動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 野生

1: しじみ ★ 2018/12/18(火) 19:52:03.45 ID:CAP_USER
【12月18日 AFP】
オランダ人警備官のアンドレ・ドンカー(Andre Donker)さんは、欧州最大級の淡水湖、マルケル湖(Markermeer)の波打つ灰色の水面を眺めながらため息をつく。「昔はここに魚がうじゃうじゃいたものだ」と、ドンカーさんは回想する。

 だが、オランダの他の地域の水位を調節するこの面積約700平方キロの広大な湖は、最近まで水生生物のいない濁った水の塊にすぎなくなっていた。

 現在、五つの島からなる人工群島によってこの地域に自然を取り戻すことが期待されている。この群島は、何世紀にもわたり海との闘いを続けてきた低地国オランダの典型的な大規模土木計画を通じて新たに建造された。

 これは「欧州最大級の再野生化活動の一つだ」と、ドンカーさんは話す。

 さまざまな種類のアシが植えられた試験区画の中央にある池にかかる木橋の上に立ち、ドンカーさんは生物多様性が増加している最初の兆候を確認できていると指摘する。

■「やむなく介入」

 この湖はかつて、1932年に完成した驚異的な土木開発計画が実施されたゾイデル海(Zuiderzee)の一部だった。この計画では、北海(North Sea)から切り離して洪水に対処する目的で、広範囲の海域を堤防で閉鎖した。

 国土の26%が海水面より低い国にとって不可欠だったこの計画により、海を埋め立ててできた土地の干拓地と内陸の湖が形成されたが、これには自然環境の犠牲が伴っていた。

 その後数十年にわたり、マルケル湖と隣接するアイセル湖(IJsselmeer)を隔てる堤防の建造に使われた堆積物が浸食され、湖底に沈んでいった。これにより湖の水が濁り、魚や鳥の個体群や植物、軟体動物などに悪影響が及んだのだ。

「われわれが介入せざるをえなかった」と、ウールの帽子をかぶったドンカーさんは、北海から吹き付ける強風をものともしない様子で話す。

■「美しい景色」

 遠方では、浚渫(しゅんせつ)船が「マルケル・ワッデン(Marker Wadden)」と呼ばれる人工群島の最後の砂丘の造成を支援している。

 自然保護に取り組むオランダのNGO「ナチュールモニュメンテン(Natuurmonumenten)」が主導するこの計画の費用は6000万ユーロ(約77億円)で、その大半は個人からの寄付で賄われている。

 群島を建造したオランダ海洋土木大手ボスカリス(Boskalis)でプロジェクトを指揮したイェルン・ファン・デル・クロースター(Jeroen van der Klooster)氏は「この人工島の独自な点は、島を造るのに沈泥を使っていることだ」と説明する。沈泥は粘土と砂の中間の粗さの堆積層。

 ファン・デル・クロースター氏のチームは、群島の主島に全長1200メートルの「回廊」を掘った。これにより、沈泥が強力な海流に導かれ、渡り鳥の餌場になる可能性のある湿地、肥沃土、貯水池などを形成することが可能になる。

「そのようにして、この美しい景色が生まれた」と、オレンジ色のベストと白いヘルメットを身につけたファン・デル・クロースター氏は木製の観察塔の上で語った。

 木製の野鳥観察所3か所、島の監視員の宿舎、12キロにわたる歩道橋と未舗装道路なども建設された主島は、一般に公開されている。

 残りの4島は、野生生物と植物だけのものとなる。かつて不毛だった場所が今や自然に返ったのだ。(c)AFP

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/0/810x540/img_305353baf03abd2e4901e0a2f671e836225687.jpg
IMG_9491

http://www.afpbb.com/articles/-/3202781

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/12/06(木) 05:50:06.38 ID:TFUVrxo60 BE:416336462-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
オーストラリアでとても珍しい突然変異のポッサムが発見された。身体のメラニン欠如から、このポッサムの毛皮は珍しい鮮やかな黄色をしており、まるでピカチュウのよう。
メルボルン市に連れて来られたポッサムは、怯えてはいたものの健康であり、今後の飼育は獣医の手に委ねられる。
ピカチュー・ポッサムを見た専門家らによれば、このような突然変異はとても稀。
また、この種のポッサム(米国産ポッサムとは別種)は夜行性であるため、明るい色の毛皮では肉食動物から隠れることが出来ず野生で生きるのは危険と指摘されている。

https://jp.sputniknews.com/entertainment/201812065668307/
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/565/87/5658754.jpg
https://i.imgur.com/ysc4syx.jpg
https://i.imgur.com/undefined.jpg

