動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 野生

1: しじみ ★ 2019/12/10(火) 17:51:51.19 ID:R2YNdWOS9
■再導入した25羽が約40年で4万羽に、特に郊外で増えて問題も

IMG_6547

 米ニューハンプシャー州では、シチメンチョウ(七面鳥)の姿はおなじみのものだ。彼らが道路脇を闊歩し裏庭を通り抜ける光景は、州のそこかしこで見られる。

 テッド・ウォルスキー氏は誰よりもそのことをよく知っている。なぜなら、彼が仕掛けたことだからだ。

 1975年、ニューハンプシャー州漁業狩猟局の生物学者だったウォルスキー氏は、州西部の町ウォルポールで、トラックの荷台から25羽のシチメンチョウを放した。森林破壊と行き過ぎた狩猟によって、南北戦争以前という昔にニューイングランド地方、すなわち米国北東部で姿を消したシチメンチョウを再導入する試みだった。

「もともと、数千羽の域を超えるとは思ってもみませんでした」と、40年余り経った今も同じ職についているウォルスキー氏は振り返る。ニューハンプシャー州のシチメンチョウの数は当初の予想をはるかに超えて爆発的に増え、数千羽どころか4万羽程度となっている。この数は再導入以来最も多く、また州が対応できる上限だろうと考えられている。周辺の州や米国内の他の地域でも同様の事態だ。メイン州では6万羽、バーモント州では4万5000羽、マサチューセッツ州では2万5000羽。アラスカ州を除く米国全域で、毎年600万羽が繁殖している。

 いったいなぜ、シチメンチョウは米国で史上最も成功した野生動物再導入の1例となったのか? 考えられる理由は、彼らが驚くほど、そして予想外に人間の近くで暮らすことに長けていたからだ。

 シチメンチョウは市街地の郊外に暮らし、そうした境界ならではの恩恵を受けている。森林も開けた土地もあるうえ、人間が提供する無限の食物(特に鳥用の粒餌)にありつけるのだ。シチメンチョウの生息地のほとんどから、オオカミやピューマなどの捕食動物がいなくなってしまっていることも有利に働いている。

「40年前に、郊外や都市部がシチメンチョウだらけになるなんて予想した人はいなかったはずです」と話すのは、マサチューセッツ州漁業野生生物課の野生生物学者、デビッド・スカーピッティ氏だ。「けれど、彼らが一時的な存在でないことは明らかです」

シチメンチョウはどのようにして戻ったのか
 1634年、ウィリアム・ウッドは著書『ニューイングランドの展望』でシチメンチョウの多さについて述べた。「ときに40羽、60羽、100羽と群れている。それより少ないときも、多いときもある」。ウッドによれば、猟に規制のなかった17世紀当時のハンターたちは、1日に10羽から18羽殺すこともあったという。そのせいで、ニューイングランド地方からはシチメンチョウがほぼいなくなった。

 1960年代から1970年代にかけて、多くの州が元の生息地にシチメンチョウを再導入し始めた。シチメンチョウのような雑食動物は、植物や昆虫等の個体数のバランスを保ってくれるのだ。ウォルスキー氏が最初の25羽を捕獲したのは、ニューヨーク州とペンシルベニア州の境にあるアレゲニー山脈だった。その後、バーモント州との境である肥沃なコネチカット川流域に放鳥した。

シチメンチョウは木の実を主食としているが、冬の間はトウモロコシを食べているとの証拠があったため、ウォルスキー氏は当初、農場の近くに鳥を放していた。

IMG_6548

 しかし、シチメンチョウは考えられていたよりもずっとタフだった。ニューハンプシャー州の農場が1975年の600戸以上から現在の100戸ほどまで激減したにもかかわらず、彼らは繁栄し続けている。

 ウォルスキー氏が言うには、彼らは主に裏庭などに設置された鳥用の餌場のおかげで生き延びている。「真冬に雪が1メートルも積もったようなときには、それが救いになるわけです」

続きはソースで 


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/120200699/


【関連記事】
無数のハト、カラスが群がる街角…鳴き声とふんに憤る住民たち
IMG_6549



続きを読む

1: アリエル(日出づる国) [AU] 2019/12/04(水) 17:30:54.69 ID:Tm4D8OJl0 BE:711292139-PLT(13121)

体に「T-34」という大きな文字がスプレーで落書きされているシロクマの動画が、ロシアのソーシャルメディアで拡散している。
専門家は、この落書きによってシロクマが周囲に隠れたり、獲物を捕まえられなかったりする恐れがあると警告している。

FullSizeRender

「T-34」は、旧ソヴィエト連邦軍の戦車の名称。第2次世界大戦でナチス・ドイツ軍を倒した際に大きな役割を果たした。

現在、この動画がロシアの北極圏のどこで撮られたのか、調査が進められている。

動画は世界自然保護基金(WWF)のセルゲイ・カフリイさんがフェイスブックに投稿し、その後地元メディアで取り上げられた。

https://www.instagram.com/p/B5jgQJ9o1s2/

カフリイさんによると、この動画は極東ロシアのチュクチ自治管区で、先住民族の人々がワッツアップで共有していた。野生動物を観察している科学者が、こうした方法でシロクマに目印をつけることはないという。

