動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 動物実験

1: ニライカナイφ ★ 2019/11/30(土) 23:22:32.01 ID:iQqlO9us9
◆ 人の膵臓をブタで作製へ、明治大 年度内にも研究開始

FullSizeRender

明治大の長嶋比呂志専任教授(発生工学)のチームは30日までに、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使ってブタの体内で膵臓をつくる研究計画を文部科学省に申請した。
了承されれば年度内にも研究を開始する。

動物の受精卵に人のiPS細胞を入れた「動物性集合胚」をつくる手法は、臓器を丸ごとつくり出せる可能性がある。
これまで東京大の中内啓光特任教授のチームがマウスやラットを使った実験を始めている。

臓器の大きさが人に近いブタで研究が進めば、将来移植医療に役立つと期待される。
文科省は、動物性集合胚を子宮に戻して動物を誕生させるのを禁じてきたが、3月に研究が解禁された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000095-kyodonews-soci



【関連記事】
ネズミ体内で人の臓器 文科省、東大のiPS研究了承
IMG_6340



続きを読む

1: アンドロメダ ★ 2019/08/28(水) 19:51:18.57 ID:CAP_USER
▼クマは超高級ハチミツの味が分かるのか? 野生のクマに格付けチェックしてみた結果がすげええええ

ハチミツの製造業を営んでいた男性は、養蜂箱を狙う野生のクマの襲撃に頭を悩ませていました。
しかしある日、彼はクマを利用したとある実験を思いつきます。

トルコのトラブゾン県で養蜂業を営むイブラヒム・セデフさん。
毎晩のように小屋を荒らしにくるクマに備えて、彼は数種類のハチミツを入れた容器を並べ、その近くに暗視カメラを設置。
「野生のクマに味の好みはあるのか」観察実験を行うことにしたのでした。
するとこのクマは一番希少で一番高価な『アンゼル蜂蜜(Anzer Honey)』を好むことが判明したのです。

▼写真 高級ハチミツに首ったけなクマさん
IMG_3975

IMG_3976

『アンゼル蜂蜜』は超高級ハチミツとして知られており、1kgあたり約300ドル(約3.2万円)もするほど。
トルコのアンゼル高原で飼育される蜂から取れるこのハチミツは、様々な種類の花から蜜を集めて作られており、栄養価が高く、健康にもいいとされています。

イブラヒムさんは容器の並べびを変えたりして何度も実験を繰り返しましたが、クマが最初に選ぶのはいつも『アンゼル蜂蜜』でした。
一方スーパーマーケットで安く売られている低品質なコーンシロップなどには、見向きもしなかったそう。
野生の動物であっても、味の良し悪しはしっかりと分かっているようです。

▼動画
https://youtu.be/_ov5dEBgRkQ

ググって最初に出たアンゼル蜂蜜は1kg9.4万トルコリラ(17万円)だったw

http://yurukuyaru.com/archives/80816021.html
https://www.boredpanda.com/big-boy-bear-honey-anzer-test/?utm_source=google&utm_medium=organic&utm_campaign=organic
https://imgur.com/gallery/QJ2wALX
https://www.trtworld.com/video/newsfeed/turkeys-winnie-the-pooh/5d5d46b804fa2f41c1ddd4a5





【関連記事】
「クマが一緒にいてくれた」 行方不明の男児を森で発見 米ノースカロライナ州
IMG_3977



続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/08/14(水) 09:20:36.10 ID:UW7dBcLB9
 哺乳類で雄と雌を産み分ける方法を、広島大学の研究チームが開発し、マウスやウシなどで実証した。

IMG_3747

 特別な装置を使わずに精子の性染色体の違いを利用して、高い割合で産み分けることに成功した。技術的にはヒトへの応用も可能だという。研究成果は14日、米科学誌に掲載された。

IMG_3745

 哺乳類の性別は、XとYの二つの性染色体で決まる。X染色体が二つだと雌、XとY染色体が一つずつだと雄になる。卵子はX染色体が一つだが、精子はX染色体をもつもの(X精子)と、Y染色体をもつもの(Y精子)がある。X精子が受精すれば雌、Y精子なら雄になる。X精子とY精子は同じ数つくられ、これまで機能に差はないと考えられてきた。

チームは精子の元となる細胞からX精子とY精子ができる過程に着目。遺伝子を網羅的に調べ、X精子のみにある「受容体」を発見した。精子の尾の部分にあり、刺激すると精子の動きが抑制される。

 試験管に培養液とマウスの精子を入れて受容体にくっつく薬剤を加えると、約1時間後にはX精子のみが動かなくなり沈殿した。薬剤を洗い落とすと再び動き出すことも確認した。上にあがってきたY精子と、沈殿したX精子を洗浄したものに分けてそれぞれ体外受精させると、8割以上の確率で雄と雌を産み分けることができた。ウシでも9割の確率で成功したという。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16924162/




