動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 海洋生物

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/02/14(木) 19:01:38.06 ID:F7MDvxy19
ボラが大量発生、歓迎の市民も 名古屋の黒川

IMG_0679

 名古屋市北区を流れる黒川(堀川上流の通称)にボラが大量に発生、
川面を黒く埋めている。あまりの多さに水中で酸欠が起きているとみられ、
名古屋市は大量死も懸念。一方、川の浄化に関わってきた市民からは
「魚が戻ってきた」と喜ぶ声も出ている。

 大量発生しているのは、北区黒川からやや上流の猿投橋の辺り。
体長20センチほどのボラが口をパクパク開け、川幅約10メートルの
反対岸まで埋めている。

 名古屋港水族館によると、ボラは春ごろに群れになって淡水域を
遡上する。大量発生は1週間ほど前からとみられ、13日時点で数百匹が
死んでおり、市は工事のため減らしていた庄内川からの水量を元に戻し、
水中の酸欠状態を解消させる。

 大量発生の理由は分かっていない。2008年にも大量発生し、
当時は約50万匹が酸欠で死んで悪臭が問題になった。

 清流域でなくても生息できるボラだが、「とにかく川がにぎやかになった」
と歓迎する声も。黒川やその下流域の堀川では、高度経済成長期に
工場廃水などで汚濁。市は1989年に「堀川総合整備構想」を定め、
ヘドロ除去などの環境対策に力を入れてきた。

 市の浄化施策の効果を調査検証するボランティア「堀川1000人調査隊」
代表の服部宏さん(63)は、昨年は堀川で年間を通じてボラの生息が
確認できたといい「再びたくさんの生き物が住む豊かな川に回復して
いってほしい」と話す。


中日新聞(2019年2月14日 12時56分)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019021490125621.html

続きを読む

1: かばほ~るφ ★ 2019/02/14(木) 12:03:07.24 ID:iqX+lrqT9
クジラ追い込み漁を止めるよう提訴、動物愛護団体 和歌山地裁
2019.2.14 11:24

IMG_0672

和歌山県太地(たいじ)町で行われている追い込み漁をめぐり、動物愛護団体代表が、
クジラやイルカが「苦痛の多い方法」で殺害されているのは動物愛護法に違反しているなどとして、
和歌山県知事や県を相手に、漁の許可取り消しを求める訴えを和歌山地裁に起こしたことが14日、分かった。

日本が国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を決め、1月下旬にロンドンの市民団体が
「日本の商業捕鯨に反対するため、東京五輪をボイコットせよ」と呼びかける抗議デモを実施。
反捕鯨運動が高まりを見せる中、今回の動きもすでに英国やオーストラリアの主要メディアが報じており、
注目を浴びそうだ。

産経ニュース
https://www.sankei.com/west/news/190214/wst1902140024-n1.html
和歌山県太地町の追い込み漁の停止を求めて、和歌山地裁に訴えを起こした
動物愛護団体のメンバーら=14日午前、東京・日本外国特派員協会
https://www.sankei.com/images/news/190214/wst1902140024-p1.jpg
IMG_0670

続きを読む

1: ◆Hikaru.CGk Hikaru ★ 2019/02/09(土) 13:28:31.32 ID:fmikTQvo9
JIJI.COM 2019年02月09日12時55分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019020900154&g=soc


IMG_0576

 今年に入り、「幻の深海魚」とも言われるリュウグウノツカイが日本海側で相次ぎ見つかっている。
新潟から沖縄まで10匹を超え、韓国でも発見された。
出現は「地震の前兆」との伝承もあり、米CNNテレビも報道。
専門家は「地震と直接の関連はないので落ち着いて」と呼び掛けている。

 リュウグウノツカイは、最大5メートルを超す深海魚。
細長い銀白色の体が特徴で、水深200メートル前後の海に生息するとみられるが、
網に掛かることが非常に珍しいため、詳しい生態は不明だ。

 各地の水族館や漁協などによると、今年に入り、富山湾では、過去最多の6匹が定置網に掛かったり、海岸に打ち上げられたりした。
沖縄・読谷村沖で2匹、京都・舞鶴市沖、兵庫・豊岡市沖、石川・七尾市沖で各1匹が網に掛かり、
2月以降も、新潟県の佐渡島沖と上越市で各1匹が漂着するなどした。

 韓国紙・中央日報によると、日本海に面する韓国北東部の江原道でも1月8日に1匹が見つかった。
 リュウグウノツカイをめぐっては、地震発生前に海底で断層が動いて発生する電磁気的な変化に反応して
浅瀬に上がる、との仮説がある。
CNNは、相次ぐ出現について「地震と津波の懸念高まる」と報じ、地震との関連について賛否両論を紹介した。

 インターネット上でも「東日本大震災前にも出現した」「南海トラフ地震と関係あるのでは」などさまざまな声が出ている。

 東海大海洋研究所(静岡市)の織原義明特任准教授(固体地球物理学)は、
この魚の出現と付近での大地震(マグニチュード6以上)との関連を調査。
その結果、2000年以降の日本では、関連は「ほとんどない」ことが分かったという。
織原特任准教授は
「実は09年冬にも日本海側で多く姿を見せたが、何も起きなかった。今回も特に心配する必要はない」と話す。

 富山湾の2匹を解剖した魚津水族館(富山県魚津市)の担当者は
「相次ぐ出現には、日本海における生態系や水温の変化などの可能性が考えられる」とした上で
「状況は10年前と似ているが、具体的な変化や各個体の状況を詳しく調べない限り、明確な理由は分からない」と
強調している。

