動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 野生

1: 2020/07/10(金) 05:36:15.11
奈良公園の鹿が新型コロナウイルスによる観光客の減少で、餌を与えられる機会が減り、周辺の山で草を探すようになるなど、野生の状態に近づいていることが北海道大学などの調査でわかりました。グループでは、草をしっかり食べるようになって栄養状態がよくなり、出産の増加などにつながる可能性もあるとしています。

5005

調査を行ったのは北海道大学と保護団体の奈良の鹿愛護会のグループです。

グループでは新型コロナウイルスによる観光客の減少で、国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」の行動に、どのような変化が出ているか調査しました。

餌もらえず草を探しに山へ?

その結果、観光客が減る前のことし1月と比べ、先月は奈良公園の中心部にいる鹿の数が3割以上減っていました。人から餌を与えられる機会が減り、主食の草を周辺の山などで探す時間が増えたためと見られます。

しっかり「反すう」可能に

また、芝生に横たわるなどして休息している鹿は、1月の調査では全体の2割ほどでしたが、6月には6割に増えていました。観光客との接触が減ったためとみられ、休息の時間が長くなることでいったん飲み込んだ食べ物を再び口に戻す「反すう」を、しっかり行えるようになると考えられます。

北海道大学の立澤史郎助教は「奈良公園の鹿が観光客の減少で野生の状態に近づいている。草をしっかり食べて反すうすることで、栄養状態がよくなり、赤ちゃんを多く産むようになる可能性もある。今後の影響を注視したい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012506741000.html
【関連記事】
奈良公園のシカ生息頭数 過去最多の1388頭
IMG_2097



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/07/08(水) 15:09:32.06 _USER
若者を中心に世界各地で盛り上がりを見せる音楽フェス。現状での開催は不可能ですが、コロナ終息後のフェスを楽しみにしている人も多いでしょう。

IMG_2069

その一方で、近隣の野生生物にとっては大きなストレスになっているようです。

米・マイアミ大学ローゼンティール・スクールの研究によると、ラボ内で飼っているアンコウ類のコルチゾール値が、音楽フェス中に急上昇していたことが判明しました。

コルチゾールは、ストレスによって分泌が促進されるホルモン物質であり、分泌量が多いと血圧や血糖を高め、不妊や免疫レベルの低下を引き起こします。

音楽フェスの騒音は、魚にどれほどの悪影響を与えているのでしょうか。

■天敵に襲われる時と同じストレスを感じていた

フロリダ州・マイアミでは毎年、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの祭典「Ultra Music Festival」が開催されています。研究チームは、昨年3月に開催されたUMF中に、騒音が魚に与える影響を検証しました。

実験では、ラボ内で飼っているアンコウ類のストレス値を「UMFの開催前」と「初日の夜」とで比較しています。その結果、血中のコルチゾール値が、開催前の4〜5倍に跳ね上がっていたのです。

IMG_2070

研究チームのダニエル・マクドナルド氏は「このストレス反応は、天敵であるハンドウイルカの声を聞いたときに非常に似ている」と指摘します。

これに加えて、水中における騒音の変化も調べるため、ハイドロフォン(水中録音機)をラボ内の水槽と、UMFステージ近郊の水域にセットしました。

結果、ラボ内の水槽で7〜9デシベル、近郊の水域では2〜3デシベルの上昇が確認されています。これは魚の生態にネガティブな変化を与えるに十分な数値の変化です。
 
IMG_2071

幸か不幸か、今年3月に開催予定だったUMFは、新型コロナウイルスの影響で中止されています。

これまでの研究でも、水中の騒音は、魚の聴覚を狂わせ行動異常を引き起こし、生殖や産卵を混乱させることが証明されていました。

同チームのマリア・カルトラーノ氏は「今回の調査では、騒音が与える長期的な悪影響までは判断できないが、一時的にも生態系に害悪を与えることは確か」と話します。

音楽は胎教やリラックス効果など良い面もたくさんありますが、あまりに騒々しいのは魚も嫌いなようです。

研究の詳細は、「Environmental Pollution」に掲載されています。

Impacts of a local music festival on fish stress hormone levels and the adjacent underwater soundscape
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0269749119371994

https://nazology.net/archives/64121
【関連記事】
人に会えなくなった水族館の魚たちに次々と「うつ症状」が出始める
IMG_2072



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。


続きを読む

1: 2020/07/06(月) 05:54:37.45 _USER
■ロックダウンで交通量は7割減、事故死が58%減った動物も

IMG_1863

新型コロナウイルスのパンデミックによる人間社会の混乱が、一部の野生動物に恩恵をもたらしている。交通事故で死ぬ動物が激減しているのだ。

 ロックダウン(都市封鎖)がピークに達した3月と4月、米国の道路の交通量は最大で73%も減った。同じ期間に、シカ、エルク(アメリカアカシカ)、ヘラジカ、クマ、ピューマなどの大型野生動物を死に至らしめた衝突事故は最大で58%減少した。イヌやヒツジなどの交通事故死の件数も、同様の急落を見せている。

