動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 草食動物

1: しじみ ★ 2018/10/06(土) 14:45:24.52 ID:CAP_USER
■哺乳類はカロリーを消費して暑さや寒さに対応する。ナマケモノの対処法は全く違う

 ナマケモノは変わった生きものだ。哺乳類というより、ほかの動物に似ていると言いたくなるほど、独特の特徴がある。

 めったに動かないところはワニにそっくりだし、あまり排泄しないのはヘビと同じ。頭を動かさずに目だけ動かすことができないところはフクロウに似る。毛皮にコケが生えたままにするのはカメのようだ。(参考記事:「ナマケモノは交尾もゆっくり?」)

 先日オンライン学術誌「PeerJ」で発表された新たな研究によると、ミユビナマケモノには、哺乳類にはほとんど見られない特徴があることがわかった。体温が上がりすぎたり下がりすぎたりすると、代謝が止まるというのだ。これは、ナマケモノがとてもゆっくり動いたり、高温環境や低温環境ではまったく動かなくなったりすることともつじつまが合う。

 ただ、このことは、通常の大型哺乳類とは大きく異なる。他の大型哺乳類だと、気温が高すぎたり低すぎたりすると、一般にエネルギーを多く消費する。寒いときに震えるのは体温を上げるためだし、暑いときに汗をかくのは体温を下げるためだが、いずれにしてもカロリーを消費する。ナマケモノには、これが当てはまらないというわけだ。

 コスタリカを拠点とする「ナマケモノ保護財団」の創設者で、今回の研究の筆頭著者であるレベッカ・クリフ氏は、「哺乳類の多くは、適度な体温を維持することに、日々消費するエネルギーの大部分を使います」と話す。(参考記事:「ナマケモノ、危険なトイレ旅の見返りは」)

 ところが、ナマケモノは普段から取り入れるエネルギーと消費するエネルギーの差がほとんどなく、いつも「代謝的にきわどい状況」にあるとクリフ氏はいう。ナマケモノが食べる葉の種類は限られている。葉は栄養価が低く、消化には1カ月かかる。そのため、体温を調整したり、すばやく動いたりしてたくさんのエネルギーを使うわけにはいかない。

「ナマケモノがどういう仕組みで代謝を停止させているのか、厳密にはわかりません。しかし、私たちが知るかぎり、冬眠状態や休眠状態に入ることなく、瞬時に代謝を低下させ、再上昇させることができる哺乳類はナマケモノしかいません」

クリフ氏のグループは、ナマケモノの生態を詳しく調べるため、動物のエネルギー消費量を調べる際によく使われる手法に従い、8匹のミユビナマケモノを隔離して酸素の消費量を計測した。その際、熱帯雨林環境と同じような気温の変化を再現した。

 実験前から、クリフ氏はナマケモノが爬虫類のような振る舞いを見せると予想していた。つまり、寒いときにはほとんどエネルギーを使わず、温度が上がるにつれて徐々にエネルギーを使うようになるという仮説を立てた。

 そのように考えたのは、以前の研究から、ナマケモノは暖かい方が食事を多くとることがわかっていたからだ。つまり、気温が高い方が食べたものを早く消化できるようだ。さらに、ナマケモノは毎朝木の上の方に移動して日光浴をすることもわかっていた。これは、震えることができないナマケモノが体温を上げる方法だと考えられる。

 実験の最初のうちは、ナマケモノは想定どおりの行動を見せ、気温が上がるにつれて消費する酸素の量が徐々に多くなった。だが、気温が摂氏30度を超えると、エネルギーの消費量は少しずつ下がっていった。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/100300427/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/100300427/

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/10/06(土) 14:19:43.71 ID:CAP_USER
4年にわたる野生キリンの撮影データから、母子の共通点や生存率を分析

キリンにはなぜ模様があるのか? その形やパターンはどのように決まっているのか? 親から受け継ぐものなのか?

