動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ペット

1: わんにゃん@名無しさん 2018/07/27(金) 08:04:37.85 ID:6K7yT45r
米首都ワシントンで、すべてのネコの数を調べる「ネコの国勢調査」が始まった。
ペットとして人気のネコだが、はぐれたり野生化したりして野鳥や小動物を襲うことがあり、米国の各都市で問題になっている。
150万ドル(約1億7千万円)かけて3年間調査し、効果的な管理計画を作る。

 「DCキャット・カウント」と名付けられた調査計画は、飼い主のいない動物の保護と里親探しをする
NPOヒューマン・レスキュー・アライアンスやスミソニアン保全生物学研究所などが参加する。

野良ネコのほか、動物シェルターに収容されているものや飼いネコも調査対象。
ネコを飼う世帯を回ったり、区域ごとに歩いて野外にいるネコを調べたりする。
市内に50台ほどカメラを設置するほか、市民から目撃情報を募るアプリの開発も検討する。
市内にいるネコの総数とともに、野外のネコがどこから来るのかも調べる。

ある論文の推計では、米国で野良ネコに襲われて野鳥や小動物が毎年それぞれ数十億匹死んでいる。
各都市では野良ネコを捕まえて不妊・去勢手術をしているが、反対意見が強いうえ、どこまで有効なのかがわかっていない。
今回の調査計画は「ネコと野生生物、住民の間の争いに、実践的で思いやりのある解決策を見つける」としており、
担当者は「他都市が参考にするようなモデルを作ることが目標だ」と話している。(ワシントン=香取啓介)

ワシントンで「ネコの国勢調査」 野良トラブルを解決へ
http://www.asahi.com/articles/ASL7T428PL7TUHBI00W.html

続きを読む

1: みつを ★ 2018/10/18(木) 23:33:13.74 ID:CAP_USER9
https://www.bbc.com/japanese/video-45898119
(リンク先に動画ニュースあり)

育児拒否された子ライオン 犬が母親代わりに
2018/10/18 7時間前

スリランカの動物園で生まれたライオンの子は、母親に見捨てられてしまった。
動物園は母親になったばかりの犬を見つけ、ライオンの子を預けることにした。

続きを読む

1: みつを ★ 2018/10/17(水) 22:02:58.58 ID:CAP_USER9
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-45885668

イヌと人、9000年前から共に旅 DNA研究で明らかに 
2018/10/17 

ヘレン・ブリッグス、BBCニュース

イヌは、我々の祖先が農業を始めようとした人類史の重要な瞬間に立ち会っていた。

科学者らは、人類初の農家が中東地域から移動した時、ヒツジやヤギといった家畜とともにイヌも一緒に連れて行ったと説明する。

DNA研究によって、オオカミが今日のさまざまな形や大きさのイヌになっていった過程が判明した。

農業は、中東の「肥沃な三日月地帯」と呼ばれる地域で始まった。ここには現在のイラク、シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル、エジプトが含まれる。

それまで狩猟と採集で生きていた人類はこの地に定住し、麦や豆といった穀物を栽培し始めた。
同時に、ヒツジやウシ、ブタといった動物を家畜化した。そして9000年前ごろに欧州やアジアに移住した際、その農業知識と共に家畜も連れて行った。

学術誌「バイオロジー・レターズ」に掲載された最新の研究では、イヌが人と共に旅をしていたことが明らかになった。
研究者は、欧州からアジアにまたがる考古学地域でイヌ科の骨などからDNAを採取し、証拠を集めた。

仏レンヌ大学のモルガン・オリビエ博士は、「我々の研究で、イヌと人の物語が絡み合っていることが分かった。人類が欧州へと移住した時に、イヌもついていった」と説明した。
「この論文は、イヌと人が当時すでに深いつながりを持っていたことを示している」