【関連記事】
殺処分されているオスのヒヨコ60億羽が助かる!?──孵化前の性別判断可能に
IMG_3746


続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/08/09(金) 15:23:21.65 ID:CAP_USER
ネズミ体内で人の臓器 文科省、東大のiPS研究了承
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47715900U9A720C1CR0000/

文部科学省の専門委員会は24日、東京大学のチームが申請をしている動物の体内で人の臓器を作る国内初の研究計画について、実施することを大筋で了承した。同省は、動物の体内で人の臓器を育てる研究を禁止していたが、3月に関連指針を改正し条件付きで解禁した。ネズミなどの小型動物の体内で人の細胞の臓器が正常にできれば、将来は人間の臓器の大きさに近いブタやサルを使い、実際の移植に使える可能性がある。糖尿病など向けに新たな移植治療への道が広がる見通しだ。

IMG_3737

脳死からの臓器提供が不足するなか、動物の体内で作った人の臓器を移植に使う手法は、海外では新たな治療として研究が進む。

研究を進めるには、人と動物の細胞が混ざった「動物性集合胚」を扱う必要がある。国内ではこれまで倫理的観点や感染症の懸念などから動物の胎内に入れることが禁止されていたが、同省が3月に指針を改正し、同省などの審査を経れば研究できるようになった。

東京大学の中内啓光特任教授らのチームの計画では、人のiPS細胞を使う。膵臓(すいぞう)を作る能力のないマウスやラットの受精卵に人のiPS細胞を注入。人と動物の細胞が混ざった「動物性集合胚」と呼ばれる受精卵を、代理母である動物の子宮に入れる。生きた体の中で起こる妊娠や胎児の発育過程に沿って育てることで、人の細胞でできた膵臓などをもつ動物の胎児が育つとしている。この胎児の臓器を移植に使えば、他人の臓器を使う脳死移植のような拒絶反応が起こりにくく治療が可能になるという。

今回、人のiPS細胞を含んだ受精卵を子宮に戻すことが認められたのはマウスとラット。人間とサイズが近い臓器を持つサルやブタの同受精卵は、体外での培養に限定される。研究チームでは、マウスなどの研究を進めて、大型の動物での臓器作製につなげていく。

IMG_3738

24日の専門委の議論では「(研究実施状況について)こまめな報告を求めるべきだ」などの慎重な意見が出たものの、大きな反対意見はなかったという。

中内特任教授はスタンフォード大教授を兼任し、研究規制がない米国で人間の膵臓を持つ羊を作製する研究を進めてきた実績を持つ。東大のチームは、同大内の倫理委員会に計画を申請。承認され、6月下旬に文科省に計画を申請していた。

今回の専門委の了承を受け、文科省は8月下旬までに東大の研究実施を正式に認める見通し。東大は、認められ次第、研究に着手する。




【関連記事】
【再生医療】ヒトの臓器もった動物の出産、解禁 文科省が指針改定
IMG_3739



続きを読む

1: きつねうどん ★ 2019/07/20(土) 13:34:33.79 ID:CAP_USER
香港(CNN) 米ミシガン州立大学の研究チームは、中国南部・広東省の2つの島で行った実験で、デング熱やマラリアなどを媒介する蚊のヒトスジシマカをほぼ全滅させることに成功したと発表した。

IMG_3330

この研究は17日の科学誌に発表された。実験の結果、島に生息するヒトスジシマカのメスは最大で94%減り、蚊に刺される人は97%減ったとしている。

研究チームの一員、シー・ジーヨン教授はこの分野の研究のパイオニア。中国南部で蚊の工場を経営し、過去には不妊化したオスの蚊をメスと交配させる実験を行っていた。

今回の研究ではオスとメスの両方の繁殖能力を減退させることで、蚊の個体数をさらに減らすことを試みた。

メスには低レベルの放射線を照射して不妊化させ、オスにはボルバキア菌を感染させて、2016~17年の繁殖期に広東省沖の2つの島に放った。

その結果、この2つの島で、メスの蚊をほぼ根絶させることに成功した。

蚊の生態に詳しい専門家はこの実験について、蚊の生命力の強さを考えると、蚊を減らす実験の中でも特に大きな成功を収めたと評価する。

専門家によると、ヒトスジシマカは殺虫剤を使ったりたまり水をなくしたりといった従来のような対策で退治することが極めて難しい。侵略性が非常に強く、過去40年の間にアジアからほぼ全大陸へ広がった。

伝染病を媒介する蚊は人の健康に対する深刻な脅威と位置付けられ、世界保健機関(WHO)は「世界の中で最悪級の生物」と表現している。人口が密集する広東省の広州では2014年にデング熱が流行し、3万7350人が死亡した。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35140128.html


【関連記事】
遺伝子操作でマラリア蚊対策、個体群を全滅 英研究 一方で研究凍結の訴えも
FullSizeRender

続きを読む

↑このページのトップヘ