動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 豆知識

1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/16(木) 20:10:15.53 ID:FunpdlUC9

生後2カ月を過ぎるころ、ひどい風邪をひいてしまったカッツ。いつも眼ヤニや涙で、眼の周りがぬれていました 。

IMG_7237

冬になると人間界でも風邪が流行りますが、猫界でも冬はひどい風邪をひく季節です。特に地域猫達は猫同士の接触機会も多いため、大流行してしまい、回復が遅い傾向にあります。猫風邪は、人間の風邪とちょっと症状が異なり、眼の結膜に強い症状が出ます。その結果、目ヤニと鼻水で眼から鼻周りがドロドログジュグジュに…。猫は鼻が詰まると臭いがわからずに、格段に食欲が落ちてしまいます。

猫風邪というのは、いうなれば猫と病原微生物(病気を引き起こす細菌やウイルスなど)との闘いです。戦場は、感染初期は眼の結膜や鼻腔から喉の奥の咽頭、喉頭などです。そこで猫の白血球などを含めた免疫チームと微生物チームが戦い、猫の免疫チームが微生物チームを全滅させることができなければ、微生物チームはさらに猫の身体の深部に侵入します。『腹が減っては戦ができぬ』とはよくいったもので、猫の食欲が落ちれば栄養が体内に入ってきませんので、猫の免疫チームの給食も滞りがちになり、戦ができなくなって、微生物チームに負け越されてしまう可能性が大になります。何とか食べさせたいところです。

当院にも、鼻をブーブー鳴らした子猫ちゃんがやって来ました。そこで思い出しました。私の飼っているモシャモシャのメインクーンミックスの猫、カッツ(現在15歳)も昔、生後2~3カ月齢でひどい風邪をひきました。

IMG_7238

多くの子猫は、生れた直後から生後1~2カ月は風邪をひきません。なぜかというと…お母さんの母乳を飲んでいる子猫は、その母乳の中にいろいろな病原微生物をやっつけるための『免疫成分』という武器が入っているので、そのおかげで感染症から守られているのです。生後1カ月を過ぎると次第に母乳を飲まなくなり、そうするとお母さんから譲り受けた武器は日に日に目減りしていき、生後2カ月を過ぎるころには、外から入ってきた病原微生物を打ち負かすほどの威力はない武器しかなくなってしまいます。そのために、これまで風邪になどかかっていなかったのに、たちまち風邪にかかってしまうのです。

もちろん、お母さん譲りの武器にばかり頼っていては、いつまでも独り立ち出来ません。ですから、子猫は自分自身の免疫機能を完成させて、体内で病原微生物に立ち向かう武器の製造ラインを整備し始めます。ですが、これがお母さん譲りの武器が無くなるころには、まだまだ武器の製造量が少ないので、免疫成分の一番少ない『谷間』となってしまって、風邪にかかりやすい状態になってしまうのです。早期に武器の製造ラインの整備が完了していれば、風邪にかかることは無いのです。

しかし、生後2カ月といえば、お母さんの元を離れて、譲渡や販売などで新しい生活環境に連れていかれる時期と重なります。新しい生活環境では、慣れるまではいろいろなストレスがかかり、ストレスは病気に対する抵抗力を低下させ、病原微生物の侵入を防ぎきれないこともしばしばです。そして、ひどい風邪をひいてしまいます。

妹のキャンティ(右)と一緒に引き取ってきました。キャンティの風邪はすぐに治りましたが、カッツ(左)はいつまでも涙目です。
IMG_7240

生後3カ月ごろ
IMG_7241

一般的には10~20日程度で猫風邪の症状は改善することが多いのですが、子猫や抵抗力の落ちた一部の猫では、風邪が治りきらずに結膜や鼻の粘膜に病原性微生物が居残ってしまいます。そうなると、年単位でいつも鼻汁を垂らしている、鼻が詰まっているといった慢性の細菌性鼻炎、副鼻腔炎、あるいは結膜炎になってしまいます。

