動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 野生

1: ガーディス ★ 2019/10/13(日) 16:08:31.71 ID:ptMysCZ69
台風19 号の影響で被害が相次いだ2019年10月13日、関東地方を流れる利根川流域で大量のイノシシが走り去る姿を映した動画がツイッターで投稿された。

IMG_4849

ツイートは同日13時30分時点ですでに7万1000回以上リツイート(拡散)されており、話題を呼んでいる。

「人間よりリスクマネジメントできてるなぁ」
投稿したのはツイッターユーザーのこた2(@nextstage_002)さん。動画は13日の早朝6時ごろ、千葉県柏市の利根川橋付近で撮影された。

「大量のイノシシが増水した利根川から避難してた!!」
と、こた2さん。朝焼けのなか、列をなして利根川を泳ぐイノシシたち。群れのリーダーと思われる1頭を先頭に河川敷に降り立ったかと思いきや、息つく間もなく10頭ほどのイノシシが画面を横切るようにして走り去って行った。

こた2さんによれば、「私自身は映像の周辺でイノシシを見かけたことはありません」とのことで、かなり珍しい光景だったようだ。

このツイートにはこんな反応が寄せられている。

「猪突猛進て言うけど、ほんとにひたすら真っ直ぐ走って行きましたね!どこに向かったのか...」「人間よりリスクマネジメントできてるなぁ」「なんだか映画のワンシーンようですね」
本能がそうさせるのか、利根川の増水から避難するかのように走り去っていったイノシシたちの姿に感心した声もあがった。

一方、「映画のワンシーンのよう」「この動画は、今年で一番感動したかもしれません」と朝焼けのなかを必死に走る姿に感銘を受けた人もいたようだ。

柏市では10月13日14時30分時点でも洪水警報が発令されており、引き続き警戒が必要だ。

※動画あり
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17227000/



【関連記事】
【泳ぐイノシシ】18府県110島に上陸 農作物の被害深刻
FullSizeRender



続きを読む

1: 蜜マメ ★ [HR] 2019/10/09(水) 15:57:48.84 ID:CAP_USER9
 ガイド歴23年のパトリック・ヌジョブー氏にとって、ザンビアのサウスルアングワ国立公園で車を走らせるのは、いつものことだ。しかし、この日は違った。

 7月のある朝、ヌジョブー氏が車でツアー客をガイドしていると、ルアングア川からカバが現れ、睡眠中のブチハイエナに近づいた。ハイエナはすぐに目を覚ました。

「ハイエナは逃げませんでした」と、シェントン・サファリズのヘッドガイドを務めるヌジョブー氏は、ナショナル ジオグラフィックの取材に対しメールで説明した。「2頭は鼻を突き合わせ、互いのにおいをかぎ始めました。まるでキスしているようでした」。若い2頭は20分ほど一緒に過ごした。鼻と鼻が触れ合い、ハイエナはある時点で、あおむけに姿勢を変えた。「本当にとても不思議な光景でした」

IMG_4786

 ヌジョブー氏はサファリツアーの公式ブログで「ハイエナとカバの情事」と紹介しているが、専門家たちによれば、若さゆえの好奇心による可能性が高いという。(参考記事:「動物大図鑑 カバ」)

「あくまでも推測ですが、若いカバはハイエナに興味があったのだと思います。そして、カバが攻撃的でなかったため、ハイエナは身の危険を感じることなく、逃げ出さなかったのでしょう」と、英エクセター大学の行動生態学者ロブ・ヒースコート氏は言う。(参考記事:「【動画】ワニと遊びたくなったカバの子、結末は…」)

 若い動物が好奇心旺盛なのは、限界を試し、未知なるものについて学ぶためだ。「ただし、この交流が何を意味しているのか、実際のところはわかりません。このようなことはめったになく、本格的に研究されていないためです」

キスの可能性は?

