動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 海洋生物

1: 2021/03/09(火) 10:36:07.94 _USER
ウミウシ、頭から胴体再生 自ら切断後―寄生動物排除が目的か・奈良女子大

IMG_8586
 貝殻のない貝の仲間ウミウシで、頭部から胴体を自ら切断した後、胴体が再生する種が発見された。
 奈良女子大の大学院生三藤清香さんが鹿児島市の海岸で採集し、代々飼育している「コノハミドリガイ」と広島県尾道市の向島で採集した「クロミドリガイ」で再生を確認。
 遊佐陽一教授と共に論文を8日付の米科学誌カレント・バイオロジーに発表した。

 動物が尾や足を自ら切断する「自切」は、トカゲのしっぽ切りが有名。
 ウミウシも体の一部を切断、再生する種がいるが、心臓がある胴体の再生が報告されたのは初めて。
 敵から逃げるため切断するのではなく、胴体に巣くい、産卵を妨げる寄生動物の排除が目的と考えられる。
 再生能力が高いプラナリアと違い、胴体から頭部は再生しない。

 三藤さんは「2018年にコノハミドリガイの頭と体が分離しているのを偶然見つけ、頭が元気そうに動いていたので驚いた。近いうちに死ぬと思っていたら、餌を食べて体が再生したのは衝撃的だった」と語り、「他種でも見つかる可能性があり、自切の進化を調べたい」と話している。

 ウミウシの一部は餌の藻類から葉緑体を取り込み、光合成をさせて栄養を得ている。
 コノハミドリガイなど2種もこの能力があり、胴体の再生まで生存できる。

 体長3~4センチのコノハミドリガイの観察では、頭部から胴体を切り離した後、数時間で餌の海藻を食べ始めた。
 約1週間で心臓を含む胴体が再生し始め、約3週間でほぼ再生した。
 年老いた個体では頭部が餌を食べず、死ぬ例もあった。
 切断は首の決まった位置で起きるとみられ、細い糸で軽く絞めると自切を誘導できた。

時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030900042
関連記事


続きを読む

1: 2021/02/18(木) 11:44:28.32 _USER
ビーチを守るサメよけネット、海洋生物の脅威に 南アフリカ

FullSizeRender
 「つまり、これは死のカーテンです」。 サメツアーのダイバー、ウォルター・ベルナルディス(Walter Bernardis)さんはゴムボートから手を伸ばし、ネットの上部を引き上げながら語った。
 ここは南アフリカ東方沖の亜熱帯の海である。

 網の長さは、200メートル。
 ヤシの木が茂るビーチの海水浴客をサメの襲撃から守るために張ってある。

 しかし自然保護活動家たちは、このネットがサメだけでなくイルカやジュゴン、ウミガメ、クジラなど、水際に近づこうとするすべての大型動物を捕獲してしまうと主張する。

 「水中に仕掛けておくシステムです。ネットに首を突っ込んだものはすべて死んでしまう」とベルナルディスさん。
 元教師の彼は、観光客をサメと対面させ、この魚についての誤解を解こうとしている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

AFP=時事
https://news.yahoo.co.jp/articles/e2e25b9bf0b48f71bfb60f764ea19bdd2d9e0772
関連記事

続きを読む

1: 2021/02/18(木) 20:33:11.09 _USER
ジョーズと同サイズ!? 偶然から「史上最大級のシーラカンス」の化石を発見

IMG_7965
 史上最大級のシーラカンスの化石が、偶然発見されました。

 イギリス・ポーツマス大学は、一般のコレクターから依頼されていた、翼竜の頭蓋骨と思しき化石を調査。

 その結果、翼竜ではなく、シーラカンスの肺周辺の骨と判明しました。

 しかも、そのサイズから全長を推計したところ、現代のホオジロザメと同等の約5メートルに達するとのことです。

IMG_7967
 研究は、1月23日付けで『Cretaceous Research』に掲載されています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー
https://nazology.net/archives/83236
関連記事


続きを読む

1: 2021/02/17(水) 11:19:57.08 _USER
南極の厚さ900mの氷の下で未知の生物が発見される

IMG_7954
 2021年2月15日、南極で調査を行っていたイギリス南極観測隊(BAS)が棚氷の下約1200mの海中で新種の生物を複数発見したと報告しました。
 生物は海綿動物を含む数cm程度の種で、このような過酷な環境下で生息する種は今までにほとんど発見されておらず、研究者たちは詳しい調査を開始するとしています。

IMG_7956
(中略)

 BASの調査チームは、南極海の海域の一つ「ウェッデル海」の「フィルヒナー棚氷」下の海中で新種の生物を発見しました。
 BASが棚氷の大陸側の縁から260km離れた地点で厚さ900mの棚氷を掘削し海中をビデオ撮影したところ、深さ1233mの地点にある海中の岩に未知の生物が複数付着している様子が確認されたとのこと。

 これらの生物は茎のような部位を持つ海綿動物、茎のような部位を持たない海綿動物、茎のような部位を持つホヤやヒドロ虫類などのその他の刺胞動物とみられる分類群に分けられ、最大の個体は約6.6cmであったとのこと。

IMG_7957
(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine
https://gigazine.net/news/20210216-antarctic-sponge-under-the-ice-shelf/
関連記事


続きを読む

1: 2021/02/11(木) 18:13:09.13 _USER
米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

IMG_7900
<2019年にフロリダ州で座礁していたクジラが、新種のクジラであったことがわかった......>

 2019年1月29日、米フロリダ州エバーグレーズ国立公園で、体長38フィート(約11.5メートル)のオスのクジラが座礁しているのが見つかった。

 アメリカ海洋大気庁(NOAA)らの研究チームが分析した結果、メキシコ湾で生息するヒゲクジラ類の新種と同定され、2021年1月10日、海洋哺乳類専門学術雑誌「マリンママルサイエンス」でその研究論文が発表された。

■ライス博士にちなんで「ライスクジラ」と名付けられた

 この新種のクジラは、メキシコ湾にクジラが生息することを1990年代に初めて発見した海洋哺乳動物学者のデール・ライス博士にちなんで「ライスクジラ」と名付けられている。

 当時、これらのクジラはニタリクジラだと考えられていたが、2008年、アメリカ海洋大気庁のパトリシア・ローゼル博士を中心とする研究チームがメキシコ湾で採取した試料から得た遺伝子データを分析し、ニタリクジラとは遺伝的に異なることを示した。
 しかし、クジラの新種の同定に不可欠な頭蓋骨がなかったため、これには至らなかった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

newsweekjapan
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/02/post-95606.php
関連記事


続きを読む

↑このページのトップヘ