動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 鳥類

1: 2020/07/06(月) 18:46:40.13
ペンギンの「フン射」から確実に逃れるには最低1.34m。高知大研究者が論文
ペンギンの直腸は人間より強靱

IMG_1878

ペンギンの糞からは大量の笑気ガスが発生しているというコペンハーゲン大学の研究論文が発表されたのは5月のことですが、今度は高知大学の研究者が、ペンギンの「糞を飛ばす能力」について、2005年のイグノーベル賞受賞研究をさらに掘り下げた、新たな論文を発表しました。

ペンギンと言えば南極大陸や一部の地域に生息する、ずんぐりむっくりで愛嬌ある体形の鳥。抱卵の時期には巣から一歩も離れず、飲まず食わずで卵を抱え続ける一方で、排泄物は巣の中が汚れないよう、できるだけ遠くへ”フン射”します。

この行動に目を付けたのが、八丈島を頻繁に訪れては発光生物の研究を行っていた生物学者ヴィクトール・ベノ・マイヤーロホ博士。博士は講演で北里大学を訪れた際、資料として南極大陸のペンギンのスライドを示したときに、聴講者から「なぜペンギンは巣の周りを白やピンクの縞模様に装飾するのか」という質問を受けました。

その縞模様とは、実際は装飾ではなく糞を飛ばした跡だったため、質問者は少々恥ずかしい思いをしてしまいましたが、博士はその質問を面白いと考えました。そしてペンギンが巣の周囲約30~40cmの距離まで糞を"フン射"するにはどれほどの直腸圧力を必要とするかを研究し、10~60kPaという、人間よりもはるかに高い圧力で糞を飛ばしていたことを発見。これを論文にまとめて発表したところ、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に贈られるイグノーベル賞を受賞することとなりました。

IMG_1879

さて、その研究には「もし巣が岩の上などちょっと周辺より高い場所にあったら?フン射時に仰角がついていたら?」という”残された課題”がありました。この疑問に関する研究は、たとえば水族館のペンギン飼育員らが足や手、または顔にフンをかけられないためにも重要(?)です。高知大学の研究者はこの課題に桂浜水族館と協力して取り組み始めました。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://japanese.engadget.com/escape-from-pooping-penguins-080044207.html?guccounter=1&guce_referrer=aHR0cHM6Ly90LmNvL1YwVUxjOEFnc3g_YW1wPTE&guce_referrer_sig=AQAAACDmRY4BSXzyl757ekJTVNTQJ_-d1OckHxPFx-8wKHWkhfP0ZGNFZm70RB_cmPz0i2RAYG3sfFLC8aRuY1GfpLNKyKSLy-WVkcDU9BuLhslUsKnEmfQOUH9a33bsri9aLcDRhYCTqnSs3-QAGoglcHVzsm0dzTu8NCLWMHHrX5AS
【関連記事】
温室効果ガス「亜酸化窒素」を大量排出 嗅ぎ続けると完全におかしくなってしまう
IMG_1880



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/07/04(土) 15:43:46.26
 カナダに生息するスズメ科の野鳥ノドジロシトドは、軽快に響く特徴的な鳴き声を持つことで知られるが、その鳴き声の調子が時間とともに変化している。 研究論文が2日、発表された。 いわば「動物界の口コミ現象」の興味深い一例だという。

FullSizeRender

特徴的な3連音を聞かせどころとするノドジロシトドの「元の鳴き声」は、1950年代に鳥類愛好家たちによって初めて録音された。
カナダでは、「オー・マイ・スイート、カ-ナ-ダ、カ-ナ-ダ、カ-ナ-ダ」とこの鳴き声に合わせて歌詞も創作されている。

だが20世紀の終わりごろから、カナダ西部に生息するこの種の仲間が新しい歌唱法を導入していることに、生物学者らは気づき始めた。
新しい鳴き声は、最後の部分が3連音ではなく2連音で、これまでにないシンコペーションのパターンになっている。
この部分は「カ-ナ、カ-ナ、カ-ナ」のように聞こえる。

その後の20年間で、この新しい鳴き方は大きく広がり、アルバータ(Alberta)州やオンタリオ(Ontario)州を経て東方に移動し、
2019年にはケベック(Quebec)州でも確認することができた。
そして現在では、3000キロ以上にわたる生息地全域で、この新しい鳴き方が優勢となっている。
これは、その土地で長きにわたり続けられていた鳥の鳴き方が、まったく別の鳴き方に取って代わられた極めてまれな例だ。

カナダのノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学(University of Northern British Columbia)のケン・オッター(Ken Otter)氏と
共同研究者のウィルフリッド・ローリエ大学(Wilfrid Laurier University)のスコット・ラムゼイ(Scott Ramsay)氏は、
米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された論文の中で、鳴き声の変化の目まぐるしいペースについて触れている。
AFPの取材にオッター氏は
「ここで起きているのは、ケベックからパリに引っ越した人がいたとして『そのアクセントいいね!』と、ケベックのアクセントでパリの人たちが話し始めるようなものだ」と説明した。