カッツも、生後2カ月を過ぎるころ、猫風邪と真菌症(水虫のような皮膚病)というダブル感染症にかかってしまい、その後生後6カ月ごろまでは、それはひどい鼻つまりでした。


全文はソース元で
https://maidonanews.jp/article/13038284


【関連記事】
愛猫のためにも、あなたのためにも... 猫は室内で飼育する方がはるかに良いとする研究報告
IMG_7242


続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/15(水) 11:30:55.52 ID:BuYVde8f9

猫の体にも人間同様“ツボ”がある。愛猫をなでる際、ツボを意識して触るだけで、気持ちよくしてあげられるだけでなく、体調管理にもなるという。そこで、飼い主が知っておきたい猫のツボとマッサージ法を紹介する。

IMG_7158

「猫も人と同様、ツボがあります。その数はわかっているだけで361か所以上。なでる際は、これらのツボを意識しましょう」

 とは、東小金井ペット・クリニック院長の青沼陽子さんだ。

「ツボは“経絡”という気やエネルギーの通り道の上にあります。ツボを刺激することで血行がよくなり、免疫力が高まるなどの効果が期待できるため、健康維持におすすめです」(青沼さん・以下同)

 ツボを意識しながらスキンシップを取れば、愛猫の病気予防もできるというわけだ。

「不調があると、それに関連するツボの周辺は凝ったようにかたくなります。こういった場合、凝りをほぐそうとグリグリと強く押すのではなく、円を描くようにやさしくなでてあげましょう。それだけでツボは充分刺激されます」

 マッサージは1日5~10分と短時間でよい。食後は避け、猫がリラックスしている時に行おう。さらに飼い主の手が冷たいと猫がびっくりしてしまうので、マッサージの際は手を温めてから始めるのがおすすめだという。

 具体的にツボを意識したマッサージの方法を紹介する。大前提として、猫が体を触られるのを嫌がっている場合は、無理強いしないこと。

 いきなり体をマッサージするのではなく、顔まわりから触れ始めると猫もマッサージをさせてくれやすくなる。

「体を触られるのは嫌だけど、顔は平気という猫は多いんです。さらに顔まわりにはツボも多く、特に耳周辺にはツボが集中しているので、耳を軽くつまんでもんであげるだけでも効果的です」

 顔のマッサージをする際は、猫の顔を両手ではさみ、顔の中心から外側へ向かって、皮膚をゆっくりと動かすようになでるとよい。その時、頭頂部の中央(左右の耳の間)にある「百会」のツボと、鼻の左右横にある「迎香」のツボ、左右の耳の後ろにある「風池」のツボを意識してなでると、リラックスするという。

「お腹を触ると嫌がる場合は、温かいタオルや 低温のカイロなどを利用して、ツボ周辺を温めてあげると、マッサージと同等の効果が得られるのでおすすめです」

 日頃からツボを意識してなでてあげれば、愛猫との絆はもっと深まるはずだ。

https://www.news-postseven.com/archives/20200115_1524016.html


【関連記事】
ネコはなぜ前足で「ふみふみ」するのか
FullSizeRender


続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2020/01/01(水) 11:27:09.68 ID:fih2rsz00● BE:844481327-PLT(13345)

2020年はねずみ年。沖縄市の沖縄こどもの国では、国内最大のネズミのケナガネズミが飼育されている。
飼育に取り組んでいる動物園は全国唯一といい、園の担当者らは「生息数や平均寿命など不明な点が多い。生態を調べ、最終的には繁殖にも成功できれば」と期待している。

IMG_6819

ケナガネズミは国指定天然記念物で絶滅危惧種に指定されている。本島北部と奄美大島、徳之島だけに生息し、体長22~33センチ、体重約500グラムほど。
尾は24~37センチと長く、先端から半分ほどは白くなっている。夜行性で主に樹上で活動し、これまでほとんど調査研究されてこなかった。

