伝書猫」のようなお話が、ツイッターで話題を集めています。
昔の思い出話だと思ってつぶやいたところ、偶然にも飼い主だった人が
投稿を発見。あらたにメッセージでのやり取りが始まったという
おまけつきです。時間を超えてネコちゃんが取り持ってくれた不思議な
出会いに、ネット中が感動しています。

 投稿したのは「キャットクリニック」(@catsclinic)さん。
4月から近江八幡市で、漢方と栄養療法にこだわった動物病院を開業される
予定の獣医師さんです。「うちのデッキにちょくちょく遊びに来ていた
シロクロ猫…勝手にクロちゃんと命名。ある日、ノミ取り首輪を付けて
いたので、『やはり飼い猫だったのかぁ』と思い、その首輪に小さな手紙を
結びつけました。。。すると翌日、返信が首輪についていました!」との
コメントとともに、ネコの画像と手紙の画像を4日夜にツイート。
8日午後までに6万件以上リツイートされ、15万件近くの「いいね」が
ついています。

FullSizeRender

FullSizeRender

(以下ソース元にてご確認ください)

デイリースポーツ(2/9(土) 15:00配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000075-dal-life

続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 18:12:05.377 ID:Krz8vPSX0
第18位.ラーテル
世界一恐れを知らない生き物としてギネスブックにも登録されているイタチ。
その称号に違わず性格こそ超攻撃的だがその実情は防御力特化の生物で毒に対する強烈な抵抗力と背面に広がる堅牢かつ柔軟な皮で身を守る。
ただ、体重は10kg程度で柴犬とほとんど変わらない。しかし、それにも関わらずライオンやヒョウといった巨大な猛獣にも果敢に立ち向かっていく。
とはいえ、彼等に出来るのはあくまでも立ち向かっていくことだけで実際には脆い顔や腹などを攻撃され食い殺されることも多い。
HP:C 攻撃力:B 防御力:S スピード:D
https://i.imgur.com/jWC63W9.jpg
IMG_0513


続きを読む

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/02/02(土) 16:48:58.26 ID:VklTmU/k9
カラス追放試みるも…ふんの逆襲 丸岡中心部ねぐら、ライト奏功せず

FullSizeRender

 福井県坂井市役所丸岡支所がある同市丸岡町西里丸岡周辺の市街地が
カラスのねぐらとなり、夕方以降300~500羽が電線などで羽を
休めている。市はカラスの嫌がるライトの照射や捕獲おりの設置など
対策を講じているが、抜本的な解決には至らず、逆にライトを照射した
職員がふんをかけられることも。専門家は「しばらく居着く可能性がある」
と指摘している。

 同支所によると、この付近では2005年、カラスの大群が発生した。
その後いったんは減少した。しかし、2016年ごろから再び増え始めた。

 カラスは日中、坂井平野の水田で餌を食べているとみられる。夕方以降、
一斉に“帰宅”。同支所に隣接する北陸電力丸岡変電所から各方面に
延びる電線で羽を休めている。

 市職員が昨年7~11月、連日、カラスが嫌がるペンライトの照射を
続けた。しかし、カラスはいったんは逃げるものの再び戻るという。
それどころか「カラスに顔を覚えられ、ふんを“狙い撃ち”されることも」
と担当職員。退庁時には傘を持ち歩いており「カラスの方が一枚も二枚も上手」
とこぼす。

 日本野鳥の会福井県の組頭五十夫副代表=同県あわら市=によると、
カラスのほとんどは「ハシボソガラス」とみられ、越冬のため日本に
飛来する「ミヤマガラス」も含まれている可能性がある。カラスは
いったんねぐらと決めると、しばらく居続けるという。

 有害鳥獣駆除を担当する市農業振興課は「住民の協力を得ながら、
各地で捕獲おりを設置している。官民一丸でカラスを減らしていきたい」と
話している。


福井新聞(2019年2月2日 午前11時45分)
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/789408

夕方、電線上に並ぶカラス=1月30日、福井県坂井市丸岡町西里丸岡
https://fki.ismcdn.jp/mwimgs/5/d/-/img_5dc7c596ecc173d6b5c112f4e47ecef6311241.jpg
IMG_0414

関連記事
驚異的なカラスの頭脳 記憶を頼りに道具を作成して獲物を捕獲
続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/01(金) 14:25:41.44 ID:CAP_USER
■動画
Dung Beetles Battle for a Ball of Poop | Nat Geo Wild https://youtu.be/l7-APvaPdbk