オオカミからイヌへの旅路

・オオカミが飼い慣らされイヌとなるまでの歴史は複雑なものだ
・イヌは2~4万年前、オオカミが狩猟採集を行っていた人類に飼い慣らされたことで生まれた
・人類はこの時、遠く離れた地域に生息していた2つの集団のオオカミを家畜化していったと考えられている
・長い家畜化のプロセスでオオカミの遺伝子や習性が変化し、今日のイヌに進化した

中東から欧州にたどり着いたイヌは、すでに欧州にいた別のイヌと配合され、遺伝子プールが変化した。
何百年にもわたる交配と繁殖によって、イヌの遺伝子はさらに混ざっていった。現代に生きるさまざまな形や大きさのイヌは、農家と共に旅に出た初期の牧羊犬とは大きく異なっている。
(英語記事 New insight into history of dogs and humans )

https://ichef.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/162FE/production/_103887809_gettyimages-880383194.jpg

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/10/12(金) 15:59:14.30 ID:CAP_USER
■ペットの遺伝子検査ビジネスが科学に貢献、最大規模のデータ集まる

エレガントで思わせぶりな瞳。青い目の犬は一度見たら忘れられないものだ。この魅力的な特徴は、どのような条件で現れるのだろう。科学者たちはいくつかの手掛かりを解き明かし、10月4日付けの学術誌「PLOS Genetics」に論文が発表された。

 一部の犬種において、青い目が毛の色と関係していることを科学者はすでに知っていた。オーストラリアン・シェパードのまだら模様はその一例だ。しかし、独特な存在感があって人気のシベリアン・ハスキーなど、淡いブルーの目をもつほかの犬種についてはどうだろう?

 遺伝子検査をビジネスとするスタートアップ企業に所属する科学者たちが、この疑問の答えを探るため、青い目を生じる条件の調査に乗り出した。

 研究チームは、犬たちの完全な遺伝情報を史上最大の規模で比較し、青い目と強い関連のある遺伝子を特定した。研究を主導したのはエンバーク・ベテリナリー社のアダム・ボイコ氏とアーロン・サム氏だ。

 研究チームは6000匹を超える犬のDNAを解析。対象となったのは、飼い主が遺伝子検査キットを購入し、犬種や健康リスクを調べた犬たちだ。その飼い主たちがオンラインを通じての調査と写真の提出に協力してくれたおかげで、これほど大規模な研究が可能となった。

 その結果、18番染色体にあるALX4遺伝子の近くで生じた遺伝子の変異がシベリアン・ハスキーの青い目に強く関連していることがわかった。

 米ウエスタン健康科学大学獣医学部の遺伝学者クリストファー・イリザリー氏によれば、遺伝子が働く仕組みはドミノ倒しのようなもので、すべてに因果関係があるという。「1つの遺伝子が別の遺伝子のオン、オフに関わることもあれば、10の遺伝子をオフにして、さらにいくつかの遺伝子をオンにすることもあります。遺伝の仕組みはクモの巣のように複雑な構造を持ち、絶えず押し引きが行われています。しかも、順番とタイミングが重要です」

■「青い色素ではありません」

 オールド・イングリッシュ・シープドッグ、ボーダー・コリー、ウエルシュ・コーギー・ペンブロークなど、青い目が確認されている犬種はいくつもあるとイリザリー氏は話す。ただし、これらの犬種の場合、青い目は潜性形質として受け継がれるため、潜性遺伝子が2つ必要になる。

 ちなみに人間の場合は、HERC2とOCA2という2つの遺伝子によって青い目が生じているという。

 イリザリー氏はシベリアン・ハスキーのALX4遺伝子の近くで生じた変異について、目の色素生成能力が落ちる変化を招いているようだと分析する。色素が少ないと、瞳は青く見える。

「青い色素ではありません。目の中を出入りする光が青く見えるのです。空は青く見えますが、宇宙空間は青くありません。それと同じことです」

 エンバーク・ベテリナリー社の上級研究者であるサムズ氏は、遺伝情報の断片が重複するこの変異は、まだら模様のオーストラリアン・シェパードの青い目にも関連していると述べている。まだら模様の個体に青い目が生じる理由もこれまで解明されていなかった。

