動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 野生

1: しじみ ★ 2019/04/09(火) 21:55:36.86 ID:CAP_USER
■動画
Ninja Rat Escapes Snakes https://youtu.be/F-xrQdskea0



■噛まれても蹴って脱出、空中で積極的に蹴っているのがわかったのは初

米国アリゾナ州ユマ市外の砂漠に暮らすモフモフのおチビさんたちにとって、晩ご飯を探すことは、地雷原をおそるおそる歩き回るのと同じだ。

 なぜなら、ヨコバイガラガラヘビが砂の中にじっと身を潜めていて、好物のカンガルーネズミが近づくのを待っているからである。

 ところが、3月27日付けで学術誌「Biological Journal of the Linnean Society」および「Functional Ecology」に掲載された2本の新たな論文によると、カンガルーネズミ(Dipodomys deserti)は今まで考えられてきたほど無力なわけではないようだ。彼らはヨコバイガラガラヘビ(Crotalus cerastes)からの攻撃を0.1秒かそれ以下のレベルで察知し、強力な後ろ脚のジャンプで危険から逃れることができる。

 しかも、ヘビに噛まれてしまったときでさえ、毒を注入される前に相手を蹴飛ばして、脱出に成功することもある。空中で回転しながら空手キックをかますカンガルーネズミは、まるで小さな忍者のようだ。

 そんな離れわざができるのも、カンガルーネズミの素晴らしい平衡感覚のおかげだ、と論文の著者で、米サンディエゴ州立大学の行動生態学者ルーロン・クラーク氏は話す。

 クラーク氏の調査チームは、この行動を何年にもわたって調べてきた。そしてついに、スローモーションカメラ技術の向上によって、知られざる砂漠の決闘の詳細を明らかにした。

 カンガルーネズミのジャンプは、単に驚いて適当に飛び上がるだけではない。そこが、他の多くの獲物と異なる点だという。

「複雑で、優雅と言ってもいいでしょう」とクラーク氏。「ジャンプと回転とキックを組み合わせたバレエのような動きです」

■「今まで記録されたことのない、新しい行動」

 さらに注目すべきなは、ヨコバイガラガラヘビの狩りが失敗に終わる多さだ。(参考記事:「毒ヘビの狩りは知能的、ムカデとトカゲで別の戦略」)

 クラーク氏らは幾夜も砂漠で過ごした結果、13匹のヨコバイガラガラヘビによる攻撃を32回ビデオに収めることに成功した。驚くことに、ヘビが実際にカンガルーネズミに噛みついた回数は半分に満たず(15回)、毒を注入しネズミを食べたのは、そのうちわずか7回だった。残りの8回は、カンガルーネズミが空中でヘビに蹴りを入れ、逃げ出したのだった。

 カンガルーネズミがヘビに噛まれずに済んだ17回のうち、噛みつかれる前に跳んで攻撃を避けたのが11回、そもそもヘビがカンガルーネズミとの距離の目測を誤って攻撃を外したのが6回だった。

 また、ヨコバイガラガラヘビの攻撃の速さは、狩りの成功と相関しないこともわかった。つまり、速さよりも正確さが重要だったわけだ。それに、たとえヘビの狙いが正確だったとしても、カンガルーネズミが素早くヘビの顔を蹴りつければ、攻撃を無力化できる。

「ヘビの攻撃は、銃から放たれた弾丸のようなものです」と話すのは、カリフォルニアジリスとオレゴンガラガラヘビの間の似たような関係を研究してきたブリー・プットマン氏だ。「いったん攻撃を開始すると、軌道を修正できません」。なお、同氏は今回の研究には関わっていない。

 そのため、ヘビに狙われる多くの動物が、攻撃から逃れるために横に逸れたりジャンプしたりする方法を進化させてきた、とプットマン氏は言う。同氏は米カリフォルニア大学ロサンゼルス校とロサンゼルス自然史博物館で博士研究員を務めている。

「今回の研究で本当にすごいのは、(カンガルーネズミが)空中で積極的にヘビを蹴っているとわかったことです」とプットマン氏は話す。「これは今まで記録されたことのない、新しい行動です」

続きはソースで
IMG_1695

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/040900213/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/04/05(金) 08:39:56.77 ID:CAP_USER
■このままではセンザンコウの二の舞と専門家