■持ち帰る権利をかけた2匹の死闘を撮影 この甲虫には、糞こそ「貴重な資源」 

糞をめぐって争う2匹――三角関係を指した比喩ではない。

 コガネムシ科の糞虫(ふんちゅう:動物の糞を餌とするコガネムシ科の昆虫の総称)にとっては、生き残りを賭けた戦いなのだ。糞は食糧であるばかりか、幼虫を育てる小部屋にもなる。つまり、貴重な資源だ。映像の2匹は、最高の獲物を転がして運び去ろうと必死で、どちらも驚くほどしつこい。

 撮影されたのは、南アフリカのジュマ動物保護区。英国のロンドン自然史博物館で甲虫の管理責任者であるマックス・バークレー氏によると、2匹はタマオシコガネの一種Kheper nigroaeneusのようだ。

 Kheper nigroaeneusは、南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエおよびモザンビークの最南端部に生息する。

 この甲虫にとって、糞の価値は大変大きく、「道に落ちていた大金の入った袋のようなものだ」とバークレー氏は説明してくれた。「誰だって、たくさんのお金を安全なところに保管して、まだ残っているなら戻って来てもっと手に入れようとしますよね」と、同氏はメールでの取材に答えている。

■甲虫の戦法

 バークレー氏によると、糞を奪い合う争いで重要なのは、相手を投げてバランスを崩させることだという。

「実は硬い翅(はね)をもつ甲虫も、空中から地面に降りた瞬間が一番無防備と言えます。飛ぶ際に利用する大きな薄い翅は傷つきやすく、危険にさらされているからです。この翅が傷ついてしまうと、回復には時間がかかります」。実は、映像で糞を奪おうとしている方は、ほかから飛んできた糞虫だ。まずは安全な距離を保って地面に降り、翅を完全に閉じてから攻撃を仕掛けます、とバークレー氏は指摘する。

 つまり、飛んで襲いかかるほうが分が悪いのだ。

 米モンタナ州ミズーラにあるモンタナ大学の生物学者で、『動物たちの武器 闘いは進化する』(エクスナレッジ刊)の著者ダグ・エムレン氏によれば、チョウやスズメバチのように空中戦をする昆虫もいるが、体が大きい甲虫は敏捷さとはほど遠いこともあり、争うときは地上戦になるという。

つまり、力の強さこそが、甲虫の強みなのだ。

 映像で2匹の戦いを見ると「糞虫が体重に比べて、とても強い力があることがわかる」と言うのは、動画を撮影したナショナル ジオグラフィックのTV番組「サファリ ライブ」で主任ガイドを務めるジェームズ・ヘンドリー氏だ。例えば、南ヨーロッパ、北アフリカ、トルコ、および中東が原産の甲虫、タウルスエンマコガネ(Onthophagus taurus)は、自分の体重の1100倍以上の重さがあるものさえ引っ張ることができる。

■転がす、地下道を掘る、住み着く――様々な糞虫

 一口に糞虫といっても、糞の扱い方によって3つのタイプに分けられる。まずは、動画のように転がすタイプがフンコロガシと呼ばれるタイプ。糞から切り出した塊を丸めて玉にして転がし、地中に埋めて食糧にしたり卵を産みつける産卵床にしたりする。穴を掘るタイプもいる。このタイプは糞を地下に運び込んで保管する。そして、最後が糞の山に住み着くタイプだ。

 エムレン氏は、穴を掘るタイプの糞虫には角があるという。フンコロガシに角が無いのは、戦い方が違うからではないかとエムレン氏は考えている。

 穴を掘るタイプは、地下に作られた道のような閉ざされた空間で一対一で勝負する。このような状況では、強い武器を持つ方が有利だ。だから、アドバンテージが持てるように、エネルギーを費やしてまで角を生やすようになった。

 動画のように、フンコロガシの戦いは地表で行われ、数匹で糞を奪い合うことも珍しくない。また、体が大きいから有利とも限らない。そのため、フンコロガシが進化する過程で、角のような武器を生やすことは割に合わなかったのではないかとエムレン氏は説明する。

「とにかく糞を転がすことが最優先なのでしょう」とエムレン氏。戦利品をほかの糞虫から離れた安全な場所に運ぶことが一番の目的だからだ。

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/012200047/
IMG_0408


続きを読む

↑このページのトップヘ