動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ペット

1: 一般国民 ★ 2019/06/18(火) 17:28:09.26 ID:CAP_USER
巧みに人を操る「子犬の目」の進化、オオカミにはできない表情 研究
https://www.afpbb.com/articles/-/3230553
https://www.afpbb.com/articles/-/3230553?page=2
2019年6月18日 14:00
AFP,AFP BB NEWS

 【6月18日 AFP】犬が人間を自分の意思に従わせるために「子犬のような目」を使うのを、どうやって身に付けたか考えたことがあるだろうか。

FullSizeRender

 17日の米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された最新の研究論文によると、飼い犬は人間に似た眉の筋肉を進化させており、それによって人の心をとろけさせるあの悲しげな顔の表情を作れることが明らかになったという。

 今回の研究では、死んだ飼い犬を解剖し、飼い犬の祖先である野生のオオカミと比較した。飼い犬とオオカミは約3万3000年前に分岐した。

 今回の研究の別のパートでは、犬と見知らぬ人間との2分間の交流の様子を録画し、眉頭を上げる、目の周りの特定の筋肉がどれくらい使われているかを詳細に記録した。さらにオオカミでも同じ実験を行った。

 その結果、飼い犬の場合は目の周囲に二つの筋肉が必ず存在し、十分に形成されているが、オオカミではそうではないことが判明した。また、人をじっと見詰めている間に眉を激しく動かすのも犬だけであることが分かった。

 論文の共同執筆者の一人で、米デュケイン大学(Duquesne University)のアン・バロウズ(Anne Burrows)教授は、AFPの取材に
  「これによって目がより大きく見えるようになり、人間の幼児に似た状態になる」
  「それにより、世話をしたいという気持ちが引き起こされる」
 と説明した。

 さらに、眉の筋肉は犬では力強いがオオカミではそうではないため、「眉の筋肉とその機能が自然選択されていることが分かる」と、バロウズ教授は指摘した。

 英ポーツマス大学(Portsmouth University)のジュリアン・カミンスキー(Juliane Kaminski)氏が主導した今回の研究には、
 米ハワード大学(Howard University)や米ノースカロライナ州立大学(North Carolina State University)などの研究者らも参加した。

 今回の研究が基礎としている先行研究の一つで、2015年に日本の研究チームが発表した注目すべき研究論文では、人間と飼い犬が互いの目を見つめ合うと、
 双方に「愛情ホルモン」であるオキシトシンの分泌が促進されることが実証された。これは、人間の母親と赤ちゃんとの間にみられる作用に似ている。

 だが、今回の研究では、犬がまず人間の関心をどう自分に向けさせるかを説明できるかもしれない。

 人間同士のコミュニケーションでは、相手の顔の上部に注意が向けられる傾向があり、犬たちはこの動的変化に応答しているのかもしれない。

 また、大げさな眉の動きによって犬の眼球の白い強膜(白目)が露出するが、人間も白い強膜を持つため、他の動物でもそれが心に訴えかけるように感じるのだとする説もある。他の霊長類の強膜は、視線を隠すために黒ずんでいる。

 ■古代犬種VS小型愛玩犬

 興味深いことに、今回解剖された犬の中のシベリアンハスキーは、他の犬種には二つある筋肉のうちの一つで、まぶたの角を耳の方に引っ張る筋肉がなかった。

 その理由は、ハスキーが古い犬種であり、犬とオオカミとの関連性がどのようなものだった可能性があるかを最もよく表す現存種だからかもしれない。

 バロウズ教授は
  「ハスキーで今回確認された興味深い変化についてさらに掘り下げる予定だ」として
  「マラミュートやサモエドなどのさらなる古代犬種を調査し、その結果をチワワやヨークシャーテリアなどの小型犬種と比較したいと考えている」
 と述べた。

 さらには猫や、犬と同様の動きを作り出すとみられる馬など、人間との親密な関係にあるその他の動物にも、今回の研究を広げられるかもしれない。
 (c)AFP/Issam AHMED

FullSizeRender

FullSizeRender


続きを読む

1: rain ★ 2019/06/12(水) 11:37:43.25 ID:YmmrKw4M9
動物虐待への罰則強化や犬猫へのマイクロチップ装着義務化などを盛り込んだ改正動物愛護法が12日、参院本会議で可決、成立した。虐待罪(殺傷)の法定刑は現行の2倍以上となる「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に厳罰化される。施行は公布から3年以内とした。