 意外かもしれないが、これらはどれも答えの出ていない謎だった。2011年からアフリカ、タンザニア北部でキリンを調査してきた研究者のデレク・リー氏とモニカ・ボンド氏は、この謎を解き明かそうと研究に乗り出した。

 10月2日付けで学術誌「PeerJ」に掲載されたリー氏らの論文によると、キリンの模様のうち特定の要素は遺伝性であり、幼いキリンの生存率に影響しているらしいことが判明した。特に、模様の丸みと滑らかさ(専門的には「複雑性(tortuousness)」と呼ばれる尺度)が母から子に遺伝しているようだ。

 模様と生存率にも相関があり、模様が大きく丸みがあるほど、幼いキリンが生き延びる確率も高くなると、リー氏らは論文で述べている。ただ、理由は正確にはわからないという。キリンの模様はカムフラージュに役立っているとの仮説もあるが、体温調節に役立っている可能性もある。それ以外にも、知られざる効能があるかもしれない。

「哺乳類一般の外皮の模様について、自分たちがほとんど何も知らないということに気づきました」。米ペンシルベニア州立大学の准研究教授で、ボンド氏とともに保護団体「野生自然研究所」を設立したリー氏はこう語った。

「模様が何を意味するのか、じっと目を凝らしたことはなかったのです」

 キリン保護基金の共同設立者で、世界トップクラスのキリンの専門家であるジュリアン・フェネシー氏は、「この研究結果は科学的に根拠があり、興味深いものです。ただし、ひとかたまりのサンプルセットにすぎません」と話す。フェネシー氏は今回の研究には参加していない。「この研究を、他の地域のキリン研究や別種の研究と比較できれば素晴らしいと思います」(参考記事:「珍しい白いキリンの写真を公開、タンザニア」)

 キリンの模様に関連した研究は、最も新しいものでも1968年までさかのぼるとリー氏は言う。著名なキリン研究者のアン・イニス・ダッグ氏が、模様の大きさ、形、色、数が遺伝性と考えられる証拠を見出したのだ。しかしリー氏によれば、当時に比べると遺伝学の理解は劇的に進んでおり、ダッグ氏の研究は動物園にいる比較的少数の個体群を対象としていた。「野生の個体群で実際に検証した人は誰もいませんでした」

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/100400101/ph_02.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/100400101/

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2018/10/02(火) 21:01:08.57 ID:CAP_USER9
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/100200236/
 変わり者があふれるこの地球上でも、カピバラはひときわ独自の路線を行く。
体重はおよそ人間1人分と、現生のげっ歯類では最重量。最も近縁の動物と比べて60倍もの重さがある。
南米の川岸で草を食み、性格は非常に穏やかだ。

 どのようにしてカピバラが「穏やかな巨人」になれたのかは、長い間謎に包まれてきたが、その謎が明らかになりつつある。
9月23日付けで論文投稿サイト「bioRxiv」に発表された最新の研究によれば、コロンビア、スウェーデン、米国の研究者チームが
カピバラのDNA配列を解読した。
これによって、カピバラの大型化をもたらした仕組みを示すヒントが得られたほか、抗がんメカニズムに関係するとみられる遺伝子シグネチャーが発見された。
これは新しい治療法の開発につながる可能性を秘めている。

 論文筆頭著者のサンティアゴ・ヘレーラ=アルバレス氏は、コロンビアのロスアンデス大学で修士課程の大学院生だった頃、カピバラを研究し始めた。
2014年から2015年にかけての干ばつでコロンビアの多くの川は干上がり、地方の土地は乾ききっていた。
ところが、食物とする植生が減ったにもかかわらず、カピバラは干ばつの直接的な影響を受けなかった。
そこで、ヘレーラ=アルバレス氏は、このやたらに可愛い動物が、そもそもどのように進化してきたのかに興味を持った。

