動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 豆知識

1: Mr.名無しさん 2017/11/20(月) 07:26:23.62
内訳

サメ 10人
オオカミ 10人
クラゲ 40人
トラ 50人
ハチ 60人
ライオン 100人
ゾウ 100人
カバ 500人
ワニ 1,000人
サナダムシ 2,000人
カイチュウ 2,500人
サソリ 3500人
巻き貝 10,000人
サシガメ 10,000人
ツエツエバエ 10,000人
イヌ  25,000人
ヘビ  50,000人
人間 475,000人 (戦争など武力行使以外の殺人)

圧倒的に人間を引き離し、年間725,000人を殺している動物がいた。
1年で72万人も殺している動物とは、
マラリア原虫を媒介しているハマダラカ 「蚊」だった。

蚊に刺されて亡くなる代表的な病気が、マラリアだ。
マラリア原虫を保有しているハマダラカに刺されて感染する。

WHOのマラリアレポートによると、世界で年間約2億人が感染し、約43万人が亡くなる。
マラリア死亡者の90%が、サハラ以南のアフリカ地域に集中している。

発熱や脳炎を引き起こすウエストナイルウイルス、子どもが重症になりやすいデング熱も、蚊によって媒介される。
それでも蚊(830,000人)が人間(580,000人)を引き離し、圧倒的な多さだった。

動物による死亡者を「2015年のエイズか糖尿病の死亡者とほぼ同じ数」と説明。
「リストにあるもっと小さい生き物に比べたら、サメなどは恐ろしいものではない」としている。


蚊に刺されたら終わりなので毒ちゃんたちも注意してくれ・・・

続きを読む

1: 萌豚太郎 ◆ANIOTA.E5. 2018/07/07(土) 13:31:29.950 ID:yfg9W38mK0707
サソリはブラックライトを当てるとめちゃくちゃ光る

ちなみにウデムシとかカニムシみたいな他の陸棲の甲殻類に当てても光らない

続きを読む

1: 萌豚太郎 ◆ANIOTA.E5. 2017/11/18(土) 02:59:17.330 ID:fsrNgxe7K
アルマジロといえば「丸くなる」のを思い浮かべるが、世界に約20種いるアルマジロの仲間のうち丸くなれるのはたった二種だけ

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/01/03(水) 04:01:31.81 ID:ROeGlFyX0● BE:322453424-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
エビ類としては最大級の大きさを誇るロブスター。別名オマールエビと呼ばれる西洋料理の高級食材だが、そんなロブスターには寿命がないといわれている。ロブスターの臓器は年齢を重ねても劣化しないため、食欲・生殖能力・新陳代謝が落ちることがなく、理論上は永遠に生きることもできるそう。
つまり、外部的な要因(人間によって食べられたり、自然淘汰にあったり)がないかぎりは不死身ということになる。もちろん本当に寿命がないというよりは寿命が極端に長いと考えた方がよいだろう。ロブスターの大きさからその年齢を計算すると、100歳を超える個体が、イギリスやカナダなどの各地で確認されている

 中でも最も年齢が高いとされているものは、2009年にアメリカで見つかった体重9㎏の巨大ロブスターだ。その年齢はおおよそ140歳と推定されるそうだ。ロブスターの生命力すごい…。

http://wjn.jp/sp/article/detail/1424561/

続きを読む

1: 紅あずま ★ 2017/12/25(月) 00:02:50.18 ID:CAP_USER9
トナカイの赤鼻には理由があった!盛り上がる議論に終止符?
2017年12月24日 07時00分
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23200.html

http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/3/2/23200/Rentier_fws_1.jpg
赤鼻ではなく、アラスカのトナカイ(??Jon Nickles/ /Wikimedia Commons)

 今夜はクリスマスイブ。街にはまばゆいネオンがあふれ、楽しげなクリスマスソングが流れている。
そのひとつ「赤鼻のトナカイ」は、もともとは米国の児童書を下敷きにして作られた歌なのだが、あのトナカイには「ルドルフ」という名前が付いているのをご存知だろうか?
欧米では毎年この時期、赤鼻をめぐる議論が巻き起こるのだ。

 ニューヨークのロチェスター大学のジョン・カレン医師によると、トナカイは、厳寒の土地で体温を高く保つために、鼻先に毛細血管が人間よりも25%ほど多く密集しているためだと考えている。

 赤外線サーモグラフィーで撮影すると、一定量の運動を終えたトナカイの鼻は真っ赤になり、それはまるで寒さの中で鼻先が真っ赤になる人間のようだという。

 しかし今回、新説を唱えるのが英国自然史博物館の研究チームだ。
ハエの専門家であるエリカ・マカリスター学芸員は、
「ルドルフが赤鼻なのは、寒さだけではなく、トナカイヒフバエに寄生されていたからです」と言う。

 トナカイヒフバエとは、ミツバチのマルハナバチによく似ており、メスは北極のトナカイの鼻の粘膜に卵を産み付ける。
幼虫は気管から喉に寄生し、成長すると体外に出るために、トナカイの喉に刺激を与え、咳やくしゃみを引き起こす。
これが赤鼻の正体だと言う。

 トナカイヒフバエが宿主にするのは、トナカイだけでなく、牛や人間も狙われる。
寄生された牛は皮や肉、牛乳の味に影響を及ぼし、人間の場合は、緑内障やぶどう膜炎など、深刻な目の病気を引き起こす。

 そのため、赤鼻だったのはルドルフ1頭だけでなく、彼を笑い者にしていた仲間のトナカイも感染していたおそれがあるのだ。

http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/3/2/23200/Rudolph,_The_Red-Nosed_Reindeer_Marion_Books.jpg
赤鼻のトナカイの原案とあった米国の児童書『RUDOLPH THE RED-NOSED REINDEER』。
ルドルフはサンタ・クロースのソリを引く9番目のトナカイだった。

http://sp.hazardlab.jp/contents/post_info/2/3/2/23200/Single_Gene_Autry-Rudolph,_the_Red-Nosed_Reindeer_cover.jpg
米国コロンビア・レコードが1949年にリリースしたクリスマスソングのレコードだ。



▼関連スレ
【無残】クリスマス直前に...100頭超のトナカイ殺処分を命令 ノルウェー最高裁
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513945534/

続きを読む

↑このページのトップヘ