FullSizeRender


続きを読む

1: Witch hazel ★ 2018/11/24(土) 19:35:56.85 ID:CAP_USER9
11/24(土) 19:31配信 ハフポスト日本版

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00010001-huffpost-int

イタリア・シチリア島のIKEAが、「野良犬に優しい」と称賛を浴びている。飼い主のいない野良犬たちが、IKEAの家具に囲まれて、のんびり昼寝をする写真がSNSで評判を呼んでいる。11月11日にFacebookに投稿された動画は大きく拡散され、これまでに140万回以上も再生されている。

この動画以外にも、犬たちがIKEAのインテリアに囲まれ、気持ちよさそうに身体を休める写真が、SNSには数多く投稿されている。

米ABC Newsによると、シチリア島では多くの野良犬が問題になっていて、カターニアの店舗でも駐車場付近を徘徊していると、IKEAの広報担当者は語った。野良犬たちは店舗の出入り口付近で休んでいるが、店側の主導でそうなっているわけではないという。

euronewsによると、IKEAでは野良犬の写真を撮って、里親を探す「Home For Hope(希望の家)」プロジェクトを展開しているという。

続きを読む

1: どこさ ★ 2018/11/24(土) 09:26:40.98 ID:CAP_USER9
【写真で見る】「コメディー野生動物写真賞」2018年の受賞作品
BBC 2018年11月23日
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-46314210

驚いたリスの写真が、今年の「コメディー・ワイルドライフ・フォトグラフィー・アワード」で最優秀賞に輝いた。

世界中から寄せられた数千点の応募作品の中から、米フロリダ州タンパのメアリー・マッゴーワンさんによる「Caught in the Act(見つかっちゃった)」とタイトルが付けられた作品が最優秀賞に選ばれた。

その他の応募作品には、イライラしたクマや笑顔のサメ、そしてまるでバレエの衣装チュチュを着ているかのようなサイなどがあった。

面白おかしい入賞作品と評価が高かった応募作品をいくつかご紹介しよう。


入賞作品

メアリー・マッゴーワンさんの驚いたリスをとらえた作品は最優秀賞に輝いたほか、一般からの投票で決まる「ピープルズ・チョイス」賞、「陸の生き物」賞もそれぞれ受賞した
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/7624/production/_104444203_d03fb5eb-685c-42c3-8fa2-eea0ee2dac26.jpg

シェイン・キーナさんは、「いないいないばあ」をしているかのようなフクロウのこの写真で「空の生き物」賞を受賞
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/C444/production/_104444205_945fc269-ad0a-42af-9afa-8411117ef78b.jpg

カメラに向かって笑って! 「海中」部門では、にっこり笑うヨシキリザメの写真を撮ったターニャ・ホウッパーマンさんが受賞
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/EB54/production/_104444206_dafd04d6-141c-462b-aa86-c1e1158710f2.jpg

驚いた表情を浮かべるフクロウは、アルシュディープ・シンさんがインドのカプールタラーで撮影。「ジュニア・アワード」を受賞した
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/9D34/production/_104444204_1a59cf85-5475-4a69-aac5-2c0551712749.jpg

ヴァルテリ・ムルカハイネンさんは、フィンランドでヒグマの家族を一連の写真に収め、「アメージング・インターネット・ポートフォリオ」部門で受賞
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/11264/production/_104444207_6596fe34-c893-4431-8b85-cc33a3dd6f9d.jpg