「この状況が長く続くほど、動物の生存率が高まります」と、6月26日に発表された報告書の著者で、米カリフォルニア大学デービス校道路生態学センターのフレイザー・シリング氏は言う。

「現在のスローダウンが長引き、全国の交通量が例年の半分に満たない状態が1年続けば、幹線道路や一般道で死なずにすむ脊椎動物の数は5億匹になるでしょう。これはもちろん、野生動物にとって大きな出来事です」

 今回の研究は、道路や車が生態系の機能に深刻な影響を及ぼし得ることを明確に示した。

 大型の捕食動物は、生態系のバランスを保つうえで重要な役割を果たしている。研究者らは、米カリフォルニア州で減りつつあるピューマに注目した。この動物は、道路によって生息地が分断され、交通事故や、孤立した個体群内での近親交配を引き起こしているからだ。ところが、ロックダウンの開始前後10週間の統計によると、車にひかれて死んだピューマの数は58%減少し、1週間当たり約2頭から1頭未満に減った。(参考記事:「【動画】こんな所にピューマの赤ちゃんが4匹!ロサンゼルス郊外」)

「そういう意味では、新型コロナウイルスにも、ほんの少しですが良い面があります。車の速度が落ち、あるいは台数が減るということです」と言うのは、野生動物の研究を行っている獣医師、ウィンストン・ヴィッカーズ氏だ。「その結果、今年の死亡頭数はわずかに減少するかもしれません」

 報告書は、現在の交通量の傾向が1年続けば、カリフォルニア州ではピューマ50頭の死を防げる可能性があると述べている。

続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/062900388/
【関連記事】
人が消えたビーチでウミガメ繁殖、野生生物再生の「希望の光」
IMG_9425



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/09(火) 19:50:07.15
湖面に浮かぶ黒い物体…近づくとクマであることがわかります。
クマはこちらの様子を時折うかがうようにして湖岸に向かって泳いでいきます。

5005

目撃者:「子グマだ!」

ようやく岸に泳ぎ着いたクマ。
体の大きさからまだ子供のようです。
崖を上ろうとしますが、突然…。

目撃者:「あっ!」

大型のワシに襲われるクマ。
その後、何度も頭上からの襲撃を受けます。

クマが撮影されたのは別海町の風蓮湖です。
6月8日午前9時ごろ、漁師の男性が泳いでいるクマを見つけて船の上から撮影しました。

目撃者:「おやじがあれ見れ、というから、見たらクマだった。アザラシかと思ったらクマだった…風蓮湖で見たのは初めて」

撮影した人によりますと子グマは何度もワシに襲われながら、最後は藪の中に隠れて難を逃れたということです。

https://www.uhb.jp/news/single.html?id=12943
【関連記事】
ハイキング中に遭遇したクマが少年を「追跡」、動画が話題 イタリア
IMG_0913



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/05/30(土) 15:55:04.89
クマ殺処分が過去最多「絶滅の恐れ」と批判も 「人身事故防ぐため」京都府

IMG_0593

 京都府が殺処分したツキノワグマが2019年度、過去最多の170頭に上った。府北部ではクマの出没が相次いでおり、住民は殺処分の件数を評価する一方、自然保護団体は「捕り過ぎで絶滅の恐れがある」と批判している。

 府によると、ツキノワグマは府レッドデータブックで絶滅寸前種とされ、生息数は由良川西側の丹後個体群が約900頭、東側の丹波個体群が約500頭と推定されている。
 170頭の内訳は京丹後市42頭、舞鶴市39頭、宮津市22頭、綾部市16頭、福知山市15頭、京丹波町12頭、南丹市9頭など。丹波個体群では、府の捕獲上限40頭を上回る83頭を専門家の意見を聞いた上で殺処分した。目撃件数は1460件で、府農村振興課は「ナラなどの実が凶作で出没が多かった。生息数や民家周辺での出没が増えており、人身事故を防ぐために捕獲している」と説明する。
 府は02年度からクマの保護を目的に狩猟を禁止し、従来はシカやイノシシのおりに捕まったクマは奥山に放つ学習放獣で対応してきたが、17年度以降は人的被害を防ぐため、集落近くで捕獲されたクマは殺処分を可能とし、17年度86頭、18年度103頭の殺処分した。
 舞鶴市の大浦半島は出没が多く、住民団体が府にクマ対策を要望。同市河辺中の会社員男性(64)は「家の中にクマが入ってきた話も聞く。出没が過疎化に拍車をかけている」と語り、同市佐波賀の農業女性(81)は「クマが家の柿の木に来て、家族が夜に軒下にいるのを何度も見た。危害を加えられるかもしれず、殺処分は仕方がない」と話す。

※続きはソースからご覧ください

海辺近くに設置された、クマの出没に注意を呼び掛ける看板(舞鶴市三浜)
IMG_0592


https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/260241
【関連記事】
四国のツキノワグマ絶滅危機 生息わずか16~24頭と推定
IMG_0594



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

↑このページのトップヘ