近年、インターネット上で犬猫などのペットを虐待する動画投稿が後を絶たない。現行の虐待罪(殺傷)は「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」で、刑法の器物損壊罪よりも法定刑が軽く、動物愛護団体などから厳罰化を求める声が強かった。超党派の議員連盟で改正案の検討に入り議員提案した。【鈴木理之】

IMG_2725

 
https://mainichi.jp/articles/20190612/k00/00m/040/086000c

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/03/24(日) 15:37:12.55 ID:CAP_USER
犬の攻撃的な行動は人間にも犬にも社会にも深刻な問題です。このたびアメリカの研究者によって犬の攻撃的な行動と腸内の微生物叢の構成に相関関係があることが発見されました。興味深い内容をご紹介します。

■犬の攻撃的な行動について「腸内」という角度からの研究

IMG_2633

犬の攻撃的な行動については、動物行動学やトレーニングなど、様々なアプローチが行われ研究されていますが、なかなか根本的な解決法は見つからずにいます。

一方、最近の研究ではマウスやヒトなど哺乳動物の行動と腸内の微生物の構成が結びつけて考えられています。このことから犬の腸内微生物叢と攻撃的な行動が関連し得るという仮説を立て、アメリカのオレゴン州立大学の研究チームがこの画期的な研究の結果を発表しました。

研究チームは「私たちが知る限り、これは犬の攻撃性と腸内微生物との関連を調べた初めての研究です。」と述べています。

■研究の対象になった犬と研究方法

IMG_2634

研究の対象になったのは、違法な闘犬場からレスキューされアニマルシェルターに保護されている31匹の犬です。犬は皆ピットブルタイプと言われるアメリカンピットブルテリアやアメリカンスタフォードシャーテリアのような外見的特徴を持っており、オス14匹メス17匹という内訳でした。

攻撃性の研究にピットブルタイプの犬を使うのは、偏見ではないかという声も聞かれるのですが、全員が似た遺伝的背景を持っており、同じ環境で同じものを食べているこの犬たちは研究に打ってつけであると言えるでしょう。

犬たちはアニマルシェルターに到着した後すぐに、動物福祉機関による査定を受けて、攻撃的または非攻撃的と分類されました。同時に犬たちの便サンプルも採取され、研究者は各犬の腸内細菌の分析を行いました。

■2つのグループにはっきりとした違いが見られた!
IMG_2635

全ての犬たちの便サンプルから検出された腸内微生物叢は、フィルミクテス門、フソバクテリア門、バクテロイデス門、プロテオバクテリア門が大勢を占めていました。

しかし、これらの分布が攻撃的グループと非攻撃的グループではっきりと異なっていました。

攻撃的グループではフィルミクテス門が豊富で、非攻撃的グループではフソバクテリア門とプロテオバクテリア門がより豊富でした。

また、攻撃的グループではフィルミクテス門の中のラクトバチルス属に由来するグループの細菌が豊富で、非攻撃的グループではバクテロイデス門バクテロイデス属に由来するグループの細菌が豊富であるという違いも観察されました。

今回の研究では、腸内微生物叢の分布の違いがなぜ攻撃性の差を作るのかという因果関係までは明らかになっていませんが、これらの間に相関関係があることは示されました。因果関係を判明するために、今後さらに追跡実験を行っていく予定だそうです。

■まとめ

IMG_2636

オレゴン州立大学の研究チームによって、攻撃性のある犬とそうでない犬の腸内微生物叢の分布にはっきりした違いが見られたという調査結果が発表されたことをご紹介しました。

腸内細菌によって行動が左右されるというのは意外な感じもしますが、脳の活動と腸内環境の関連、腸の神経系と気分や行動との関連については近年多くの研究が行われています。腸内環境を変化させることで攻撃性を減少させられる可能性もあるわけで、今後の研究がさらに期待されます。

犬の望ましくない行動が単なる「欠点」として片付けられるのではなく、生理学の観点から見ることは、当の犬にとっても周囲の人間にとっても重要なことです。しつけやトレーニングといったものでは対応できないことが、実は生理学的な原因から来ていて根本的な対処が可能かもしれないからです。
科学の研究が、犬にも人間にも優しい結果につながることを期待したいですね。