 ヤマアラシが乱獲されている。目当ては、消化管内で未消化の植物が固まった「ベゾアール」と呼ばれる胃石だ。野生生物取引の専門家によれば、ヤマアラシは東南アジア全域で危険にさらされているという。

 ヤマアラシの需要があるのは、主に中国。ヤマアラシの胃石に強力な薬効があり、糖尿病やデング熱、がんを治すことができると一部で信じられている。ただし、胃石の治療効果を裏づける科学的証拠は存在しない。

 胃石はそのままか、あるいは粉末状で販売され、数オンス(1オンス=約28.35グラム)で数百ドル、さらには数千ドルの値が付く。特に珍重されるのは深紅の「血の色」をした胃石で、最も薬効が高いと信じられている。野生生物取引の監視団体トラフィックが2015年に公表した報告書によれば、胃石の価格は「がんが治るという宣伝の効果で近年、急騰している」という。

 ヤマアラシの密猟の規模は不明だが、トラフィックや英国の環境調査エージェンシー(EIA)、米国の野生生物保護協会(WCS)が調査を求めている。東南アジアに生息するパラワンヤマアラシやマレーヤマアラシは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで個体数が減少中と評価されているが、絶滅危惧種にはまだ指定されていない。

「これらの種は悲痛な声を上げていますが、保護コミュニティーはあまり注目していません」と、野生生物取引のデータを集めているカナダの団体、モニターの事務局長クリス・シェファード氏は話す。ヤマアラシの「現状は、かつてのセンザンコウとよく似ています。15年前、センザンコウは誰にも知られていませんでした。野生での状況や、取引状況を早急に調査する必要があります」(アジアとアフリカに分布するセンザンコウは、世界で最も取引が盛んな哺乳類と考えられている。うろこの需要が高く、中国伝統医学に広く使用されている)。

 シェファード氏は東南アジアを中心に、25年前から野生生物取引を追跡しており、生きたヤマアラシが中国へ大量に密輸されているという報告を何度も受けている。密輸されたヤマアラシは命を奪われ、胃石を取り出すために腹部を切開されるそうだ(トラフィックの専門家によれば、消化管に胃石を持つヤマアラシは10匹中1匹程度だという)。

「クマの胆のうの取引を調査していると、ヤマアラシを見かけることがよくあります」とシェファード氏。国際取引と国内取引のルールや分類が統一されていないことが、ヤマアラシの密猟や違法取引を助長していると語る。しかし現在のところ、東南アジアのヤマアラシは、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES、通称ワシントン条約)」で取引を禁止されていない。

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/040400205/ph_thumb.jpg
IMG_1529

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/040400205/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/03/26(火) 15:51:12.30 ID:CAP_USER
 家畜伝染病・豚(とん)コレラの拡大を防ごうと、野生イノシシにワクチンを与える日本初の試みが動き出した。えさに仕込んで山中に埋め、鼻で掘り起こすイノシシの習性を利用してワクチンを食べさせる狙いだ。だが、えさの味はトウモロコシベースの「欧州仕様」。米ぬかに親しむ日本のイノシシの胃袋をつかめるかどうかが、成否の鍵を握る。

IMG_1487

 「作戦」の舞台は、豚コレラウイルスが広まっているとみられる岐阜、愛知両県の山中だ。24日から数日かけて、最大で約4万個をまく計画。他の動物に食べられないように深さ10~15センチの穴を掘り、3~4個ずつ入れる。まとめて埋めると群れで有力なイノシシが独占しかねないため、約1万個の穴が必要になるという。

 ワクチンは5日間ほどしかもたず、食べたかどうかの確認のためにも回収する必要がある。小枝を地面に刺すなどして目印を付けながらの作業となる。

 岐阜県では18日から、地元猟友会が穴を掘り、まずはえさだけをまいてきた。「ここに来れば、おいしいものが食べられる」とイノシシに知ってもらうための餌付けだ。

 今回使われているのは、ドイツ製のえさ型ワクチンだ。甘い香りを発する、クッキーのような縦横4センチの固形物で、ココナツ油などを含むトウモロコシ粉の皮でワクチンを包んでいる。

 両県で研修にあたった、製造元のエイドリアン・フォス博士(56)によると、使用実績があるドイツなどではトウモロコシはイノシシになじみが深い。狩猟の際、おびき寄せるえさ場でも使うという。

