動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 海洋生物

1: しじみ ★ 2019/12/10(火) 13:48:25.35 ID:R2YNdWOS9
繁殖年齢を過ぎた「おばあさん」シャチが、孫の生存率を上げるのに貢献しているとの解析結果を、英国とカナダの研究チームが9日付の米科学誌に発表した。ヒトでは閉経後の女性が長生きして孫の子育てに一定の貢献をするのは「おばあさん効果」として知られる。チームは「ヒト以外の哺乳類で見つかったのは初めて」としつつ、さらなる観察の必要性も主張している。

FullSizeRender

 シャチは歯クジラの一種で、基本的に母と子、孫が一緒の群れで生活する。雌は40歳前後で繁殖を終えるが、その後も15年ほど生きて群れで余生を過ごす。中でも米ワシントン州やカナダのブリティッシュコロンビア州の沖で暮らす集団は40年以上にわたって継続観察され、貴重な研究対象になっている。

FullSizeRender

 チームは、この集団にいる孫世代の378頭の生存状況と、母方の祖母がいるかどうかの関係を解析。その結果、祖母が死ぬと2年ほどで孫の生存率が急激に落ちていた。特に、自分は子育てをしない閉経後の祖母が死んだ場合や、餌のキングサーモンが少ない時期にこうした傾向が強く表れたという。祖父は同じ群れにおらず、血縁関係もつかめないことから、解析の対象になっていない。  

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASMD96J49MD9ULBJ015.html


【関連記事】
シャチさん「喧嘩は3分以内」「仲直りのため相手の舌を優しく甘噛みする」
IMG_6544



続きを読む

1: みつを ★ 2019/12/09(月) 22:13:40.20 ID:9oAs5a5k9
https://twitter.com/dobutsu_syu/status/1204021217444814848?s=21

【ラッコが手を顔に当ててる理由】

ラッコは手の平に毛が生えてないため
手が冷えて体温の低下に繋がります。

そんな時に顔の目や頬、頭に手をやると
「めっちゃあったかい!」と
気づいて顔に手を当てるそうです。

IMG_6534

IMG_6535


【関連記事】
ラッコが道具を使う謎、考古学の手法で迫る
IMG_6536



続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/12/04(水) 19:09:23.77 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00010004-nikkeisty-life

大型のエイ「スモールアイ・スティングレイ(学名:Megatrygon microps)」は、ほとんど生態が分かっていない。

IMG_6410

 この魚は毒のトゲをもつアカエイ科に属し、ヒレを広げると最大2.2メートルにもなる。海にすむアカエイの仲間では最大である一方、目の大きさは一粒の干しブドウほど。大きな体をしているわりには、生きて目撃される機会はめったにない。

 2000年代初頭まで、生きたスモールアイ・スティングレイの確実な目撃例はわずか2、3件しかなかった。しかし、生物学者のアンドレア・マーシャル氏らのチームは、ここ15年の間にモザンビーク沖で70匹のスモールアイ・スティングレイを特定。このエイの世界初の観測成果としてまとめ、オンライン学術誌「PeerJ」に発表した。

 観測には、背中の斑点模様から個体を特定する手法を用いた。この手法なら、ダイバーやアマチュアの科学者が撮影した写真や動画を使って移動経路や行動を追跡できる。モザンビーク沖は、ダイバーに人気のスポットなので、彼らが撮影したエイに関するデータを集めて研究に反映した。いわば、ダイバーや観光客を巻き込んだ「クラウドソーシング」だ。

 今回の研究では、モザンビーク南部のトフォ・ビーチにいたスモールアイ・スティングレイを200キロほど北にあるバザルト諸島でも確認した。その後、この個体が再びトフォ・ビーチに戻ったこともわかった。マーシャル氏によれば、アカエイの仲間でここまで長い距離を移動した事例は観測されていないという。大移動した個体はメスで、最初に目撃されたときは妊娠していたが、2度目はそうではなかったので、出産のために北へ向かった可能性もあるという。

 非営利団体「野生生物保護学会(WCS)」の自然保護官レット・ベネット氏によると、モザンビーク南部には世界的に見ても多様なサメやエイが生息するという。「今回の研究で、それを裏付ける新たな情報が明らかになりました。この海域は、自然保護にとって重要な場所なのです」とベネット氏は話す。

 この一帯には、バザルト諸島国立公園などの保護区域もあるが、保護されていない場所も残る。

日経ナショナル ジオグラフィック社


【関連記事】
釣り針の刺さったマンタ、ダイバーに助け求める 豪州沖で撮影
IMG_6411



続きを読む

1: レア(帝国中央都市) [KR] 2019/12/02(月) 14:16:04.21 ID:nQXOwaOT0 BE:711292139-PLT(13121)

 イルカは人間と同じく、右利きが多いことが分かった。人間の約90%は右利きで、利き手を持つ生き物は人間だけではないが、調査研究により、バンドウイルカの場合は、人間を上回る割合で右利きが多いことが明らかになった。