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/101100438/ph_thumb.jpg

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/101100438/

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/10/09(火) 21:03:17.68 ID:CAP_USER
~異分野の発想で進んだ特効薬開発~

日本では1000万頭近いネコが飼われていますが、実はその多くが腎臓病で亡くなっています。 宮﨑先生は、血液中に存在するAIMという遺伝子を20年前に発見して以来、 このタンパク質の研究に打ち込んできました。その過程でAIMが腎臓の働きを改善することがわかり、 ネコの寿命を大きく伸ばす可能性のある薬の開発に取り組んでいます。

1986年に東京大学医学部を卒業した宮﨑先生は、東京都小平市の病院で働いていた研修医時代、ふと手にした専門誌で、当時日本で初めて遺伝子組み替えマウスを作った熊本大学の山村研一先生のことを知り、「とにかくこの先生のところに勉強しに行くしかない」と思い立ちます。その後免疫学の研究をさらに深めるためフランスとスイスに留学しました。スイスでは、名門バーゼル免疫学研究所で新しい遺伝子を発見。白血球の一種であるマクロファージを死ににくくする働きがあることを試験管で確認し、apoptosis inhibitor of macrophageの頭文字を取って自らAIMと名付けました。

たまたますれ違った教授の話がヒントに

血液中にたくさん存在し、アミノ酸が団子状に3 つ連なったような複雑な構造をするAIMですが、体内での機能を突き止めたのはテキサス大学での研究生活中でした。それまでどんなにマウスを調べても何も起こらず、6 年間全くデータが出ず苦労していましたが、学内でたまたますれ違って話をした教授に大きなヒントをもらいます。その教授はジョセフ・ゴールドシュタイン博士。1985年にノーベル生理学・医学賞を受賞したコレステロール代謝学の権威です。博士の言葉をきっかけに、AIMがないマウスを作って太らせてみたところ、AIMを持つ太ったマウスに比べ動脈硬化や肥満が悪化しやすいことがわかったのです。「(マウスを太らせるなんて)免疫学の研究者なら全然考えないことなので、そんなバカなとは思いましたが、何もわからないので苦し紛れにやってみました。それがAIMの機能の解明につながりました」。この時、病気を知るためには学問の壁を取り払うことの必要性を痛感したと話します。。

「免疫学のエリートコースを歩んできているのに、免疫の細胞が作っているタンパク質の機能一つですら、免疫学の知識だけではわからないということにすごく衝撃を受けました」。

https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400100252.jpg
■IMはシステイン(アミノ酸の一種)を多く有するSRCRというドメインを3 つ持つ、約40kDaの血中タンパク質である。通常血中では、巨大なIgM(免疫グロブリンM)五量体に結合して存在しており、尿中には移行しない。
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400100241.jpg
■腎障害時、ヒトやマウスでは左図で示したように、IgM五量体を離れたAIMが血中から尿中に移行し、尿細管を閉塞した死細胞に蓄積する。これが目印となって、死細胞は生き残った上皮細胞により貪食され掃除される。その結果、閉塞は改善し、腎障害は治癒する。しかしネコでは、ネコAIMがIgMに非常に強力に結合していて離れないため、尿中に移行することができず、死細胞に蓄積できない。したがって、生き残った上皮細胞は死細胞を掃除できず、閉塞は改善されず、腎機能は悪化する。
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400100243.jpg
■腎臓が障害されると(急性腎障害)、尿細管上皮細胞が死んで剥がれ落ち、尿細管中を閉塞する。閉塞が改善しないと、腎障害は進行し、死亡あるいは慢性化する(慢性腎不全)。急性腎障害が発症した腎臓では、尿細管を閉塞している死細胞にAIM(茶色)が蓄積しているのが確認される。
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400100242.jpg

https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/z1304_00002.html
続く)

続きを読む

↑このページのトップヘ