動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 草食動物

1: 靄々 ★ 2019/08/10(土) 21:44:27.80 ID:jlf8C+nP9
シカ食害が深刻、悠久の森で生物多様性危機 京都・芦生研究林

 原始の森と呼ばれる京都府南丹市美山町芦生の京都大芦生研究林。現地散策ツアーに記者が参加し、魅力と現状を体感した。

 「芦生の森はプリンのような形で、上部は高原になっている。冷温帯と暖温帯、日本海型と太平洋型の両方から生物が来るので、多様性が高い」

 ツアーの初めに、京大フィールド科学教育研究センターの伊勢武史准教授(植物生態学)が、芦生の森の特徴を研究林事務所内の建物で説明した。約4200ヘクタールの半分に天然林が残り、京都丹波高原国定公園の中でも重要な地域だ。

 一行は特別に許可されたバスで出発。くねくねした林道を上っていく。約11キロ離れた長治谷に到着。標高は約640メートルで、もやに包まれていた。

 一角にネットで囲まれたエリアがあった。研究林では2000年ごろからシカの食害が深刻化し、下草や貴重な植物が食べ尽くされている。ネットでシカの侵入を防ぎ、植生を調べる試験が行われている。内側は、さまざまな植物が繁茂するが、外側はイグサやイワヒメワラビがぽつぽつと生えているのみ。

 ネーチャーガイドの長野敏さん(71)=南丹市美山町=は「昔はカヤが生えていたが、シカが食べて絶え、すみかにしていた渡り鳥も来なくなった。シカが食べない植物しか残らない」と語る。

 長野さんの植物の説明を聞きながら、由良川源流沿いの林道を歩いて下っていく。シカが食べない毒草・バイケイソウが川の近くに大量に繁茂しているのが目立つ。ツルアジサイがスギに巻き付いて白い花を、アカモノが林道脇に白と赤の釣り鐘型の花を咲かせていた。新緑の森の中でブナも生えている。

 見どころの大カツラに到着。高さ約38メートル、幹回りは約10メートルで、その大きさに息をのむ。樹木に着生した15種類の植物が共生し、春にはヤマザクラが咲く。

 さらに下ると、トチが居並ぶトチノキ平に至った。威風堂々たるトチの横にはスギが生えているが、トチよりも低い。植物は枝ぶりや根で競争しながら生きているからだ。長野さんは「樹木の競争が終わると、木と木の間隔が10~20メートルになり、心地いい距離感で大きな木が生える空間になる」と説明する。

 巨木は悠久の時を経て育まれてきた貴重な存在だ。シカの食害は生物多様性に危機的な影響をもたらしていた。自然を守るために何ができるのか、多くの人に考えてほしい。

■京大芦生研究林とは

 滋賀県、福井県に接する森で京都大が1921年から99年契約で地元共有林を借り受けている。一般の入林には、1人の場合は研究林事務所に申請が必要で、2~9人はポストに届け出を出す。入林できるエリアに規制がある。大カツラは京大が協定を結ぶ団体のガイドツアーで見学できる。研究林事務所0771(77)0321。


シカの侵入を防止するネット。ネット内は下草が生い茂るが、外はシカが食べない植物しか生えていない(京都府南丹市美山町・京都大芦生研究林)
IMG_3722

2019年08月10日 10時30分 京都新聞




【関連記事】
「爆発的な増加が懸念」 山形県内でも急増 ニホンジカ 過去最多の去年上回る
FullSizeRender



続きを読む

1: みつを ★ 2019/08/10(土) 14:22:21.88 ID:WYke4F/a9
https://www.afpbb.com/articles/-/3239359


珍しい双子のパンダ、ベルギー動物園で誕生
2019年8月10日 6:45 
発信地:ブリュッセル/ベルギー [ ベルギー ヨーロッパ ]

IMG_3717

【8月10日 AFP】ベルギーのペリダイザ(Pairi Daiza)動物公園は9日、同園のジャイアントパンダが「非常に珍しい」双子の赤ちゃんを出産したと発表した。同園では3年前、同国で初めて雄のパンダの赤ちゃんが誕生していた。

 世界自然保護基金(WWF)によると、野生のジャイアントパンダの数は現在2000頭を下回っており、ペリダイザ動物公園は、双子が無事に誕生したことはパンダにとっての「新たな希望」となったと指摘している。


 母親の好好(ハオハオ、Hao Hao)は7日夜に出産の兆候を示し、ベルギーと中国の専門家らによる慎重な監視の下、8日午後に160グラムの雄の赤ちゃんを出産。その2時間後に150グラムの雌の赤ちゃんを出産した。

 飼育員らは好好を休養させるため、赤ちゃんを一度に1頭ずつ保育器の中に入れ、哺乳瓶を使ってミルクを与える予定。しかし同園によると、双子のうち少なくとも片方が生存できない可能性がある。

 同園は「人間でもそうであるように、双子のジャイアントパンダの誕生は自然界では非常に珍しい。多くの場合、赤ちゃんの片方は死ぬ」と説明している。(c)AFP




【関連記事】
竹を肉代わりの「栄養食」にできるジャイアントパンダの秘密とは?
IMG_3718



続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/08/09(金) 18:04:18.98 ID:CAP_USER
マサイキリンを絶滅危惧種に指定、IUCN 過去30年でほぼ半減したキリンの亜種、原因は密猟や生息地の減少
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071800415/
2019/7/19

