動物愛好net

動物に関する情報、ニュース等を中心とした2ちゃんねるまとめブログになります。

Category: 語る

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/06(水) 18:12:05.377 ID:Krz8vPSX0
第18位.ラーテル
世界一恐れを知らない生き物としてギネスブックにも登録されているイタチ。
その称号に違わず性格こそ超攻撃的だがその実情は防御力特化の生物で毒に対する強烈な抵抗力と背面に広がる堅牢かつ柔軟な皮で身を守る。
ただ、体重は10kg程度で柴犬とほとんど変わらない。しかし、それにも関わらずライオンやヒョウといった巨大な猛獣にも果敢に立ち向かっていく。
とはいえ、彼等に出来るのはあくまでも立ち向かっていくことだけで実際には脆い顔や腹などを攻撃され食い殺されることも多い。
HP:C 攻撃力:B 防御力:S スピード:D
https://i.imgur.com/jWC63W9.jpg
IMG_0513


続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/12(土) 08:44:52.80 ID:cM68ph3o9
悪臭を放つ動物として知られるスカンク。

その姿を見ると肉食動物も恐れをなして逃げ出すという。
では、どんな臭いなのか。
6頭の「シマスカンク」を飼育、展示している神戸どうぶつ王国(神戸市)の協力で、360度撮影と臭い体験をさせてもらった。

シマスカンクは米国の草地や森林地帯に生息。
黒い毛で覆われ、顔に白い線、背中に2本に分かれる白い筋があるのが特徴だ。

「スカンクの強烈な臭いはオナラではなく、肛門(こうもん)の両脇にある肛門腺から噴出される分泌液なんです」と飼育員の石坂未樹さん。
園で飼育しているスカンクは生後数カ月で、液体を分泌する袋状の臭腺(しゅうせん)を取り除いているので安心だという。

「せっかくなので嗅いでみますか」。何重にもポリ袋に入れられた容器を手にバックヤードから出てきた石坂さん。
その容器の中には、昨年生まれた赤ちゃんの除去した臭腺が入っている。

そっとフタを開けてもらい、手で軽くあおいだ瞬間、強い刺激臭に襲われた。臭いは周囲にも拡散し、数メートル離れていた関係者も「うわ、臭い」。
例えるなら、タマネギやニンニクが焦げて混じったような感じ? とにかく、今まで経験したことがない強烈な臭いだった。

スカンクは臆病な性格で、危険と感じた時に液を発射するが、その前に、尻尾を立てて肛門を見せたり、逆立ちしたりして警告するという。
人間の皮膚に付着するとしばらく臭いが消えず、衣服の場合は廃棄処分になるという。(竹谷俊之)

http://news.livedoor.com/article/detail/15862358/ 

続きを読む

1: 名無虫さん 2011/09/14(水) 15:23:16.88 ID:???
かつてこの日本列島を闊歩していた太古の動物たち

日本で化石が産出する生物について語るスレ

続きを読む

1: 名無虫さん 2011/10/12(水) 21:01:47.80 ID:SNzJNIUg
長寿な生き物について語りましょう

続きを読む

1: 名無虫さん 2011/04/22(金) 23:16:43.64 ID:zofTPwht
洞穴生物とは洞穴に生息する生物のことである。
様々な特殊な生物が知られていて、洞穴への依存の程度は生物によって異なり、
地上の暗い所に生育するものとさほど変わらないものもあれば、
洞窟内でしか見られないような特殊なものもある。
地下水に生きる生物との関連も考えられる。

続きを読む

↑このページのトップヘ