動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ペット

1: 樽悶 ★ 2019/04/16(火) 18:13:25.09 ID:MAmFN/gn9
「ペットとの共生をめざして」

IMG_1715

ペットショップ「ペッツアベニュー スマイルワン」(新潟市中央区)は、2019年3月31日に犬や猫などのペットになる動物を販売する「生体販売」を中止した。4月からはペットホテルや、ペットと飼い主のためのスクールなどアフターサービス提供に特化した店舗展開へシフトするという。

J-CASTトレンドは、同店を取材した。

■殺処分の根源的な原因の一つに生体販売があると考える

同店では従来、人間とペットがより良い関係を築き、問題行動による飼育放棄を減少させるためにしつけを施したペットを販売していた。それでも中止した理由について同店は、殺処分の根源的な原因の一つとして生体販売があると考えており、それを断ち切るために今回の決断に至ったという。

担当者は、こう説明した。

「以前から、ペットの殺処分等の問題について我々として何が出来るかを色々と考えてきました。ペットをめぐる環境は、様々あると思います。失われていく命が目の前にあるのに、それを逆手にとった『生体販売』が本来の我々の理念にあっているのか問い直し、スタッフ一同と共に中止を決意した次第です」

「ペッツアベニュー スマイルワン」では、施設を使用しての保護犬・猫の譲渡会の開催も計画している。担当者は、

「殺処分等による犬猫が一匹でも減少し、人とペットが本当のスマイル(笑顔)で過ごせる、人とペットとの共栄共存の社会へと加速をしていくことを願い、微力ながらお手伝いをしていきたいと思っています」

と語った。

2019年4月14日 19時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/16316363/

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/04/15(月) 09:55:49.51 ID:MqoPoZnq9
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=x8i_03Hwv88



 違う種類の動物でも、気持ちは通じ合える……寄り添って眠る、仲良しな猫ちゃんとトカゲさんの姿が撮影されました。

 アメリカンショートヘアとフトアゴヒゲトカゲでしょうか、猫ちゃんがトカゲさんを抱きしめて眠っています。猫ちゃんはトカゲさんをぎゅっと抱きしめ、トカゲさんも猫ちゃんにおとなしく寄り添っています。2匹にとってはこうして眠るのがいつものことなのかもしれません。

寄り添う猫ちゃんとトカゲさん
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/14/mika1904_liza4.jpg 
IMG_1698

「あれ、起きたの?」じーっと見つめ合う2匹
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/14/mika1904_liza1.jpg
IMG_1699

 トカゲさんが目を覚ましましたが、猫ちゃんはしっぽをぱたぱたと振りながらまだどこか夢見心地。眠そうでも決して前足を離さない姿を見ていると、トカゲさんが大好きで一瞬たりとも離れたくない猫ちゃんの気持ちが伝わってくるようです。

うとうと……
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/14/mika1904_liza5.jpg
IMG_1700

 動物たちの種族を超えた友情を見ていると、気持ちがほっこりします。仲良しの猫ちゃんとトカゲさん、これからも仲良く寄り添っていってね!

2019年04月14日 15時00分
ねとらぼ
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/14/news007.html

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/04/14(日) 20:03:17.21 ID:CAP_USER
菜食主義やベジタリアンに対する関心が世界的に高まっていますが、それに伴い「菜食主義のペットフード」の開発も行われるようになっています。新たな調査で犬や猫の飼い主3673人を調査したところ、そのうち35%が自分のペットに対して植物ベースのペットフードを与えることに興味を持っていることが判明しました。
IMG_1688

Plant-based (vegan) diets for pets: A survey of pet owner attitudes and feeding practices
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0210806

There's a Concerning Trend of Pet Owners Wanting to Turn Their Carnivore Animals Vegan
https://www.sciencealert.com/a-surprising-number-of-people-want-to-feed-their-cats-and-dogs-a-vegan-diet

この調査は、ペットの飼い主がどの程度ペットの肉食を回避しようとしているのか、そして結果としてペットの食事がどのくらい影響を受けるのかを調べたもの。調査の結果、回答者全体の5.8%にあたる212人が菜食主義であり、うち78%がペットに植物ベースの食事を与えることに興味を示し、27%が実際にペットの食事を植物ベースに変えていたことが判明しました。また1人に至ってはペットの食事を完全に菜食に変えていたそうです。

「27%という数字は小さく聞こえますが、実際に関わっている動物の数は想像以上に大きいものです」と調査を実施したカナダ・グエルフ大学獣医のSarah Dodd氏は述べています。犬は雑食性の肉食動物であり、猫は完全な肉食動物です。つまり、犬は必要であれば植物ベースの食事でも生きていくことができますが、それでも犬が健康的に生活を送れているかどうかには十分に注意しつつ食事を与える必要があります。一方で猫は植物を含む食事を取ることができるものの、肉ベースの食事でなければ健康的な生活を送ることができません。つまり、2019年時点の知識でいえば、猫に菜食の食事を与えることはいいアイデアとはいえないわけです。

