動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 野生

1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/18(木) 16:16:56.20 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181018/k10011676291000.html

17日夜、東京・赤坂の繁華街で外来種のアライグマが見つかり、警察など出動しておよそ2時間後に捕獲される騒ぎとなりました。
このアライグマ、東京都内で捕獲される数が10年間で10倍に増え、平成28年度はおよそ600頭に上ることがわかりました。

東京都によりますと、都内で捕獲されるアライグマは増加傾向にあり、平成19年度は64頭だったのが、平成24年度には259頭、
さらに平成28年度には599頭と、この10年で10倍近くに急増していることがわかりました。

捕獲されるのは多くは多摩地域ですが、ここ数年は、23区内でも捕獲されるようになり、平成28年度には少なくとも
16頭が23区内で捕獲されています。

また都が定めたアライグマとハクビシンの駆除計画に沿って、今年度は渋谷区や新宿区、それに世田谷区など17の区で予算をつけ、
捕獲のためのわなをしかけるなど対策に取り組んでいます。

23区内では主に住宅地や庭先など目撃されていて、中には飼育している金魚や育てている果物を食べられたという被害の報告があるということです。

また、東京都のまとめによりますと、平成14年度からアライグマによる農業被害も出はじめ、平成23年度に6万円だった被害額は、
平成28年度には314万円に上ってたということです。


捕獲業者「屋根裏にフンや尿も」

東京都内にあるアライグマなどの駆除を行う業者でも、最近は都心の住宅などでアライグマが見つかったという相談が寄せられていて、
相談は徐々に増える傾向にあります。

屋根裏などで見つかった際はフンや尿が見つかることもあり、臭いも強いためオリを設置して、お菓子や果物など置き捕獲を試みます。
しかし一週間ほどオリを設置しても捕獲できず、生活に支障がでるケースもあるということです。

業者は「アライグマは見た目とちがって凶暴なところもあり、むやみに手を出すとかまれたり引っかかれたりする。寄生虫がいることもある。
発見された場合は消毒も欠さず行うようにしている」と話していました。

続きを読む

1: 樽悶 ★ 2018/10/16(火) 19:42:00.45 ID:CAP_USER9
家畜と野生動物を共存させると、ある条件下では、環境にも人間の幸福にも有益になる可能性があることを報告する論文が、今週掲載される。野生動物は家畜や人間と遭遇すると負けることが多いことから、そうした有益な状況の解明は、大型動物や歴史的風土の維持に不可欠である。

地球全体で見ると、野生動物の大半は保護区外に住んでいるため、野生動物と人間のそれぞれの要求の潜在的な衝突を生み出している。こうした問題の典型例が東アフリカのサバンナで、ここはゾウやキリンなどの野生種の生息地であるだけでなく、人間や家畜の居住地にもなっている。土地利用を巡る対立はありふれたものであり、家畜の管理と野生動物の管理の間には固有のトレードオフがあるという仮説が生まれている。

今回Felicia Keesingたちは、ケニア中央部のサバンナのさまざまな地域を調べ、野生動物が優位な地域、家畜が優位な地域、共存している地域の行く末を比較した。その結果、家畜が野生動物と共存している地域では、ダニの数が減り、飼料になる植物の質が向上するとともに、収入が野生動物ツーリズムと食肉・乳製品の生産の両方を通して得られることが分かった。さらに、家畜と野生動物が共存する地域で、家畜による収入やツーリズムによる収入が減少することはなかった。

保護区は、大型の移動性野生動物の存続可能集団を維持するには小さ過ぎることが多いので、今回の知見は、地球規模で土地を共有して共存していく可能性について楽観視できる1つの理由となる。

Nature Asia 2018年10月16日
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12730

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/10/01(月) 11:07:21.35 ID:CAP_USER9
ヒマラヤのユキヒョウ 獲物を追って90mの大滑落!迫力動画
https://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/6/6/26667/00001.jpg
ハザードラボ 2018年09月30日 06時30分 リンク先に投稿動画
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/6/26667.html


 標高数千メートルの高い山々が連なる中央アジアに生息するユキヒョウは、人間の前にめったに姿を見せないことから「ゴースト・キャット」と呼ばれる動物だ。幻のユキヒョウが、切り立った崖を獲物を追いかけながら落ちる迫力ある映像がヒマラヤから届いた!

 国際自然保護連合(ICUN)のレッドリストでは、1972年以来、絶滅危惧種に指定しているユキヒョウは、標高2000メートルを超える山岳で生活し、推定個体数は4000?8000頭と言われるが、地球温暖化や生息環境の悪化や密漁が原因で、過去16年間で2割以上減ったおそれがあると懸念されており、各国の動物園で絶滅を防ぐための人工繁殖への試みが進められている。

 幻のユキヒョウの迫力ある狩猟映像を紹介するのは、ヒマラヤの野生動物を観察するエコツアー「Wild Ark」を運営している写真家ヴァイ パル・ラマヌジ(Vipul Ramanuj )さん。

 動画では、ほぼ垂直に切り立った雪の崖を、銀色に光り輝く体をくねらせながら、岩場から岩場へ飛び移るように跳躍するユキヒョウが追いかけるのは、ヒマラヤ高原に生息するウシ科のバーラルだ。二頭はバランスを崩して着地に失敗。全身を岩に打ち付けながら、くんずほぐれつの体勢で、滑るように落下していく。


