動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 海洋生物

1: ごまカンパチ ★ 2019/08/20(火) 07:46:37.56 ID:HVDk4/Im9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000004-yamagatan-l06
 水流の抵抗を減らすとされるサメの皮膚のざらついた形状を、慶応大先端生命科学研究所(鶴岡市)などの研究グループが商用の3Dプリンターを使って、
人工的に作成することに成功した。
低コストで多量に再現でき、未解明な点が多い「サメ肌」の機能などの研究が進む可能性がある。
グループは「生活、産業への技術応用につながる」と展望する。

IMG_3810

 サメの皮膚には0.1~0.5ミリほどの複雑な形のうろこが並んでいる。
鋭利な凹凸面で水流を制御しているとみられているが、詳しい機能は解明されていない。
サメ肌をヒントにした競泳水着も話題になったが、実際の皮膚の形状とは大きく異なるという。

 作成に成功したのは同大環境情報学部4年安田侑史さん(24)と同研究所のガリポン・ジョゼフィーヌ特任助教(34)らのグループ。
複雑な形状のうち、先端のとがった部分に注目し、微細な凹凸のデータを計測した。3Dプリンターに入力して型を作り、シリコンゴムを流し込んで完成させた。
サメ肌を人工的に再現できれば、本物を採取せずに実験を重ねられる。
今回の研究では、うろこの大きさを10倍に拡大して作成しており、微小な元のサイズでは解析困難だった水の流れも捉えやすくなった。

 サイズを拡大した分、水流の速度を遅くすることができ、観測に使うハイスピードカメラの性能も抑制できた。
現在はカナダ・クイーンズ大で流体実験を進めている。

3Dプリンターで人工サメ肌を作る先行事例はあったが、使用されたのは数千万円の機器。今回用いたプリンターは数十万円で購入できるという。
「初期費用は100分の1。膨大な予算がある限られた人ではなくても簡単に再現できる」とジョゼフィーヌさん。
作成法は6月、米国の科学専門誌ジャーナル・オブ・ザ・エレクトロケミカル・ソサエティー(電子版)に掲載された。

FullSizeRender

 安田さんはトライアスロンの選手で、
「自転車に人工サメ肌を貼ったら空気抵抗はどうなるか」という思い付きが研究のきっかけになった。本物のサメが必要だったが、
先端研に通う高校生の保護者や、ジョゼフィーヌさんが愛好する空手の関係者などで、漁業に縁ある地域の人々が届けてくれた。
標本はネコザメ、アブラツノザメなど4種12匹が集まり、安田さんとジョゼフィーヌさんは「庄内の方々に感謝している」
「地域の人のおかげで取り組むことができた」とコメントした。



【関連記事】
HPを全回復できる能力、がんにならない能力…ホオジロザメの遺伝子解析で見えてきたもの
IMG_3811



続きを読む

1: アクルックス(東京都) [US] 2019/08/19(月) 14:20:00.31 ID:eMojX4C40● BE:295723299-2BP(2000)

日本の捕鯨はクジラ保全最大の脅威ではない。アメリカとカナダは自分たちの有害な行為に目を向けるべきだとするアメリカの研究者
2019/08/18 20:30

2019年7月、日本は31年ぶりに商業捕鯨を再開した。これに対し、西欧諸国から多くの批判が寄せられている。

IMG_3799

しかし、アメリカ・コーネル大学の海洋生物学者チャールズ・H・グリーン教授は、
捕鯨を個人的に好ましいこととは思わないとしながらも、それを批判するアメリカ人やカナダ人は、
自分たちのより有害な行為に目を向けるべきだという論説を『Scientific American』に寄稿している。

【日本の商業捕鯨がクジラの生息数に影響を与える可能性は低い】

日本政府は国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し商業捕鯨を再開、ノルウェーとアイスランドに加わることになった。

だが、悪い話ばかりではなく、日本政府は南極条約(南極周辺海域における生物資源の商業利用を規制)に
従うことに同意し、南極海での”調査"捕鯨は中止する旨を発表している。

IMG_3800

また商業捕鯨についても、生息数が十分な種のみを捕鯨し、それも自国の領海と排他的経済水域に限ると述べている。

国際的な非難はあるものの、適切に管理された日本の商業捕鯨が、
危機に瀕したクジラの生息数に大きな影響を与える可能性は低いとグリーン教授は語る。

対照的に、北アメリカはどうだろうか? 東海岸ではアメリカもカナダも数十年間捕鯨を行なっていないが、
両国の漁業は絶滅が危惧される種のひとつであるタイセイヨウセミクジラにとって潜在的な脅威となっている。

(以下ソース)
http://karapaia.com/archives/52278298.html




【関連記事】
カナダ議会がイルカやクジラの捕獲・繁殖を禁止する法案を可決
IMG_3803



続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/08/16(金) 15:15:35.64 ID:CAP_USER
重さ1.4キロの巨大カキ、仏で発見 食べず海に戻される
https://www.afpbb.com/articles/-/3239176