続きはこちらで↓
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/092600554/?ST=m_news



【関連記事】
ヒョウとハイエナが仲良く食事?だが意外な結末に
FullSizeRender



1: 靄々 ★ 2019/10/07(月) 22:48:10.20 ID:hfZRp57j9
畑のワナにツキノワグマ 嫌がるスプレー掛け、丹沢に放す

FullSizeRender

 県は7日、伊勢原市子易の畑に仕掛けたわなに、県の絶滅危惧種に指定されているツキノワグマ1頭がかかった、と発表した。クマが嫌がるスプレーを吹き掛け、人間に近づかないよう学習させた上で丹沢山中に放った。

 県湘南地域県政総合センターによると、7日午前6時ごろ、わなにかかった体長136センチ、体重92キロのオスを発見、市に連絡した。同市子易の住宅近くで9月中旬から、カキやクリを食べた痕跡が確認されていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000018-kana-l14
10/7(月) 21:10配信カナロコ by 神奈川新聞


【関連記事】
【神奈川】イノシシのわなに絶滅危惧種のツキノワグマかかる 相模原市緑区牧野の山中
IMG_4732



続きを読む

1: しじみ ★ 2019/10/02(水) 12:52:35.96 ID:4m0ZkqS49
(CNN) オーストラリア南東部のビクトリア州は1日、ペットフードへの使用を目的としたカンガルー猟を正式に解禁すると発表した。

IMG_4713

同州の「カンガルー狩猟プログラム」は、5年間の試行期間を経て正式に発足する。

カンガルーは、外国人から見ればオーストラリアを象徴する可愛いシンボルだが、国内では作物を荒らしたり自動車事故を引き起こすなどの被害が深刻化している。

そこで州は、狩猟免許を持つハンターによるカンガルー猟の解禁に踏み切った。死骸はペットフードの材料として、事業免許を持つ業者に販売できる。

同制度の目的は、カンガルーの頭数を抑制し、無駄を減らし、雇用を支え、カンガルーを害獣とみなす農家を支援することにある。ビクトリア州農業局長は、「カンガルーの個体数を健全なレベルに保ち、作物を食べたり器物を損壊したり、餌や水を家畜と争ったりするカンガルーに農家が圧倒されないようにする」と説明する。

制度の策定に当たっては、5年間の試行期間で得た教訓を生かし、カンガルーの生息数が多い7カ所を「狩猟区域」に指定した。

狩猟の規模を持続可能なレベルに保ち、動物保護基準を満たすため、ハンターによる狩猟の対象となるカンガルーの頭数は各区域ごとに上限が決められている。

狩猟が可能な頭数の割り当ては、カンガルー生息数調査をもとに州が毎年更新する。

https://www.cnn.co.jp/world/35143405.html



【関連記事】
見たことがない惨事……海岸の町にカンガルー20匹の死骸、ひき逃げか
IMG_4714



続きを読む

1: サニーくん(宮崎県) [US] 2019/10/05(土) 10:51:55.93 ID:+MXbaGxa0● BE:512899213-PLT(27000)

 市内在住の渡辺充さんがアライグマによる相模川河川敷の環境破壊に警鐘を鳴らしている。座間市でも近年、アライグマの捕獲数が増えているという。 

IMG_4690

 特定外来生物に指定されているアライグマ。生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害を防止し、
生物の多様性を確保することなどを目的に、特定外来生物は防除することとなっている。 

 神奈川県も「第3次アライグマ防除実施計画」に基づき、アライグマの生息分布域の縮小と個体数の減少を目標として、アライグマの防除を進めている。 

 渡辺さんは2009年ごろから相模川水系の半水棲カニ類(ベンケイガニ、アカテガニなど)の著しい減少に気づいた。
足跡や糞などから要因はアライグマによるものと断定し、2012年からアライグマの捕獲を開始した。

以下ソースを参照下さい
https://www.townnews.co.jp/0403/2019/10/04/500764.html



【関連記事】
外来アライグマ、生息適地はもっと広がる 温暖化でさらに北上
IMG_4691



続きを読む

↑このページのトップヘ