動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 鳥類

1: 2020/12/21(月) 10:57:01.54 _USER
「渡り」をやめて都会に暮らすカナダグースたち、なぜ?

FullSizeRender
■事情は複雑、定住する個体が増える一方、突然渡りを再開する例も

 カナダガン(Branta canadensis、英名カナダグース)はV字編隊で飛ぶ渡り鳥として知られ、24時間で2400kmもの距離を飛ぶことができる。
 体重は4kgほど。
 北米では、オフィスパークを延々と歩き回る姿もおなじみだ。

 だが近年の米国とカナダでは、冬になっても南へ渡らず、ゴルフコースや芝生など緑のある場所に定住するカナダガンが増え始めた。
 黒い首と白い頬をもつこの騒々しい鳥は、温暖な冬や郊外での快適な暮らしが気に入って、もはや越冬のために南へ飛ぶのをやめたのだろうか?
 多くの場合ではそうだ。しかし、事情はもっと複雑だ。

 典型的なカナダガンは米国南部で越冬し、春になると北上して、繁殖と営巣のために北極または亜北極地域の同じ場所に戻っていく。
 9月か10月になると、群れは新しく生まれた世代を連れて再び南下する。
 カナダガンの平均寿命は24年なので、一生の間にそれだけの回数の渡りをするが、毎回同じ「休憩地」を通る決まった経路を利用する。

 だが例外もある。
 実のところ、1600年代にヨーロッパ人が北米大陸に定住するようになる前から、カナダガンの中には一度も渡りをしないものがいた。
 ちなみに、1758年に初めてこの鳥について記述したのは、近代分類学の父カール・フォン・リンネだ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナショナル ジオグラフィック日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/465b651eec9e96914f681e3584122b2d42a60277
関連記事


続きを読む

1: 2020/12/17(木) 12:16:52.40
カラスは、非常に高い知能をもつ動物として有名です。

IMG_6760
今回の最新調査で、ワタリガラスは生後4ヶ月で、大人のチンパンジーやオランウータンと同等の認知レベルに達することが新たに判明しました。

研究は、12月10日付けでドイツ・オスナブリュック大学により、『Scientific Reports』に掲載されています。

※全文は下記よりお願いいたします。
https://nazology.net/archives/76020
関連記事


続きを読む

1: 2020/12/07(月) 10:13:48.69 _USER
人間がいなければ「飛べない鳥」が世界には今の4倍はいたとの研究結果

IMG_6560
 イギリスのユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の生物学者らが2020年12月に発表した研究により、過去12万年の間に166種の「飛べない鳥」が人類に滅ぼされていたことが分かりました。
 これに対し、現存する飛べない鳥はわずか60種しかいないことから、研究者は「人間が絶滅に追い込まなければ、世界には飛べない鳥が今の4倍はいた」と指摘しています。

 人類の活動が鳥類の進化に及ぼした影響を調べるため、UCLとスウェーデン・ヨーテボリ大学の研究者らは共同で、人類が台頭してから現代までに絶滅したことが分かっている鳥類を網羅的に精査しました。
 その結果、今から12万6000年前の後期更新世から現在までに絶滅した鳥類581種が特定されました。

IMG_6562
 そして、研究チームが化石や記録から絶滅した鳥類の生態を調べたところ、絶滅した581種の約3分の1に相当する166種が飛行能力のない鳥だったことが分かりました。
 この166種に、現存する飛べない鳥60種を足すと合計226種になることから、研究チームは「現存する全世界の鳥類の数に人為的に絶滅させられた581種を加えると、全体では5%の増加となりますが、飛べない鳥の数は4倍に増加します」と指摘しています。.

IMG_6563
(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine
https://gigazine.net/news/20201207-flightless-birds-common-human-extinctions/
関連記事


続きを読む

1: 2020/11/20(金) 11:11:34.17
NYのXマスツリーにフクロウ 元気づける小さな「贈り物」 | 共同通信
https://this.kiji.is/702314361827902561?c=39546741839462401

 米ニューヨークのクリスマスの風物詩として中心部のロックフェラーセンターに運び込まれた巨大ツリーの中から16日、小さなアメリカキンメフクロウが見つかり、早速「ロックフェラー」と名付けられた。AP通信が19日までに伝えた。

IMG_6176
新型コロナウイルス禍のため観光客がほとんどいない中、関係者を元気づける贈り物となった。

ツリーを立てていた作業員が枝の間から発見した。オスの成鳥で、脱水状態で腹をすかせていたがけがはなく、18日に獣医師の診察を受けた。近く自然に返される予定。

FullSizeRender
関連記事


続きを読む

1: 2020/11/05(木) 22:20:41.05 ● BE:866556825-2BP(4500)

鳥インフルエンザが発生した香川県三豊市の養鶏場に向かう防護服姿の関係者
https://news.yahoo.co.jp/articles/2bd6def95805e28c15c4e37bbd4ddb0e99fb01e7

FullSizeRender

環境省は5日、香川県三豊市の養鶏場での鳥インフルエンザ発生を受け、野鳥に対する全国的な警戒レベルを3段階あるうちで最も高い「レベル3」に引き上げた。また、発生した養鶏場の半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。香川県と連携し不審な野鳥の死骸がないか監視を強める。

 最高レベルへの引き上げは東京都大田区の野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された2018年1月以来。韓国での発生を受けて先月30日、平時の「レベル1」から「レベル2」に引き上げたばかりだった。同日、北海道で野鳥のふんからウイルスが検出され、約2年半ぶりに国内で高病原性が確定していた。
関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