FullSizeRender

 米国の非営利団体ドルフィン・コミュニケーション・プロジェクトが発表した論文の共著者の一人、デイジー・カプラン博士は「特定の行為でこうした傾向が見つかるとは思っておらず、ここまで偏りがある事例を見つかるとも思っていなかった」と述べている。

 バハマ諸島に生息するバンドウイルカを調査している研究者らは、右利き傾向は、「クレーター・フィーディング」と呼ばれる採餌の際に見られたと述べている。
クレーター・フィーディングとは、イルカが海底近くで泳ぎながら、餌をエコーロケーション(自らが発したクリック音の反響音を聴いて物体の位置をつかむこと)で見つけ出し、口吻(こうふん)を砂の中に突っ込んで餌をつかみ取る方法をいう。

 カプラン博士の研究チームは、バンドウイルカは口吻を使って海底を掘る前に急旋回すると論文で指摘。
だが重要なのは、その旋回がほぼ常に左回りであることが分かった点だという。2012~2018年に記録されたターン709回のうち、99%以上が同じ方向だった。

 研究者らは、この発見はイルカが右利きであることを示していると説明している。イルカは体を右に傾けながら左に回転することで、常に自分の右目と右側を海底に近い状態に保てるためだ。

 調査チームは、この理由としていくつかの可能性を示している。その中には、イルカの食道は咽頭部分を囲む形で左右に分かれているが、左側よりも右側の方が広いため、という説もある。

 調査ではまた、イルカはエコーロケーションの際のクリック音を、頭部右側にある音唇と呼ばれる穴から出しているとみられることが分かったという。
つまり、頭部の右側を海底に近い状態に保つ方がイルカにとっては都合がよいと考えられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00010000-clc_guard-n_ame


【関連記事】
驚き! イルカが魚を空に蹴り上げて捕食
IMG_6397



続きを読む

1: サンダージョー ★ 2019/12/02(月) 09:21:24.39 ID:CAP_USER

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-00010000-nknatiogeo-sctch

おそらくこれまで撮られたことのない貴重映像、研究者が公開

IMG_6369

 中米、コスタリカのオスティオナル国立野生生物保護区には、毎年、何万匹ものウミガメのメスが、産卵のため砂浜にやって来る。しかもその到来は何日かに集中している。

【動画】無数の母ウミガメが海を泳いで産卵場所へ向かう貴重映像
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/112800687/

 スペイン語で「アリバダ」と呼ばれるこの現象を研究している生物学者バネッサ・ベジー氏は、その一環で、海を泳いで砂浜を目指すウミガメたちをドローンで撮影した。ほとんどがヒメウミガメだ。2016年11月のある日、ベジー氏はこれまでに記録されたなかで最も密集した群れを撮影することに成功した。

「何か特別なことが起きているとすぐに気づきました」と、ベジー氏は撮影当時を振り返る。「今でもこの動画を見るたびに感動します」
二つとない特別な場所

 これほど大規模なアリバダが見られる場所は世界的にもめずらしい。ここより多くカメが到来するのはメキシコ、オアハカのエスコビージャ海岸くらいと考えられている。

 ところで、なぜ今になって2016年の動画を公開したのか。ベジー氏は、ウミガメが以前より大きな脅威にさらされているからだと言う。コスタリカでは旅行者が増えているほか、住宅地の開発も進んでいる。ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるベジー氏は動画を公開することで、ここが二つとない特別な場所であること、絶対に守るべき場所であることを知ってほしいと考えている。

「アリバダの水上の様子をとらえた動画は初めて見ました」と、米サウスイースタンルイジアナ大学の生物学者ロルダン・バルベルデ氏は語る。「この現象を記録した写真は、ほとんどが海岸の写真です」

 ベジー氏がドローンで撮影した動画では、ウミガメは1平方メートルごとに1匹くらいいるように見える。これは前例のない密度だ。雨期全体を通してみると、1平方キロ当たりに記録されるウミガメの数は平均250匹。それでも十分に密集している。動画をさらによく見ると、浮かび上がってくるウミガメもいて、水面下にはもっと多くのカメがいるらしい。

 ベジー氏は、これほど多くのカメが主に8月から10月にかけてこの場所に集まる理由を解明したいと考えている。海流、海岸の方位、砂の種類などが関係している可能性がある。また、アリバダを大規模にすることで、カメが生き残るチャンスを高めているのかもしれないと、ベジー氏は分析している。

 国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは、6種のウミガメが絶滅危惧種に指定されているが、ヒメウミガメもその一つだ。ベジー氏によれば、ヒメウミガメのライフサイクルにおいて、アリバダは極めて重要な役割を果たしているという。

「アリバダは謎の多い現象です。カメたちがどのように群れを形成するのかは、まだわかっていません」

(続きはソースで)


【関連記事】
【モルディブ】絶滅危惧種アオウミガメ 砂浜に戻ったつもりが…滑走路で産卵!
IMG_6370



続きを読む

↑このページのトップヘ