(画像)フランス西部タルモンサンティエールで見つかった巨大カキ(2019年8月3日撮影、同8日提供)。(c)AFP PHOTO / VIVIERS DE LA GUITTIERE
IMG_3771

【8月9日 AFP】フランス西部のカキ養殖場で、重さ1.44キロ、長さ25センチの巨大なカキが見つかった。ただ、養殖作業員らは巨大カキを堪能することなく、退職した従業員の名前にちなんで「ジョルジェット」と命名した後、海に戻したという。

 巨大カキはフランス西部バンデ(Vendee)県タルモンサンティエール(Talmont-Saint-Hilaire)で2日に見つかった。

 養殖場の従業員は8日、AFPの取材に対し「作業をしながら歩いていたところ、何かが足に当たったのを感じた」と説明。「持ち上げてみると巨大なカキだった」と語った。

 今年4月には、この近くのサーブルドロンヌ(Sables d'Olonne)にある別の養殖場でも重さ1.3キロの巨大カキが見つかっていた。

 従業員は、これほどの巨大カキは「非常にまれ」で、8年の勤務歴の中でも見たことがないと語った。

 巨大カキは最近退職した女性従業員にちなみ「ジョルジェット」と命名された後、海に戻された。退職した女性は「社内で女家長のような人物だった」という。

 従業員らは、養殖カキの成長スピードから考えて、ジョルジェットは13~15年ものだったとみている。(c)AFP

AFPBB News
https://www.afpbb.com



【関連記事】
英研究者「ムール貝には耳がないが船舶による水中の騒音によりストレスを感じている」
IMG_3772



続きを読む

1: みつを ★ 2019/08/13(火) 23:42:07.18 ID:FuZMhcFR9
https://www.afpbb.com/articles/-/3239720

緑色に光るサメ、発光に関係する分子を特定 米研究
2019年8月13日 16:29 
発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

FullSizeRender

【8月13日 AFP】海底に生息するサメの一種は、仲間のサメに見えるよう鮮やかな緑色の光を体から放つが、この生物蛍光に関係する分子を特定したとの研究結果が8日、発表された。この分子は微生物感染を防止するなどその他の機能もあるという。

 学術誌「アイサイエンス(iScience)」に掲載された論文では、これまで知られていなかった低分子代謝産物の一群が特定された。

 論文の共同執筆者で、米ニューヨーク市立大学(CUNY)のデビッド・グルーバー(David Gruber)教授はAFPの取材に、サメの発色過程はクラゲやサンゴなど他のあらゆる種類の海洋生物の発色過程と大きく異なっていると語った。サメの発色はタンパク質ではなく小分子によるもので、青い海の中で青色光を吸収して他の色に変換する能力を独自に進化させたことを示している。

 今回の論文では、ナヌカザメとクサリトラザメの2種類のサメに着目した。グルーバー氏は、米カリフォルニア州サンディエゴ(San Diego)沖にあるスクリップスキャニオン(Scripps Canyon)に潜り、調査した。

 グルーバー氏によるとこの2種類のサメは「体長が1メートルくらいで、海底に横たわっており、極めて用心深く、泳ぎがあまり上手ではない」上、可視スペクトルの青端の光しか届かない水深30メートル以上の場所に生息している。この場所でサメにかまれて出血したら、その血は真っ黒に見えるという。

 グルーバー氏と共同研究者の米エール大学(Yale University)のジェイソン・クロフォード(Jason Crawford)氏は、サメの表皮が明暗2色になっていることに気付き、表皮から化学物質を抽出し調べた。その結果、明色の部分にのみ存在する蛍光分子を発見した。サメはこの分子の助けにより、青色光を吸収し緑色光を放つという。

 サメの目は特殊な構造をしており、青色と緑色の境界域の光に対する感受性が高い。このため、サメの目から見るとサメの体と発光していない周囲との境に明確なコントラストが形成される。

 潜水調査中にグルーバー氏はまた、サメが2匹から最大10匹までの群れで存在することを発見した。これはこの種のサメが社会性を持っていることを意味している。これを踏まえると、表皮が2色に分かれていることが、性別や個体識別の手掛かりになっているという仮説が考えられるという。

 さらに臭素化したトリプトファン代謝産物キヌレニンの一部は、実験室環境において細菌を死滅させることも分かった。これは、サメにとってキヌレニンが抗菌作用を持っている可能性を示唆している。

 グルーバー氏は最新の研究成果について「これらのサメはサンディエゴの桟橋のすぐ沖に存在していたが、今やっと謎が解明されつつある」と話した。(c)AFP/Issam AHMED