《参考》
https://peerj.com/articles/6103/

https://wanchan.jp/osusume/detail/13853

続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/04(火) 20:26:48.20 ID:WJPVUY539
講義中に寝るのは人間だけじゃないんだな――。こうしたコメントを添えてツイッターに投稿された写真が、インターネット上で「可愛い」「リラックスしすぎ」などと話題になっている。

まずは、こちらの投稿をご覧いただこう。

講義中に寝るのは人間だけじゃないんだなーって pic.twitter.com/8aIxcXbmuQ
- トッポ (@bukentoppo) 2019年4月25日

こちら、大阪大の学生だというトッポ(@bukentoppo)さんのツイート。授業中の教室にネコが侵入し、堂々と机の上で居眠りを始めたそうだ。
しかも、わざわざプリント資料の上に陣取っている。ふてぶてしいけど、やっぱりかわいい...。

IMG_2629

IMG_2630

IMG_2631

投稿者のトッポさんは、ネコが居眠りを始めた際の状況について、

「普通に入ってきて普通に寝付いちゃって笑っちゃいました」

と振り返っている。投稿された写真をみると、ネコの写真を撮る学生も出るなど、教室はどこか楽しそうな雰囲気だ。

授業が終わった後も、このネコちゃんは居眠りを続けていたよう。トッポさんは続けて、こんな報告ツイートも投稿している。

休み時間なっても起こしてもらえずひとりで寝てる奴っておるやん?
大阪大学でも同じ。 pic.twitter.com/xjSds6r3tp
- トッポ (@bukentoppo) 2019年4月25日

ちなみに、この黒猫はキャンパスの名物にゃんこだそう。あまりの馴染みっぷりに、ツイッターにはこんな反応が寄せられている。

リラックスしすぎて変化解けてる
- Garnet (@01Garnet02) 2019年4月27日

人間かと思って見たら猫だったという笑
- huahui (@be_rry_honey017) 2019年4月27日

高2の時オープンキャンパス行ったんだけどさ、その時3回生が猫が普通に教室にいますよって言ってたけど、本当だったんだな爆笑
- Kaito.Akama (@reb_akm_0115) 2019年4月25日

俺、今から大阪大学に進路希望変える https://t.co/zc3tuqY0nU
- ?電電猫猫? (@nya3_neko2) 2019年4月26日

こんなにかわいい学生(?)なら、教授も居眠りを見過ごしてくれそう。


トッポ(@bukentoppo)さんのツイートより

https://pbs.twimg.com/media/D4-aB65U4AAquk4.jpg
https://pbs.twimg.com/media/D4-aB65UwAI6sRl.jpg
https://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/im_siggnbdJw.rwiwmpN1UA1ePn1w---x450/c/cmspf/30/29/09/60/0584cc99d9ab9a0cf791f8d3e30c78cd.jpg

https://j-town.net/tokyo/news/localnews/289681.html
2019年6月 3日 20:00
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/27(月) 17:27:24.03 ID:9rWWzWvs9
日本人の犬猫の飼育頭数は1855万2000頭で、15歳未満の子供の数を超える。だが、直近5年間は50~60代に限り、犬の飼育率の低下が顕著な傾向にある。

IMG_2606

「ペットフードの品質向上や動物医療の進歩で動物の寿命も長くなっています。15歳でも元気な犬や猫は珍しくありません。
高齢になるにつれ、きちんと飼い続けられるかを心配して、ペットを諦める高齢者が増えていることが背景にあります」
(高齢者のペット飼育を支援する活動を続けるNPO法人「VESENA」佐々木伸雄理事長)

一方、離れて暮らす高齢の親元で飼われる老ペットの行く末は、子供世代にとって少なからず悩みの種になっている。
親やペットの高齢化で飼い続けることができなければ、里親探しもままならず、やむなく殺処分という結末を迎えるケースも多い。

だが、高齢者にとってペットは散歩などを通じて運動するきっかけとなるなど、生活にハリと潤いをもたらす。
同時に、ペットと身近に触れ合う関係が人間の健康寿命を延ばすとの研究結果も報告されている。

高齢化社会の中でペットを飼い続ける知恵と工夫が必要だ。

※週刊ポスト2019年6月7日号

http://news.livedoor.com/article/detail/16524484/
2019年5月27日 16時0分 NEWSポストセブン

続きを読む

↑このページのトップヘ