(写真)マサイキリンの個体数は約3万5000頭と推測され、30年前に比べると、半数近くまで減少している。(PHOTOGRAPH BY SERGIO PITAMITZ, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
IMG_3652

 キリンの亜種の一つが絶滅危惧種に指定された。

 野生動植物の保全状況を評価する国際自然保護連合(IUCN)は7月11日、ケニアとタンザニアに分布するキリンの亜種マサイキリンを絶滅危機種(Endangered)に指定すると発表した。主な原因は、密猟と土地利用の変化だ。

 マサイキリンの現在の個体数は推定3万5000頭。30年前に比べると、半数近くまで減少した。アフリカに生息するキリン全体の個体数も、同じ期間に最大40%減少している。

 マサイキリンは象徴的な存在だと話すのは、米国生物多様性センターの国際法務責任者ターニャ・サネリブ氏。キリンのなかで最も個体数の多い亜種であり、キリンと聞いたときに思い浮かべる可能性が高い動物だ。その亜種が絶滅危惧種に指定されたことは1つの警鐘だと、サネリブ氏はとらえている。

「衝撃的なニュースでした……まさに非常ベルのようなものです。このニュースが意味しているのは、あらゆる手段を用い、キリンの国際的な保護活動を強化しなければならないということです」

IMG_3653

・さまざまな脅威にさらされるキリン
 マサイキリン(Giraffa camelopardalis ssp. tippelskirchi)単独の保全状態が評価されたのは今回が初めてだ。これまではキリン種(Giraffa camelopardalis)として、「絶滅危惧種」より危険度が1ランク低い「危急種(vulnerable)」に指定されていた。キリンは9つの亜種から成り、マサイキリンとアミメキリンが絶滅危惧、ヌビアキリンとコルドファンキリンが絶滅寸前と評価されている。

 ケニアとタンザニアの両国ではキリンの狩猟は違法だが、皮や肉、骨、尾を目当てに密猟が行われている。IUCNによれば、タンザニアのセレンゲティ国立公園では毎年、全個体数の推定2〜10%が違法な狩猟の犠牲になっているという。社会情勢が不安定なことに加え、尾のジュエリーや骨の彫刻など、キリンの体の部位を使った装飾品の市場も生まれており、密猟は以前より増加している。タンザニアの報道機関によると、キリンの骨髄や脳を用いてHIV、AIDSを治療できると信じる人もいるという。
 



【関連記事】
キリンの模様は丸く大きいほど生存率が高い、新説
FullSizeRender

続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/24(水) 11:05:44.852 ID:z+3yoq9P0
先日オーストラリアを襲った超大型サイクロン「ヤシ」によって保護区も被害を受け、8週間もの間閉鎖され復旧することになったのですが、その間に動物園で飼われていたウォンバットのトンカ君の様子がおかしくなり、体重が20%も減ってしまったそうです。

IMG_3384

飼われている動物がこうした自然の災害によってストレスを受け体調を崩してしまうこと自体はよくあることなのです。
しかしあまりにも異常行動が目立つようになったため、関係者は原因はサイクロンだけではないと判断。
あらゆる手を尽くして診断してもらったところ、なんと「寂しくてうつ病」という結果が出てきました。

トンカ君は普段から抱きしめられたりよしよしされたり写真撮影に応じたりと来訪者とかなりの接触をもっており、保護区のスターとして相当な注目を浴びていました。
しかしサイクロンによって閉鎖されている間、そのような触れあいがゼロになってしまったので抑鬱状態に陥ってしまったそうです。

その後、飼育員の懸命の看病により体調は復活。再開に向けて準備を整えています。
 
IMG_3385

https://dailynewsagency.com/2011/04/17/need-cuddle/


【関連記事】
「なぜウォンバットのうんちは四角いのか?」という謎を科学者が解き明かす
FullSizeRender



続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/07/21(日) 07:08:45.89 ID:CAP_USER
奈良公園のシカ生息頭数 過去最多の1388頭
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000507-san-sctch
2019/7/19(金) 8:17配信
YAHOO!JAPAN NEWS,産経新聞
(記事全文)

【科学(学問)ニュース+】

 奈良の鹿愛護会(奈良市)は、奈良公園に生息する国の天然記念物「奈良のシカ」の頭数調査結果を発表した。生息頭数は3年連続で増え、昭和30年に調査を開始して以来最多となる1388頭だった。

IMG_3338

 今月15、16日に同会スタッフらが調査した結果、雄357頭、雌756頭、子鹿275頭の計1388頭で、前年より28頭増加。このほか、鹿苑内保護収容頭数は293頭だった。

 奈良公園内の交通事故発生件数は69件で、前年より死亡数は増えたものの13件減少。最も多かった場所は国道169号県庁東交差点~福智院交差点の22件だった。

 また、年間死亡頭数は179頭で、原因は疾病が最多だった。奈良の鹿愛護会は「頭数はほぼ前年並みとみている。公園内の事故件数が減ってよかった」としている。 


【関連記事】
奈良公園 シカによるけが人今年度すでに200人超 過去最悪に
IMG_3341

続きを読む

↑このページのトップヘ