「カピバラは、南米のカリスマ的な動物なんです」とヘレーラ=アルバレス氏は言う。

■こうして“巨大化”した
 カピバラの祖先はアフリカ大陸で約8000万年前に登場し、そのおよそ4000万年後に南米大陸に到達した。
親戚筋にあたる動物たちは皆、ごく普通のサイズのげっ歯類だ。たとえば、ブラジル東部の低木地帯に生息する近縁のげっ歯類モコの体重は、
1キロにも満たない。

 米デューク大学の進化生物学者V・ルイーズ・ロス氏によれば、げっ歯類の多くが小さいのは、身を隠しやすく、体の大きな捕食者に捕まりにくいからだ。
しかし、カピバラの祖先が南米にやってきた頃、そこには全くと言っていいほど捕食者がいなかった。
おかげで祖先たちは、大型化し始めることができた可能性がある。
「捕食者がいなければ、げっ歯類の動物たちを小さいままに留めておく進化的圧力は小さくなります」とロス氏は説明する。

 今回の研究によると、カピバラが桁違いに大きくなることができた秘密が、DNAの中に隠されていたという。
カピバラを含むテンジクネズミ小目の動物は皆、独自の型のインスリンを持っているのだ。

 インスリンには、血糖を調整する以外にも、細胞分裂を促す役割がある。
ヘレーラ=アルバレス氏らの研究によると、カピバラはインスリンを多く分泌するわけではない。何百万年もの自然選択を経て、
細胞分裂を促すインスリンの能力が高まった結果、体の大型化に拍車がかかり、体重50キロに及ぶ毛むくじゃらの巨大動物へと進化してきたという。

■がんになりにくいのはなぜ?
 とはいえ、体がこれほど大きくなることにはデメリットもある。
食物を多く要することのほか、カピバラは増大するがんのリスクと闘わなければならなかった。

 各細胞が悪性化する確率が同じだとすると、多くの細胞からなる動物のほうががんになる可能性が高いはずだ。が、実態はそうではない。
たとえば、ゾウはネズミの何千倍、何万倍も大きいが、がんになる確率は変わらない。
これは「ペトのパラドックス」として知られ、大型の動物はがんを予防するために様々なメカニズムを進化させてきたことがわかっている。

 たとえば、アジアゾウやアフリカゾウは、細胞分裂の際に念入りにDNAのコピーミスをチェックすることで、がんを引き起こす遺伝子変異の数を抑えている。
また、ホッキョククジラは、チェックなしで細胞が分裂するのを防ぐメカニズムを進化させている。
ヘレーラ=アルバレス氏の研究チームは、カピバラが全く異なる戦略を進化させてきたらしいことを発見した。

※続く

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2018/09/26(水) 23:32:43.46 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00358768-agara-l30
 スギ・ヒノキの苗木を守る森林防護柵を設置した場合、イノシシが最初に破壊・侵入し、シカはそこを利用して侵入している事例があることが、
和歌山県林業試験場(上富田町)の調査で分かった。
試験場は「破壊されるのは地上高60センチ以下。今後対策について研究していく」と話している。

 今回、田辺市内のスギ・ヒノキ人工林で、標準柵(10センチ角メッシュネット)と強化柵(5センチ角メッシュネット)、
金網柵(10センチ角2ミリ鋼線)を縦4メートル、幅8メートルの長方形にそれぞれ設置。
その内外に米ぬかと古米を1週間に1度給餌し、自動撮影カメラで撮影した。試験期間は2017年5月26日から189日間。
この結果、シカは調査開始から3日後、イノシシは21日後に現れ、シカは延べ156日、イノシシは延べ89日確認された。

 標準柵は開始から30日後にイノシシが接地部分を破壊して侵入、その2週間後に側面の破損部分からシカが侵入した。

 一方、強化柵と金網柵は59日後にイノシシが接地部を破壊して侵入したが、シカは調査期間内に侵入しなかった。
しかし、イノシシは継続して破壊を行っており、最終的には広がった破壊部分からシカが侵入すると推測している。
シカによる防護柵の破壊行為は確認されなかった。