研究は、2000~2019年に収集された1785個の録音データに基づき進められた。
録音の大半は研究チームが行ったものだが、「xeno-canto.org」などの世界の鳥の鳴き声を集めた専門サイトにデータファイルを投稿した市民科学者らも一部を寄与している。
カナダ西方にあるアルバータ州で2004年に録音された鳴き声の約半分では3連音が聞かれたが、その10年後には、オスの鳴き声はすべて2連音になっていた。
2015年には、カナダの西半分は2連音の鳴き声に取って代わられ、そして昨年には、東方ケベック州の西端地域でも新しい鳴き声がしっかりと定着していた。

雄は、自分の縄張りを主張するために鳴くとされ、同一種では同等の鳴き方をする。
通常、鳴き方に変化が現れた場合でもその地域にとどまり、縄張りの範囲を超えて広がることはない。
今回の研究についてノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学のオッター氏は、このような広い範囲で変化の拡散を確認した初めてのケースだと述べている。
【関連記事】
「鳥の歌(さえずり)は何百年にもわたって伝承されている」と研究者が指摘
IMG_1847



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/25(木) 20:31:14.11
 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)は25日、国の特別天然記念物コウノトリの野外生息数が200羽に到達したと発表した。国内の野生個体は1971年に絶滅したが、野生復帰を目指す同公園が人工飼育した個体を2005年に放鳥するなどの取り組みを進め、順調に増えていた。

FullSizeRender

 公園によると、200羽目となったのは京都府京丹後市の人工巣塔で今年4月末にふ化した雌のひな。6月25日午前に近くの水田に降り立っているのが見つかり、巣立ちが確認された。

 これまで野外繁殖は栃木、福井、京都、兵庫、鳥取、島根、徳島の7府県で確認されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e1d9edaaa90d768970454308206ebce59770197
【関連記事】
傷つく野外コウノトリ最多…17年度19羽、ネットや電線等の人工物原因
IMG_1506



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/25(木) 20:34:13.89 _USER
→魚の卵は鳥に食べられても生きたまま糞と一緒に排出される
→排出された卵を育てたら稚魚がうまれた
→鳥は魚を別の湖に運ぶ箱舟だった

IMG_1490

植物の実が鳥に食べられて、種を遠くに運ぶことはよく知られています。

しかし新たにハンガリーで行われた研究では、魚の卵もまた、鳥に食べられることで別の湖に運ばれることが示唆されました。

鳥に大量の卵を食べさせる実験を行った結果、魚の卵は鳥の消化機能を生き延び、糞として排出された後に孵化することが確認されたのです。

食べられた魚の卵が特殊だったのか、鳥の消化機能が「ガバガバ」だったのか……いったいどうしてこんなことが起きたのでしょうか?
 

■完全に外部から孤立した湖に住んでいる魚たちの謎

IMG_1491

淡水湖の生態系を調べている研究者にとって、孤立した湖に存在する魚の存在は長い間、謎でした。

特に標高の高い場所にあり、他の湖と川で繋がっていないカルデラ湖のような湖は、外部から魚が侵入する余地はありません。

しかしどんなに孤立した湖にも、近くの淡水系と遺伝的に近い魚が住み着いています。

これまでは、そのような「不思議な拡散」は鳥が咥えていた魚を落としたり、足や羽に付着した卵が水鳥によって空輸されるなど、イレギュラーの結果であると考えられていました。