【関連記事】
暗闇で発光する新種の小型ザメ、メキシコ湾で初の発見
IMG_3736



続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/08/13(火) 13:24:16.57 ID:2FNcbS+S9
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071900420/
 数年前、肝臓のないホホジロザメの死骸が南アフリカの海岸に打ち上げられたと聞いて、米ロサンゼルス郡立自然史博物館で研究員として働く 生物学者アリサ・シュルマン・ジャニガー氏はショックを受けた。
「デジャブだ。また同じことが起きたと思いました」と同氏は振り返る。
1997年10月、サンフランシスコ沖に浮かぶファラロン諸島の周辺でホエールウォッチングをしていた人々が、2頭のシャチがホホジロザメに襲い掛かり、
肝臓を取り出して食べるのを目撃したのだ。

FullSizeRender

シャチがホホジロザメを食べる姿が記録されたのは初めてのことだった。
この出来事をきっかけに新たな研究が始まったが、シュルマン・ジャニガー氏を含めて研究者が抱いた疑問はシンプルなものだった。
いったいシャチがいくら凶暴な動物といっても、海のハンターとして知られるホホジロザメをどうやって襲うのだろうか?
米モントレー湾水族館の研究者スコット・アンダーソン氏は、ナショナル ジオグラフィックのTV番組「SharkFest」の「Whale That Ate Jaws: Eyewitness Report」
というエピソードで、「あの瞬間から、シャチとホホジロザメに対する見方が変わったように思います」と述べている。

■ゾウアザラシの数にも影響
 その後、1997年の出来事が決して偶然でないことが判明する。
2017年、南アフリカ西ケープ州で、5頭のホホジロザメが海岸に打ち上げられたのだ。
シャチがホホジロザメを殺す姿が目撃されたわけではないが、過去の事例と類似点があり、シャチが有力な容疑者として浮上した。
アンダーソン氏によれば、これらの出来事は、シャチ、ホホジロザメという2つの捕食者の相互作用が食物連鎖に大きな影響を及ぼし得ることを示唆しているという。
例えば、アンダーソン氏は最新の研究で、シャチの存在によって、ファラロン諸島の周辺からホホジロザメが追い払われ、その結果、ホホジロザメの主食である
ゾウアザラシのコロニーが恩恵を受けていると指摘している。

 1997年の一件が起きた後、ホホジロザメの個体群は通常より早くファラロン諸島を離れ、毎年恒例となっていたゾウアザラシの襲撃をあきらめたと、
アンダーソン氏は述べている。
2006年から2013年にかけて、アンダーソン氏のチームは165頭のホホジロザメに音響タグを装着し、仮説の裏付けを取った。
ホホジロザメがシャチと遭遇した年は、ホホジロザメがゾウアザラシを食べる数が減少していた。

■狙いはおいしい肝臓
 南アフリカ、ケープタウンにあるケープ研究センターの海洋生物学者アリソン・コック氏はすでに、複数のエビスザメを襲い、肝臓を食べていた
2頭のシャチを研究していた。エビスザメはフォールス湾の藻場に生息する種だ。
2頭のシャチはそれぞれ「ポート」「スターボード」と名付けられた。左舷と右舷を意味する言葉で、背びれがそれぞれ左と右に傾いていたことに由来する。
2017年、ホホジロザメの死骸が打ち上げられたとき、コック氏らはポートとスターボードを疑った。
死骸を解剖したところ、左右の胸びれの間に驚くほどきれいな裂け目があったことを除き、ほぼ無傷だった。
おそらく2頭のシャチは肝臓の位置を正確に知っていて、傷口から吸い取ったのだろう。

 エビスザメの死骸とホホジロザメの死骸の間に類似点があったことから、ポートとスターボードに違いないとコック氏らは確信した。
1997年、ホエールウォッチングに参加していた人が撮影した映像も、ポートとスターボードが力を合わせ、ホホジロザメを仕留めた可能性を示唆している。
シュルマン・ジャニガー氏は次のように述べている。
「まるで2頭のシャチが技術を磨き上げ、科学的な手法で肝臓を摘出したように見えます。メスを使った手術に近いレベルです」
シュルマン・ジャニガー氏はさらに、
「詳細な研究を行う素晴らしい機会に恵まれました。特に、死骸を調べることができたのは貴重な体験です。(1997年には)できていませんでしたから」と喜んでいる。

 シャチたちが肝臓を狙ったのはおそらく、高脂肪でおいしいためだろう。
アンダーソン氏はTV番組で、「人がバターやベーコンを食べるのと同じです。私たちは脂ぎった食べ物が好きなのです」と解説している。
しかも、浮力の維持に使われているホホジロザメの肝臓はかなりのボリュームがある。最大なら270キロもある塊だ。

※続きはソースで



【関連記事】
最大級のホホジロザメ、クジラを食べる 間近で撮影された貴重な光景、大きなお腹は妊娠? 米ハワイ沖
http://doubutsunet.com/archives/18500011.html
IMG_3731



続きを読む

↑このページのトップヘ