この調査で「ペットに菜食主義の食事を与えることに興味を持っている」と答えた人が多くいたものの、「栄養的に問題がない菜食の食事がない限りは与えない」と意志を示した人が多かった点が「よいニュース」だとDodd氏は示しています。また調査対象の半数以上が「猫や犬に植物ベースの食事を与えることは不適切だ」と考えていたとのこと。

菜食であることは環境やメンタルヘルス、肉体的な健康にもよいとして近年は注目されており、それに伴い菜食主義を取り入れたペットフードへの注目も高くなっています。「実際に、植物ベースの食事をペットに与えている人は少数ですが、この種の食事への注目は今後も高くなっていくといえるでしょう」とDodd氏は語りました。

ただし、植物性の食事がペットに与える影響については、さらなる調査が必要。研究が進み、ペットに対する菜食が持つリスクや影響がはっきりしない限りは、獣医への相談なしにケールスムージーを猫に与えたり、菜食主義の食事を犬に与えたりしないように、とDodd氏は注意を促しました。
FullSizeRender

https://gigazine.net/news/20190414-carnivore-animals-vegan/

続きを読む

1: くらげ ★ 2019/04/09(火) 15:09:11.53 ID:CAP_USER
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/08/news036.html
2019/04/08 18:00

切り花栽培をしている高瀬花園には、毎日激務をこなしているというわんこの「ペコ」ちゃん(関連記事)がいます。
「何もしないという激務をこなし 我々部下は撫でたり吸わせてもらう事で体内のオキシトシンが分泌され疲労回復し、仕事がはかどります。
 犬を上司にお持ちの方ならご理解頂けるかと思います」とのこと。
激務をこなしながら、人間にオキシトシン(幸せホルモン)を提供してくれるなんて!
うん、完璧すぎる上司だね。

花栽培用の球根が入れられる収納容器の中がお気に入りのペコちゃん。
容器に入り、カットされた花にうもれて気持ちよさそうに寝るペコちゃんは、そこにいるだけで人間たちの心を癒やしてくれる存在です。
お花の中からお顔だけ出して、カメラが近づいてもおかまいなしに熟睡しているペコちゃん。
仕事を放りだしてペコちゃんをなでたくなってしまう衝動をおさえるのは大変そうですが、こんなかわいい存在が近くにいると、
業務がとっても効率よく進んでいきそうです。
このとろけそうな寝顔を守るためなら、どんなことでも頑張れちゃうね!
ちなみに高瀬花園さんによると、ペコちゃんは「ものすごいイビキで完全に眠りこけて、部下を無視して慰労してくださいます」とのこと。
あえてリラックスしている姿を見せ、部下のやる気を引き出すスタイルですね、わかります。


画像
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/04/02(火) 19:27:51.27 ID:CAP_USER
■発作を予知する謎の一端を解明し、患者を守る手がかりに、最新研究


イヌはその驚異的な嗅覚によって、人間の技術では不可能なことを数多くやってのける。例えば、薬物、爆発物、さらにはがんなどの病気までかぎ当てられる。訓練によって、てんかん発作に対処し、発作が起こる前に感じ取ることさえある。

 とはいえ、訓練の効果にはかなりばらつきがあり、発作の兆候がわかるという科学的な根拠もなかった。どういう仕組みでイヌにそれほどの芸当が可能なのかも解明されていない。行動、動作、あるいはにおいがわずかに変化するのだろうか?

 議論が続くテーマだが、このたび訓練の手がかりになりそうな成果が発表された。3月28日付けの学術誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された研究によれば、人はてんかん発作が起こっているときに特有のにおいを出しており、イヌはそれを認識できるという。これが論文で証明されたのははじめてだ。

「これにより、今後の実験や訓練方法によって、イヌがてんかんの発作にうまく対処したり、発作が現れる前に気付けるようになる可能性が出てきました」と、論文の筆頭著者で、フランス、レンヌ大学の博士課程に在籍するアメリ・カタラ氏は話している。

 著者たちは、タイプが異なるてんかん患者5人から、発作が起きているときや、休息、運動などさまざまな活動をしているときの汗を採取した。

 次いで、汗のサンプルを缶に入れ、てんかん発作中のサンプルがどれに入っているか、5匹のイヌに探させた。その結果、訓練によってかぎ分けられることが分かった。

 誤解のないよう記しておくと、研究で使われたサンプルは発作の前ではなく最中に取られたもので、この化学物質が何なのか、どの時点で出るのかは分かっていない。

続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/040100196/ph_thumb.jpg
IMG_1530

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/040100196/

続きを読む

↑このページのトップヘ