動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: ペット

1: 2020/05/12(火) 20:17:49.61 ● BE:472367308-PLT(16000)
ロボット犬がついに発売される。価格は約10万円で、本物の犬と思えるほどのリアルな動き。いや、犬以上に犬っぽいと言っても間違いではないだろう。

IMG_0009

まさに未来がやってきたといえるロボット犬が誕生したのだ。そして現時点において、もっとも究極のロボット犬といえるだろう。

・他のロボット犬と出会うとシンクロ
このロボット犬の名は「A1」(Quadruped robot A1)。もちろん飼い主が決まってからは新たに家族としての名が与えられるのだろう。

IMG_0007

そしてこのロボット犬だが、普通にロープを繋げて散歩することも可能。さらに他のロボット犬と出会うとシンクロし、お互いがさまざまな反応を示すのだ。

・まさに未来の犬
スムーズに動くそのようすは見ているだけで軽快。スマートフォンと電波により繋がり、ロボット犬の視点を確認することもできる。まさに未来の犬。

そしてロボット犬を見れば見るほど、そこに人工生命という新たな概念を感じずにはいられなくなる。

(以下略)

IMG_0008

ロボット犬の全画像と動画と全文はサイトで
https://buzz-plus.com/article/2020/05/12/quadruped-robot-a1-walk-dogs-news/
【関連記事】
グーグル、本物の犬の動きをロボット犬に教え込む
IMG_0010


続きを読む

1: 2020/05/04(月) 22:33:44.99
Twitterユーザーのぱる(@gsm_iham2)さんは、お世話をしているハムスターがとてもうれしそうにキャベツを食べる様子を撮影した。その写真をTwitterに投稿したところ、あまりの癒やし力に13万5000件以上のいいねが集まるほど人気になっている。

IMG_9895

 「キャベツを差し出すとすごく嬉しそうな顔をしてくれた。」

IMG_9896

大好物のキャベツを見るだけで笑顔がこぼれるハムちゃん。うれしさに目を細めながら食べる様子が、途方もなくかわいくて癒やされる。

 「@masa_startagain 可愛かったです。キャベツ大好物なんですよ(*′∀`*)」

投稿を見たTwitterユーザーたちは

 「かわいい表情するね」
 「待ち構えているときのお口と頬のラインがたまりませんね」

と癒やされていた。

IMG_9897

キャベツをもらってすごく嬉しそうな顔のハムチャン「かわいい」「この笑顔守りたい」

ぱるさんはほかにも、ハムちゃんがおもちのように見える様子やオレオのOから顔を出すところなど、かわいらしい写真をたくさん投稿している。興味のある人はぜひフォローしてみては。

IMG_9898

トゥギャッチ
https://news.livedoor.com/article/detail/18214720/

【関連記事】まるで女王様? 人間を「確実に下に見てる」ハムスター様の行動がこちらhttp://doubutsunet.com/archives/20145504.htmlIMG_9899

当ブログの記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】はこちらからご購入頂けます。定期購読がお得です。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 

続きを読む

1: 2020/05/07(木) 21:21:21.30
Twitterに投稿された「ダンボール猫戦車」が話題になっている。戦車のてっぺんから猫さんがひょこっと顔を出している様子がかわいらしいと評判だ。

IMG_9886

※ツイート主の希望で画像のみ紹介しています。

ダンボール戦車を作った猫さんの飼い主は、東京都在住のTさん。戦車に乗り込んでいる猫さんは5歳のオス「トロ」さんだ。

現在トロさんはダンボール戦車でどう遊んでいるかというと「たまに、思い出したように中に入ってみる、みたいな感じですね。せまくて暗い所が好きなので、遊ぶというよりは中でのんびりしてるようです」(Tさん)とのこと。

IMG_9887

投稿を見たTwitterユーザーからは

 「カッコいい。似合っている」
 「素晴らしい! ダンボール好きな猫にはたまらない!」

などの称賛の声が寄せられている。

Tさんは反響に驚きつつも「こんなご時世ですので家の中で楽しめる遊びの一つとしてご紹介できたら」と話している。猫さんの秘密基地にもなりそうな、ダンボール戦車づくりにチャレンジしてみては。

トゥギャッチ
https://news.livedoor.com/article/detail/18226948/
【関連記事】1週間かけて完成したブロックの「ドラえもん」を一瞬で木っ端微塵にした子猫が人気http://doubutsunet.com/archives/20943000.htmlIMG_9888

続きを読む

1: 2020/04/29(水) 11:55:27.26
(CNN) 米ノースカロライナ州で新型コロナウイルスに感染した家族の飼い犬が検査で陽性反応を示した。米国内で犬が新型ウイルス陽性となった例は初めてとみられる。