Vipul Ramanuj さん投稿
https://www.facebook.com/vipulramanuj/videos/10156079932472547/
再生19万回 ・ 先週の月曜日 ・
This is what makes the Snow Leopards one of the most amazing wild cats! Real badass!
NOT my video. Received over a WhatsApp message! And the filmmaker is indeed one of the luckiest blokes around

Snow Leopard incredible flight, fall and fight - rare footage from the Himalaya
https://www.youtube.com/watch?time_continue=114&v=e_jW2Qm0nuM


Rare footage - Snow leopard falls while chasing wild goat [from Age of Big Cats]
https://www.youtube.com/watch?v=PZJktMrs8mU
続きを読む

1: しじみ ★ 2018/09/28(金) 13:41:49.37 ID:CAP_USER
■「生きているとわかっただけで素晴らしい」と専門家、ニューギニア島

 ウォンディウォイキノボリカンガルーはとても珍しく、1世紀近く姿を消していたため、すでに絶滅したと考えられてきた。そのウォンディウォイキノボリカンガルーがついに再発見され、しかも初めて写真に収められた。

 一見サルのようなこのキノボリカンガルーはニューギニア島の山林で樹上生活している。ただし1928年、欧米の科学者たちに発見されたのが唯一の目撃情報だった。

 シドニーにあるオーストラリア博物館の有袋類学者マーク・エルドリッジ氏は「最も実態が知られていない哺乳類の一つです」と話す。

 だが、英国のアマチュア植物学者がインドネシア西パプア州のウォンディウォイ山地に入り、標高約1500メートル地点の竹林を探検していたとき、ついにウォンディウォイキノボリカンガルーを発見した。

 エルドリッジ氏は「まだ生きているとわかっただけでも素晴らしいことです。人里離れた場所で、アクセスも困難なため、このような生息場所があると知ることすらできなかったかもしれません」と高く評価している。

■知られざるキノボリカンガルー

 キノボリカンガルーは熱帯に暮らす有袋類で、地上で生活するカンガルーやワラビーの近縁種だ。カンガルー科では中くらいの大きさだが、前脚の筋肉が発達しているため、木の幹をよじ登ることができる。この技術とカンガルー独特の跳躍を組み合わせ、枝から枝へと移動する。

世界的にはほとんど知られていないが、キノボリカンガルーは驚くほど多様だ。合わせて17の種と亜種から成り、2種はオーストラリア北部、残りは広大なニューギニア島に分布している。

 今回、ウォンディウォイキノボリカンガルーを発見したのは、英国ファーナムのアマチュア植物学者マイケル・スミス氏(47歳)率いる探検隊。スミス氏は大学で生物学を専攻し、現在、医療系情報サービス会社で働いているが、休暇になると希少なラン、ツツジ、チューリップなどを追い求め、パキスタンやクルディスタン、インドネシアの辺境を訪れる。2017年、西パプア州の山地でツツジを探していたとき、謎の生物の話を聞き、今回の探検を思いついた。

 スミス氏はパプア人のポーター4人、ガイド役の地元のハンター、パプア大学に通うノーマン・テロック氏の助けを借り、ジャングルへの旅に出た。スミス氏にとってテロック氏は同志のような存在で、自然史への情熱という共通点を持つ。7月23日に出発してから1週間後、スミス氏らは発見のニュースを持ち帰った。

 スミス氏はこのニュースを公表する前に、エルドリッジ氏や豪クイーンズランド州にあるジェームズクック大学のロジャー・マーティン氏など、キノボリカンガルーの世界的な専門家たちとコンタクトをとり、事実を確認した。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092700100/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092700100/

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2018/09/26(水) 23:32:43.46 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00358768-agara-l30
 スギ・ヒノキの苗木を守る森林防護柵を設置した場合、イノシシが最初に破壊・侵入し、シカはそこを利用して侵入している事例があることが、
和歌山県林業試験場(上富田町)の調査で分かった。
試験場は「破壊されるのは地上高60センチ以下。今後対策について研究していく」と話している。

 今回、田辺市内のスギ・ヒノキ人工林で、標準柵(10センチ角メッシュネット)と強化柵(5センチ角メッシュネット)、
金網柵(10センチ角2ミリ鋼線)を縦4メートル、幅8メートルの長方形にそれぞれ設置。
その内外に米ぬかと古米を1週間に1度給餌し、自動撮影カメラで撮影した。試験期間は2017年5月26日から189日間。
この結果、シカは調査開始から3日後、イノシシは21日後に現れ、シカは延べ156日、イノシシは延べ89日確認された。

 標準柵は開始から30日後にイノシシが接地部分を破壊して侵入、その2週間後に側面の破損部分からシカが侵入した。

 一方、強化柵と金網柵は59日後にイノシシが接地部を破壊して侵入したが、シカは調査期間内に侵入しなかった。
しかし、イノシシは継続して破壊を行っており、最終的には広がった破壊部分からシカが侵入すると推測している。
シカによる防護柵の破壊行為は確認されなかった。

 イノシシの知能はサルに匹敵するといわれ、破壊行為はネットを固定するアンカー杭の引き抜きや破壊に始まり、
金網の切断、ネットの折り返し部分のめくり上げなどが見られた。
このほか、内側から別の箇所を攻撃したり、2匹が同時に引いたり押したりする姿が映っていた。

続きを読む

↑このページのトップヘ