◇リュウグウノツカイの主な発見場所
https://www.jiji.com/news2/kiji_photos/20190209ax02S_p.jpg
IMG_0572

関連記事
【警告】やはり地震の前兆!? 深海魚「リュウグウノツカイ」不気味な出現
IMG_0573

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/08(金) 12:18:00.44 ID:CAP_USER
 ホンソメワケベラという魚は、鏡に映った姿を自分だと認識できる――大阪市立大学の研究チームが2月8日、そんな研究結果を発表した。鏡に映る姿を自分だと認識できる能力は、チンパンジーやイルカ、カラスなどでも確認されているが、魚類では世界初という。同大学は「動物の認知や知性に携わる科学者の常識を根底から覆す、驚きの発見だ」としている。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1902/08/kf_osakacu_01.jpg
IMG_0551

 ホンソメワケベラは、体に付いた寄生虫を取り去ろうとする習性がある。研究チームが、ホンソメワケベラの喉に寄生虫に似た茶色の印を貼り付けたところ、鏡に映った自分の姿を頻繁に確認するしぐさを見せた。さらに8個体中7個体が、鏡で茶色の印を見たときだけ、水槽の底で喉を何度も擦った。

 喉に印を付けないとき、透明な印を付けたとき、茶色印を付けても鏡がないときは、喉を擦らなかったため、研究チームは「鏡像を自分だと認識している」と結論付けた。また、喉を擦った後、再び鏡で確認するような姿勢をとった個体もいた。印を擦ったあと「寄生虫がとれたかどうか」を鏡で確認しているという。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1902/08/kf_osakacu_02.jpg
IMG_0552

 研究チームの幸田正典教授(大学院理学研究科)は「魚類の記憶力や認知能力は低いといわれてきたが、われわれは魚に対し『大きな勘違い』をしていたのかもしれない。ヒト中心ではなく、魚類を含め脊椎動物の知性を見直すべきときが来ている」としている。

 研究成果は、米国の科学誌「PLOS BIOLOGY」(電子版)に2月8日付(日本時間)で掲載された。 

※ホンソメワケベラ

関連記事
アマゾンの動物が鏡を見たらどうなる?
http://doubutsunet.com/archives/10615531.html
IMG_0554

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/02/06(水) 04:41:05.48 ID:CAP_USER
■半分かそれ以上の栄養を藻類と植物から摂取と判明、東大ほか

ジンベエザメは世界最大の魚だが、ろ過摂食をするため、仲間のサメたちのような血に飢えたイメージはない。とはいえ一応サメなのだから、おとなしい彼らであっても、食物はほぼ完全に動物性だと考えられてきた。

 だが、学術誌「Ecological Monographs」誌に掲載された最新の研究によれば、そうした認識は誤りのようだ。13匹のジンベエザメの血液および組織サンプルを調査した結果、植物や藻類を含むかなり雑食な食生活を送っているらしいことが明らかになった。ジンベエザメの胃から海藻を見つけた先行研究はあるものの、日常的な品目として藻類を摂取している可能性を示唆する研究は、今回が初めてだ。

 論文の筆頭著者である東京大学の生物学者、アレックス・ワイアット氏が率いた研究チームは、謎めいたジンベエザメたちの食生活を解き明かすため、飼育下および野生の個体から得られたサンプルを組み合わせて分析した。

「ジンベエザメは世界中で絶滅の危機に瀕しているカリスマ的な種ですが、効果的な保全を行うために必要な生態学的情報が不足しています」とワイアット氏は語る。「彼らを今よりも理解するために、貢献したいと強く思っています」

 動物が何を食べているのかを調べることは「最も基本的なこと」であると、米ジョージア水族館のアリステア・ダブ氏は言う。ダブ氏は同水族館の研究・保全副部長で、ジンベエザメ研究者でもある。「同時に食物のデータは、絶滅危惧種の保全案を策定するための個体群モデルを作る際に、中心となるものでもあります」

 種を守るための最良の方法を決定する際に必要となるのが、個体がどう移動しているのか、何を食べているのかといったことを含む、その動物の習性に関する確実な情報だ。データロガーを装着する研究によって、動きについてはかなり明らかになってきた。しかし、移動の多い彼らを始終追跡して食物を確認することは、基本的に不可能と言っていい。だからこそ、ワイアット氏のチームの手法は魅力的だ。様々な機会に入手した血液や組織のサンプルを用いて、ジンベエザメが何を食べたのかを後から調べることができるのだから。

「ジンベエザメの採食と食物に関して、よい知見が加わったと思います」と、米国の海洋生物保護団体マリーン・メガファウナ・ファウンデーションの科学者、クレア・プレブル氏も話す。

■宴会か、絶食か

 研究チームは、ジンベエザメが何を食べているのかを解明するため、血液や組織のサンプルに含まれる窒素や炭素等の安定同位体を調べた。藻類、動物プランクトン、魚など、食物源によって同位体の割合が異なる。そのため、ジンベエザメの組織にこれらがどのぐらいの割合で含まれているかは、食物についての強力な手がかりになる。

 とはいえ、気を付けなければならないこともある。安定同位体では、食物を消化し吸収する過程についてはわからず、そこは推測するしかない。よって今回は、摂取した食物があらかじめわかっている、沖縄美ら海水族館で飼われていた5匹のジンベエザメのデータが用いられた。これによって、野生の8匹から得られたデータを検証できたのだ。「大変な仕事量でもありますし、自然条件において知りたい事柄に、水族館で得られる知見を応用した、とてもよい研究だと思います」とダブ氏は話す。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/020500084/ph_thumb.jpg
IMG_0507

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/020500084/

続きを読む

↑このページのトップヘ