ですがハンガリー、ドナウ研究所に勤めるÁdámLovas-Kiss氏は既存の説に納得できませんでした。

これらの説はいわゆる俗説であり、どれ一つとして科学的に証明されたものではなかったからです。

そこでÁdámLovas-Kiss氏は、植物の種の拡散を模倣した、独自の仮説を構築しました。

すなわち、魚の卵も植物の種のように、鳥に食べられることで他の湖に拡散している…とするユニークな説です。

しかし問題は、どうやってそれを証明するかでした。

■鳥に魚卵を食べさせる

IMG_1492

仮説の証明にあたり、ÁdámLovas-Kiss氏は最もシンプルな方法を試みました。

魚の卵を500個集め、8羽のカモに食べさせたのです。

食べさせた卵は侵略的外来種として知られている2種類のコイ科の魚(ギベリオブナとヨーロッパ鯉)であり、全て人工受精後に食べさせました。

そしてカモが糞をするのを待ちました。

幸い、予想より早く食後一時間ほどで糞が排出されはじめます。

ÁdámLovas-Kiss氏はさっそく糞から卵を探す作業を開始しました。

結果、6匹のカモから18個の形状的に無傷な卵の採取に成功し、そのうち12個は十分生存に足る状態にあることがわかります。

また興味深いことに、オス鳥はメスより多く無傷な卵を通したことがわかりました(メスの5倍)。

ÁdámLovas-Kiss氏は集めた12個の卵を孵化チャンバーに移し、成長を促しました。

すると、12個の卵のうち2個から稚魚がうまれてきました。

2匹のうち1匹はギベリオブナで、もう1匹はヨーロッパ鯉の稚魚であり、生存率を計算したところ0.2%であることがわかりました。

この数値は決して高くはありませんが、長い時間を考えれば、孤立した湖に卵を運ぶには十分な数値です。

また一部のコイは単為生殖を行うことが知られており、1匹のメスの稚魚から多くの子孫をうみだすことが可能とされています。

IMG_1493

続きはソースで

https://nazology.net/archives/63129
【関連記事】
クニマスの卵、外来ウナギが捕食 一度は絶滅した希少種
IMG_3354



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

1: 2020/06/23(火) 20:44:23.03 0
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18458960/

新宿駅前に現れた鳥が、絶滅危惧種の「ミゾゴイ」なのではないかと注目を集めている。

2020年5月15日朝、ツイッターユーザーの枯蛇(@rukikikikiki)さんは新宿駅東口の前でこの鳥に遭遇。褐色の羽と黄色い目を持った鳥が、茶色いタイルの上で体を伸ばして直立している。その表情はまるで何かに驚いているかのようで、コミカルだ。

FullSizeRender

枯蛇さんのツイートには、

「絶滅危惧種のミゾゴイ?ヨシゴイ?どっちなの?何で新宿駅にいるんだろう?」
「え!!!??wミゾゴイ...!!!??
世界に2000羽いるかいないかとか言われてる希少な鳥だよ」
「まさかの絶滅危惧種!!!」

など驚きの声が寄せられている。

FullSizeRender

環境相自然環境局野生生物課が16年に発表した「ミゾゴイ保護の進め方」によると、ミゾゴイはほぼ日本でのみ繁殖するサギ科の夏鳥だ。環境相レッドリスト2020(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)では、「絶滅危惧II種(U V)」に位置付けられている。これは、「絶滅の危険が増大している種」という意味。

そんな珍しい鳥が、本当に新宿駅前に姿を見せたのだろうか。

ミゾゴイで間違いない
20年6月22日、Jタウンネット編集部の取材に応じたバードリサーチ事務局によると、写真に映っている鳥はミゾゴイで間違いないとのことだ。

「嘴や首の長さ、足の長さなどの体型から中型のサギの仲間であることがわかり、
褐色であることなど体の色からミゾゴイ属であること、
頭頂部が黒くないことなどからズグロミゾゴイでなくミゾゴイであることがわかるかと思います。
主に夜間に鳴く鳥で、ボォーッボォーッと特徴的な低音で鳴きます」(バードリサーチ事務局)

また、この個体は幼鳥ではなく、成鳥だと考えられるそう。

「幼鳥の場合、頭などの体上面がより暗い色で、頭や翼には細かい黒斑が多くみられます。写真では翼がよく見えませんが、体や頭の色から成鳥と判断しました」(バードリサーチ事務局)

バードリサーチによると、ミゾゴイについては正確な数を数える調査がなされていないため、詳しい数はわからないが、やはり個体数の多い鳥ではないそうだ。

山地の、落葉広葉樹林で観察されることが多く、湿潤な環境を好むという。都内で野生のミゾゴイが見られることは時々あるが、街中に現れることはとても珍しいそう。

特に、新宿駅という大都会のど真ん中で観察された事については、

「ふつうは山地の薄暗いところにいる印象ですので、昼間に都心の人通りの多いところにいるのは特に珍しいと思います」(バードリサーチ事務局)

では、なぜこんな場所にミゾゴイが現れたのだろう。考えられる原因を聞いてみると、

「なんともわかりませんが、渡りの途中や生息地間の移動中に何らかのトラブルにあったことが考えられます」

とのこと。
【関連記事】
絶滅危惧の夜行性インコ、暗視能力はいまひとつ?
IMG_1478



※当ブログ記事の参照元にもなっている雑誌【ナショナル ジオグラフィック】は下記からご購入頂けます⬇︎定期購読が大変お得です!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863134460/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=aron2743-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4863134460&linkId=5a9f70713454b0a4b2cbd39d85ec8a4a

全世界で約850万人に愛読されている月刊誌です。

世界中の自然や動物、文化や歴史をはじめ、科学研究や宇宙開発の最前線など、『人類と地球を取り巻くすべて』を、印象的な写真と長期にわたる取材に基づく詳細なレポートでお届けしています。 


続きを読む

↑このページのトップヘ