 イノシシの知能はサルに匹敵するといわれ、破壊行為はネットを固定するアンカー杭の引き抜きや破壊に始まり、
金網の切断、ネットの折り返し部分のめくり上げなどが見られた。
このほか、内側から別の箇所を攻撃したり、2匹が同時に引いたり押したりする姿が映っていた。

続きを読む

1: みつを ★ 2018/09/25(火) 02:27:58.24 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3190703?cx_part=latest
(リンク先に動画ニュースあり)

動画:受刑者の更生に牛が一役、スウェーデンの農場刑務所
2018年9月24日 16:10 
発信地:マリエスタード/スウェーデン [ スウェーデン ヨーロッパ ]

【9月24日 AFP】午前6時前。アルフレッドさん(仮名)は、すでに牛の搾乳で忙しい。だが、農場での作業が終わっても自宅には帰らない。彼が帰る場所は、刑務所の監房だ。

 スウェーデンでは、長い服役生活よりも受刑者たちの更生を優先している。首都ストックホルムの南西約300キロに位置するマリエスタード(Mariestad)の町には、警備を最小限に抑え、農場としての機能を合わせ持つ「オープン・プリズン(開放型刑務所)」がある。アルフレッドさんは、そこで社会復帰に向けた準備を行っている受刑者60人のうちの一人だ。

 銃の不法所持で4月から服役しているアルフレッドさんは、11月に釈放される予定となっている。50代で孫もいる彼は、動物たちと一緒に過ごす時間から得られる喜びを隠せない。「動物が好きだ。気持ちを落ち着かせてくれる」。野球帽を被り、腕じゅうにタトゥーを入れたアルフレッドさんは、ため息交じりにそう話した。

 ロジャン(Rodjan)と呼ばれるこの農場刑務所で、彼は毎日、同じ作業を日課としている。スウェーデンにはこうした農場刑務所が3か所あり、ロジャンはその中で最も規模が大きい。

 朝と夕方のそれぞれ2時間半、作業仲間のソフィアンさん(仮名)と顔を合わせるという。アルフレッドさんは「細菌予防のために(牛の乳房を)拭き、その後消毒するんだ」と楽しそうに話し、搾乳を始めた。

 他の受刑者たちは、作物への水やりや柵のペンキ塗り、芝刈りなどの作業を行う。家畜の世話を担当しているのは、10人ほどだ。

■自由に暮らす、開放型刑務所

 スウェーデンは、世界で最も受刑者が少ない国の一つだ。スウェーデンとフランスの統計によると、人口1000人当たりの受刑者の割合は、フランスが1人、スウェーデンはその半分の0.5人だ。

 スウェーデンでは被告に対し、足首に監視用のブレスレット(足環)を取りつけたり、刑罰として社会奉仕活動を科したりしつつ、執行猶予を言い渡すことが多い。また刑期の3分の2を終えた受刑者は出所させている。

 さらに、釈放後あるいは刑期を終えた後に再び犯罪に手を染める人は全体の3分の1未満で、これもフランスの半分だ。

 スウェーデンのすべての刑務所では、受刑者それぞれに独房が与えられる。ロジャンでは、施錠もされていない。監視カメラやゲート、有刺鉄線なども設置されておらず、受刑者らは自由に動き回ることが許されている。

 こうした開放型刑務所は、スウェーデン全体に10か所以上ある。ロジャンの受刑者たちが有罪判決を受けた理由は、無免許運転から脱税、暴行に至るまでさまざまだが、社会に脅威を与えないと判断された上でここに収監されている。

 搾乳を終えたアルフレッドさんは、牧草地の柵を閉めながら、受刑者よりも牛の方が閉じ込められていると冗談を言った。
(リンク先に続きあり)

続きを読む

↑このページのトップヘ