「どの地域のどの地区で(動画が)撮られたのかは分からない。もし軍用語にちなんだ落書きなら(中略)歴史を尊重しないひねくれた行為だ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-50654377-bbc-int


【関連記事】
ハムスターを真っ青に染めるYouTube動画に批判殺到 犬専用のカラー剤使用 「動物虐待」「涙が止まらない」
IMG_6405



続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/03(火) 18:24:56.27 ID:CgDZLVqN9

東京の荒川河川敷で、野生とみられるイノシシ一頭が見つかり、現在も警視庁や区役所の職員が捕獲に向けた作業をしている。

IMG_6385

足立区役所などによると、3日正午ごろ、足立区の江北橋付近でイノシシの目撃情報があった。警視庁などが付近を捜索すると荒川の河川敷で、野生とみられるイノシシ一頭を発見したという。

イノシシの体長は、およそ1メートルくらいで、荒川を泳いだりして逃げたりしたため現在も捕獲できていないという。

IMG_6383

この辺りではここ数日、イノシシの目撃情報が相次いでいるということで、区役所は見かけても近寄らずに通報してほしいとしている。

https://news.livedoor.com/article/detail/17472245/  


【関連記事】
【千葉】利根川増水で大量のイノシシが避難
IMG_6387



続きを読む

1: ばーど ★ 2019/11/30(土) 19:45:42.68 ID:5dO0Fahw9
 動物園の大型肉食獣に、毛皮や骨がついたままのシカを餌として与える企画が30日、豊橋総合動植物公園(愛知県豊橋市)で実現した。

 自然界での食べ物に近い餌を食べさせることで、飼育動物をより健康にしようという取り組みだ。動物園生まれの猛獣は「野性」に目覚めたのだろうか。

IMG_6333

 放飼場の扉が開くと、オト(ライオン・雌・20歳)はシカ肉に駆け寄った。4本の脚がついたままの重さ10キロのシカをくわえて運び、じっくりと表面をなめた。ときどき周囲を見渡しながら、骨をかみ砕く音を響かせて食べ始めた。

 「屠体(とたい)給餌(きゅうじ)」と呼ばれるこの取り組みは、飼育環境を自然の状態に近づけようとする活動の一環で、国内外の動物園が導入している。有害鳥獣として駆除された動物を適切に処理し、飼育する肉食獣に与える。感染症の危険がある内蔵と頭部は取り除き、一度冷凍してダニや寄生虫を殺す。その後、約60度で湯煎し殺菌する。今回のシカは九州で処理されたものだ。

 オトの食べっぷりを見て、豊橋総合動植物公園の獣医師吉川雅己さんは「普段の餌は馬肉や鶏肉ですが、明らかに喜んで食べている。おおむね予想通りの反応です」と話した。事前に試験的に与えた際も、いつもより興奮した様子だったという。毛皮や骨ごと食べるとゆっくりと消化するので、健康にも良い影響があるといわれる。オトの健康状態も良好という。

IMG_6334

 オトの隣の放飼場では、アムールトラのマリン(雌・15歳)がひなたで寝転んでいた。今回、マリンにはシカ肉を与えるのをやめた。「事前に試験的に与えてみると、まったく食べず、シカを怖がるそぶりが見えたので中止しました」と吉川さんは説明する。「マリンは少し神経質なので、それが影響しているのかもしれません」(宮沢崇志)

https://www.asahi.com/articles/ASMCZ4GV3MCZOBJB001.html


【関連記事】
【ドイツ】動物園「悲しいお知らせ」雌ライオンが生まれたての子2頭を食べる 病気で動きが赤ちゃんらしくないと食べることも
IMG_6335

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2019/11/03(日) 19:20:25.35 ID:CAP_USER

イノ用心
IMG_5886

 日本ダム(福井市、内山忍社長)は、野生イノシシを避ける目的の商品「イノ用心」を月3000個ペースで量産を始めた。7月からホームセンターを通じ販売しているが、引き合い好調なため量産対応する。年内に月産1万個体制を目指す。


 同商品はイノシシの天敵であるオオカミの目玉を模した商品。蓄光塗料が夜間に青く光る。2018年秋までに福井県内外の約40カ所の農地で試験設置して評価を得た。同社によると田んぼの通り道に刺して使い、イノシシが忌避して逃げる姿を、夜間暗視カメラで確認したという。

 同社は衣類などのブランドラベルのメーカー。黄緑色の蓄光塗料で非常口サインシールを作った際に、青い光ならイノシシ避けに役立つと農業関係者からヒントを得た。天敵に着目し、オオカミの目の高さ、目の間隔を分析して、バネで吊り下げて揺らす商品に仕上げた。これまで試験設置、市販(消費税抜きの価格は1980円)を含め、累計6000本を出荷した。

https://newswitch.jp/p/19867



【関連記事】
イノシシ生息域が拡大...会津地方でも捕獲 農作物被害7880万円 想定を上回る個体の増加 福島
IMG_5887



続きを読む

↑このページのトップヘ