動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 草食動物

1: しじみ ★ 2019/03/22(金) 15:04:58.80 ID:CAP_USER
大正時代を最後に茨城県内では絶滅したとされるニホンジカの目撃情報が相次いでいる。ニホンジカの食害は各地で問題となっており、定着すれば全国有数の産地である農林業に大きな被害を及ぼす。国内で唯一の非生息地域のため、対策のノウハウは乏しく、関係者の間で懸念が広がっている。

IMG_1321

 暗闇の中に光る目、頭には枝分かれした角。県内では約100年前に絶滅したとされていたニホンジカの雄の姿が昨年11月下旬、大子町の最北にある八溝山付近の国有林で撮影された。

 撮影したのは県内の国有林を管轄する茨城森林管理署(水戸市)。センサーカメラで撮影した。菊池毅・地域林政調整官は「予想はしていたが、やはり来ているのか……という思いでした」と話す。

 県内では1920年代に常陸太田市や大子町で捕獲記録があるが、その後は野生のシカは絶滅したとされてきた。環境省などの野生動物の生息調査でも、県内は全国で唯一の空白県だ。

 だが、ここ数年は目撃や撮影が相次いでいる。最初に撮影に成功したのは、国立研究開発法人の農研機構中央農業研究センター。一昨年の11月、やはり八溝山山頂付近で撮影した。3枚の写真に2頭の雄シカが写っていた。

 シカはどこから来たのか? 可能性が高いとされているのが、大子町と県境を接する栃木県だ。

 栃木県西部では80年代から生息数が増え、最近は県東部にまで広がっている。隣接する福島県南部もニホンジカの空白地域だったが、昨年から複数回、目撃や撮影をされており、県境を越えて来ているとみられている。

■食害、生態系の激変恐れ

 生息域の拡大で最大の問題は「食害」だ。雌は1歳ごろから子どもを生み始め、寿命は15~20年ある。増えたシカは農作物や林業への被害だけでなく、山の下草を食べ尽くすことで土壌流出にもつながっている。栃木県では2011年に922頭だった捕獲頭数を、17年には6088頭まで増やしたが、被害拡大は止まっていない。

 懸念されるのは、八溝山山頂付近の生態系の保全だ。山頂付近は県内では数少ない手つかずの広葉樹林とされ、県自然公園の特別地域に指定されている。最初に撮影されたのはこの地域内だ。同センターの竹内正彦・鳥獣害グループ長は「対策を急がないと植生があっという間に変わってしまう」と訴える。

 経済的損失の問題もある。県内の国有林の管理面積は4万5千ヘクタールと全国120森林管理署などで中位だが、木材の収穫量は約30万立方メートルと全国1位が続く。だが、シカは樹木の表皮を食べることで木材価値を下げるだけでなく、伐採後に植えた苗を食べてしまうという。

 さらに、酪農が盛んな大子町では山裾まで牧草地が広がる。また特産のリンゴ畑も林地沿いまで迫っているため、エサには事欠かない。シカが苦手とする雪も少ないため、入り込んだら駆除は難しい。

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190305002401_commL.jpg 

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/03/19(火) 09:54:49.72 ID:WReu2SKu9
「ピンクの象」をご存知だろうか?本来は酒や麻薬が引き起こす幻覚症状をあらわした英語の表現で、「Seeing pink elephants(ピンクの象が見えるよ)」という風に使われる。ディズニーアニメ「ダンボ」では、主人公のダンボが、水と誤って酒を飲んで酔っ払ってしまい、ピンクの象が踊り狂う不気味な夢を見る場面があるが、南アフリカで先月、野生の象の群れのなかを歩くピンクの赤ちゃん象が目撃された!

風変わりな赤ちゃん象が発見されたのは、南アフリカ北東部の国境沿いに広がるクルーガー国立公園。マラ・マラ自然保護区で長年サファリガイドをつとめるティモシー・ジャンセン・ヴァン・ヴーレン(Timothy Jansen Van Vuuren)さんは先月19日、愛車のランドローバーにツアー客を乗せて運転中、後部座席からの叫び声で急ブレーキを踏んだ。

客が指差す方向を見るために、慌てて双眼鏡をひっつかむと、緑の草原の間に、灰褐色のアフリカゾウの群れがいた。おとなの象に取り囲まれるように歩いていたのが、ひときわ小さなピンクの赤ちゃん象だった。