同園は環境省や文化庁の許可の下、14年に雄の「ドン」と雌の「グリ」の飼育を始めた。巣箱や餌を食べる場所の周辺に8台のカメラを設置し、24時間録画している。

当初から飼育に取り組む同園獣医師の金城輝雄さん(56)によると、午後6時~8時ごろに動き始め、日の出の1~2時間前後に巣箱に戻ることが多いという。
金城さんは「繁殖期の9~2月ごろには『クエークエー』『キッ!』と大きな声で鳴き、2匹の間で『鳴き交わし』も見られた。健康状態を日々チェックするため、餌を近くに置いて体重計に乗せるなど、試行錯誤した」と振り返る。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/517183


【関連記事】
世界一高い場所にすむ哺乳類 なんとネズミ
IMG_6821


続きを読む

1: 靄々 ★ 2019/12/18(水) 03:21:18.73 ID:DUAwGCLL9
猫がウンチをしたあとに「ニャ~」と鳴くのはどうして?

IMG_6737

猫はさまざまなシチュエーションで鳴いて気持ちを伝えようとするものです。ウンチをしたあとに「ニャ~」と鳴くこともありますよね。今回はその理由を、ねこのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみることに。また、そのほかに考えられる、ウンチをしたあとに鳴く理由もあわせて解説します。

Q.どうしてウンチをしたあとに鳴くの?
A.理由はさまざま。猫の様子を観察して要望をかなえてあげて。

排便後にすっきりして鳴く子もいれば、少し興奮したことで鳴く子もいるでしょう。また、排便を褒めてほしくて飼い主さんにアピールすることや、お掃除をしてほしくて知らせることもありますよ。そんなときは、愛猫の様子を観察し、それにあった対応をしてあげましょう。

上記のように、猫がウンチをしたあとに鳴くのには、いろいろな気持ちが隠されていることがわかりましたが、実はほかにもいくつかの理由が考えられるようです。

子猫気分になっているから
子猫はウンチをしたあとに「ニャ~ニャ~」と鳴きます。すると、それを聞いたお母さん猫がやってきて、子猫のお尻を舐めてキレイにしてくれます。「ねこのきもち」2016年6月号『愛猫の行動、こんなふうに思っていませんか?  嗚呼、ありがちカンチガイ23』によると、成猫になってもウンチをしたあとに鳴くのは、このやりとりの名残と考えられるそうです。
つまり、お母さん猫に対して、お世話を求める子猫気分になっているのでしょう。

IMG_6738

不安な気持ちから鳴くことも?
「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『猫の鳴き声~鳴き声の種類・理由、鳴くときの気持ち、注意すること』によると、猫は野生時代の名残から、トイレの前後に興奮状態になることがあるのだそう。また、排泄時は無防備になるため、敵に狙われていないか不安な気持ちになって鳴くことも。
ほかにも、トイレ砂でウンチを隠してみたものの、なんだか落ち着かなくて不安になり、鳴き声をあげる場合もあるようです。

「ニャ~」と鳴いたら猫の気持ちを見極めよう
愛猫がウンチをしたあとに大きな声で鳴く姿を見ると、「早く片付けてほしいのかな?」と思う飼い主さんは多いでしょう。しかし、それだけではなく、さまざまな気持ちが隠されていたのですね。もし愛猫がウンチのあとに「ニャ~」と鳴いたら、ぜひその理由を考えてみてください。
不安から鳴いているようであれば、トイレ環境なのか同居猫との関係性なのか、日頃の様子を観察しておき、それにあった対応をしてあげましょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191217-00012872-nekomag-life


【関連記事】
猫が「ニャー」と鳴く意外な理由 
IMG_6739



続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/12/23(月) 23:59:04.53 ID:CAP_USER

巨大な餌をのみ込んだオニボウズギス。深海では食物が非常に乏しいため、このように進化したと考えられる。
IMG_6718

ほお張れば食料に困らない? 生き物たちの生存戦略5選

 動物たちにとって、食物を見つけるのは簡単ではない。鋭い感覚に優れた身体能力、そして運も必要だ。

ギャラリー:食料難でも大丈夫? 体内に餌を蓄える生物5選
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/103100732/?P=2