 ただし、今回の地域のイノシシにとって、トウモロコシは未知とみられる。岐阜県の猟師によると、日頃わなで使っているのは米ぬか。そこで猟師らは今回、山を毎日訪れて、米ぬかとトウモロコシなどを混ぜたえさを散布。約1週間で徐々にトウモロコシの比率を上げてきた。

 県の担当者は「トウモロコシ入りのえさを食べてくれた場所もあった」と胸をなで下ろすが、県中南部の70代の猟師は担当した場所について、「小鳥がついばんだ跡があったくらいでシシ様は食べなかった」と語る。「トウモロコシが気に入らないのか、消毒液の臭いがする長靴で毎日立ち入るから警戒されているのか。シシ様は賢い」

 春の訪れも不安材料だ。猟師も県職員も「ライバルはタケノコ」と話す。イノシシは地表に芽が出る前の軟らかいタケノコを上手に探って食べるといい、その時期は迫っている。食材が周囲にあふれれば、見向きもされない恐れがある。

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190324001500_commL.jpg 

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/03/28(木) 15:47:35.99 ID:CAP_USER
  南米エクアドル沖に浮かぶ自然豊かなガラパゴス諸島(Galapagos Islands)では、国立公園の管理官とボランティアの人々が手袋と大きな袋だけを武器に、島々の環境や特有の生物群に悪影響を及ぼすプラスチックごみと闘っている。

IMG_1423

 エクアドルの西方約1000キロに位置するガラパゴス諸島の海岸には、大量のプラスチックごみが流れ着く。そこでは最終的に、諸島の固有種の生物がプラスチック微粒子を体内に取り込んでしまう。他の国々や大陸の大都市で廃棄されたごみに由来することが多いこれらのプラスチック微粒子は、ガラパゴス諸島に生息するイグアナやカメ、鳥や魚にとって最大の脅威の一つである可能性があるのだ。

 ガラパゴス国立公園局(PNG)の海洋生態系専門家で生物学者のジェニファー・スアレス(Jennifer Suarez)氏はAFPの取材に対し、プラスチック微粒子は食物連鎖の一部となり、「それを人がどこかで食べることも考えられる」と話した。

 海に浮かぶ、ボトルや袋、容器やふた、漁網などは、太陽光線と海の塩分によって小さな破片へと分解される。これらプラスチック製品は肉眼では固くて壊れないように見えるかもしれないが、何度も岩に打ち付けられたり波の力で打たれたりすると微粒子として剥がれ落ち、その後、生物によって摂取される。

 毎年、過酷な暑さと照りつける日差しの中で遠征調査団がガラパゴスの砂浜を訪れ、人に起因する環境被害を調べている。対象となるエリアには、絶滅危惧種を含む多くの生物が生息しているが、調査では、靴、ライター、ペン、空き缶、成人用玩具などのごみが見つかるという。

 AFPの取材班は、イサベラ島(Isabela Island)北端のプンタ・アルベマルレ(Punta Albemarle)での清掃活動に密着取材した。この無人地帯でも、遠く離れたさまざまな地域から流れ着いたごみが見つかっている。

 PNGのホルヘ・カリオン(Jorge Carrion)所長は、「集められたごみの90%以上はガラパゴスの活動ではなく、南米や中米に由来しており、またアジア地域とのかかわりを示すごみも多い」と説明した。

 国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(World Heritage)に指定されている人口約2万5000人のガラパゴス諸島は近年、プラスチック製品の使用に関する規則を厳しくした。

 今年はすでに8トンのごみが収集されている。2018年は1年間で24トン、2017年は同6.5トンだった。

 公園管理当局では、ごみの影響を受けた動物に関する記録簿を作成している。これまでに、使用済み紙おむつやレジ袋を使って巣作りをする海鳥のコバネウや、ごみの山に埋もれた状態で見つかったカツオドリの死骸などが記録されている。

■「良心に訴える」

 その他、ウミガメがかみついたとみられるプラスチック袋も見つかっている。ウミガメにとって重要な捕食対象であるクラゲと勘違いしたのだろう。

 清掃ボランティアのシャーリン・スニガ(Sharlyn Zuniga)さんは、「人が大量のごみを見境なく海に投棄してきたため、人跡未踏の海岸にもごみが打ち上げられるようになった。そこに人の姿はないが、ごみは散らばっている」とAFPの取材で話した。