ティモシーさんによると、クルーガー国立公園では以前にもピンクの象が目撃されており、英BBC放送の取材班が2009年に撮影に成功している。この象は、2016年に目撃されたのを最後に報告はないが、生まれつきメラニン色素をつくる遺伝子がないアルビノだった。

今回見つかった子象もアルビノか、もしくはホワイトライオンやホワイトタイガーと同じように、遺伝子的に異常はないが、突然変異によって色素が減少する「白変種」の可能性が高いという。しかし野生動物の生存競争において、白っぽい体は目立つため、外敵から狙われるリスクが高く、生き抜いていくのは容易ではない。

今回、撮影された象は、生後2?3週間程度の赤ちゃんで、おとなたちに守られているが、以前確認されたアルビノの象は、太陽の光に弱いにもかかわらず、少なくとも6歳までは生きていたと考えられていることから、この赤ちゃんにも長生きしてもらいたいと期待が寄せられている。

https://www.hazardlab.jp/contents/post_info/2/8/5/28581/pinkelephant.png
IMG_1317

【動画】Another 'Pink Elephant' Spotted on MalaMala
https://www.youtube.com/watch?v=t7dlJuRW_TA



2019年03月17日 06時30分
ハザードラボ
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/8/28581.html

続きを読む

1: プラチナカムイ ★ 2019/03/19(火) 06:54:37.87 ID:djsF2p9t9
神戸市立王子動物園(同市灘区)は、同園で生まれ、間もなく2歳を迎えるカバの「出目丸」(雄)が25日に中国・山東省の栄成西霞口動物園に移動する、と発表した。展示は24日まで。

 出目丸は「出目男」(雄37歳)と「ナミコ」(雌26歳)の4頭目の子で、2017年4月に誕生。すくすく育ち、体重は800キロを超えた。同園のカバ飼育スペースに限りがあるため、他園に移ることになった。

 兄姉3頭も生後1、2年で同園を離れているが、海外に行くのは出目丸が初めて。担当者は「転出先の動物園は敷地面積が王子の32倍もある。広大な中国の地で、伸び伸びと過ごしてほしい」と話している。(上杉順子)

神戸新聞 3/19(火) 6:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000001-kobenext-l28
FullSizeRender

続きを読む

1: すらいむ ★ 2019/03/14(木) 13:50:34.40 ID:IzrGivLz9
セクシー過ぎると話題のコアラがこちら
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/7/c7bd9_1188_a157f68a_4b53d6f5.jpg
IMG_1153

 とあるコアラが、「世界で最もセクシーなコアラ」と呼ばれ話題を呼んでいる。

 これは、オーストラリアの動物園、カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリーに住むローグと名付けられたオスのコアラを、イギリス人写真家、ロス・ロングさんが撮った物。
 魅惑的なポーズをとり、こちらを見つめるそのセクシー過ぎる佇まいが注目を集めている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

AOLニュース 2019年3月14日 10時55分
http://news.livedoor.com/article/detail/16158400/

続きを読む

1: しじみ ★ 2019/03/07(木) 05:40:49.82 ID:CAP_USER
ジャイアントパンダ、シャンシャンの父親と母親の次の繁殖に向けて、東京 上野動物園はこの2頭に発情の兆候が見られた場合、パンダ舎周辺の一般の立ち入りを禁止し、シャンシャンを含めて公開を一時、中止する方針を明らかにしました。

IMG_0987

上野動物園でおととし6月に誕生したメスのジャイアントパンダ、シャンシャンは順調に成長し、現在はパンダ舎の中で母親と離れて生活しています。

動物園では2月から5月ごろとされるジャイアントパンダの繁殖期を迎え、父親のリーリーと母親のシンシンに発情の兆候が見られた場合に同居させる準備を進めています。

この中で動物園はパンダの公開について今後の考え方を明らかにし、2頭に発情の兆候が見られた場合はパンダ舎周辺の一般の立ち入りを禁止し、子どものシャンシャンを含めて公開を一時中止する方針です。

ただインターネットを通じて配信しているパンダ舎のライブ映像はシャンシャンの部分だけ継続するとしています。

動物園によりますと、父親のリーリーは去年10月以降、繁殖期によく見られる行動が確認されていますが、母親のシンシンはまだ発情の兆候が見られないということで、同居させるタイミングを慎重に見極めているということです。

IMG_0986

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190307/k10011838351000.html

関連記事
シャンシャン「きょうからひとり」母との別れ、最後の授乳シーンに列島が涙 上野動物園
http://doubutsunet.com/archives/13945695.html
IMG_0988


続きを読む

↑このページのトップヘ