IMG_9474

飼い主の救急医サム・マクリーンさんと妻ヘザーさん、息子のベンさんは先月、新型ウイルスに感染。4人家族のうち娘1人には全く症状がみられなかった。

一家は米デューク大学のチームによる新型ウイルスの研究に参加し、毎週1回鼻腔(びくう)の検体と血液の採取に応じていた。ペットのパグ犬「ウィンストン」もこのチームの検査で陽性の判定が出た。

チームを率いるクリス・ウッズ氏によると、家庭内で感染が広がる様子を把握するため、少数ながらペットの検体も採取している。ただしペットに対して、世界的に需要が高まっている検査キットは使っていないという。

ウッズ氏によれば、これまでに調べたペットで陽性反応を示したのはウィンストンだけ。検出されたウイルスはごく少量で、ほかの動物や飼い主の人間に感染を広げる可能性は低いとみられた。

ベンさんの話によると、家族の症状がピークに達していた頃、ウィンストンも1~2日の間、軽いせきをしていた。また1日だけ、朝食に与えたえさを食べなかったが、急を要するような異変はみられなかったという。

ウッズ氏によれば、ウィンストンの症状が新型ウイルスによるものだったかどうかは分からない。一家はもう1匹のパグと猫も飼っているが、陽性になったのは人懐こいウィンストンだけだった。

動物の陽性反応としてはこれまでにニューヨークで猫2匹と動物園のライオンやトラ、香港で犬2匹の例が報告された。専門家らは、今のところ動物を介した感染拡大の形跡はないとしている。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35153124.html?ref=rss

【関連記事】
【新型コロナ】「ペットの犬から検出」香港政府が発表「前例がない」
IMG_9475


続きを読む

1: 2020/04/22(水) 06:37:56.68 BE:659060378-2BP(7000)
 かわいがっていた犬や猫が死んで悲しむ飼い主のため、ペットのクローンを作って販売する-。こんな小説のようなビジネスが中国で広がりつつある。北京のベンチャー企業が2018年から一般向けに始め、1匹数百万円と高額にもかかわらず、依頼が相次いでいる。ただ、クローン技術の商業利用には専門家から「生命の尊厳を脅かす」と規制を求める声も上がる。

FullSizeRender

 ふわふわした茶色い毛の小型犬がマンション内をところ狭しと駆け回る。「死んだ愛犬そっくり。性格まで似ている」。北京近郊に住む40代男性の李さんは満足そうに目を細めた。

 17年間飼ってきた雌のポメラニアンが死んだのは18年7月。「生後2、3カ月から育ててきた私にとって娘のような存在だった」。喪失感に苦しむ中、頭をよぎったのがクローンペットだった。死んだ犬の皮膚を冷蔵保存。昨年4月に北京のバイオベンチャー企業「北京希諾谷生物科技(シノジーン)」へ持ち込んでクローン作りを依頼した。

 同7月に生まれたクローンの子犬は2匹。想定外だったが「喜びが増えた。引き取らないわけにはいかない」。死んだ犬とは別の名前を付け、日々成長を楽しみにしている。

 クローンペットに対する批判は李さんも知っている。しかし「全ての科学技術には論争がある。クローンは成熟した技術で、倫理的にも問題はないと思う」と意に介さない。

「クローン技術を生かしてペットロスを解消したい」
 「ペットを亡くした飼い主の6割が心理的な病を患うという調査もある。クローン技術を生かしてペットロスを解消したいというのが私たちの思いだ」。シノジーン社の王奕寧・副総経理(44)は強調した。

 17年末からクローンペット事業に着手。18年7月から一般向けにクローン犬を作り始め、昨年7月からクローン猫も作っている。費用は犬が38万元(約580万円)、猫が25万元(約380万円)。昨年末までに犬46匹、猫4匹のクローンを誕生させた。

FullSizeRender

 クローンを作るにはまず、犬や猫の皮膚などから体細胞を採取する。皮膚は最低2ミリ四方が必要で、死後1週間以内に採取しなければならない。その後、体細胞から抽出したDNAを卵子に入れ、代理母の犬や猫の子宮に移植する。受注から6~10カ月後にはクローンを渡すことができるという。米国と韓国にもクローン動物を作る企業があるが「比較的安価に提供できるのが私たちの強み」と王氏は強調する。

 近年のペットブームを背景に、同社の顧客のほとんどは中国人が占める。中には愛犬を連れて中国を訪れ、クローン作りを依頼した日本人もいた。新型コロナウイルスがまん延した今年は、皮膚などを採取できない状態が続いているが、王氏は「中国国内の感染は収まりつつあり、クローンの作業も回復している」と話す。今年は80~100匹の受注を目標に掲げる。(以下ソースで)


ソース 西日本新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/036cd2a8346518a8c7c084265a34afae9da08a60
【関連記事】
中国企業、飼い猫のクローン化に初成功 1匹370万円也
IMG_9279


続きを読む

↑このページのトップヘ