 ガラパゴス群島での清掃活動で集められたプラスチックごみを詰めた大きな袋は、焼却処分するためにエクアドルに送られる。「これらの場所に蓄積したごみが分解して微粒子になるのを防ぐために、われわれはごみを取り除いている」と、PNGのスアレス氏は話す。

 2019年中に収集されるごみの量は、2018年と同程度になると予想されている。今後、ごみの量が次第に少なくなることを期待しているというカリオン所長は、「単なるごみ収集から次の段階へ進む必要がある。人々がごみを海に捨てるのを止めるように、世界規模で良心に訴える必要がある」とコメントした。(c)AFP

https://lpt.c.yimg.jp/im_siggd_vCKndnYaINvWcrV5nVew---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20190327-00000032-jij_afp-000-view.jpg 

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/03/17(日) 01:09:19.05 ID:DwiP0bi09
http://karapaia.com/archives/52272028.html
 重要な任務を帯びて、4頭のタイリクオオカミ(Canis lupus)がカナダから、アメリカ・ミシガン州にあるアイル・ロイヤル国立公園に降下した。

IMG_1193

 ヘリコプターで舞い降りたカナダ出身の4頭組のミッションは、スペリオル湖最大の島に生息するヘラジカの群れを監視することだ。
ここでは肉食獣がいないために、ヘラジカの個体数の爆発が問題となっている。

 同時にオオカミたちはもう1つの任務も負っている。それは、島のオオカミの個体数を増やし、「再野生化」することだ。
昨年9月にすでにオオカミのペアが導入されていたが、今回のオス1頭、メス3頭の4人組はそこに新しい仲間として加わることになる。
天然資源省の計画では、今後3、4年で14~24頭のオオカミを導入することを見込んでいる。

■気候変動の影響でオオカミが激減
 かつてアイル・ロイヤル国立公園は、年に50日間ほど氷の橋で本土と地続きになるのが常だった。
野生のオオカミはこれを渡って、島に渡ることができた。
しかし温暖化の影響で、この氷の橋が現れなくなってしまった。
その結果、1980年には50頭いたオオカミが、2016年にはわずか2頭にまで減ってしまったのである。

 これが島のヘラジカに影響した。
オオカミが減少した一方で、これ幸いとばかりにヘラジカは激増。
エサとなる植物をめぐる争いが激化するようになり、数千頭が飢え死にするという事態まで生じてしまった。

今回のミッションは、こうした状況を改善IMG_1194

することが目的なのである。


■意外にも難しいオオカミの適任者選び
 しかし、このミッションをきちんと遂行できるオオカミを探すことは予想以上に難しかった。
「罠にかかってしまうようなオオカミではダメなんです。そうしたオオカミは高齢か幼いか、それか怪我をしていますから」
とプロジェクトの中心人物であるミシガン工科大学のジョン・ブセティッチ氏は話す。

 また派遣される動物へのストレスも考えねばならなかった。オオカミはまったく見知らぬ仲間と一緒に、見知らぬ土地へ送り込まれるのだ。
「オオカミは群れで生きています。イヌが行ったこともない土地に放り込まれるようなものです。
それに初対面の相手にはとにかく警戒する生き物ですし、初めての土地でエサを見つけるのだって大変でしょう。ストレスだらけですよ。」

■オオカミ保護の見直しを進める米政府
 アイル・ロイヤルへのオオカミの再導入が進む一方、米政府は絶滅危惧種法による保護の見直しを行なっている。
報告によると、オオカミは農家に駆除され個体数を減らしたために1970年代に保護リストに登録されたが、
現在、米魚類野生生物局は保護対象から除外することを検討しているという。
ワイオミング州ではすでに除外。五大湖西部でも2011年に一時的に除外され、2014年に再登録された。

魚類野生生物局はこうした対応について「保全政策の成功事例」と主張しているが、「国中のオオカミに死刑宣告をするもの」という批判もある。

■たくましく生きるオオカミたち
 なお、アイル・ロイヤル国立公園のオオカミについては、万事順調なようだ。
「捕獲や島に放って数時間のうちに見せるオオカミたちの適応力の高さには舌を巻きます。すぐに群れの仲間を追い始めるんですからね」
とアイル・ロイヤル国立公園のマーク・ロマンスキさんは話す。

「オスは体重40キロもありますがヘラジカを見つけたとき、何をするべきか間違いなく心得ていますよ。」(続きはソースにあり)

 IMG_1195

続きを読む

↑このページのトップヘ