 飢えを避けるために個性的な戦略を進化させてきた生き物もいる。食物を体内に蓄えるのだ。

 おそらく最もわかりやすいのは、シマリスだ。その大きな頬袋に、集めた木の実や種を入れている。シマリスの仲間25種は、長い冬に備えて脂肪を蓄えるのではなく、膨らむ頬に餌を貯め込む。
FullSizeRender

「食物を貯蔵するというのは、かなり高度な習性です」と米ノバサウスイースタン大学の海洋生態学者トレイシー・サットン氏は話す。氷点下になる気温やはるかな深海など、「食物がわずかな環境に生息する動物にとって、生態学上の重要戦略なのです」

 こうした適応について研究することは、野生生物がいかに環境変化に対処するかを知る手がかりになる。

 食料を常に携帯する面白い動物たちを紹介しよう。
オニボウズギス
IMG_6718

 深海魚のオニボウズギスは、自分よりはるかに大きな獲物を捕食し、まるで食料品袋のようにぶら下がった胃の中で、餌を消化しながら持ち運ぶ。

 オニボウズギスが生息するのは深海。食物が乏しいため、おそらく「食べられる時に食べる」戦略で、体に収まりきらないほど食べるのだ。また、生物の少ない深海では、脅威にさらされる恐れなく、時間をかけて大きな獲物を消化することができると、サットン氏は言う。

 これまで、生きているオニボウズギスをとらえた映像はなく、将来映像にとらえられることを願っているとサットン氏。死後に標本を調べることがほとんどであり、「私たちの深海の知識は、ほぼ法医学的なものです」

「たとえ泳ぎ方などの単純なことでも、自然の行動を観察できれば、その空白を埋める助けになるのです」
ミツツボアリ
FullSizeRender

 ミツツボアリは、オーストラリアやアフリカ南部、メキシコなど、世界中の乾燥した気候に生息している。

 この特殊なアリは、花の蜜や樹液、別の昆虫(アブラムシ)が分泌する甘露と呼ばれる甘い物質を、体いっぱいに蓄える。干ばつや乾期の時には、一部のアリが、自身の「蜜つぼ」を成長させ、群れ全体を支える。

 ミツツボアリは、腹部(体の最後部)が甘いものでパンパンになるまで、ひたすら食べる。その後、地下にある巣の天井からぶら下がり、蜜を吐き戻して空腹の仲間に餌を与える。


ペリカン
FullSizeRender

 ペリカンは、魚を巨大なくちばしの袋に蓄えるのではなく、すぐにのみ込んでしまう。この袋はほぼ水で満たされており、頭を後ろに傾ければ、食物をのみ込む前に排水できる。

 ペリカン全7種のほとんどは、南極大陸を除く世界中で見られ、「一列または集団で泳いで魚を一塊にまとめて、共同で狩りを行います」と米国立鳥園の鳥類学者ボブ・マルビヒル氏は話す。その後、獲物を囲い込んだり海岸線に追い込んだりして、くちばしを網のように使い餌をとるという。

 例外は北米に生息するカッショクペリカンで、水中に飛び込んで魚を捕まえる。
ウツボカズラ
FullSizeRender

 東南アジアとオーストラリア最北端の原産のウツボカズラ属の食虫植物は、葉が袋状の罠になっており、昆虫やサンショウウオ、さらには小型哺乳類さえも捕まえる。

 その葉には、おいしい死肉のように見える色の斑点が付いている種もあり、獲物を内部に誘い込む。内側は滑りやすく、縁は突き出ており、中に落ちたものが出られないようになっている。

 底には消化液がたまっており、獲物は溺れ死に、ゆっくりと分解される。このおかげで、食虫植物は、栄養が乏しい地域でも繁栄できている。


【関連記事】
日光が届かない暗闇にすむ深海魚が色を見分ける能力を持っていた 常識覆す能力を遺伝子解析で発見
IMG_6723


続きを読む

↑このページのトップヘ