「とてもおすすめ」に選ばれた写真

孔雀の羽がまるでバレエの衣装チュチュを着ているように見えるサイ。インドのゴルマラ国立公園でカロル・ムカジーさんが撮影
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/13974/production/_104444208_5f439786-3790-44ed-8a7d-ff880102de2c.jpg

イライラしているこちらのクマは、米アラスカ州でダニエル・ディラモさんが撮影
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/16084/production/_104444209_60492da3-170f-4230-8842-1114b4d982ee.jpg

ロイエ・ガリッツさんはノルウェー領のスヴァールバル諸島で、この新進気鋭の写真家を発見
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/08C4/production/_104444220_0370d30b-295c-43f4-9a02-310fae1b34bb.jpg

開脚するキタリスの姿をスウェーデンで撮影したのはゲールト・ヴェゲンさん
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/01BC/production/_104444400_bm_06130083.jpg

バーニー・コザルカさんの写真に写っているのは、米ワイオミング州でラズベリーの実を飛ばすヘラジカ
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/4F14/production/_104444202_barneykoszalka.jpg

タンゴを踊っているような2匹のトカゲは、スリランカのウィルパットゥでセルゲイ・サヴィさんが撮影
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/17EFC/production/_104444089_bm_06130091.jpg

セルゲイ・サヴィさんはまた、タイのケーンクラチャン国立公園で非常に劇的な戦いを繰り広げる2匹の猿、ダスキールトンの写真も撮影した
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/FA54/production/_104448046_f77ef082-1f11-4540-bab5-abcd1a5d8cd1.jpg

コメディー・ワイルドライフ・フォトグラフィー・アワードは書籍も販売。この本は、野生動物保護に向けた英国の慈善団体ボーン・フリー財団の活動を支援している。

(英語記事 In Pictures: The Comedy Wildlife Photography Awards 2018)
https://www.bbc.com/news/in-pictures-46302730


選考から漏れた面白写真はこちら
Gallery 2018 Finalists
https://www.comedywildlifephoto.com/gallery/2018_finalists.php

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/11/06(火) 23:55:49.57 ID:CAP_USER9
【動画】イノシシがサラリーマンを襲撃
https://www.youtube.com/watch?v=dTshdVjaR3I



イノシシが通行人の男性に突進する衝撃的瞬間の動画がTwitter(ツイッター)に投稿され、大変な話題となっています。猪=イノシシ

話題となっている動画は、福岡県福岡市西区の今宿駅付近の路上にイノシシが出没し通行人のサラリーマンの男性めがけて猛突進するというものです。

男性を襲ったイノシシの体長・約1mほどあるとみられ、突進されたサラリーマンの男性は宙を舞い激しく転倒しました。なお、ケガの程度などについては不明。

https://twitter.com/konta1717/status/1059372540001366017
https://twitter.com/Koki915N/status/1058963346915913728 

IMG_9800

https://pbs.twimg.com/media/DrPoGi0V4AAcZpk.jpg
IMG_9801

イノシシは男性に猛突進した後、さらに追い打ちをかけるようにもう一度、突進している様子が確認できます。

転倒した男性は転げ回り数秒間立つことできず、付近にいた車がクラクションを鳴らしイノシシを威嚇しました。

その後、イノシシは道路を走て建物の敷地内に逃げ込みました。なお、このイノシシは福岡市内の海岸まで逃げ込んだ後、駆除されたとの情報がありました。

この動画にTwitter上では「猪が人を襲う瞬間初めてみたけど、これは恐い」「車の人がクラクション鳴らさなかったら、殺されてたかもですな」「大きいイノシシの突進だと車が廃車になるほどヤバいらしい」「人間が簡単に宙を舞ってる・・・」などと様々な声が多数みられました。

この動画は長坂幸樹さん(Twitter:@Koki915N)が11月4日に投稿したもので、2万5000以上のRTと4万以上のいいねを集め瞬く間に拡散されました。

2018/11/6 10:30 最終更新
ニュース速報JAPAN
https://breaking-news.jp/2018/11/06/045023
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

↑このページのトップヘ